@May_Roma が語るバランススコアカードで人生棚卸し、タスクと問題管理、会議マニュアル

元国連職員の @Mya_Roma さんが人生棚卸しに付いて発言。量的に少なかったので過去の発言を「タスク」と「イシュー」で検索してお仕事 tips集にしてみました。個々実践されているかもしれませんがハマったと感じた時のチェックリストとしてお役立て下さい。 ちなみに、身体的理由で僕はコンサル向きじゃないかも。w
人生棚卸し 問題管理 タスク管理 会議
28
めいろま @May_Roma
何か達成したい場合、専門家になりたい場合、就活成功したい何をすべきか。まず目標を紙の左に書く。その右に自分の現状書く。その右に現状と目標の差を書く。その右にじゃあそれを達成するにはどうしたらよいか書く。その右に達成度を数字で評価できる計算式を入れる(例えば%終了)
めいろま @May_Roma
日本ではプロジェクト管理の手法やバランススコアカード、まだまだなじみない組織が多い。日本だとわっと仕事やタスクを投げられtがーとやって終わりだからね。あと紙に落とすと言う作業は凄く重要。紙に落とすことで矛盾点とか順序の間違いが分かるので。英語学習にも活用されたし
森本淳(Jun Morimoto) @jmorimt
@May_Roma タスクに漏れがないか確かめるのは書き出すしかないですね。
めいろま @May_Roma
細かく設定するのが良いです。3日毎とか> @kemeko_rev: ほうほう。締め切りを設定するのは良い方法だ。やってみよう。 RT May_Roma: 何か達成したい場合、専門家になりたい場合、就活成功したい何をすべきか。まず目標を紙の左に書く
めいろま @May_Roma
いやぁもう毎週修羅場ですよ・・・KPI達成率が給料&首にかかってるんで・・・・> @linsbar: なるほどーー。逆に、KPIで縛られすぎたり〜。お互い相手をなじり倒したりするのかしらん。僕はもうちょい戦略系とかビジョンが本業ですだよ。
めいろま @May_Roma
目的達成するのに自分の現状確認するのも大事。要するに自分の棚卸。今まで身に付けた資格、受けたトレーニング、スキル(プログラミング言語とか手法とか)、プロジェクト紙に書いておく。新しいことやったら足す。これやるとやらないでは大違い。足りない物、身につけたいスキルを常に意識
めいろま @May_Roma
自分の棚卸の活用方法。転職の場合。ネットで自分が行きたい業界の人の履歴書探してギャップを比較すんです。足りないスキルあったら自費で学校通ったり勉強して身に付ける。経験足りない場合。いきなり正社員とか無理なんでボランティアとか無給、バイトでその業界に潜り込み経験積む。
めいろま @May_Roma
要するにこうやって「自分のバランススコアカード」を作り毎週進捗と現状を分析する。新たにやるべきことが見つかったらタスクとして足す。タスクはなるべく細分化して細かく締め切りを決める。積み上げていくとある日目的が達成できている
めいろま @May_Roma
あとコテコテ日本企業の会議が意味不明なのでワシは結構困る。アジェンダないし分刻みで物決めないし、なんかダラダラの座談会なんでビックリするよ。国連とか某外資だと分刻みではい次これ、ネクストステップはこれ、今日はこのイシューリスト潰すとバンバン進めるんだが
めいろま @May_Roma
外資多国籍企業の会議のやり方。まず小さな会議でも会議開催要旨を参加者全員に送付し目的、話し合うことを箇条書きで記入し各項目何分話すか分単位で決める。当日はそれに沿って本当に分刻みで会議。司会は開催者。決まらなかったこと、当日でた課題などは「イシューリスト」にまとめ議事録に添付
めいろま @May_Roma
某外資多国籍企業の会議。議事録は1時間の会議でも2時間でもA4一枚ぐらいで箇条書き。一項目せいぜい2行まで。発言者名イニシャルで記録。ツリー構造で作成。次の会議の課題や開催日も記入しメールで巡回してお終い。国連の部内会議もこんな感じだったよ>@HAL_J
めいろま @May_Roma
なお、なんで国連や外資多国籍企業、会議を手短にすませ、その場で決定し、議事録を短く分かりやすく作ってすぐに回覧するか。何が決まったか、誰に責任があるかの確認書。契約書みたいなものなんですよ。ただの記録じゃなくて
めいろま @May_Roma
ヤパン企業の場合、多国籍外資とか国連にはよくあるRACIチャートが無いことが少なくないなと。責任配分の分類表なんだけど、ヤパンではないから揉めることが多い気がする。そして労働量の可視化ができず(誰がどれだけやるか不明なので)コストがいい加減になり結局無駄が出る
めいろま @May_Roma
英語圏の議事録の例。財務会計標準化団体というお堅い組織の理事会合議事録。こんhttp://p.tl/6Ukg 米桃現物取引委員会の会議のアジェンダ http://p.tl/G79C
めいろま @May_Roma
ヤパン企業でRACIチャートの活用が広まれば、仕事が随分効率的に進むと思うのだが。http://p.tl/jWbh
めいろま @May_Roma
なお我の本業というか最近の得意分野はITサービス運用のガバナンスとかプロセス統制、監査なんだけど、RACIチャートも含め、COBITのような枠組みやKPIもヤパン企業で活用すると(IT以外でも)業務効率化に役に立つでしょう http://p.tl/Oc2C
めいろま @May_Roma
ヤパン企業のやり方、アングロサクソン系(ラテン系でも多国籍企業がアングロ化)企業のやり方、会議の開催や責任配分の明確化からして全然違うというか、ヤパンだけ異様に違う。なのでヤパン組織と仕事する外国側からは会議のやり方からして物凄い文句が出て揉める。
めいろま @May_Roma
会議のやり方や責任配分の決め方、労働契約書がきちんとしてないこと等の些細なことから含め、ヤパンの仕事のやり方の「異様さ」を自覚してる海外進出ヤパン企業、実は多くは無いんじゃないだろうか。些細な積み重ねが現地従業員不満となり大規模労働争議、品質の低下、モラル低下につながる
めいろま @May_Roma
会議やプレゼンの資料を、誰にでも分かりやすく、全く関係してない人が読んでも分かるように書くことは、すなわち業務の効率化。誰でもわかるから皆の理解度が同じ。そして間違いを防げる。結果間違いを直したり確認したりの手間がはぶけ効率的な仕事が可能になる
めいろま @May_Roma
大学院の時のミクロ経済の先生は米で長年ヤパン組織と他の国の組織のの労働効率性に関して研究をしておられる。実はヤパン組織の労働効率は低い。物凄い量のデータ解析や聞き取り調査の結果だから嘘ではない。会議や議事録、責任配分決めない等の非効率な仕事のやり方が関係していると思う。
めいろま @May_Roma
なおこの先生は米政府のアドバイザーでもあり米の某シンクタンクの研究者もやっているので米だけではなく、他の国の経済学研究者政策に対する影響が強い。結果研究結果は他の国でも有名。日本式経営は品質管理の部分は評価されるけど効率に関しては評判がよろしくない
めいろま @May_Roma
会議やプレゼンの資料を、誰にでも分かりやすく、全く関係してない人が読んでも分かるように書け、と最初に指導してくれたのは、アンダーセン、ADL、マッキンゼーにいた経営コンサルのオジサマ方。わかりやすいことが間違いを防ぎ、仕事の効率化につながるのだと。
めいろま @May_Roma
あと日本のはっきりしない人、問題あって延々と「大変だどうしよう」ばかり言って無駄な時間を使っている。「イシューはこれとこれ。リカバリにはこれとこれをやります。やるには何の資源が必要で時間は何日。だから私のフィーは幾ら。これ以下ではやりません」とか文書化通知すると驚かれる
めいろま @May_Roma
英とか米だとさ問題あったらイシューリスト作って横に対応策書いて直すにはどうするか、改善にはどうするかとバンバン決めて仕事すすめんだよ。悩んでないで解決策だすの。問題も単刀直入に指摘するよ。「スキルがない」「情報が間違っている」「やる気がない」とか。
めいろま @May_Roma
そんでイシューリストの解決策の横に担当者誰、いつまでやる、権限は何と何、与えられる資源何とまとめて作業進める。こんなん英の管理職だと当たり前にやるよ。明確にやるわけ。フェアに。日本の管理職の人こんなことすら出来ない。所謂エリートでもさ・・・日本沈没はとても近い将来だと思う
残りを読む(7)

コメント

時生☯️由仁 @EugeneTokio 2011年8月25日
Mayさんオモロイわ。賛同すること多い。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする