2016年1月13日

アニメの脚本を適切に評価するという事

主にガールズ&パンツァーを例に脚本とアクション演出を考察する
18
インクエッジ @02Curry

「脚本を適切に評価する」

2016-01-12 09:51:10
インクエッジ @02Curry

「どこからどこまでが脚本なのか問題」はもちろんだが、メカアクションもので「無言のメカアクションそのものをもってドラマを表現する」こういうタイプってだいたい「脚本」は肝心のその部分を担当してないものなのね。ヴァルヴレイヴでも脚本氏はチャンバラバトル面は「おまかせ」してたし

2016-01-12 09:56:08
インクエッジ @02Curry

アルドノアのナマ脚本と本編を見比べると脚本レベルのすじがき「以降」(コンテ演出…)に物語の要諦が濃密に描き込まれてることがわかる。ガルパンもたとえばさきのマウスやカールへの「アクション」の組み立てをしたのもさすがに脚本家氏じゃないよねぇ。チャンバラの所作「も」込みで「物語」です、

2016-01-12 10:08:53
インクエッジ @02Curry

って作風の映像のうち、脚本パートと思わしき部分だけ抜き出したらそれは「物語」じゃなくて「脚本という仕事域」でしかないもので、「物語のなかの脚本域」をどうやって評価するのかってハナシだな。。ほかにも鉄血のオルフェンズやアクエリオンなどメカアクションを物語の一環に据えてる作品は多い。

2016-01-12 10:13:29
インクエッジ @02Curry

カールもマウスも同じくらい破天荒な攻略にみえて、マウスの方は理に適ったものなのに対しカールは無駄100%のアホ作戦。この対比はさすがに吉田氏には生み出せない。「マウス攻略は西住みほによって立案されたもの」だからマトモでとうぜんで、ノリのわやくちゃメンバーで考えたカール戦とは違うw

2016-01-12 10:26:17
インクエッジ @02Curry

「正面から突っ込まれたらマウスは後退せず強引に乗り越えようとする」西住流の気質を踏まえた作戦だから西住みほにしか思いつけない。これと同じメンバーによるカールへの正面突撃は似てまるで非なるもの。言葉どおり「意味があるとは思えない」戦術になっていて、そうでないと物語のスジが通らない。

2016-01-12 10:31:16
インクエッジ @02Curry

巨大ロボにせよ戦車にせよ他のメカニクスにせよ、そのギミックやアクションがそのままテーマや人物関係をゼスチャーする=脚本パート外で物語を綴るタイプはそうすることで少なくとも「○○が出てくる作品」ではなくなっている。○○以外のモノに交換してしまうと「脚本外の物語」が欠落してしまう。

2016-01-12 12:06:02
インクエッジ @02Curry

ガルパンでいえば、ああいう舞台でスポーツならざる架空武道なら他にも「対戦車道」とか「急降下爆撃道」とか「潜水艦道」とかこしらえてお話を綴ることだってできるだろうが、武道の骨子「道」に掛けて描くことができる題となると、無限軌道で装甲を持つ戦闘車輌「戦車」の他にはこの世に存在しない。

2016-01-12 12:14:00
インクエッジ @02Curry

なんで自動車部はあからさまな「ズル」をするのかって、それが脚本パートと両輪となって物語を成す「脚本外のドラマパート」だから。「ルールに書いてないからという根拠で利己を図る」のは咎めらる行為じゃなかったのか?というとこからがTVシリーズから描き続ける「道」の続編たるギミックだよ。

2016-01-12 12:36:20
インクエッジ @02Curry

品位を貶める「ズル」は道に悖る行為でありながら、それ自体が「我が人生」と呼べる程のものであるんなら、それすらもれっきとした「道」として認められるんだ。戦車道をモータースポーツとして取り組み「テクニカルレギュレーションは明文化されてない隙間を突くもの」として捉えてるからああなる。

2016-01-12 12:41:51
インクエッジ @02Curry

本編で「戦車道にあるまじき」と謗られたルールの隙間を突く行為でありながら、それでも「あれこそ戦車道」と賞賛できるのは、やってるひとが「機械車輌こそ我が人生」を生きてきた自動車部だからに他ならない。「あの子らがやると立派な戦車道」「それ以外の連中がやったらズル」。スポーツじゃねえ。

2016-01-12 12:49:04
インクエッジ @02Curry

「ルールブックに書いてあるルールに基づくスポーツじゃない」。「ルールブックに書いてないルール」の比重が明文パートより極端に高く、なおかつ「その解釈にどんな参加者にも共通する解を持たない」というもの。字にしてないだけで一律に皆が従うことと決まってる、ていうんじゃないのが難儀だわ。

2016-01-12 12:56:31
インクエッジ @02Curry

自動車部は「ズル」で得た利益を何に用いるのかというと、決して自分自身の「得」とは言えないコト一点に使ってる。「車列の先頭に立って後続を強引に引っ張る」そして「自車はついに限界を迎えてリタイアし、後に続く者たちにその後を託す」…ああ。TVシリーズでの生徒会だ。チャンバラゼスチャー。

2016-01-12 13:42:09
インクエッジ @02Curry

TVシリーズの生徒会も「戦車道に悖るズルで利己を図る」のにそのじつ自分自身の直接の利益「じゃない」、というところにキモがある。生徒会はいま三年生で、廃校が予定されていたのは本年度をもって。つまり「生徒会が卒業したあと」なんだ。母校を失うのは二年生以下。それを守るためにああしてる。

2016-01-12 13:46:48
インクエッジ @02Curry

「自分たちでなく後輩のために」急造チームを編制し、試合開始直前にその内情を対戦相手に訴える程の無様をおしてまで強引に引っ張っていたのが生徒会。大会での生徒会の最後は「強敵撃破の礎となって機関ブローし白旗を上げ、後を託して退場する」。戦車アクションはただアクションに非ず、だ。

2016-01-12 13:52:26
インクエッジ @02Curry

劇場版で肩透かし気味の出番が与えられたポルシェティーガー一行は「TVシリーズの生徒会」となって、喪失した者たちを束ねて引っ張り送り出す。「自動車部が一車だけ自滅エンド」ってコトひとつとっても幾重にも物語としての必然がある。「ズルにはバチが当たる」寓意だって見立てていい。

2016-01-12 13:57:48
インクエッジ @02Curry

ヴァルヴレイヴでいえばデュアリズム、ガルパンでいえば道イズム。何でもそうだ。「娯楽活劇目線ではぎこちない成り行きにみえる部分」を「ぎこちなくなろうがどうしてもこうでないといけないところ」だったと仮定する、そういう部分をわざわざひたすら注視して「こうでないといけなさ」を逆引きする。

2016-01-12 15:32:38
インクエッジ @02Curry

ベイマックスでいえば「兄の遺志を継がない」ところ。心身のケアをさせたかったロボットをバトルヒーローに仕立てて「よし」として終わる。虚空に置き去りにされたベイマックスは無視、片割れのメモリと新しいボディで「これがベイマックスだ」とすっきり決めてしまうとこ。観てる側はすっきりしないw

2016-01-12 15:36:54
インクエッジ @02Curry

それは純粋な活劇娯楽、ハートフルな「いい話」としては欠点なんだろうが、自分がいっぺん流し観て「おや?」と引っ掛かるようなところにつくってる側誰もが終始気づかなかった、もしくはどうでもいいと流したのだとしてしまう方が無茶なんだ。むしろ「おや?」と引っ掛かるところから思索ははじまる。

2016-01-12 15:40:57
インクエッジ @02Curry

「なんでここはこうでないといけないのか」を捨て置かずに探り続け、そこに「こうでないと成立しない」テーマを見立てるとあら不思議。そこかしこにあった「娯楽としてすっきりしない部分」がみるみる「テーマとしてそうでないと成り立たない部分」に化ける。

2016-01-12 15:46:06

コメント

こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年1月13日
アニメの脚本はドラマの脚本の倍近いペースで消化されます。とりあえず、シナリオの基本的な表記方法を理解したうえで、好きなアニメの1シーン60秒分(きちんと書き起こせば、200字詰め原稿用紙でおそよ4,5枚になります)をシナリオに書き起こすところから始めるべきです。
3
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年1月13日
シナリオが~、と言う人の大半は、映像の基本設計図であるシナリオの書き方やシナリオではかけないこと、シナリオで書かなくてはいけないことも全く理解していないと言う現実。
6
sh2tozan @Sh2Tozan 2016年2月5日
白箱放映してた時に、映像の設計図はむしろ絵コンテで、脚本はその前段階。絵コンテにする時に削られることもあれば書き加えられることもある。改変だってあり得る。脚本は映像ではなく、物語構造の設計図なんだよという話を聞いた。そうすると台詞のセンスとか、伏線を張る、消化するタイミングなんかがわかりやすい脚本の腕前なのかな。
2
nekosencho @Neko_Sencho 2016年2月5日
単純に、ストーリー展開とかをひとまとめで「脚本」という場合がそれなりにあるというだけの話ではw
1
endersgame @endersgame3 2016年2月10日
あれを単純な自滅エンドと見るのはそれこそ物語が理解できてないよなあ「レオポン車がモーター焼けるほどの加速をして後続車を引っ張る」「カチューシャ車が相手の砲撃を引き受ける&体当たり」の両者を踏み台にしてのエリカ車がルミ車を仕留められたんだから。
1
endersgame @endersgame3 2016年2月10日
そして「不文律」の件はあくまでサンダースの話であって大洗は携帯電話の件を出すまでもなくやれることは何でもやって勝ってきてる。しかも「改造」自体は不文律どころか明文でOKとされている。エンジンはその規制が細かくあってモーターにはないというだけで、そもそも根本のルールには反していない。 まあこれついては作中にはない周辺情報を持ってないと勘違いする人が居ても仕方ないかなとは思う。
0
endersgame @endersgame3 2016年2月10日
てかタイトルを見て「ほとんどアクションでドラマに時間がもらえない中、一言、二言しかないのにそのキャラクターの背景まで感じさせるセリフをこれでもかと積み上げててほんま吉田玲子頑張ってんな」という話かと思ったら、だいたい監督と闇文ほかがシナリオ会議で話して決まったであろう部分の話でがっかり。
1
高嶋ぽんず@有識者 @ponzz 2016年2月22日
というか、そもそもこのインクエッジとかいう人物の言っていること、大概が胡散臭すぎてな。正直、まとめて欲しくない。
1
endersgame @endersgame3 2016年2月23日
>「戦車戦のプロットは吉田氏には発案できない」とはっきり言ってんのにまるでオレが戦車戦プロット部分も脚本家の手柄、なぁんて混同してるつもりで<とかいう完全な勘違いでメンション飛ばしてくる馬鹿だったので仕方ない。 言っているのは「脚本の評価なんて話じゃねえなこいつの言ってるのは」なのに。
0
endersgame @endersgame3 2016年2月23日
数カ月ぶりにTL見たらこの件でメンション飛ばしてきてるところに遭遇してしまい、とてつもなく気持ち悪かった。
0
endersgame @endersgame3 2016年2月23日
作品の脚本も他人の言ってることもまったく読解できないってのはスゴイな。
0