10周年のSPコンテンツ!

「ニセ科学」に本気でつっこむ会

「マイナスイオン」や「水素水」「放射能を消すとうたう菌」などなど...ニセ科学問題について「法律の専門家と科学の専門家、消費者・消費者団体、事業者が手をつなぎ“協働”し、正しくわかりやすい情報発信をしていく」活動。実現すればおもしろそうじゃないですか? 消費者庁前長官の阿南久さんとご縁あって少しお話させていただいたことのご報告。 今、何か具体的なことが決まっているわけではないですが、「いいね!」と思っていただける声が集まると、活動に向けての勇気になります。
社会問題 消費者庁 ニセ科学 消費者団体 ツッコミ
237
yuri @syoyuri
昨日、消費者庁前長官の阿南久さんの講演に参加し、少しお話させていただく機会を得ました。科学の問題として声をあげておられる方々と、法律を元に活動する方々が協力しあい「ニセ科学」に立ち向かうこと、阿南さんにご賛同いただけました。facebook.com/nijinijiyuri/p…
リンク www.facebook.com ひらばやし ゆりこ - 昨日神戸で前消費者庁長官、阿南久さんの講演会が開催され、参加いたしました。... | Facebook 昨日神戸で前消費者庁長官、阿南久さんの講演会が開催され、参加いたしました。 http://www.syouadonet.pate.jp/files/16022020thKinen.pdf そこで阿南さんに少しお話させていただいたこと、皆さまにもお伝えさせてください。...
yuri @syoyuri
続)「おもしろそうかも」と思っていただけるなら、よろしければ「いいね!」お願いいたします。...何か具体的なことが決まっているわけではないですが、「法律の専門家と科学の専門家が協力した活動」を「いいね!」と思っていただける声が集まると、活動に向けての勇気になります。
yuri @syoyuri
続)「マイナスイオン」や「水素水」「放射能を消すとうたう菌」などなど「ニセ科学」問題をなんとかしたいと、科学的な視点で声をあげてくださる人たちがネットにはたくさんおられます。特に科学者の方々が実名で訴訟リスクを負いながら活動してくださっていること、申し訳ないくらい有難いことです。
yuri @syoyuri
続)「ニセ科学」問題の中には本来、消費者問題として法律で解決できるものも多く、消費者行政により行政処分された業者も多々ありますし、適格消費者団体の差止請求などで広告表示等が改善された事例もあります。
yuri @syoyuri
続)科学の問題として声をあげておられる方々と、法律を元に活動する方々が協力しあい「ニセ科学」に立ち向かうことで、できることがあるんじゃないかしら...また、それぞれの活動で不当なトラブルに巻き込まれる心配を少しでも減らすことができるんじゃないかしら...ずっと考えていることです。
yuri @syoyuri
続)阿南久さんは2014年に「消費者市民社会をつくる会=ASCON」を設立、理事長をされています。ASCONには「科学者委員会」が設置されていますし、昨年7月には唐木英明先生、森田満樹さんをむかえ「機能性表示食品をつっこむ会」というかなり楽しそうな会も開催されたようです。
消費者市民社会をつくる会・ASCON

「機能性表示食品をつっこむ会」

★森田満樹さん(フーコム);「『機能性表示食品』制度~消費者から見た課題」

★唐木英明さん(食の安心・安全財団)
「『食薬区分』の再認識を~機能性表示食品の理解のために~」
http://ascon.bz/archives/428

yuri @syoyuri
続)阿南久さんのコメントです>「法律の専門家と科学の専門家、消費者・消費者団体、事業者が手をつなぎ“協働”し、正しくわかりやすい情報発信をしていくことで、誰もが安心して暮らせる社会が実現するのだと思います。“つっこむ会”を各地でできるように輪を広げて行きたいと思います。」
yuri @syoyuri
続)【法律の専門家と科学の専門家、消費者・消費者団体、事業者が手をつなぎ“協働”し、正しくわかりやすい情報発信をしていく】 「おもしろそうかも」「いいね!」と思っていただける声が集まると、活動に向けての勇気になります。 facebook.com/nijinijiyuri/p…

コメント

宇樹義子@『発達系女子の明るい人生計画』好評発売中 @decinormal1 2016年2月21日
素晴らしい試みです。私には関連の専門能力が何もないので申し訳ないですが、文章は書けます。何かありましたらお申しつけください。
宇樹義子@『発達系女子の明るい人生計画』好評発売中 @decinormal1 2016年2月21日
ニセ科学・ニセ医学に反対する立場のライターとして、ときどき啓発記事を書いております。少し前にけっこう多くの方にお読みいただいたこちらの記事は、わたくし宇樹が別のペンネームで書いたものです。何か私にお役に立てることがありましたらぜひお声がけくださいませ。:危険な「ニセ医学」にだまされないで! 覚えておこう、家族から幸せと健康を奪う「ニセ医学」の4つの特徴 | mamanoko(ままのこ) https://mamanoko.jp/articles/10936
ズュータン @zyuutang 2016年2月21日
これは心強い。ニセ科学はマルチ商法の入り口にもなっているから、こういう会があることでマルチ商法の被害者も減ることになればいいな。
ズュータン @zyuutang 2016年2月21日
「「ニセ科学」に本気でつっこむ会」はニセ科学やニセ医学を入口にマルチ商法にハマる人を未然に防ぐことにもなるだろうし、マルチ商法にどっぷり浸かってしまった人を気づかせるきっかけにもなりそう。
闇のapj @apj 2016年2月21日
法と科学、というのが関心領域です。トランスサイエンスではない科学と法の関わりは、政策決定を行政訴訟で争う場合の法と科学の関わりとは異なっているはずで、私の関心は前者の方です。一緒に活動できればと思います。
yuri @syoyuri 2016年2月21日
@apj 消費者庁ができてこの6年を振り返るだけでも様々な消費者関連法が制定、改正されました。それら法を活かし「ニセ科学」問題に対してできることを共に考え動くことができればと思っています。ありがとうございます。
neologcutter @neologcuter 2016年2月21日
ニセ科学は社会の損失ですからね。 #反原発 デマでもEM菌や米のとぎ汁乳酸菌やら、放射能除去関連でさまざまなインチキ商売が蔓延してましたからね。
フローライト@今日どこさん行くと? @FluoRiteTW 2016年2月21日
あの、ネットワークビジネス大手も時々ニセ科学でヤンチャするので、みなさまも警戒を忘れないでください。アムとかミキとか大手はノウハウも豊富で、法的にギリのラインで文言考えたりするので取り締まりは出来ないはずなのですが、売ってるもの効果を謳わないだけでニセ科学ビジネスと似たようなものなので、同様に自衛するべきなのです。
飯島明子 @a_iijimaa1 2016年2月21日
「本気でつっこむ会」、参加したいです。何か一緒にできれば嬉しゅうございます。
木野浩一 @dorasuky 2016年2月21日
.@syoyuri さんの「「ニセ科学」に本気でつっこむ会」をお気に入りにしました。
オペル・シグナム @StrikerS_Signum 2016年2月21日
SEVはツッコむだけじゃなく、叩き潰して欲しい。
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2016年2月21日
ニセ科学は殺す!ニセ科学で商売する者も殺す!!ニセ科学に関わる者は皆殺す!!!慈悲はない!!!!
たくろう @takurou_f 2016年2月21日
「法と科学」というと、ここを思い付くけど http://www.law-science.org/top.html ニセ科学に対してはどうなんでしょう?
あおやもり @yamogeckosan 2016年2月21日
ニセ科学に慈悲は要らない。叩き潰すべし!
シュガー市民@黄泉の国のマルキスト @SugarCivil 2016年2月21日
強制捜査を躊躇しない科学警察は応援する
犬山しんのすけ @shinnosuke_inu 2016年2月21日
ホント、ニセ科学はデマで有り、詐欺でも有りますからね。 常に検証して行かないと U・∀・Uノ .
羽倉田 @wakurata 2016年2月21日
免疫ビタミン「LPS」なるものが流行りつつあると聞く、ライターの皆様を誘って、そういった記事には協力しませんという安全マークなりを発行してはどうだろうか?
大石雅寿(個人としての発言) @mo0210 2016年2月22日
行政と科学が強力なタッグを組むことができれば、社会にとってこんなに素晴らしいことはない。
Scally@フユヤマハイカナイマン @scally_westjp 2016年2月22日
科学を扱う側の問題意識が希薄っちゅうのがな。科学の第一線を退いた御大連中が、正しい啓蒙活動をして欲しいな。
とくがわ @psymaris 2016年2月22日
ニセ科学に本気でツッコミを入れると聞いて、 「もし彼らの主張が本当だとしたら、実は世界滅ぶんじゃないか」 という会だったら会員になります。特に某菌とか、アレ本当なら地球はおろか宇宙が滅ぶ。
蒲田 典弘 @lets_skeptic 2016年2月22日
僕みたいな在野の立場では出番が無いかな。
裏技君 @urawazakun 2016年2月22日
民間療法が吹き上がってる時に、それが正しいかどうか第三者が確認出来るコミュニティが欲しい。どうせこの先だって怪しい民間療法いくらでも増えて行くし、それらの整合性確認が高速で出来る環境があれば、そもそも流行らせることもない。ただ、医者への負担を増やす結果しか無さそうなので、ちょっと難しそう
akita_komachi @antiMulti 2016年2月22日
ニセ科学を唱える学者や商売人は、どの程度悪意が有るのだろう?本人もデマを信じて布教しているのか、それとも金儲けのため騙しているのか。
撃壌◆ @gekijounouTa 2016年2月22日
こういった取り組みが増えるといいね!
yuri @syoyuri 2016年2月22日
@lets_skeptic 「ニセ科学」につっこむ会、これから動き出すためには賛同いただけるだけで力になります!ありがとうございます!
宇樹義子@『発達系女子の明るい人生計画』好評発売中 @decinormal1 2016年2月23日
先日もコメントいたしましたライターの宇樹です。啓発記事もう一つ書きました。どちらかというと支援者側向けに書いたものでしたが、当事者の方にも読んでいただいているようです。よろしければご参照くださいませ。:【論考】ニセ医学の存在は発達障害児の母親たちを健全な障害受容から遠ざけるかもしれない ―キューブラー・ロスによる「死の受容プロセス」をたたき台に http://decinormal.com/2016/02/22/mock_medicine_risk/
宇樹義子@『発達系女子の明るい人生計画』好評発売中 @decinormal1 2016年2月23日
ニセ科学・ニセ医学の被害者がこれらに騙されやすくなるのには、知識面の不足もあるでしょう。しかし、特に頑なになり、熱心に広める側に回ってしまうケースには、なんらかの心理的背景があると私は考えています。上記の記事はそれに触れたものです。
宇樹義子@『発達系女子の明るい人生計画』好評発売中 @decinormal1 2016年2月23日
こういったケースの根本解決には、彼らの、人生上のストレスや喪失に折れかかった心のケア・支援という観点が必要と考えており、私は今後、知識的啓蒙ができる記事と同時に、彼らに対し心理面でのケア・支援ができるような記事も充実させていこうと考えております。まとめをお読みの専門家や支援者の方々とも、できれば折々でご協力いただければと願っております。どうぞよろしくお願いいたします。
闇のapj @apj 2016年2月23日
takurou_f あちらはトランスサイエンス、つまり科学として確定していないものが社会に持ち込まれる場合の話です。しかし、ニセ科学と、関連すう問題が法廷に持ち込まれた場合は、科学の側は大体確定していることがほとんどです。それを、トランスサイエンスの場合と同じように法廷で扱ったら、科学のウェイトが下がる結果になって、救済が不十分になるだろうと思います。
UFO教授 (藤木文彦 Fumihiko Fujiki) @UFOprofessor 2016年2月23日
協力したいんですが、突っ込む会って名前はなんとかなりませんかね。彼らには糾弾すべきものと救済すべきものがいることもちゃんと区別しなければならないでしょう。
UFO教授 (藤木文彦 Fumihiko Fujiki) @UFOprofessor 2016年2月23日
decinormal1 そう思います。だまされる人の心理も考えないと。
ぱんどら @kopandacco 2016年2月23日
実践するうえでは色々煩雑な問題もあるとは思うが賛成しとく。
UFO教授 (藤木文彦 Fumihiko Fujiki) @UFOprofessor 2016年2月23日
psymaris 無限にエネルギーを取り出せる装置とか有れば、人類にとって良いことだ、って脳天気なことを言う人が居ますが、逆に宇宙が滅びますからね。
蒲田 典弘 @lets_skeptic 2016年2月25日
僕が考えるのは、専門家は情報発信に特化し、突っ込むのは肩書きのない人間が良いのではないかということです。正誤を決める団体みたいな見られ方をするのはデメリットではないかと思っています。
蒲田 典弘 @lets_skeptic 2016年2月25日
協力するのは本当にすばらしいけれども、権威団体と見られるのは良くないだろうと。あくまで、私の一面的なものの見方でしかないのですけれども。
中乃井みあき/己丑より @nakanoi_miaki 2016年2月26日
「ニセ科学批判・批判派」がどんなリアクションするかもつい気になってしまう。
UFO教授 (藤木文彦 Fumihiko Fujiki) @UFOprofessor 2016年2月26日
どこかに、ボードを作っていくつかの観点から議論を進め、実線策を考える、という方向で動きませんか?ただ、方向性の違いなど色々あると思いますから最初はうまくいかないことも考えられますが(こうした「非化学批判」のような活動は、ずいぶん昔から出来ては、活動が停滞し、ということを繰り返していますので。) 。
UFO教授 (藤木文彦 Fumihiko Fujiki) @UFOprofessor 2016年2月26日
本当はですね。  ジャパンスケプティックという会が、ちゃんと動いてくれれば良いのですが、20年以上前に結成されていこう、目立った動きは無いようです。結成当初私がメンバーに加わっていたらずいぶん違ったと思うのですが
yuri @syoyuri 2016年2月26日
近々勉強会を開催する予定です。
yuri @syoyuri 2016年2月27日
3月下旬京都で、消費者庁から講師をお招きし制度と法律を学ぶための勉強会を開催します。詳細決まりましたらまたご案内いたします。
yuri @syoyuri 2016年3月5日
【告知】「科学的に消費者問題を考える」研究会 (03月26日) 開催します!https://22555c2dc671bad1e0409fd427.doorkeeper.jp/events/40631
🏳️‍🌈K2🧷🎸🎶(っ'∀')╮ =͟͟͞͞ 🥚 @k2gtr 2016年3月21日
賛同。ただし、「ニセ科学批判」というサブカル趣味に陥らないように、人々の幸せのために。
yuri @syoyuri 2016年3月24日
明後日開催「科学的に消費者問題を考える」研究会 (03月26日) 参加くださる方々が豪華で打ち震えてます... https://22555c2dc671bad1e0409fd427.doorkeeper.jp/events/40631
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする