1F2号機の建屋解体に絡み、2014年7月に話題になった解体作業によるダスト飛散と玄米の汚染について改めて考える

私としては昨年時点で答えは出ていると認識していたのだけど、世間の関心が薄れたこともあって未だに間違った認識のままの人も少なからずいるようなので、改めて。
31
Flying Zebra @f_zebra

東電が1F2号機の建屋解体を来年から始めるというニュースに際し、解体作業に伴う汚染物質を含んだダストが飛散することを心配する声を見かけた。それで思い出したが、昨年7月にも似たような話があった。少し振り返ってみたい。

2015-11-27 19:12:01
Flying Zebra @f_zebra

実際の事象はさらに1年前、2013年8月の話だ。1Fサイトから20kmほど離れた南相馬で玄米から基準の100Bq/kgを超えるセシウムが検出され、その原因が当時サイト内で行われていた3号機の建屋解体作業による飛散ダストではないかと疑われ、話題になったのが2014年の7月だ。

2015-11-27 19:13:07
Flying Zebra @f_zebra

原子力規制委員会や環境省の公式見解としては解体作業との関連は認められず、玄米汚染の原因は分からない、というものだったが、2014年夏の時点では1Fでの作業が原因だという意見が多かったように思う。今でも、特に検証してみることもなく何となくそう思っている人が多いのではないだろうか。

2015-11-27 19:15:52
Flying Zebra @f_zebra

私自身は当時はあまり関心がなかったが、2ヶ月ほど経ってから検証し、自分なりの結論を得た。以下に当時のツイートを転載する。なお、現在に至っても公式見解は変わっていないし、それを覆す有力な証拠も出ていない。

2015-11-27 19:16:35

以下、2014年9月27日のツイートを再掲。

Flying Zebra @f_zebra

ずっと気になりながらきちんとフォローできていなかった、今年7月頃少し騒がれた話題について今さらながら調べてみた。昨年8月に南相馬の玄米で基準値越えのCsが検出され、その原因が福島第一サイトでのがれき撤去作業によるダスト飛散と疑われたというものだ。

2014-09-27 03:14:18
Flying Zebra @f_zebra

私は当初から懐疑的だったが、そのうち詳しい検証が為されることを期待しつつ特に自分で調べてみることはしていなかった。ところが今となっては世間の関心も薄れ、改めて検証されることは期待しにくい。何となく、今でもダストの飛散が続いているようなイメージだけが残された形だ。

2014-09-27 03:14:41
Flying Zebra @f_zebra

なぜ懐疑的だったかと言えば、20kmも離れた場所に何らかの有意な影響を与えるような放射性物質を含む「ダスト」はかなり粒径が小さいもののはずで、そうした微少なダストが20kmも拡散することなく集まったままということは考えられず、当然広範囲に拡がるはずだ。

2014-09-27 03:16:17
Flying Zebra @f_zebra

ところが全袋検査が行われている福島県内で同時期に米の汚染が確認されたのは非常に限定された地だけで、まずそこが不自然だと感じた。さらに、より福島第一サイトに近い地域で土壌その他の新たな汚染の報告がないのもおかしいと思った。

2014-09-27 03:16:56
Flying Zebra @f_zebra

がれき撤去などの作業で舞い上がるダストは、大小様々な粒径のものを含む。これらが風に乗って移動する場合、粒径が大きく重いものから先に降着する。降着物による汚染は重量にほぼ比例すると考えられるので、距離が離れれば汚染は指数関数的に小さくなるはずだ。

2014-09-27 03:17:25
Flying Zebra @f_zebra

つまり、サイト内の作業により飛散したダストが原因であれば、サイトの敷地内と少し外、例えば5km先では汚染の度合いは桁違いになるはずで、20kmも離れると更に何桁も小さくなるはずだ。逆に言えば、よりサイトに近い地域では桁違いに大きな汚染が確認されないとおかしい

2014-09-27 03:17:47
Flying Zebra @f_zebra

以上が、当時の断片的な報道や人づてに聞く情報だけから私が判断していた状況だ。その時はそれ以上調べなかったが、仮に発電所の外に何らかの影響を出したとなれば東京電力が徹底した調査と原因究明、再発防止をして公表するはずであり、それを見ればいいと思っていた。

2014-09-27 03:19:34
Flying Zebra @f_zebra

今回改めて調べてみて、まずこの件に関する東京電力や規制庁のプレス発表がほとんどないことに違和感を持った。僅かなプレス発表も1号機のカバー解体作業におけるダスト飛散抑制対策に関するものだけで、その中にもサイト外の汚染については言及がない

2014-09-27 03:21:52
Flying Zebra @f_zebra

よくよく調べてみると、東京電力や規制庁が認識している、2015年8月の3号機原子炉建屋上部ガレキ撤去作業に関連する問題というのは「免震重要棟前ダスト濃度上昇及び身体汚染者発生」であり、サイト外の汚染問題とは認識していないことが分かった。

2014-09-27 03:22:13

ここの2015年8月というのは2013年のまちがい

Flying Zebra @f_zebra

時系列的には、2015年8月12日にダストモニタで警報が発報、入退域管理で身体汚染が確認された。次いで8月19日にも同様の事象があり、その原因として両日に風上で行われていた3号機原子炉建屋上部ガレキ撤去作業が抽出されたというものだ。

2014-09-27 03:22:53

こちらも同じく2013年のまちがい

Flying Zebra @f_zebra

この際、敷地境界のモニタリングポストでも空間線量率の上昇が記録されており、それは報道でも触れられていた。そのため私はサイト外にも何らかの影響があったと認識していたのだが、具体的な数値は今回改めて調べてみるまで知らなかった。

2014-09-27 03:24:10
Flying Zebra @f_zebra

風下方向の敷地境界にあるモニタリングポストNo.2において記録された線量率の上昇は、約50nGy/h、つまり0.05μSv/hだった。これは電子式のシンチレーション線量計などで検知できる限界より遙かに低く、放出が数時間継続したとしても有意な影響にはなり得ない

2014-09-27 03:24:24
Flying Zebra @f_zebra

東電は更に敷地内の駐車場での汚染調査と出入りする車輌の汚染調査を行っているが、いずれも通常の値と有意な違いは見られなかった。作業による飛散ダストが原因の汚染であれば、敷地内で有意な影響がないものが敷地外に有意な影響を与えることは考えられない

2014-09-27 03:25:16
Flying Zebra @f_zebra

つまり、東電としては3号機の作業で作業者の身体汚染などの問題があったことを把握し、原因究明をして1号機カバーの作業では再発防止対策を施しているが、この問題が発電所の外に影響を与えたとは考えていないということだ。調査の結果からすれば、妥当な判断だろう。

2014-09-27 03:25:38
Flying Zebra @f_zebra

この事象と南相馬での米の汚染を結びつけることにはそもそも無理があ、今に至ってその仮説を補強する検証結果が何も出てこないのも当然だ。今年7月にこの問題をスクープしたのが「あの」朝日新聞というのが、今となっては趣深い。

2014-09-27 03:27:32
Flying Zebra @f_zebra

福島第一原子力発電所の事故が福島県及び周辺に多大な影響を及ぼし、今なお多くの人が苦しんでいるのは揺るぎない事実だ。破壊された原子炉からは現在も一定量の放射性物質が環境中に放出されているのも間違いない。ただし、今も汚染が拡大しているという認識は明確に誤りだ。

2014-09-27 03:28:56
Flying Zebra @f_zebra

新たに放出される放射性物質による汚染は自然減衰よりも少なく、全く除線が行われていないサイト近傍でも線量は下がり続けている。汚染水も然り。汚染水の漏洩は完全には防ぎ切れていないが、周辺海域の汚染は下がり続けている。こうした「事実」は、正しく理解しておきたい。

2014-09-27 03:29:28
Flying Zebra @f_zebra

福島第一サイト内のがれき撤去作業によるダスト飛散はサイト外に有意な(何らかの測定値で検知できるほどの)影響を及ぼしたのかどうかという、ずっと引っ掛かっていた問題については、影響はなかったというのが私なりの結論だ。もし私が見落としている事実があれば、知らせて頂けるとありがたい。

2014-09-27 03:30:31
残りを読む(3)

