病院でもらった症状の「ビンゴカード」が「まったくワクワクしない…」実は問診票代わり

病状を訴えるには便利
24

漫画家のゆめつきママ(@yumetsukimama)さんが病院で受け取った「ビンゴカード」がX(Twitter)で話題になっている。

「ゼリア新薬工業」が作成したカード。もちろん真ん中に「FREE」はない

カードには「あてはまる症状を確認してみましょう」と書かれており、例えば「胸焼け」「胃の痛み」など、現在起きている症状に当てはまった箇所の穴をビンゴのように開けるというもの。また、「内視鏡検査希望」や「ピロリ菌検査希望」する場合に穴を開けておく箇所もある。つまり、このカードが問診票の代わりになっているのだ。

投稿を見たXユーザーからは「リーチで手を挙げる元気はないですね」「ど真ん中にFREEのスポットが欲しい」など、ユニークなコメントのほか、普通の問診票と比較して「筆記具がいらない、下敷きも不要で必要な情報を聞き取れる」とアイデアに関心する声も。

ゆめつきママさんも「自分でこねこね書かなくても直感的に伝えられる、こういう道具っていいなーと思います」と感じたそうだ。

ビンゴになったら何かもらえるものではないが、具合が悪いときはあまり話さずに済ませたいこともある。画期的な「ビンゴカード」だが、ビンゴが成立するほど重い症状になるのは避けたいものだ…。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。
24
書いた人
トゥギャッターオリジナル記事編集部

トゥギャッターオリジナル記事編集部のアカウントです。

Twitter:@tg_originals