編集可能

『科学的に消費者問題を考える』研究会

3月26日京都女子大学で開催された「『科学的に消費者問題を考える』研究会」ご参加くださった方々のツイートをまとめました。
イベント 適格消費者団体 消費者庁 ニセ科学
53
リンク www.kyoto-wu.ac.jp 科学的に消費者問題を考える研究会 のご案内|京都女子大学 京都女子大学。入試情報、学部学科・学問情報、就職・キャリア情報など。
こなみひでお @konamih
花の女子大でニセ科学と消費者問題を考える研究会,本日14:00から。まだ余裕があります。東大路から京女へ続く女坂の桜も三分咲きです。 「科学的に消費者問題を考える」研究会 京都女子大学 B517教室 …55c2dc671bad1e0409fd427.doorkeeper.jp/events/40631
リンク 「科学まがい」に対抗する市民的リテラシーを -科学者と市民の協働で消費者問題を考える- 「科学的に消費者問題を考える」研究会 2016-03-26(土)14:00 - 17:00 京都女子大学現代社会学部教授 小波秀雄 開会挨拶/「科学まがい」が横行する時代 消費者庁消費者制度課 政策企画専門官 小田典靖 講演:悪徳商法から消費者を守るために-消費者団体訴訟制度と関連法 山形大学理学部准教授 天羽優子 法と科学 消費者問題の立場から 消費生活相談員 消費生活相談の現場から-消費生活センターの役割
大石雅寿(個人としての発言) @mo0210
「科学的に消費者問題を考える」研究会が始まった。
yuri @syoyuri
消費者団体訴訟制度について。 消費者庁専門官の講演。 この制度を「ニセ科学」問題解決に役立てられないか…ずっと考えていたことを、この会に参加くださった皆さんと共有できたなら嬉しいです… pic.twitter.com/zFsMaJEfmT
拡大
拡大
拡大
大石雅寿(個人としての発言) @mo0210
消費者団体訴訟制度の解説中。適格消費者団体が個々の消費者に代わって事業者と交渉できる。訴訟になることもある。
大石雅寿(個人としての発言) @mo0210
効果が疑わしい製品を高値で売っている場合等、消費者団体訴訟制度の対象になりそう。不実告知に該当。
めめんと・頓服 @alchmistonpuku
天羽先生の話は立て板に水て感じ
大石雅寿(個人としての発言) @mo0210
科学者+法律家+行政官+消費者。すごい組み合わせだ。
大石雅寿(個人としての発言) @mo0210
今日の会合では、微生物資材が中心的話題の一つだった。有名なんだね。
めめんと・頓服 @alchmistonpuku
アクセサリーなど制作している皆さん、悪徳商法の人は運がどうのこうの言ってこんなの五万で販売しているそうです(いきもにあで5万出したら一体何が買えるかとおもうとその辺を転げ回るほどです) pic.twitter.com/ZE28e3qxsD
拡大
めめんと・頓服 @alchmistonpuku
ただちょっとこの会社が誠実だなと思ったとこは、枠に18Kと刻印があったものの、枠は10Kでチェーンはシルバー925に金メッキ(これがまた、硫化してるわ石枠との色があわないわでひどいんだけど)っていうことだけ嘘つかなかった事です。
めめんと・頓服 @alchmistonpuku
おれな、ごまんえんあったらめみにーさんのとかじゅんろくさんのとかからくりのとりかごからとりがでてくるぺんだんととか・・・・(転げ回っている)
めめんと・頓服 @alchmistonpuku
10Kの枠、シルバー925に金メッキって正直に書いてあるとこだけなにかしらの良心みたいな物を感じるけど、いくら男日照りになろうともこれに5万出す気にはなれぬ pic.twitter.com/EnMlBfjgeE
拡大
emo @hkemo1
昨日「科学的に消費者問題を考える」研究会に参加。悪徳商法に対し、どういう方々が、どうやって活動されているのか初めて知った。「科学まがい」が横行する時代、騙されてしまう人も多い。高齢化社会の中でこの問題は深刻。弁護士、科学者が消費者を守るために力を合わせておられた。
emo @hkemo1
@hkemo1 「差止請求」とは、事業者の不当な行為をやめさせるように裁判で請求すること。「適格消費者団体」は消費者に代わって事業者に差止請求を行うことができる唯一の団体。全国に12団体ある。そういうことも初めて知った。被害に遭ってしまったら、我が町の消費生活センターに相談しよう
松崎哲郎(市民と野党の共闘) @nagaragawa79
.@hkemo1 仕事さえなければ絶対に行きたかったイベントでした。ひとの不安につけ込む #ニセ科学 商売が、いまやネットの海とつながって世間にはびこる時代。しかもそういう輩は金儲けを続けるための乱訴も辞さない。適格消費者団体の存在や活用法は、もっと世の中に知られるべきと思います
emo @hkemo1
@nagaragawa79 そうでしたか。残念。東京、岡山、名古屋など全国から弁護士、科学者、専門家の方々や、私のような一般の消費者も参加されていました。高齢者や軽度の発達障がい者も被害に遭われているとのこと。仰るように、蔓延るニセ科学悪徳商法には、それを指摘する科学者の力が必要
emo @hkemo1
@nagaragawa79 私は、原発事故後、放射能に効く水というモノにはまり、販売活動まで始めてしまった子育てママを知っています。不安な気持ちを利用する悪徳商法は本当に許せません。ニセ科学批判をする科学者を何故か嫌う人もおられますが残念です。私は今東京です。寒いです。仕事です笑
大石雅寿(個人としての発言) @mo0210
社会が科学者や法律家を蔑ろにすれば、疑似科学・ニセ科学ビジネスについて警告する人々がいなくなり、そして蔑ろにした人々が疑似科学・ニセ科学ビジネスににお金を搾り取られ、苦しむことになる。
監物南美 @namikeneiyo
@syoyuri 昨日はありがとうございました。恥ずかしながら、消費者問題についてこれまで無関心で適格消費者団体のことなど知らずにいました。一度にぎゅっと勉強できて、ゆりさんが一生懸命の所以も伝わってきました。(昨日はプライベート参加ですが)小誌でもできることを考えていきます。
yuri @syoyuri
左巻先生からお預かりした「理科の探検 RikaTan」 #RikaTan facebook.com/nijinijiyuri/p… 「科学的に消費者問題を考える研究会」でご講演くださった消費者庁専門官にお渡ししました! 消費者庁で共有いただけることでしょう。左巻先生ありがとうございました!
藤本将宏 @IWonder1905
少なくとも目の前の子ども達や学校現場に「ニセ科学」が害を及ぼしたとき,いち教師として,いち市民として具体的にどう行動すべきか。そんな問題意識に大きな示唆と励みをいただきました。ありがとうございました。 twitter.com/syoyuri/status…
藤本将宏 @IWonder1905
弁護士と科学者(法と科学)が,同じ場所で,「ニセ科学」に関する消費者問題を共有できたことには大きな意義がありました。会場にいた十数人の弁護士,科学者から「そうだったんだ」「消費者の相談や訴訟の際にはもっと協力して役割分担を密に」といった声がありました。間違いなく大きな一歩です。
残りを読む(9)

コメント

大石雅寿(手洗い&うがいで風邪知らず) @mo0210 2016年3月27日
国内の様々なところで同様の会合をやれれば良いなぁ、と妄想中。
yuri @syoyuri 2016年3月28日
科学と法律の専門家の先生方の間で素晴らしい「化学反応」が起こりますように。少しでもお役にたてる「触媒」になれたら嬉しいです。
Sparrow @Sparrow243 2016年3月28日
理系と文系の断裂って問題だなぁとあらためて感じました。yuriさんは確かに触媒だ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする