『本が読まれてしまう』という異常事態 ~ 積読と死蔵の微妙な関係

まとめたつぶやきの順序は恣意的なものであり、実際の時系列ないし談話進行に即したものではありません
書籍 文学 読書 積読 図書館 文系
46597view 51コメント
169
オッカム @oxomckoe
書斎や研究室に読みもしない本が大量に必用である理由は、書棚の本というのは部屋の主人が把握できない量になったときに始めて創造力の源泉となるから。大量の本はすべてその時々の問題関心から収集されている。部屋の主人はかつてと異なる問題関心から書棚を物色し、必用な本を発見する。これが独創。
オッカム @oxomckoe
自分でも把握できない量の本がおさめられている本棚を作り上げるには、10年はかかる。その間に、博士学位もしくはそれと同等の客観的業績になっている。そこから先は、指導教官の指導から独り立ちして、自分で研究できるようになる。所有している本の所在を把握できる間は、まだ学生なんだな。
symbioticworm @symbioticworm
まさにエーコがこれと似たようなこと言ってた憶えがある……。積読の言いわk……正当性の訴えとして、心から賛同できるものだった。>RT
mikechatoran🌷🔖 @mikechatoran
ウンベルト・エーコのミラノの自宅の図書室らしい。すごい! via @el_pais elpais.com/elpais/2015/03… pic.twitter.com/AUTG8xDbvs
 拡大
渡邊芳之 @ynabe39
私も本はとにかく買って,目次を見て斜め読みしておよそ何が書いてあるか確認して積んでおき,必要ができたときにきちんと読む,というやりかたでずっとやってます。RT @seijiihara: 積ん読しとかないと、いざという時読めません。いざって時は、そうそうないんだけど…。
黒い靴 @kvasskvass
柴田「買った本は皆さん、どのくらい読まれますか?」 若島「3分の1くらいでしょうか。」 柴田「そんなにいきますか? すごいですね。僕は3パーセントくらいです。」 宮脇「僕も3パーセントから5パーセント。」 ur0.work/scYu
ひゅうが夏 @hyu_gaNATSU
読まれない本は本じゃないっていう言葉もあったね。私どんだけこの家の本を殺しているんだろうか
まる @great_journey_2
「ちょっと待って。そこの本を買おうとしているあなた! 家にまだ読んでない本あるんじゃないの? STOP、積み本」 読まれない本は死蔵。つまり死んだも同然なのです。
混沌の媒介 @ph_nglui
明確に基準決めるのがよいと思うなあ。だいたい一年とか。一年経って読まれない本を置く意味そんなにないし。 / “図書館さん、新刊を無料で貸し出すのはもう止めてあげて - ポジ熊の人生記” htn.to/a9TH7n
真月 秋刀魚 洋々@レンズの向こう側へ。 @sanma_you
まぁ、私みたいなのが気にするところは、 資料庫としての図書館なんですよ。 こにある書籍というものは、そこにあるだけで価値がある。 数年に一度しか読まれない本なんてメリットよりコストのほうが大きいだろうけども、それを保存してある場所というのが図書館の理念なわけで。
saara @saaramusic
まず聞きたいのは、反対してる人たちは、本を読んでるのかどうか。本を読んでいる人なら、「人に読まれない本がある」というほうが実に魅力的な図書館だと思うのだけどな。
千葉雅也『意味がない無意味』発売中 @masayachiba
「積読」というのは、文字通り平積みにしておくのでは効果が薄いだろう。(背)表紙が見えるようにして、何らかのアレンジメントに並べておくことで、考えるべきことがそこからかいま見えてくる。
toriyamayusuke @toriyamayusuke
10年、20年前に買ったまま積読状態だった本というのは、その間に旨みが醸成されてかえって深い味わいがあるように思われる。
しんかい38(山川賢一) @shinkai35
積読おじさんの中には、本は持っているだけで内容や文脈が自然に浸透して賢くなるとかいうオカルトに走っていく人もいますから気をつけてくださいね。そのオカルト理論がすでに賢くねえよ
\ @logical_logiko
自分でも把握し切れないくらい大量に蔵書を集めた時はじめて書棚は自分の対話相手になり想像力の源泉になる、みたいな話、積読の罪悪感から逃れるための道徳的説話っぽくて気持ち悪い
\ @logical_logiko
事実として積読は読書家の罪ではないし、なにかしら後ろめたい気持ちがあるなら正直に向き合えばいいのに 自分の自制心のなさから生じた不経済まで積読に対する背徳感と一緒に正当化するのはなんかなあ、と思わないではない(自分の本棚を見ながら
オッカム @oxomckoe
汝の積読の罪はすでに赦されている。安心しなさい。
saebou @Cristoforou
「積ん読は積ん徳」という言葉を思いついた。
足柄(アホ毛立ってます) @asigaranyanko
積ん読に対する罪悪感が春の雪のように溶けていく…。しかし札幌の立春の積雪レベルに匹敵する本の積み上がり具合を軽減する言説がさらに待たれるw twitter.com/tarareba722/st…
key @key1004_key
読まれない文に価値はないが読まれない本には価値があると思う
Hiroshi Yamaguchi @HYamaguchi
積ん読でいいと思う。RT @yoshikawanori: 誰か、電子書籍版の積ん読に当たる言葉も考えておくれ。Kindleの中に一度も開いていない書籍がたまりまくってるぜ…
まくるめ @MAMAAAAU
電子積ん読は質量がないからヤバい。おれも「なんとなくエロゲーをダウンロード購入したけどやってない」みたいなことがあるからわかるこれからの電子書籍ビジネスは「いかに積ん読してもらうか」にある。読まなくていいから買えの世界だ
中川右介 @NakagawaYusuke
もともと出版界は、読まれる本だけでは成り立たない。だから、いくら読書推進運動をしても出版不況は終わらない。といっていまさら百科事典は売れない。新しい「読まれない本」を生み出すしかない。
柳原孝敦 @cafecriollo
CNN Méxicoのこの画像に書かれたエーコの言葉がいい。「世界は誰も読まないすてきな本に満ちている」 twitter.com/CNNMex/status/…
猫怖大夫牧野さん @mknhrk
本と暮らす賃貸居室「THE BOOK LIFE」見ていると、遙か昔中世ヨーロッパにおいて、本はその持ち主がそれを所有し、その知を擁する存在であることを示すステータスシンボルであり、読まれない本を飾って客人に見せる行為がたいそう流行ったということを思い出す。
残りを読む(1)

コメント

Dcdcxr @Dcdcxr 2016年2月22日
買わずにいて、あーどうしようかなぁって心の時間を占有されるより、買っちゃって落ち着いた方がいいよね。あー読んでないってまた心の時間を使われるかもしれないけど。
Ukat.U @t_UJ 2016年2月22日
終わらない本、出ない本ていうのも魅力的ですよね。手塚治虫のグリンゴも、夢野久作の白髪小僧も、物語が走り去ってしまったかのように凄く良いところで中断しますし、アメリカの夢の機械がいざ出版されてしまったら、すこし寂しくなる気がします。
たか橋 @taka_hashy 2016年2月22日
読書が教養じゃなくて趣味の人間には、読まない本より読めない読者(自分)にこそ問題があるんだよなぁ・・・
谷川 秀樹 @htanigawa 2016年2月22日
買ったってことは、その時点で興味を持った、あるいは読みたい本ってことなんだから、積ん読することにはそれなりに意味があるんだ、それにそんな本に限って再刊されず入手困難になるんや、そんな本を本屋から救ってやるのが俺の使命だなんて嘯いてた友人が居たなあ。
Tamemaru🔞俺得本舗 @Tamemaru 2016年2月22日
ただし本棚にも入らず背表紙も見えない状態まで積み上げるとこの言い訳は機能しないので、積ん読を活用するならまず大きな書斎を持てるだけの地位を築かなければならないというジレンマが
こま @comamikan 2016年2月22日
メモ術や手帳術に見られる脳の使い方っぽいな。自分じゃ記憶しきれない知識を記すことによって、記憶より思考に脳のリソースを割くっての。この本を見たらこの知識が得られるって言う安心感は、同じ体積の部屋の隙間よりも心に安心感を与えるのだろう。
さくらみらい @sakura_mirai_ 2016年2月22日
辞書の内容を全部読む人なんてほとんどいないように、たくさんの蔵書というのは辞書と同じで、「読む」ためのものというよりは「引く」ためのものなんでしょうね。
ぱーしもん @tkhsdesu 2016年2月22日
必要にかられて読むというのは知の緊急事態とも言える。関心を持った分野の複数の観点を、いつでも見られるようにしておくというだけでも十分知における価値があると思う。それに本は複数冊出版されるんだから日本あるいは世界のどこかでカテゴライズされて保存されてると思えばそれにも価値はある。
寿限無る @jugemoon 2016年2月22日
ああ、本を買うだけ買って読まない人は、こんなに沢山居るのだ、僕だけじゃないんだ、と安心しかけたけど、おそらくこの人達の読書量は僕の数百倍なのだろうなあ……。蔵書量が輪をかけて多いというだけで、『読んでない』とは違うんだろうきっと。
ぱーしもん @tkhsdesu 2016年2月22日
あと出来たら蔵書は世代間で受け継いだ方がいいね。子や信用のおける甥や姪等々に受け継げたなら自分の生物としての、文化的な役割としては万々歳だな。価値の分からない人に焼かれたり売られたりするより何万倍何億倍もマシだって思うわ!
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2016年2月22日
見事なまでに完成された言い訳と自己弁護の羅列w(褒め言葉です念のため)
LCO @f_lco 2016年2月23日
個人の本棚(読んだ/読む本の集積で読まなければ価値がない)と図書館の本棚(読まれない本すらある事に価値がある)の違いで 「個人で図書館の本棚を作れるだけの金と場所が持てるか?」という話かね
nekosencho @Neko_Sencho 2016年2月23日
埋蔵経という話がある。世の中に必要とされたとき、必要とされるお経が発掘されるという。本の山からは、案外この埋蔵経パターンというか、必要なときに必要な本が発掘されるケースがあるように思うのだ
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2016年2月23日
十年前に使っていたエロ本との新たな出会いってわけやなw
secilia2010 @secilia2010 2016年2月23日
積ん読VS断捨離…ファイっ
T.K. fukushimaタグ付けよう @aizujin_k 2016年2月23日
買ったものの、その時は期待したほどの内容ではなかったので処分してしまった本だったが、最近になって参照する必要が出てきてしまったと思っている。
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 2016年2月23日
新解さんブームは赤瀬川原平氏が火付け役だけど、「SM嬢」こと鈴木マキ子(後に夏石鈴子)女史の貢献も大きくてな。で、著書の『新解さんの読み方』にこんな一文が。→「国語辞典は紅白歌合戦のバックダンサーの隅っこに居る人に似てる。誰からも注目されない、一度も引かれることも無い単語かもしれないけど、いつか出番が来る時のために、一番相応しい、適格な語義を求めて手を抜くことなく研鑽し、そこにある」(大意)
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 2016年2月23日
まだ読まれてない本も、いつか読まれる出番を待ってそこに居るんだと思う。
ろくまる@札幌 @maze99 2016年2月23日
亡き父の書棚を整理したとき、レーニンとか宮本顕治が出てきたときは途方に暮れたなあ。
evacuated_man @evacuated_man 2016年2月23日
あるいみ体育会系の読み方なのかな。
evacuated_man @evacuated_man 2016年2月23日
同じく書斎だらけの部屋を持つ私の大学の教授が、「本は背表紙が見えるだけでも十分意味がある。ぺらっとめくったページがぐさっとくる。そういうのに意味があるんだ。しかもその感性は案外だれにでもある」と言っていたのを思い出した。
もるだでぃ(・灬・ )ノ @morudaddy 2016年2月23日
最近は積ん読だけでなく、kin読も増えてきてしまいました。コタツで寝っ転がりながら次々と買えるのは、恐ろしくも甘い罠。
もるだでぃ(・灬・ )ノ @morudaddy 2016年2月23日
もちろん気に入ったのはリアル本も積ん読用にゲット。
せんたく @senn_taku 2016年2月23日
積みゲーも救われる
深井龍一郎 @rfukai 2016年2月23日
本というのは同一の内容のものがいつでもすぐに再入手できることが保証されないので、断捨離の対象には基本なりえないはず。
Chief Buster @chief_buster 2016年2月23日
rfukai と言う事が理解されないどころか、経済的・文化的に許されない現状を問題視している訳で。誰もが8畳の書斎を持てるなら、問題にはなりません。
はいぱ@玉ねぎ畑の小作人 @haipa2000 2016年2月23日
おそらく世の大部分の奥様には一切理解してもらえない理論でしょうなあ(^_^;)
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年2月23日
漫画家のいしいひさいち氏は本が溜まるのが面倒くさいので図書館の隣に家を建てました。
谷川 秀樹 @htanigawa 2016年2月23日
以前住んでたアパートの押し入れの底?を抜きかけて以来、引っ越す先は全部一階で、床が高床になってないとセメント打ちっぱなしの所ばかり。 どっか、蔵付きの一軒家の賃貸住宅なんてないだろうか?そしたら、思う存分積読ができる!!
仏塔 ぐでだま亭免堂苦斎 @wheyh 2016年2月23日
これはすごく良く分かる。自分が蔵書を把握できているうちはダメなんだよな。 #図書室欲しい
文フリ前橋オ-21【暮亭】壱岐津 礼@お茶菓子!!魁 @ochagashidouzo 2016年2月23日
本棚に詰めたら「早く読まなきゃいけない」意欲が減退しちゃうじゃないか。「これまだ読めてない」罪悪感含めて積読の味わいだろ。
文フリ前橋オ-21【暮亭】壱岐津 礼@お茶菓子!!魁 @ochagashidouzo 2016年2月23日
あと、全ての壁を「満杯の本棚」に既に占拠されてるので、増設したくてもする余地が……orz
Bernoulli【浮上中】 @civilmarvelous 2016年2月23日
断捨離しろとは言わないが、床をぶち抜きかねない位に積ん読するのは、流石におかしいと思うの。
炭酸煎餅 @Tansan_senbei 2016年2月23日
「新しい「読まれない本」を生み出すしかない。」「中世ヨーロッパにおいて、本はその持ち主がそれを所有し、その知を擁する存在であることを示すステータスシンボル」つまり今時代が要求しているのは新たなるヴォイニッチ手稿という可能性が……?
サークル鉄拳おらおら🐲🔫🐍🐝🐯🐎 @KANOEYuu 2016年2月23日
守備範囲の本は4時間もあれば読み終わる。これがゲームになると何十時間になる上に、俗っぽいので罪悪感がやばい。あと最前線の時にやらないと感動が腐って味が落ちる
taka @Vietnum 2016年2月23日
Kindleを使ってても積本が発生するという……。本ちゃん、なんて恐ろしい子><!
KITI @KITI_TW 2016年2月23日
買っただけで安心してしまうけど、ふだんから読み慣れてないと、いざ読んでみても頭に入らなくなってたりする。
重-オモ- @__oMo__ 2016年2月24日
自分だけの辞典(ただし一冊にまとまっていない、目次索引はない、役に立つ日が来ないかもしれない)を持つために本を所有するということか。アナログWikipediaのような。
まはら@とうぶんおやすみ @lalalu_0620 2016年2月24日
買った本を読まないなんてことができるの……?(書痴)
Chief Buster @chief_buster 2016年2月24日
lalalu_0620 専門書によっては十分あり得ますよ。この分野は抑えておく必要があるけど、今すぐ必要では無い。しかし今を逃したら後から手に入る保証が無いという。人文系ならともかく、理工系情報系でもあるから根が深い。
Chief Buster @chief_buster 2016年2月24日
予備校生の頃、講師が「研究者は資料のせいで安アパートを追い出され、マンションを買わざるを得なくなる」と言っていたのを思い出す。あの頃(30年ぐらい前?)はまだ大学に残ってもマンションぐらいは買えたのだなぁ。現状はそれも厳しいと聞いているが...
夏梅 @t_01201 2016年2月25日
あとで買おうと思って放置してたら絶版になって買えなくなるのを何度か経験すると「今すぐは読まないけどそのうち必要になる(読みたくなる)かもしれない本」はとりあえず買っておく習慣がついた。そのせいで自分の持ってる書籍を完全に把握しきれてないので時々ダブる。
椋木京一 @mukunokik1 2016年2月26日
与太郎「ご隠居は頭がいいですねえ。どーすれば頭が良くなりますか?」 ご隠居「まずは百冊ほど本を買いなさい。ナニ、読まなくてもいい。積ンどくだけでいい」 (数日後) 与太郎「ご隠居。言われた通り積ンでみたけど、これでホントに頭が良くなるンですかぃ?」 ご隠居「ほらごらン。頭が良くなったじゃないか」
きゃたまそー @tamatama1127 2016年2月26日
本は買いたいときに買って、読みたいときに読む派。
araburuedamame @rpdtukool 2016年2月27日
読んでない本が積み重なると精神的重圧感じちゃって駄目マン。売り飛ばしてすっきりして、新たに買い直すという無限運動をかれこれ数十年。
うさえれ(腐りかけ) @MiffyElaine 2016年2月27日
そういえば積みまくってるううう
Amts @amts1 2016年2月27日
精読しろとは言わないが、読まれない本が必要とまで言われるとそんな業界滅びてしまえとなるなあ。 読む気が最初からないならマイブックでも積んどけ
Inetgate Writer @Inetgate 2016年2月28日
そうか、蔵書を自炊する行為は、積ん読と断捨離を両立させる素晴らしい行為だったのだな(混乱
evacuated_man @evacuated_man 2016年3月1日
未読本を、死蔵にするか生きた本にするかは、本の配置による。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする