福島県いわき市・郡山市・栃木県大田原市巡検(2016/07/15)

Curio*CITYの巡検後半戦。相変わらずカツカツキツキツのスケジュールで郊外住宅地に行ったり、地場百貨店に行ったり、ロードサイドに腰を抜かしたりします。
日記 郡山 大田原 都市 いわき 内郷 東武百貨店 旅行 地理 湯本
0
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
Curio*CITYのいわき巡検2日目です。6時起床というストイックな朝を迎えます。昨日の反省?を活かして、今日は事前に行く場所をかっちりと決めてあります。朝早いうちに平、内郷、湯本を回って、10時には郡山入りする…というプランになります。
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
鹿島街道を北上します。昨日も通りましたが、この周辺はいわき市内で一番のロードサイド商業の集積があるエリアです。6時台なのに結構な数の車が走っていて、平と小名浜を結ぶ大動脈であることが分かります。 pic.twitter.com/x4cFDYbo0X
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
ショッピングセンターエブリア。いわき市内でも力のあるショッピングモールのようです。もともとの核テナントはダイエーいわき店でしたが、現在はヨークベニマルが入居。早朝のため中を見ることはできませんでした pic.twitter.com/JeOmDE7rga
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
国道6号常磐バイパスを経由していわき中央インターへ向かいます。周辺にある高速バスのバス停「いわき好間」では、パークアンドライドが行われています。この取り組みの中ではかなり歴史のある場所のようで、7時台なのにすでに駐車場が満車で驚き。 pic.twitter.com/no5gTcAnal
拡大
拡大
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
いわき好間だけでなくインター直下にある「いわき中央インター」バス停でもパークアンドライドが行われています。若干クルマを入れづらいせいか、いわき好間ほどの混雑はないですが、こちらもしっかり利用されています。 pic.twitter.com/HxlQppi5dw
拡大
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
いわき中央インターの交差点。インターとは逆の方向に右折する車が大量にいて驚きます。右折レーンもレーン用意されていて、何かと思えば、山上にある「いわき好間中核工業団地」に出勤するクルマのよう。右折渋滞がかなり伸びていて圧巻。 pic.twitter.com/mmiplrdWeS
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
工業団地内をめぐります。規模で考えるといわき市内最大の工業団地何ではないでしょうか。いわきの誇るグローバル企業「アルパイン」のいわき事業所に入る車列で渋滞が起きています。 pic.twitter.com/hIz0lnDe2y
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
平の市街に戻って、昨日日没で叶わなかった市街地の撮影を敢行。鳴海氏の発案により、市街を東西に分けて分担ローラー作戦で、効率性を向上させます。わたしは東部とイトーヨーカドー平店の担当。
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
いわき駅前からイトーヨーカドー平店へ向かう道。ホテルなどの中高層建築が並んでいて、立派な都市景観。にしても、イトーヨーカドー遠いですね…お年寄りが駅から歩くには難ありでしょうか。 pic.twitter.com/CTBEKeAD7O
拡大
拡大
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
イトーヨーカドー平店は1971年の開業となかなかの古参店。建物には何度か増築したような跡があり、細長い建物になっています。店舗の保守に定評があるヨーカドーですが、さすがに築40年超の建物には若干の限界が。店内は開店前なので見れず。 pic.twitter.com/48m4Y8ARKt
拡大
拡大
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
昨日巡った平白銀町の歓楽街を通過しながら駅へ戻ります。 pic.twitter.com/o3XftSFzlf
拡大
拡大
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
平は戦災復興都市であるので、川を埋め立てた緑地帯が。またその区画整理事業が計画された段階で、常磐線を移設して駅も同時に市街の南側に移設する計画があったそうです。駅前広場としてとったと思われる土地が公園として残っています。 pic.twitter.com/k1Hn48RJZi
拡大
拡大
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
平を出発して、内郷へ向かいます。そういえば平には2001年まで大黒屋というデパートがあったのですが、その跡地を見に行くのを忘れていた気がします。跡地はピュアベルヴィいわきという施設になっているそう
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
内郷鉱のあった宮の集落です。川の両岸に広がる民家の密集具合や、現存する炭鉱住宅に鉱山集落イズムを感じます。 pic.twitter.com/VBiBTkA2xY
拡大
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
宮の集落の南側の山上、非常に急な坂を上った先にも集合住宅があります。おそらく炭鉱住宅と思われますが、表通りからは決して見えず、周辺も鉱山跡を利用したと思われる処分場があるだけで、隔絶された土地のような印象があります。 pic.twitter.com/8B1zVwuRE9
拡大
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
続いて湯本へ。湯本はその名のとおり温泉街です。その一角に「三凾座(みはこざ)」という明治時代に建てられたレトロな映画館を見に来たつもりでしたが、いくら探しても見つからない… pic.twitter.com/AGJGp3MEfl
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
ネットに上がっている写真をもとに徒歩で探していくと…あっ、これは…(察し) pic.twitter.com/ME1SCTa4Ke
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
どうも最近になって解体されてしまったようです。三凾座があった路地の入口で営業していた和菓子店(かりんとうまんじゅうが非常においしい)のオーナーさんに聞くと、東日本大震災での被害も大きかったとか。そのあとに解体されてしまったんでしょうね。
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
かなしみにくれつつ湯本の住宅団地へ向かいます。湯本の旅館の裏手を抜けるように進んだ先にあった矢津団地はその区画の細長さが気になったのですが、入ってみると普通の住宅地ですね… pic.twitter.com/L9ByViKk0v
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
湯台堂団地、グリーンヒルズ湯本の様子。湯台堂団地は非常に道が狭く、かなり初期の開発なのではないかと推測されます。谷を超える橋で南側につながっているグリーンヒルズ湯本はゆったりした作りで、湯台堂団地よりも後発の開発である印象。 pic.twitter.com/M7Mm1YMZfW
拡大
拡大
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
少し南下して桜ヶ丘の様子。こちらは規模も大きく、住宅団地ではなくニュータウンという印象。地区を貫く道路の周囲には低中層のアパートやマンションもあり、地区計画がどのようになっているのか気になるところ。奥には新しい宅地も pic.twitter.com/WH1fpUMUQx
拡大
拡大
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
桜ヶ丘の西側にある釜ノ前の住宅地の様子。中々に険しい。 pic.twitter.com/LtSosGeGBG
拡大
拡大
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
せっかくいわきに来たので、湯本のインターへ向かう途中に「スパリゾートハワイアンズ」に立ち寄り。冴えない男子3名はただ外観を見るのみです。常磐興産が威信をかけて開発しただけあって圧倒的規模。これはすごいですね… pic.twitter.com/1dDA5lrHqG
拡大
拡大
拡大
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
ここからはいわき湯本ICから常磐道、いわきJCTから磐越道で郡山へ向かいます。計画では10時に郡山でしたが、、、、スパリゾートハワイアンズを出発した時に見た時計には「10時40分」…
まちコトメディア「matinote」 @matinote_tw
【次回予告】メンバー3人はついに約束の地、郡山へとたどり着きます。無限に広がる市街地、そびえるデパート、ジャスコの亡霊…酪王カフェオレの補給を受けながら、彼らはついに最終目的地、大田原へとたどり着きます。約束の地大田原で見た、驚愕の風景とは…!次回お楽しみに!(以上、かぜみな)
残りを読む(30)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする