2016年2月2日

荒ぶる山の頂点バイオマキシマbotまとめ

2/1~2/3
0
りくも @mkmkyy_

【荒ぶる山の頂点 バイオマキシマbot】 山の掟に背く奴は粉砕する! バイオゴリラbotのパロディ企画をやるッショ ・バイオマキシマツイートでテキトーに色んな物を粉砕する! ・粉砕して欲しい物を言ってくれたら即興で粉砕する! ・会話は普通にするので話しかけきただけの人は粉砕しない

2016-02-01 12:29:15
りくも @mkmkyy_

「ハムスター飼ったんだ」 「わー可愛い」 そこに突如バイオマキシマが現れて少年が持っていたハムスターの檻を粉砕! 「イキモノハミンナヤマニカエルッショ!」 衝撃でハムスターが進化! 少年はマサラタウンにサヨナラバイバイした

2016-02-01 13:14:36
りくも @mkmkyy_

「くそ、また出玉無しか! もう3回目だぞ!」 パチンコで大当たりのはずなのにラウンドに突入せずいらつく今泉のところにバイオマキシマが現れて台を粉砕する! 「デナカッタラコワセバイイッショ!ヤマノメグミハウラギラナイ!」 峰ヶ山に咲いた花は実をつけて生き物の空腹を満たすのだ!

2016-02-01 14:30:26
りくも @mkmkyy_

「やあ巻ちゃん!元気かね巻ちゃん!冬なのにアイス食べて体を冷やしてはいないか巻ちゃん!巻ちゃん!」 今日も今日とて巻島に鬼電を繰り返す東堂のところにバイオマキシマが現れて携帯を粉砕! 「カイワハカオヲミテシロ!ヤマニケイタイイラナイ!」 「会いたかったぞ巻ちゃん!」 「……おう」

2016-02-01 15:18:16
りくも @mkmkyy_

「仕事が終わらない……休みたい……」 徹夜で頑張る会社員のところに荒ぶる山の頂点バイオマキシマが現れて拳を振るう! 「イキモノツカレタラヤスム!ヤマノイキモノヨルハネルッショ!」 後少しで仕上がる資料と一緒に会社員は粉砕され永眠した!

2016-02-01 18:15:04
りくも @mkmkyy_

「この待ち受けの子?ああ俺の彼女じゃ。え?別れた佳奈ちゃんじゃないかって?今はちぃとばかし連絡とってないだけじゃ……本当じゃ……俺はリア充じゃよ?だから粉砕しに来いや、オイ!オーーーイ!!ほら、リア充はここじゃーーー?!」 バイオマキシマは待宮を無言で慈愛の抱擁で包んだのだった。

2016-02-02 03:52:50
りくも @mkmkyy_

「寿司食いに行こうゼ」 「む、食べたい」 「あそこの回転寿司のうどん美味いよな」 そこにバイオトウドウが現れてダメ四番を荒ぶる拳で粉砕! 「スシヤデハスシヲクエ!」 更にバイオマキシマが現れてバイオトウドウを粉砕! 「ヤマノイキモノクエルモノハナンデモクウ!ジユウッショ!」

2016-02-02 07:33:16
りくも @mkmkyy_

「どうした荒北?」 「ダイレクトメールがウゼェんだヨ」 「ほう」 『人妻と内緒の恋♥秘密は最高のスパイス』  そこに荒ぶるバイオマキシマが現れて携帯ごとメールを粉砕! 「ヤマノイキモノサソッタラカナラズマグワウ!ウソハツカナイ!」 「じゃあ俺とまぐわおう巻t… 東堂も粉砕!

2016-02-02 12:52:16
りくも @mkmkyy_

「うひょー!カワイイコいるじゃねえか!」 「俺だ、荒北」 「え、お前金城?!」 「余興で女装中でな」 「くっそ騙された!」 荒北はバイオアラキタと化しオカマ金城に牙を向ける! それをバイオマキシマが迎撃! 「ヤマノイキモノモギタイスル!シゼンデハフツウッショ!」 フレンドシップ!

2016-02-02 13:20:24
りくも @mkmkyy_

@0202____0402 委員長「山岳!また学校サボってダメじゃない」 真波「委員長、これ誕生日プレゼント」 委員長「これ、サマンサタバサのポーチ…」 そこに突如現れたチャリ部の狼アラキタ! 「チャリブノオトコニロマンスハイラナイ!」 非リアの拳が2人をバッグごと粉砕する!

2016-01-28 10:21:47
りくも @mkmkyy_

@0202____0402 @kuroneko12yuki 「あ、それアンディが苦手な食べ物で」 「筋肉によって違うんだねー」 そこに突如現れた二代目オカンクロダのツッコミが泉田を襲う! 「テメーはプロテインダケクッテロ!」 「どうしたのユキ?」 筋肉に阻まれ粉砕出来なかった!

2016-01-28 11:01:27
黒田雪成 @kuroneko12yuki

@mkmkyy_ @0202____0402 阻まれてんじゃねえよ、頑張れ二代目オカンクロダ!!!!

2016-01-28 11:06:00
りくも @mkmkyy_

今までの粗筋 オカマ粉砕作戦に参入した生物兵器バイオマキシマだったが、屈強な物理女子力の前に苦戦を強いられていた。 「コノママデハヤマノイキモノガタエテシマウ」 どんな攻撃にも耐え、一歩も譲らぬ漢乙達に、バイオマキシマは打ち勝つ事は出来るのだろうか? 次回!さらばバイオマキ文字数

2016-02-03 01:20:48
りくも @mkmkyy_

バイオマキシマ終了。 ありがとうございましたッショ

2016-02-03 02:03:34

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?