コメント

Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2015年12月14日
「原因不明」であることには同意するけど、この件について語るなら、農水省の一連の調査(最終?は2015/5/26→ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/fukusima/pdf/150526_youin_chosa.pdf )についても言及すべき。
0
Flying Zebra @f_zebra 2015年12月14日
Kontan_Bigcat 検出されたセシウムが1F事故由来であることはまず間違いなく、どのような経路、要因でこの時期に特定の玄米から検出されたのかを調べる事にはもちろん意味があるでしょうが、解体作業による飛散ダストと無関係であることは別の切り口からの検討だけで十分に示せます。なお、ご紹介頂いた資料でも「平成25年8月19日のがれき撤去に伴う飛散によるものではないことはほぼ明らか」との記載があります。
3
nao @parasite2006 2015年12月14日
農水省の調査結果(こちらに一括公表http://bit.ly/1t6rgNH )に加えて今年10月に公表されたこちらの論文(東大小豆川先生その他国際チームの計測と拡散シミュレーション+京大公衆衛生小泉研の高感度ダストサンプリング+福島大学、現在読んでいるところ)http://bit.ly/1YeHD5O も。
1
nao @parasite2006 2015年12月14日
2015年5月27日付けの農水省の最終報告http://bit.ly/1SSnToH にあるダストフィルター付着物の水溶性試験結果は、放射性セシウムを含む微粒子には水溶性と水不溶性の2通りが存在すること(詳しくはこのまとめhttp://togetter.com/li/761386 )を頭において読む必要があります。
1
nao @parasite2006 2015年12月14日
筑波市の気象研究所屋上でのダストサンプリングによる定点観測結果から、放射性セシウムを含む水不溶性の微粒子は2011年3月15日には検出されたものの、20日には検出されず、放出は原発事故直後の限られた時期に絞られることがわかります。http://bit.ly/1qxNCXQ
1
nao @parasite2006 2015年12月14日
なお、農水省の最終報告http://bit.ly/1SSnToH 16ページの最終段落「東京大学の研究グループによれば」云々の記述はこの日本語論文http://bit.ly/1P25ZPG の内容を念頭に置いたものです。
1
nao @parasite2006 2015年12月14日
私は、2013年8月の南相馬市内の定時降下物の実測値http://bit.ly/1m0SZ0Y を農水省の「月間降下物1000Bq/m2が米測定値100Bq/kg」の目安(bit.ly/1twxCVf p.15-16)と照合した結果http://bit.ly/1m0TkAN (続く)
1
nao @parasite2006 2015年12月14日
(続き)2013年8月19日の瓦礫撤去時に飛散した放射性物質が単独で基準値越えの米を出すのは量的に無理であっても、もともと不利な条件がある所に上乗せされた結果として基準値を超えた可能性を考えていますhttps://twitter.com/parasite2006/status/538304839097135105
1
nao @parasite2006 2015年12月14日
2013年に基準値越えの米が取れた水田は太田川の両岸に広がる平地にありますが(地図https://twitter.com/birdtaka/status/540782096319389697 )、このあたりは福島県下で一番土壌中の粘土の含量が少ない場所の一つです(http://bit.ly/1i1rQ7A p.10)
1
nao @parasite2006 2015年12月14日
南相馬市旧太田村の土壌中の放射性セシウムは土壌との結合が弱く、水に溶け出して植物に移行しやすいイオン交換態で存在する量が非常に多いのですhttps://twitter.com/spicacat777/status/591878721746784258 (野中昌法著「農と言える日本人」http://amzn.to/1m0ZlNK p.129)
1
nao @parasite2006 2015年12月14日
太田川の水の放射性セシウム濃度は南相馬市内の他の川の水よりも高く(http://bit.ly/1m15sBR p.6)、濾過前後の測定値の変化から植物に吸収されやすい溶存態のセシウムの量が多いことがわかります。
1
nao @parasite2006 2015年12月15日
しかもこの川の流域は扇状地で、水を田にためずに常に流す「かけ流し」という方法で米作りが行われてきました(野中昌法著「農と言える日本人」http://amzn.to/1m0ZlNK p.73, p.126を読んで初めて知りました)。水の使用量が多ければ多いほど、そこに溶けている溶存態のセシウムの影響を強く受けることになります。
1
nao @parasite2006 2015年12月15日
同じ土壌(20 km圏外の旧太田村の土ではなく、同じ南相馬市でも20 km圏内の小高区旧福浦村の土)を入れたポットに同じ品種のイネを植え、太田川の水と水道水を与えて栽培したところ玄米の放射性セシウム濃度に差がなかったというポット栽培実験結果が、2014年12月1日付けの農水省の報告スライドhttp://bit.ly/1CDMl7J の7枚目にありますが(続く)
1
nao @parasite2006 2015年12月15日
(続き)この実験で栽培に使った水による差が見られなかったのは、おそらく同じ量の水を使用したためだと思われます。通常の栽培法と比べて水の使用量が多い「かけ流し」で米作りが行われている旧太田村の状況を再現するには、太田川の水の使用量を「かけ流し」と通常法の水の使用量の比率に合わせて増やした3つ目のポットを用意する必要があったと考えます。
1
nao @parasite2006 2015年12月15日
南相馬市旧太田村に試験田を設けて2012年から3年連続で試験栽培を行った東京農大・後藤逸男教授(2015年3月東京農大を退職し名誉教授に)が「2013年には2012年に比べて7月時点の稲の茎葉のセシウム濃度が前年より一様に低かったのに、収穫された玄米からは前年を上回るセシウムが検出された」と指摘し8月19日の瓦礫撤去時の飛散の影響を示唆https://kacco.kahoku.co.jp/blog/blog-seibun/61994 http://togetter.com/li/740896
1
nao @parasite2006 2015年12月15日
もっとも後藤教授(現在は名誉教授)の試験栽培データは、まだどこにも正式に公表されておらず、確認できないのがくやしい。また2013年は稲刈り直前の9月15-16日に台風18号が通過した後イネの倒伏が見られたそうでhttp://bit.ly/1mlMaAz この影響がどの程度あったかを知るには、2013年産米の測定値の地図とイネの倒伏が起こった田の地図がどの程度一致するかを見なければなりません。
1
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2015年12月15日
f_zebra 私も「風による飛散」が原因と考えるのは難しいと思いますが、解体作業によるダストが「何らかの要因で南相馬の水田に運ばれた」可能性は否定されていません。そして原因不明である以上、同様な現象が起きる可能性も否定されていません。「風による飛散」ではなかったからと言って、地元の方々の不安が消えるわけでもないでしょう。
1
Flying Zebra @f_zebra 2015年12月15日
Kontan_Bigcat 「可能性は否定されない」、ゼロではないというのは当然ですが、1Fサイト内に事故直後のようなエネルギー源がない以上、風以外の輸送モードは現実的に考え難いでしょう。地元の方々が不安に感じるのは仕方のないことですが、現実的にほぼあり得ない「可能性」に拘ることで結果的に不安を助長することが建設的な態度だとは私は思いません。既に実効性が明らかになっているカリウム施肥などの対策とサンプルによるモニタリングを継続し、地道に不安と風評の払拭を図るべきかと。
3
Flying Zebra @f_zebra 2015年12月15日
建屋解体作業に限らず、発電所サイト内の作業で汚染を外部に持ち出さないというのは、誰に何を言われるまでもなく当たり前の前提として。
1
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2015年12月15日
f_zebra 3号機の解体に由来するかどうかはわかりませんが、農水省の調査は、土壌に降下した以外のダストの再飛散があったことを示唆しています。「風以外の輸送モード」が何であるかはわかりませんが、たとえば、1F周辺の車両に降下したダストが、何らかの要因で問題の水田付近で再拡散した可能性がないとは言い切れないでしょう。(あまりこうした可能性を論じることに意味はない、という点には同意しますが。)
0
f1nps @f1nps 2015年12月16日
.@f_zebra ご存知かもしれませんが、2013年8月の3号機ダスト飛散による敷地外の降下量について、規制庁が推計を出しています。平成26年度第41回規制委員会資料(PDF)https://www.nsr.go.jp/data/000086579.pdf
0
f1nps @f1nps 2015年12月16日
f1nps 1F構内のモニタリングデータからセシウム放出量を1.1E11Bqと評価(第28回特定原子力施設監視・評価検討会資料(PDF)https://www.nsr.go.jp/data/000051154.pdf)。これを使ってSPEEDIで降下量を計算したものです。
1
f1nps @f1nps 2015年12月16日
f1nps 結果は、基準値超の玄米の取れた地点2カ所での降下量が30Bq/m2と12Bq/m2で、100Bq/kg以上の濃度をもたらすのに必要とされた1,000Bq/m2より2桁低かった、というものでした。
1
Flying Zebra @f_zebra 2015年12月16日
f1nps ご紹介の資料によれば、月刊降下物モニタリングの値が2013年8月に前後の月より特異的に高いのは双葉町(サイトから約3km)のみ。その値はSPEEDIの計算結果の約250倍もあり、解体作業によるダスト飛散では説明できません。更に前後の月より高いわけではない他の採取地点でも全て計算値を上回っており、つまりダスト飛散があったとしてもその影響は日常的な降下物量に埋もれる程度でしかないことになります。
3
Flying Zebra @f_zebra 2015年12月16日
サイトから同じ方角(当時の風向きで風下方向)にある複数の採取地点で1箇所でしか当該期間に特異的な降下物の増加が見られず、しかもその1箇所でも増加量がダスト飛散では説明できないとなれば、降下物量の増加とダスト飛散を関連づけるのは無理があるということになります。解体作業によって「サイト外にダストが飛散した」という証拠は、現在のところ何もないはずです。もちろん、1分子たりとサイト外へは出ていないなんてことはありませんが。
1
Flying Zebra @f_zebra 2015年12月17日
南相馬の玄米を汚染したセシウムが事故以来いずれかの時期(おそらくは事故直後)に1Fサイトから放出されたものであることはまず間違いなく、その責任は事故を防げなかった東電と規制当局にあります。それはそれとして、現在サイト内で行われている作業がサイト外に新たな汚染を引き起こしているといった間違った認識をいつまでも引きずることは、誰にとっても損にしかならないと思います。
5
nao @parasite2006 2015年12月17日
2013年8月19日の福島第一原発3号機の瓦礫撤去に伴う放射性物質飛散を扱った論文がEnvironmental Science & Technology誌に正式掲載され掲載号の表紙写真http://bit.ly/1P9PmSb になりました。
2
nao @parasite2006 2015年12月17日
なお2014年7月23日開催の第25回特定原子力施設監視・評価検討会に東京電力が提出した資料http://bit.ly/1P9S9L2 p.6によれば、瓦礫撤去作業時の飛散防止剤の希釈倍率を製造元の指定通りに戻し、散布範囲、使用タイミングも変更した結果、以後は構内でダストモニターの警報が鳴る事態は発生していないとあります。
1
nao @parasite2006 2015年12月17日
また2013年に基準値越えの米を収穫した7軒の農家が2014年秋に収穫した米からは、基準値越えが一袋も出ませんでした(2015年5月26日付け農水省資料http://bit.ly/1SSnToH p.40)。
1
nao @parasite2006 2015年12月17日
福島県ホームページの特設コーナー「福島第一原子力発電所1号機建屋カバー解体作業と大気モニタリング結果について」http://bit.ly/1k462NW
1
Y S@マスク2枚は必要な方へ! @abo_abo 2015年12月17日
ふくしま再生の会が飯舘村で計測しているデータでは、原因不明ながらその時期に確かに数値が上昇しているとのことです。何らかの変化があったようです。 http://www.fukushima-saisei.jp/mon/aerosol/
3
f1nps @f1nps 2015年12月18日
f_zebra 規制庁の推計が出された際に、規制委員会の更田委員が「基準値越えの米が発生した原因として3号機からのダスト飛散に固執することで、真の原因を見逃すことをおそれる」という趣旨の発言をしていた記憶があります。
1
f1nps @f1nps 2015年12月18日
東電は1号機の建屋カバー解体作業を開始するために、ダスト飛散抑制対策およびダストのモニタリング体制を3号機の建屋上部解体作業の時よりも格段に充実させました。例えば、2014年7月30日の福島県廃炉安全監視協議会資料(PDF)http://www.tepco.co.jp/news/2014/images/140730a.pdf 後半を参照
1
f1nps @f1nps 2015年12月18日
万が一、2013年8月19日と同レベルのダスト飛散が発生すれば、直ちに自治体に通報(25条通報)、作業を中断して飛散抑制剤を散布することになっています。このような対策の充実が一般に知られていないことも、要らぬウワサにつながるのかもしれません。
2
f1nps @f1nps 2015年12月18日
一方で、対策を充実するのがなんでも良いことだとも思いません。今の対策が必要にして十分なものかどうか私には評価する能力がありませんが、過剰な対策は廃炉作業の進行を阻害するし、要した費用は真に必要な対策に向けられるべき費用を食いつぶしているかもしれません。
3
f1nps @f1nps 2015年12月18日
合理的で適正な対策が取られれば良いと思いますが、適正なレベルがどこなのか、それについて関係者の間でどうすれば合意を得ることができるのか、とても難しい問題だと思います。感情に流されず合理性で判断するべきというzebraさんのおっしゃることは本当にその通りだと思うのですが、そうでない現実はたくさんあります。どうしてなんでしょうね。
1
Flying Zebra @f_zebra 2015年12月20日
合理的な範囲を超えた過剰な対策は本当に必要な(合理的な)別の対策に割くべきリソース(費用だけに限らず)を削ることになるため、結果的に本来の目的(例えば安全性の確保など)からすれば逆行してしまうというのは正にその通りです。私たちの社会が、合理性とは関係のない心情的な尺度である「安心」を、直感とは一致しなくても合理的に達成可能な「安全」よりも優先する態度を改める、あるいは少なくとも安心と安全は同じではなく、時として正反対のベクトルを持つ事を理解することが必要なのだと思います。
3