10周年のSPコンテンツ!
0
小暮 宏 @yapoono6
ノース・ダラス40 #1日1本オススメ映画 全身傷だらけのフットボーラーのニック・ノルティがぎしぎしいう身体を氷水を張ったバスタブに沈めて痛みを抑える出だしから、センチメンタルな部分も含めてハードボイルド調のスポーツ映画の秀作。 pic.twitter.com/jxqwFGmwr0
拡大
小暮 宏 @yapoono6
バウンド #1日1本オススメ映画 ウォシャウスキー「兄弟」が「マトリックス」の前に撮ったレズビアンたちの犯罪映画。「姉妹」になった今にしてみると何だか意味深だが、斬新な映像センスに意表をついた展開は後の大作よりむしろ面白い。 pic.twitter.com/qOQRJkOGOR
拡大
小暮 宏 @yapoono6
不思議惑星キン・ザ・ザ #1日1本オススメ映画 ストーリーもガジェットのデザインもユーモアのセンスもそれこそ別の惑星のものではないかと思わせるソ連時代のおそロシアテイスト満載のSF。なんと8月20日にシネマカリテ他でリバイバル! pic.twitter.com/BR6mIImthX
拡大
小暮 宏 @yapoono6
病院で死ぬということ #1日1本オススメ映画 さまざまな人の終末医療を定点観測のような同じアングルの映像を淡々と重ねて描いていく内に、生と死の間に触れた気がして突如として涙腺決壊する。市川準監督は2008年に59歳で急逝。 pic.twitter.com/fHiQDEUo9f
拡大
小暮 宏 @yapoono6
ルシアンの青春  #1日1本オススメ映画 ナチスの犬に仕立て上げられる少年の愚かさと哀れさ、恋する少女への不安定な心情を見事に丸ごとつかんだルイ・マルの「さよなら子供たち」につながる秀作。ジャンゴ・ラインハルトの使い方の見事さ。 pic.twitter.com/EWC62A2g5M
拡大
小暮 宏 @yapoono6
わが谷は緑なりき #1日1本オススメ映画 とにかく美しい映画。炭鉱町のたたずまい、それを捕える撮影、そして家族と町の人たちのすべてがつつましく誇り高く美しい。 pic.twitter.com/MftpJilsxO
拡大
小暮 宏 @yapoono6
フェーム #1日1本オススメ映画 ミュージカル・タレントを目指す若者たちの、まだショーとしてまとめられない粗削りな歌と踊りのエネルギーに満ちたアラン・パーカー監督作。編集と音楽処理の鮮やかさ。 pic.twitter.com/RMtKeWnp8e
拡大
小暮 宏 @yapoono6
エクウス #1日1本オススメ映画 ピーター・シェーファー追悼で。リチャード・バートンのセリフ術は重量感たっぷり。馬そのものを出したのはシェーファーならではの反キリスト教的な観念性とは齟齬があるけれど、やはり映画と馬は相性がいい。 pic.twitter.com/h2dVWhVwvl
拡大
小暮 宏 @yapoono6
ブリキの太鼓 #1日1本オススメ映画 成長を自分の意志で止めた子供の目で見た、近くは家族から遠くは国家や歴史に至るエロ・グロ・ナンセンスに満ちた世界。象徴性と生々しさ。そしてダーヴィット・ベネントという驚くべきキャスティング。 pic.twitter.com/6TFHjglCSs
拡大
小暮 宏 @yapoono6
敵、ある愛の物語 #1日1本オススメ映画 ただでさえ妻と愛人二股かけてふうふういっているNYのユダヤ男のもとに、収容所で死んだはずの前妻が現れてお手挙げになってしまう。特殊な設定も笑いを通すと身近になる。 pic.twitter.com/HLvu6ZuxeJ
拡大
小暮 宏 @yapoono6
スタフ王の野蛮な狩り #1日1本オススメ映画 20世紀が来る直前、死んだはずの暴君が雪原の彼方から人狩りに来る。ロシアともまた違うベロルシアの土俗的な風俗の魅力。人形劇で首を刎ねられた人形の中から小鳥や蛇が現れる異様な感覚。 pic.twitter.com/Wxm4xfnSVP
拡大
小暮 宏 @yapoono6
悪魔のような恋人 #恋人の日 なのだそうで。若い女が中年男を翻弄するというだけの話なのだが、失明したのをいいことに若い男を引き込んで目の前でいちゃつくなどいたぶり方が尋常ではない。原作ウラジーミル・ナボコフ。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/3OBTNVy4rW
拡大
小暮 宏 @yapoono6
水の中のナイフ #1日1本オススメ映画 ぞくっとするようなタイトルのセンス。クールな音楽。ひとつひとつのカットがカメラの据え方だけでもう映画になっている。映画を撮るために生まれてきた人の作品。 pic.twitter.com/hG7aJlJubn
拡大
小暮 宏 @yapoono6
ボクサー #1日1本オススメ映画 黒人初の世界チャンピオンになったボクサー、ジャック・ジョンソンの差別との闘い。白人と結婚したため仲間からも白眼視される。ジェームズ・アール・ジョーンズは後にダース・ベイダーの声をアテる。 pic.twitter.com/Q17t5YzOts
拡大
小暮 宏 @yapoono6
ザ・コミットメンツ #1日1本オススメ映画 アイリッシュはヨーロッパの黒人だ、という強引な理屈で始まったダブリンのソウル・バンドのずっこけ気味の顛末を描く。ボーカルのアンドリュー・ストロング(写真)は当時17歳! pic.twitter.com/9LSS2fEtCb
拡大
小暮 宏 @yapoono6
ゲームの規則 #1日1本オススメ映画 私はこの映画で今までの人生で出会ってきたよりもっと大勢の人間と会ったような気がした、とは武満徹の感想だけれど、特別登場人物が多いわけでもないのに異様なくらい人間がびっしり詰まっている感じの映画。 pic.twitter.com/dqdez4uWhV
拡大
小暮 宏 @yapoono6
ハンテッド #1日1本オススメ映画 一言でいうとランボーvsトラウトマンです。腐っても鯛のフリードキン演出。ナイフの闘いの凄みをこれだけ描き込んだ映画も珍しい。二大オスカー助演賞スターの共演も見応えあり。 pic.twitter.com/eKDsPXLPGF
拡大
小暮 宏 @yapoono6
怒りの葡萄 #1日1本オススメ映画 出エジプト記をもとにしているからだけでなく、リアリズムの力強さと持てる者持たざる者の力関係の明快さは神話的な域に達し、時と所を超える。スピルバーグによるテレビリメークは実現するか。 pic.twitter.com/DOhp7zgZ0d
拡大
小暮 宏 @yapoono6
シシリアン #1日1本オススメ映画 マイケル・チミノの画の大きさは健在。謎の山賊サルバトーレ・ジュリアーノを裏切者や大物ドンなどが囲むほとんどキリスト劇のようなドラマ。両者をつなげるのはチミノ得意の男だけの世界の危ない感情。 pic.twitter.com/Wr8BluMyUM
拡大
小暮 宏 @yapoono6
冷血の罠 #1日1本オススメ映画 「64」公開中の瀬々敬久監督、哀川翔、西島秀俊主演。殺人事件を追っていくうちに逃げ水のように真相が遠のき気がついたら自分がよって立つ場所が崩壊している恐怖感覚。突然と持続を自在に織りなす演出。 pic.twitter.com/iEYdEXtD6o
拡大
小暮 宏 @yapoono6
岸辺の旅 #1日1本オススメ映画 死者と生者が同等に描かれるというのは能あたりと通じる日本的な発想とも、もっと人にとって自然な感覚とも思える。カットごと、人の動きのひとつひとつに不思議な飛躍を織り込んでくる演出。 pic.twitter.com/1aU2RmjAzp
拡大
小暮 宏 @yapoono6
密室 #1日1本オススメ映画 高級マンションのペントハウス(原題)に特権を悪用して潜りこんで一夜を過ごした不動産屋と愛人が、さらに正体不明の男たちの闖入を受けて関係がズタボロになる。特異児童的にシュールな感覚が魅力のサイコ系密室劇。 pic.twitter.com/Bbm90cfjT9
拡大
小暮 宏 @yapoono6
アトミック・カフェ #1日1本オススメ映画 冷戦時のアメリカの核兵器「安全性」宣伝映画を今の目で編集したドキュメンタリー。ピカッと来たら白い物を被って机の下に潜ればいいとかマジメに教えているのだから笑いそうになって頬が引きつる。 pic.twitter.com/js8w8pTLNB
拡大
小暮 宏 @yapoono6
海と毒薬 #1日1本オススメ映画 戦時中の米軍捕虜の生体解剖事件を白黒画面ならではのリアリズムを貫徹させ、日本人の無思考・無気力から来る自己放棄が行動とすると歯止めがかからなくなる構造を明晰に描く。 pic.twitter.com/WdbOpUBwAD
拡大
小暮 宏 @yapoono6
天井桟敷の人々 #1日1本オススメ映画 犯罪大通りの壮大なセット、それをも上回る人物たちの心意気の大きさ。フランスが苦しい時にこそ底力を振り絞って打ち立てた偉業。 pic.twitter.com/QAQ2qzlWeA
拡大
残りを読む(4)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする