2011年2月13日

日本のアジャイル10年史 -sandayuu編-

10年前にXPがやってきた。アジャイルプロジェクトの導入、超上流への挑戦、Scrum導入支援と、アジャイルとともに成長してきたsandayuuさん。sandayuuさんの10年を通して、日本のアジャイルを振り返る。 ■あわせて読みたい 日本のアジャイル10年史 sandayuu編 http://togetter.com/li/100325 kuranuki編 http://togetter.com/li/100356 続きを読む
10
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

アジャイル10周年かぁ。当時はXPが主流やったなぁ。平鍋さんのサイトとメーリングリストがあって、確かまだコミュニティは出来たてやったかな。とにかく熱があってソフトウェア業界に革命を起こすため情報に飢えていた。時代か移って情報は増えたが皆の熱は今も変わらない。

2011-02-13 09:45:27
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

アナログツールにこだわって、出来るだけ無駄を排除しようとして、よくマネージャさんととぶつかった。平鍋さんにアジャイルブロジェクトに来てもらって最初に言われたのは、議事録書きましょう。だった。

2011-02-13 09:48:29
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

当時は変化を抱擁するから最初の段階ではストーリーなんて出さなくていいし、計画するなんてアジャイルっぽくない感じかして嫌だった。いまから考えると、反対してくれたマネージャさんに感謝やな。

2011-02-13 09:51:59
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

最初は自ら営業して自ら初めてのXPをやった。わしはテストファーストはできたが、たいしたプログラマじゃなかった。それでもお客さんも喜んでくれた。そのブロジェクトはスーパープログラマに引き継いでもらったが、わずか数時間の引き継ぎだけで引き継ぎが完了。オブジェクト指向とシンプル設計最高

2011-02-13 09:56:54
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

中規模プロジェクトもうまく行った。マネージャさんとわし、わしとスーパープログラマでよくもめなぁ。わしも若かってん。みんな、ごめんね。でもそんな皆のお陰でわしもたくさんの事を学んだし、チームメンバーもお互いの技術を吸収して、通常のプロジェクトでは無いぐらいレベルアップした。

2011-02-13 10:01:01
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

やはり人とコミュニケーションの重要性を実感した。同時に当時のわしには悔しかったけどマネジメントの威力も思い知った。プログラマもマネージャも役割が悪いんじゃなくて、人によると言う事。

2011-02-13 10:03:56
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

スーパープログラマもスーパーマネジャも体感するとほんまにスゴくプロジェクトが、安定して、凄い力を発揮する。スーパーマネジャはコマンドコントロールの鬼では全く無かった。チームにたくさんの事を聞いて、それをチームや周囲の人が理解しやすく整理して何回も伝えていた。

2011-02-13 10:08:11
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

スーパープログラマはほんま凄い。真のスーパープログラマはソフトウェアエンジニアリング、アジャイルの技術、アーキテクチャ、業務知識の習得のはやさ、お客様との折衝したり仲良くする力を、全て持っていた。ペアプロするとあり得ないスピード感で、いろいろ彼から学んだ。ほんま凄い男やで。

2011-02-13 10:11:22
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

そしてスーパープログラマは技術的問題が起こっても正攻法だけじゃない解決策をあっさり見つけ出していた。これぞプロだと思った。プロの技術者はこうありたいもの。

2011-02-13 10:13:12
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

それからもいろんなアジャイルをやった、、というかその後はアジャイルのコツがわかったのでアジャイルが自分の道具箱に入って柔軟に使える状態になっていった。アジャイルとおおっぴらに言ってなくても私の主催プロジェクトは常にアジャイルで、コンサルや教育のスタイルも常にアジャイルの考えを活用

2011-02-13 10:16:48
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

せっかくアジャイルで上手くプロジェクトをやるコツがわかって来たのに政治的な理由で相変わらずアジャイルを自由にやれないケースが多かった。そこを乗り越えるために超上流をやる事にした。そっちのほうがお客様に価値をだせると思った。

2011-02-13 10:20:33
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

超上流にいくとお客様の視点からすると、プロジェクトにおいてソフトウェアが占める部分は思ったより多く無い事を知る。運用だったりハードだったり、M&Aだったり。ソフトウェアは重要だがそれだけでは十分じゃない。ここでもコンサルでもマネジメントの知識はとても役立った。

2011-02-13 10:23:55
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

もちろんここでもアジャイル技術が役立ったのだが、アジャイルを道具箱にもつスーパーエンジニアになるためには、それだけじゃ甘いことを知った。

2011-02-13 10:25:30
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

スクラムのブームが来て、こんどは企業レベルで導入が進んで行った。ありがたいことに、スクラムの導入にも呼んで貰えた。最初はスクラム自体は例の本ぐらいしか知らんかったけど、凄腕スクラマーがやっている現場をみて、彼らにもいろいろ教えてもらってスクラムとXPの考え方の違いを実感した。

2011-02-13 10:30:04
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

新しい仲間もできて来てCSMやCSPOも取得して、スクラムもやってるし、世間のアジャイルの動向も10年経って面白くなってきた。きっと昔はテロ的にしか出来なかったのがみんなの努力でアジャイルの価値が世間に伝わったからかもしれない。

2011-02-13 10:32:44
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

新しい仲間もできて来てCSMやCSPOも取得して、スクラムもやってるし、世間のアジャイルの動向も10年経って面白くなってきた。きっと昔はテロ的にしか出来なかったのがみんなの努力でアジャイルの価値が世間に伝わったからかもしれない。

2011-02-13 10:32:44
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

私がお世話になりとても沢山のものをもらったアジャイル業界団体に御返しできることがあるとすると、超上流やマネジメントの知識とアジャイルの両方の知識と経験を持っているとこかもしれない。

2011-02-13 10:34:59
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

今は匠でコンサルタントして、自分の会社も持っている。当時からずいぶんいろんな視点が持てるようになった。でも、アジャイル界のトップでボランティアベースで業界を引っ張っている人、匠でも営業の匠、独創性溢れる要求開発の発案者、そして何でも出来てしまう真のスーパーエンジニアがいる。

2011-02-13 10:38:55
Tsuyoshi Ushio @sandayuu

彼らには遠く及ばないが自分にできる小さな一歩を踏み出したい。

2011-02-13 10:40:10

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?