福島県の甲状腺がんは多発見だが多発生ではない。

まとめました。
東北
7
二十人のろの夢 @drsteppenwolf
なかなか舌鋒するどいね。 →山本太郎12/11甲状腺がんの県民健康調査結果について【追及】 youtu.be/nv4HBmgedsk @YouTubeさんから
拡大
hayakawayukio @HayakawaYukio
いまの福島県子供全員甲状腺検査の問題点をわかりやすく取り上げた質問(10分)。必見。
hayakawayukio @HayakawaYukio
山本議員は、「過剰診断ではないか」の疑いを(福島県立医大がいうう)「過剰治療ではない」で否定しようとしているが、過剰診断でみつけてしまったがんを基準に照らして正しく治療しても、過剰診断は否定できない。
hayakawayukio @HayakawaYukio
いまの福島県で行われている甲状腺全員検査に非がないなら日本全国ですみやかに同じ検査をしなければならない。山本太郎議員がゆうとおりだ。 しかし非がある。これを日本全国に広げてはならない。
hayakawayukio @HayakawaYukio
福島県の大人たちが望んで始めたことだから、福島県で(子供に)被害が出るのはやむをえない。おぞましいことだが、これを他人がやめさせることはできない。しかし、望んでいない福島県外にこの悪行を拡大してはならない。
hayakawayukio @HayakawaYukio
山本太郎議員はすべてをわかっていながらイデオロギーを優先させてあのような発言をしたと、私は理解した。これは、話し合って解決することではない。
hayakawayukio @HayakawaYukio
「多発か多発でないか二択で答えてほしい」と山本議員から質問された北島部長は、「二択で答えるのはむずかしい」と述べて質問には答えなかった。私ならこう答えただろう。「多発見ではあるが、多発生ではない。」
hayakawayukio @HayakawaYukio
福島県でいま認められる甲状腺がん多発見は、これまでしたことがなかった全員検査を今回初めて実施したことによってもたらされた。発見された甲状腺がんのどれひとつも症状を呈するものはない。その意味で発生はひとつもない。この多発見のほとんどは過剰診断である。
二十人のろの夢 @drsteppenwolf
「多発か多発でないか二択で答えてほしい」と山本議員から質問されたなら、私はこう答える。「超音波誘発甲状腺癌が多発しています。超音波検査を止めれば直ちに多発は収まります。」

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする