10周年のSPコンテンツ!
17
行政法たん @admi_tan
日本は現在、核兵器を適法に保有することが…
行政法たん @admi_tan
(補足:核兵器を保有することが安全保障政策の上で妥当かどうか、人道上適切かどうか、核兵器を保有するための技術があるかどうか…といったことは度外視して、核兵器を「適法に」保有することができるかどうかを回答してね。)
行政法たん @admi_tan
簡単に答えをつぶやいてみようかな。
行政法たん @admi_tan
日本が核兵器を適法に保有することができるかというと、政府見解によれば憲法上はできるよ。 でも条約上、法律上は保有することができないから、結局のところは「できない」が正解だね。
目次

 1 憲法レベルでは
 2 条約(国際法)レベルでは
 3 法律(行政法)レベルでは
 4 非核三原則そのものに法的拘束力はありません
 5 補足
 
 

1 憲法レベルでは
行政法たん @admi_tan
憲法上の話についていえば、こんな国会答弁がある。
行政法たん @admi_tan
福田赳夫・内閣総理大臣「わが国は憲法第9条によりまして戦力を持つことはできない。しかしながら自衛のための必要最小限の備えは、これはもとより自衛のためのものでありまするから、これはもう悪法が禁じておる、こういうところじゃないわけであります。」(続く
行政法たん @admi_tan
続き)「そういう意味において、……核につきましても、憲法第9条の解釈といたしまして、これが絶対に持てない、こういうことではないのであります。核といえども、必要最小限の自衛のためでありますればこれを持ち得る、こういうのが私どもの見解でございます。」
2 条約(国際法)レベルでは
行政法たん @admi_tan
条約上はどうなっているかというと、核兵器の不拡散に関する条約(NPT) jaea.go.jp/04/np/archive/… 2条で、非核兵器国による核兵器の取得が禁止されているんだ。(文言に忠実にいうと、非核兵器国自身が核兵器を取得しないことを約束している。)
行政法たん @admi_tan
「締約国である各非核兵器国は、核兵器その他の核爆発装置又はその管理をいかなる者からも直接又は間接に受領しないこと、核兵器その他の核爆発装置を製造せず又はその他の方法によって取得しないこと及び核兵器その他の核爆発装置の製造についていかなる援助をも求めず又は受けないことを約束する。」
行政法たん @admi_tan
日本が国際法上適法に核兵器を保有するためには、NPT8条1項の規定に基づきNPTの改正を提案して承認されるか、NPT10条1項の規定に基づいてNPTから脱退するか、どちらかの手続をとる必要がある。
3 法律(行政法)レベルでは
行政法たん @admi_tan
法律では、原子力基本法2条1項前段が 「原子力利用は、平和の目的に限り、安全の確保を旨として、民主的な運営の下に、自主的にこれを行うものとし……」 って規定しているよ。 law.e-gov.go.jp/htmldata/S30/S…
行政法たん @admi_tan
原子力「基本法」だし、原子力基本法2条の見出しは「基本方針」になっているから、原子力基本法2条1項前段に法規範として法的拘束力があるかって問題はあるかな。 ただ、政府は法的拘束力があることを前提にしていそうなんだ。たとえばこんな国会答弁がある。
行政法たん @admi_tan
麻生太郎・外務大臣「原子力基本法という法律がありまして、この法律によって日本の原子力の利用というのは平和目的に限定されているというように、法律で決められております」 (第165回国会 衆院外務委員会 H18.11.1) kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugii…
4 非核三原則そのものに法的拘束力はありません
行政法たん @admi_tan
ちなみに非核三原則は憲法でも条約でも法律でもないから、非核三原則に反したから法的にどうなる、ってことはないよ。 法制化されている「核兵器を持たず、作らず」はともかく、法制化されていない「持ち込ませず」を守らなくても法的には問題ないのが現状だね。 ……あくまで法的には、だよ。
行政法たん @admi_tan
非核三原則は衆参両院の決議でも繰り返し「国是として確立されている」とか「国是として堅持する」って触れられているし mofa.go.jp/mofaj/gaiko/ka… 、非核三原則を撤回したり守っていないことが発覚したりしたら、法的にはともかく政治的にはすごい非難を受ける可能性がある。

(以下は、まとめ作成後につぶやいた追加ツイートです。)

行政法たん @admi_tan
まとめでもつぶやいたとおり、非核三原則は日本が確立された国是として堅持しているといっても、非核三原則そのものに法的拘束力はないのが現状だよ。
行政法たん @admi_tan
非核三原則を政府に守らせたいのなら… (1)非核三原則の遵守を法制化する(法制化する際には、文言上も法的拘束力があると分かるようにして解釈で法的拘束力を排除しにくいようにする)。 (2)非核三原則の遵守を憲法に明記する。 …といった方法を採る(採らせる)ことも考えたほうがいいね。
残りを読む(5)

コメント

欠点’s @weakpoints 2016年4月3日
核兵器が「必要最小限の自衛」であれば配備は合法、NPTはアメリカが核兵器を販売するなら問題無い(NPTの形骸化という意味で)
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2016年4月3日
核武装に当たって、実質的に問題なのはNPTのみだろうな
minkkanjinno @minkkanjinno1 2016年4月3日
土木工事用として保有すればいいんですよ。
NTB006 @NTB006 2016年4月3日
アメリカからの要求で核武装ならNPT脱退かな?
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2016年4月3日
……え~っと、「安全の為」なら法的にいうと核兵器を作ってもってもOKってことでいいのかな? あくまで法的な解釈で。
houritsu_study @houritsu_study 2016年4月3日
「核といえども、必要最小限の自衛のためでありますればこれを持ち得る」という答弁は、「現在核兵器をもつことが必要最小限の自衛のためにあたる」という判断を含んではいない……よね?
欠点’s @weakpoints 2016年4月4日
あと日本が核を持てて、韓国が核を持てない道理は無いだろ(結局誰かが核を単なる兵器として供給する)
粒あん・内調おじ㌠ @keroa18 2016年4月4日
「憲法と心中するための自決用」って事にすればいいんじゃね?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする