2016年5月20日

#五輪招致問題 五輪無罪?金権スポーツ政治に法の裁きを

2016年、英ガーディアン報道で発覚した東京五輪招致疑惑。JOC調査チームの「違法性なし」報告で幕引きが図られた。しかしフランス検察は捜査を継続。2017年、リオ五輪招致疑惑でブラジル司法当局は同国五輪委会長らを起訴、東京五輪にも買収があったと結論付けた。2019年1月、仏司法当局が竹田JOC会長の贈賄容疑で予審手続きを開始したことを受け、同年3月、竹田氏は6月末任期終了での退任を表明した。2020年9月、招致に絡む収賄疑惑のラミン・ディアク元IOC委員に疑惑発覚のきっかけとなったロシアドーピング隠蔽で収賄罪の実刑判決が下った。2021年5月、コロナ禍で大会が1年延期されてなお開催に懸念が高まるなか、竹田元会長の子が開催支持の署名活動を開始した。自浄作用の期待できない金権五輪の世界だが、汚職撲滅の包囲網は着実に狭まっている。
0

sanze @sanze82

竹田恒和JOC会長(01年~) ラミン・ディアク国際陸連IAAF会長(99年~15年) 電通IAAFマーケティング契約(01年~) こんにち政治指導者が15年も在任すればまともな国ではないが、国際スポーツではまかり通る。でも海外メディアが腐敗告発で政権交代を実現。日本はまだだ。

2016-05-19 13:39:03

最近の動き

2021年5月8日
リンク 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 竹田恒泰氏が五輪開催を支持するオンライン署名活動開始! 父は贈収賄疑惑で辞任のJOC前会長 – 東京スポーツ新聞社 政治評論家の竹田恒泰氏(45)が8日、署名サイト「change.org」で東京五輪開催を支持するオンライン署名活動を始めたことが明らかになった。 タイトルは「人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の...
2021年5月3日
リンク SankeiBiz 国際陸連前会長にフランス出国許可、東京五輪招致疑惑で捜査 2020年東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑を調べているフランス捜査当局は3日、収賄容疑で正式捜査の対象としているセネガル人のラミン・ディアク国際陸連(現世界陸連)前…
2021年1月31日
リンク 共同通信 日本の捜査協力は限定的、と仏側 招致疑惑で竹田氏聴取内容が判明 | 共同通信 2020年東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑に関し、フランス当局の予審判事が18年12月にパリで日本オリン...
2021年1月26日
リンク JP 嘉納治五郎記念センターが昨年末で活動終了、五輪招致に関与 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が代表理事を務め、東京大会の招致活動にも関わっていた一般財団法人「嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター」が、2020年12月末に活動を終了していたことが分かった。同財団を巡っては、東京大会の当時の招致委員会から、使途不明の資金が支払われていたことがロイターの取材で明らかになっている。
2020年11月26日
リンク JP 五輪招致はJOCと東京都が説明責任、政府の調査考えず=橋本担当相 橋本聖子五輪担当相は26日、東京オリンピック・パラリンピック大会の招致活動の中で、招致委員会から使途の不透明な多額の資金がいくつかの団体に支払われていたとする報道に関連し、「招致活動については日本オリンピック委員会(JOC)と東京都が説明責任を果たすべきであり、政府として調査を行うことは考えていない」と述べた。 1 user 79
2020年10月15日
リンク JP 焦点:電通、東京招致へ巨額の寄付とロビー活動 IOC規定に抵触も 2013年に決まったオリンピック・パラリンピックの東京招致を巡り、今なお国際的な贈収賄疑惑の捜査が続く中、大手広告代理店の電通が東京招致活動に6億円を超える寄付をするなど、「中立性」を求める国際オリンピック委員会(IOC)の規約に抵触しかねない関与を行っていたことがロイターの取材でわかった。 286 users 1142
2020年9月23日
リンク デイリースポーツ online 東京五輪招致 送金巡り疑惑再浮上も JOC山下会長は「再調査予定なし」/デイリースポーツ online 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長が23日、都内で定例会見を行った。 先日、東京五輪を巡り招致委員会がコンサルタント契約を結び、2億円超を振り込んだシンガポールの会社の口座から、国際オリンピック委員会(IOC)委員だったラミン・ディアク氏(87)=セネガル=の息子、パパマッサタ氏(55)とその会社に約37万ドル(当時のレートで約3700万円)が送金されていたことが判明。ラミン氏は当時、開催地決定でアフリカ票取りまとめに影響力がある有力委員だったことから、招致委の資金が不正に使われた可能性が浮上 5
2020年9月21日
リンク 朝日新聞デジタル IOC委員息子側へ37万ドル 東京五輪招致のコンサル:朝日新聞デジタル 東京五輪・パラリンピックの招致委員会がコンサルタント業務を委託したシンガポールの会社から、国際オリンピック委員会(IOC)の有力委員の息子とその会社に計約37万ドル(約3700万円)が送金されていた… 45 users 1304

「招致委が招致活動を委託したシンガポールのブラック・タイディングズ(BT)社の銀行口座は11年6月に開設された。13年6月までお金の動きがほぼなかったが、東京での開催が決まる同年9月7日のIOC総会に前後する7月29日と10月25日、招致委から計232万5千ドルの送金を受けた。
 この2回の振り込みから間もない8月27日と11月6日を含め、翌14年1月27日までに、BT社からパパマッサタ氏がロシアに持つ口座に計15万ドル余が送金された。また、同氏の関連会社「PMDコンサルティング社」のセネガルの口座にも、13年11月6日~12月18日に21万7千ドルがBT社から送られていた。
 このほか、同氏が購入した高級時計などの支払いのため、BT社はパリの宝飾時計店に8万5千ユーロ(1千万円余)を送金していた」

2020年9月16日
リンク 日本経済新聞 前世界陸連会長に実刑判決 ドーピング隠蔽で収賄罪 【パリ=共同】ロシアの組織的ドーピング隠蔽に関与した疑惑で、収賄や背任などの罪に問われたセネガル人の前世界陸連(旧国際陸連)会長ラミン・ディアク被告(87)に対し、パリの裁判所は16日、禁錮4年(うち実刑2年、執行猶予2年)、罰金50万ユーロ(約6200万円)の判決を言い渡した。求刑は禁錮4年、罰金50万ユーロだった。元国際オリンピック委員会(IOC)委員でもあるラミン被告は息子のパパマッサタ
2020年9月
リンク FACTA ONLINE 「五輪招致」汚職に電通関与の新証拠 被告が罪を問われるなら電通の責任も問えるはずだ――。パリの裁判所で開かれたロシアの組織的ドーピング... 177 users 356
2020年6月11日
残りを読む(450)

コメント

sanze @sanze82 2016年5月20日
まとめを更新しました。「#五輪招致問題 金権スポーツ政治に政権交代を」
0
sanze @sanze82 2016年5月20日
まとめを更新しました。随時更新中の五輪招致不正年表へのリンクを貼るなど。
0
sanze @sanze82 2016年5月22日
まとめを更新しました。追及するフランス検察、民進党の動きなど。
0
sanze @sanze82 2016年5月24日
まとめを更新しました。報道記事への直接リンクを多数貼り、冒頭に朝日新聞、バズフィード・ジャパンの、後半にガーディアン、毎日新聞の見出し一覧を設けるなど。
0
sanze @sanze82 2016年5月25日
まとめを更新しました。冒頭に「もくじ」を置き、「疑惑の前兆」と1月の招致委幹部の嘘、末尾に民間の贈収賄罪の関連条文を追加するなど。
0
sanze @sanze82 2016年5月26日
まとめを更新しました。「疑惑追及」に「JOC調査チーム」の項目を追加し、メンバーの経歴・著作を紹介など。興味深いのは座長でスポーツ法にも詳しい早川吉尚立教大教授(国際私法、弁護士)。最新刊『法学入門』(有斐閣、2016年)でオリンピック招致を扱い、かつてIOC委員が買収されたことに言及している。まさか氏自ら疑惑解明の任に当たるとは想像しなかっただろう。活躍を期待したい。
0
sanze @sanze82 2016年5月31日
まとめを更新しました。共同通信「招致」関連ニュース見出し一覧を追加するなど。
0
sanze @sanze82 2016年6月1日
まとめを更新しました。毎日新聞五輪招致関連見出しをまとめ前半部に、バズフィードの見出しを後半部に移すなど。大型疑獄に関する息の長い報道はネットメディアより伝統メディアの方が強い。
0
sanze @sanze82 2016年6月2日
まとめを更新しました。「疑惑の面々」-「電通」項目に「電通とメディア」を追加するなど。当初電通タブーに果敢に挑んだのはネットメディアだった。疑惑報道継続に人員を割く余裕がないらしいが、伝統メディアが萎縮したら、また挑んでほしい。
0
sanze @sanze82 2016年6月8日
まとめを更新しました。『テレビ朝日・ANN「招致」関連見出し』と『疑惑の面々』-「ラミン・ディアク氏(IAAF前会長・IOC元委員)」を追加。
0
sanze @sanze82 2016年10月14日
まとめを更新しました。冒頭に「9月1日、JOC調査チームが調査結果を発表」と「JOC調査チームの調査結果に対する批判」を追加。
0
sanze @sanze82 2017年9月10日
まとめを更新しました。冒頭に「最近の動き 2017年9月 リオ五輪招致疑惑」を追加。末尾に「JOC調査チームが調査結果を発表(2016年9月1日)」、「JOC調査チームの調査結果に対する批判」を移動し、「フランス検察、竹田JOC会長に事情聴取(2017年2月)」、「JOC調査チームの報告書について、第三者委員会報告書格付け委員会は低評価(2017年2月20日)」を追加。
0
sanze @sanze82 2019年1月13日
まとめを更新しました。冒頭に「最近の動き 2019年1月」としてフランス裁判所がJOC竹田会長の汚職容疑で予審手続きを開始しているニュースを追加。予審手続き開始(mise en examen)について解説するブログ記事を追加。2018年3月のルモンド紙・FACTA誌共同取材記事リンク追加。
0
sanze @sanze82 2021年3月5日
まとめを更新しました。
0
sanze @sanze82 2021年5月9日
まとめを更新しました。冒頭の解説文を書き替え、「最新の動き」に記事追加。
0
sanze @sanze82 2021年5月9日
まとめを更新しました。東京スポーツ新聞「竹田恒泰氏が五輪開催を支持するオンライン署名活動開始! 父は贈収賄疑惑で辞任のJOC前会長」 追加。毎日新聞「東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪」追加。
0