2022年11月16日

「ちょっとは火を恐れろや」キャンプ中にシカの訪問を受けた人に話を聞いた

一緒に焚き火を囲めば僕らは友達さ!
1

あるTwitterユーザーが、キャンプ中に意外な「訪問」を受けたという写真を投稿し、話題になっている。

そこに映るのはおっきなシカ。火を怖がる様子もなく、むしろ暖を取りに来ているようにみえる。投稿者の鉄男@NIKEN&SEROW(@ii_iron)さんが

いや、マジでビビったんだが?ちょっとは火を恐れろや。

というのも納得だ。鹿と出会ったときの状況について、鉄男さんに詳しい話を聞いた。

鹿だらけの島ならではの体験だった

鹿と遭遇された場所はどちらでしょうか?

広島県の宮島にある包ヶ浦自然公園という有料キャンプ場です。有名な厳島神社の近くです。

鹿が近づいてきたとわかったときの心境を教えてください。

うつむいてスマートフォンを見ていたのですが、気配を感じて見上げると、鹿が目の前に立っていました。

もともと鹿だらけの島ですが、焚火に近づいてくるのはびっくりしました。

キャンプ用品に興味津々の鹿

どのくらいの時間、鹿は焚火の近くにいましたか?

数秒間にらめっこしてた感じです。ただ一晩中テントの周りにいたらしく、何度も近くにやってきてましたね。

夜が明けてからも近くに

鹿は朝までテントの近くにいたとのことですが、危険を感じることはなかったのでしょうか?

もともと鹿だらけの島なんで慣れちゃった感じです。

この個体は接触まではしてきませんでしたが、中には攻撃してくる雄もいます。特にこの季節の雄は発情期で気性が荒いらしいので。

鉄男さんが出会った鹿は物理的な接触をしてこなかったということだが、野生動物なので、安易な接触はしないほうがいいだろう。

鉄男さんはその後、キャンプ場の近くでシカに餌付けをしている人を目撃した※といい、もしかしたら今回の鹿が人に慣れていた要因の一つではないかと振り返っている。

※鉄男さんが利用した場所は餌付け禁止エリアとのこと。

ルールとマナーを守り、キャンプ場を利用する全員がいい思い出を持ち帰れるようにしたいところだ。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?