「モダニズム」の検索結果

まとめの中から「モダニズム」の検索結果を表示しています。

  • サバイバル・プロジェクト 現代美術の機関はいかにしてインディペンデントでいられるか?3331 Arts Chiyod..

    例えばモダニズムの展示形態に反する物語的な表現とか 続きを読む
    3000pv 1 4 users 2010年3月21日
  • 建築家 浦辺鎮太郎って??

    倉敷モジュールの開発をして伝統とモダニズムを統合しようとしていた1960年代までの方が共感できる。なんとも言えない「倉敷」らしさをモダニズムに昇華している自由さとそれが愛されて使われ続けている様子に癒された。ただ、松村本のタイトルの「もうひとつのモダニズム」という部分を恩師・広部達也先生から「君は本当に「もうひとつの」と思っているのか... 続きを読む
    4113pv 29 2019年11月6日
  • 悪魔のしるし「搬入プロジェクト スイスツアー2012」報告会

    作品制作の経済的な基盤を主題化することは、モダニズム的な芸術概念を相対化するという批評的意義を持つものであると同時に―あるいはそれよりも前に―端的に作家の素朴な―ときには「下世話」でもありうる―興味に支えられたものでもありうる。 続きを読む
    3533pv 14 8 2012年11月7日
  • ダダイスト・山本桜子が「ダダ100周年」を執念の再調査

    渋谷にある紳士服のお店を教えていただき、モダニズムやダダに詳しい店長さんから店内に潜むさまざまな詩の本をご紹介いただいた 昨年dada100周年記念時のチューリヒも視察にいらしたとのことで、キャバレーヴォルテールの話も聴くことができたそんなスイスにとってダダイズムは貴重な世界的な文化遺産のようなものなのだと思われる。前世期初頭にダダイズムが... 続きを読む
    3612pv 14 3 users 2017年9月6日
  • ゲンロン友の会第9期更新特典『ゲンロン8.5』感想ツイートまとめ #ゲンロン8.5

    ゲンロン8.5ポストモダニズムのハードコア黒瀬陽平の感想 ふ〜、わからんぞwオブジェクトなる概念をもう少し把握してたら理解が深まりそうだが…。一見素のままに見えてるはずの世界も実は人為的に加工された世界ってことなのか。錯覚と誤解。俺の日常そのものような気がする。 続きを読む
    2663pv 5 1 user 2018年10月10日
  • 野外劇団楽市楽座『小さなオバケたちの森』名古屋公演 初日後の声

    異境のモダニズム-満洲写真全史-@#名古屋市美術館 中国東北部に咲いた“うたかた”の花! 異国情緒~洗練~国策(グラフ雑誌)~崩壊(敗戦翌年のアメリカ調査団) ※中庭の作品:改修工事で展示室へ移動のため撮影不可。 ※若宮高架下:ポケットパーク? ※大須大光院:楽市楽座の舞台! 続きを読む
    4267pv 52 39 2017年5月13日
  • 問題分析とモデリング タイムライン stさんパートその1

    新世紀のポストモダニズムについて。 続きを読む
    2044pv 3 2012年5月10日
  • 理想郷

    松村正恒やモダニズム建築に少しでも多くの方が興味を持って下さるきっかけになれば嬉しい。” 続きを読む
    1476pv 2011年7月21日
  • 岸井大輔さん公開インタビュー

    岸井さん:モダニズム的には、場をやってる人が演劇をやってる人が呼ぶのが普通だけれど、その逆で、演劇をやっている自分が場をやっているななチャンを呼んだ。 #7ch 続きを読む
    1318pv 4 2011年3月10日
  • ポピュラーカルチャーとその諸条件

    ハイカルチャーがどこにあるのかというのは難しい問題で、モダニズムって出現期においてはポピュラーな都市風俗を取り込んだ対抗運動だったりするため、階級とその趣味として固定され一定の規範として純化されるときにそういう枠組みが生じるという感じなのかなあ。。。コミュニズムがポップだったかっていうとちがう気がするし…って概念弄んでるだけな気... 続きを読む
    2598pv 1 2011年6月16日
  • ネトウヨというレッテルを自称した時点で作戦負けなのか?

    モダニズムや国民国家を盲信する輩が何の保守主義者ぞ、と。連中はモダニズムと人権思想に骨の髄まで冒された「レイシズム&国民国家依存のシャカイ主義者」であると。自然への畏敬を失い、モダニズムに毒され過ぎた「ホシュ」はその本来意義を加速度的に見失って行くので堕落します。現在のネットウヨクの為体の一因も、彼等がアメリカニズム由来の「近代至... 続きを読む
    15768pv 56 2 users 2015年8月28日
  • #10cul 福嶋亮大『神話が考える』(青土社)刊行記念 「10年代の文化の地平」+蛇足

    美術における、旧来のポストモダニズムのようなメタ的な前衛から切るのでない草の根からのアートとして、濱野・福嶋から学んだことを作品化していきたい #10cul荻上:ポストモダニズムの消費性を考えると、全てがフラットになり一回一回の消費性に物語を見出されるとも言えると思うが、一方で富裕層と労働者の対立が消え去り小さな部分社会が逆に大きな問題とし... 続きを読む
    4209pv 13 5 users 2010年7月6日
  • 五十嵐太郎×加藤耕一「ノートルダム大聖堂をいかに再建するか──リノベーションの創造性を考える」

    加藤「モダニズムは機能が先で形態が決まるが、コンバージョンは形態が先にあってそこに機能が入ってくる。」→ 【生放送】五十嵐太郎×加藤耕一「ノートルダム大聖堂をいかに再建するか――リノベーションの創造性を考える」 #ゲンロン190604 続きを読む
    2484pv 1 2019年6月7日
  • 「現状においての文化資本=アートは政治関心を破壊する為の装置なのか?」

    カラヤンの音楽の中にあるグローバリズムな部分、クラシック音楽を大規模な産業に組み込ませ、「帝国」を実現させようとする野望、そして彼の演奏スタイルについて、石井宏をして、東郷青児の美人画との類似を連想させるモダニズム、これらは相互に関わりあっている事象なのではないだろうか? 続きを読む
    1057pv 7 2014年10月22日
  • 東浩紀×黒瀬陽平「新しいオルタナティブ/セルフプロデュース」【ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校 スタディ/ワーク..

    東「ポストモダニズムがそうでさまざまなパーツを 組み合わせるもので、庭の話は、それは博物館とポストモダニズムの対立 黒瀬「対立を保存することが重要だ 東「原理がない。どちらも問題だと言ってるだけだ。言葉をください問題がある。むかし四時間も東と村上隆に怒られてる動画あってだな、ホワイトキューブはアノニマスでタブローだけとなりモダニズム... 続きを読む
    6360pv 6 2016年4月12日
  • 菊地誠と東浩紀とソーカルと

    文学批評はポストモダニズムの最も「筋のいい」行き場所だと思うのですが。それはニューアカから変わっていないといわれるとそれまでですけど 続きを読む
    32571pv 168 95 users 2 2010年8月10日
  • 原研哉x住友林業市川晃代表x杉本博司パネル at #HOUSEVISION 展

    #HOUSEVISION 杉本博司:1920年代くらいになって、ようやく装飾が考えられ、過剰よりも少ない方がいいモダニズムの考えが広がったが、日本では安土桃山時代の16世紀から美的意識の先鋭化がなされていた。我々は卑屈になり、西欧が進んでると思うところあるが、そんなことない。 続きを読む
    9800pv 21 2 users 82 2013年3月9日
  • 『西洋美学史』twitter読書会 - Interlude I -

    その場合、単に啓蒙という言葉を考えるより、18世紀までの啓蒙の時代と、その後のモダニズムという時代性が重要な気がします。 続きを読む
    2499pv 8 2 users 2012年8月9日
  • 半田晴子個展「synthesis」at space dike

    この本人が自覚してない自動生成は、コンセプトを徹底するモダニズムと違いポストモダニズムのようだ。 現在は前衛の再評価がされており、若者が前衛を自称する。 例えば中島晴矢が先日美学校へ芥正彦を招きトークする際に連続ツイートをしていたのでそれを参照しても良い。→半田より若い世代がいつの間にか前衛を自覚している中で遅れて見えるポストモダニ... 続きを読む
    3986pv 22 12 2016年3月19日
  • 田中功起氏の考える批評の定義と動機

    岡崎「僕のいいたいのはモダニズム、当然そこに内属するフォーマリズムも含めて、価値判断の根拠においていた<芸術の自律性>というモラルはもう有効性を失っているというか、空転しているんじゃないかってことなんです。」岡崎「ええ、文脈なしの価値判断っていうのが極限化したのがフォーマリズムだったわけでしょう。中途半端な哲学論議は、あいかわら... 続きを読む
    3177pv 6 3 users 2010年7月22日
  • 不平等を考える――稲葉振一郎著『不平等との闘い ルソーからピケティまで』(読書メモ)

    ちなみに、この本の第7講「モダニズムの精神」ではモダニズム建築についても論じられている。建築関係者や建築学生にもオススメの本ですね。>RTリバタリアニズムは宗教。つまり、背後に経済メカニズムがあるからではなく、「純然たる政治的な力学の結果である」というわけである。理論家からすれば、身も蓋もない話でもある(^_^;よって、ピケティはクズネッツ... 続きを読む
    10594pv 54 11 users 21 2016年6月15日
  • 美学校トークセッション事前会議 岸野雄一×佐藤直樹×細馬宏通

    それはモダニズムと関わった話ですよね。近代以前にムーブメントは設定し得なかったでしょうし。ルネッサンスとかもあるんでしょうが美術史の話がしたいんじゃなく…外的な事物を見分けているメカニズム。内的な視覚像の構築というもの。それからrepresentation。そこらへんをもう少し整理したいです。発端は「弱い知覚」としての「記憶」の話でした。像と音の記... 続きを読む
    3624pv 52 1 user 6 2014年5月13日
  • L_O_Nihilum氏による「動ポモ」感想

    ていうか、その経緯をもっと美学とかそれこそポストモダニズム(時代ではなく思想のほう!!)等からもう一度捉えなおした方が、「客観的な」オタク像なんじゃないの?それをしないで、ゲームもアニメも定義づけて砕いちゃったわけだ。「ポストモダニストは自身が批判するものを前提に隠し持つ」…なんて、ハーバーマスがよく言ってたことじゃん。同じことを萌... 続きを読む
    1784pv 6 2011年12月1日
  • s_tomokazuさんの建築旅シリーズ〜福山市中央図書館編〜

    初期モダニズム的にも見えるよね。ホールはランダムな孔だったけど、ちなみに図書室の方は天井の梁際に規則正しいリズムで。こちらはリターンだろう。空調機の音も全く聞こえないほどの穏やかな空気の流れで、室内空気環境としてはとても良かった。 続きを読む
    8221pv 13 5 2012年1月22日
  • 「金環日食」 @nakaZAWAHIDEKI からのTL景

    モダニズムのナードコアも売ってるよ。ギターポップファンジンのRed Rubber Ballの二号とかも持ってきたよ足立元氏の『前衛の遺伝子―アナキズムから戦後美術へ』をめぐって、植草学氏と飛矢崎雅也氏がコメント。大杉栄とアナーキズムについて研究している人の話を聞いたりするのは初めてなので勉強になった。アナーキズムの訳語として無政府主義という言葉は必... 続きを読む
    863pv 3 2012年5月20日
前へ 1 ・・ 24 25