1年ぶりに再開した箱根大涌谷観光の火山防災対策は疑問だ。

万全の安全対策をとってるといいながら、箱根町はヘルメットすら用意してない。
2
神奈川県警察本部警備部危機管理対策課 @KPP_bousai

箱根大涌谷では、つい先程まで避難訓練が実施されていましたピコ! 大涌谷では、万が一に備え、火山ガスや噴石等に関する注意喚起や退避場所の案内板が設置してありますピコ! 観光客の方も安心ですねピコ! pic.twitter.com/uaGWz74h5h

2016-07-25 15:41:04
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

箱根 大涌谷 日中の立ち入り制限解除前に避難訓練 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2016… 「小規模な噴火などを想定した避難訓練が行われました。」 具体的に何を想定したのかちっともわからない。想定しなかったのではなかろうか。

2016-07-25 20:45:13

箱根 大涌谷 日中の立ち入り制限解除前に避難訓練
7月25日 17時20分 NHK

火山活動で立ち入りが禁止されている神奈川県の箱根山の大涌谷が26日から日中に限って立ち入りができるようになるのを前に、25日に小規模な噴火などを想定した避難訓練が行われました。

箱根山は去年、大涌谷でごく小規模な噴火が確認され、その後、火山活動は低下しましたが、大涌谷周辺の一部で今も避難指示が出されています。

防災対策について検討してきた箱根町は今月22日、火山ガスの濃度の観測装置を設置するなど、大涌谷の安全はほぼ確保されたとして、避難指示は継続したままで、26日から日中に限って大涌谷への立ち入りを認めることを決め、箱根ロープウェイも全線で運転を再開することになりました。

これを受けて町は25日に避難訓練を行い、町の職員や地元の住民など85人が参加しました。このうち小規模な噴火が発生したという想定の訓練では、防災用のスピーカーを通じて、日本語のほか英語や中国語など合わせて4か国語で建物内に避難するよう呼びかけました。そして、売店の従業員らが、避難を促すプラカードを持ち、観光客役の住民を誘導していました。

また火山ガスの濃度が高くなったという想定の訓練では、体調が悪くなった人を救急車で搬送する手順を確認していました。

箱根町防災対策室の小林泰彦室長は「安全対策は万全にしているので、安心して箱根の観光を楽しんでもらいたい」と話していました。

さかい まさひろ @sassyos2

@HayakawaYukio 火山ガス濃度が上がったときの訓練みたいですね。twitter.com/KPP_bousai/sta…

2016-07-25 20:53:08
早川由紀夫 @HayakawaYukio

火山ガス濃度がどんなに上昇しても、それは噴火ではないなあ。

2016-07-25 20:57:45
早川由紀夫 @HayakawaYukio

噴石に注意て、大きな噴石それとも小さな噴石?考えてないんだろな、たぶん。御嶽山でどっちの噴石で登山者が死んだかにも関心ないようだし。

2016-07-25 21:05:02
早川由紀夫 @HayakawaYukio

火山ガス濃度上昇に警戒するて、よく考えてみるとへんだ。火山ガスの9割は水蒸気だ。水蒸気の濃度がどんなに上昇しても健康に影響ない。蒸し暑いだけだ。二酸化硫黄や硫化水素などの有毒ガスの濃度が上昇すると危険。火山ガスの種類を特定して警戒しないといけない。種類ごとに濃度が決まってる。

2016-07-25 21:08:41
さかい まさひろ @sassyos2

@HayakawaYukio 大涌谷は蒸気井の改修工事で二酸化硫黄の濃度が下がることが期待されていながら、実際のところ「ガス濃度は6月から大きな変化はない」そうで。townnews.co.jp/0609/2016/07/2…

2016-07-25 21:30:50
早川由紀夫 @HayakawaYukio

箱根大涌谷駐車場、午前9時。インターネット自然研究所ライブカメラ画像 pic.twitter.com/ufMpkvUzQS

2016-07-26 09:05:24
拡大
さかい まさひろ @sassyos2

@HayakawaYukio しかも昨年形成された開口割れ目が地下から供給される熱水の通路としてまだ機能する可能性があり、大した地震活動もなくスルッと水蒸気噴火に至る可能性も考慮しておく必要があるそうです(6月末のNHK報道についての温泉地学研究所の回答より)。

2016-07-26 09:18:41
さかい まさひろ @sassyos2

@HayakawaYukio なおこの開口割れ目は大涌谷直下60~80メートルに推定されているそうです(温地研発表会より)。要旨集の「干渉SARデータから推定される箱根火山2015年噴火に伴う開口割れ目」に出ております。 onken.odawara.kanagawa.jp/modules/smarts…

2016-07-26 09:28:59
早川由紀夫 @HayakawaYukio

箱根大涌谷駐車場1123。インターネット自然研究所ライブカメラ画像 満車のようだ。大型バスが1台きてる。 pic.twitter.com/D3XRCzoV2B

2016-07-26 12:35:40
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

小さな噴石の落下にそなえて、ヘルメットをかぶらせるのかと思ったが、そうはしてないのね。すぐかぶれるようにヘルメットを壁にぶら下げてるのかなあ。どうなのかなあ。いままでの報道ではヘルメットをひとつも見ない。

2016-07-26 13:11:47
早川由紀夫 @HayakawaYukio

きのうの訓練映像を見ると、施設側は全員ヘルメットをかぶっているが、観光客役はかぶってない。観光客にヘルメットをかぶらせるつもりはないらしい。いいのかなあ。 pic.twitter.com/vGnFqkOz2J

2016-07-26 13:15:35
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

御嶽山の経験が生かされているとは思えない。あの日の下山時に、多くの登山者が山小屋にあったヘルメットを借りてかぶって下りた。なかには鍋をかぶって下山した女性もいた。

2016-07-26 13:17:11
早川由紀夫 @HayakawaYukio

はたして、大涌谷で観光客の安全は十分守られていると言えるだろうか。 「箱根町防災対策室の小林泰彦室長は「安全対策は万全にしているので、安心して箱根の観光を楽しんでもらいたい」と話していました。」 www3.nhk.or.jp/news/html/2016…

2016-07-26 13:18:33
早川由紀夫 @HayakawaYukio

ヘルメットは1個1000円。500個用意しても50万円だ。駐車料金の上がりの何日分だろうか。

2016-07-26 13:21:07
早川由紀夫 @HayakawaYukio

このように、やってることがチグハグなのは、心の底から観光客の安全を確保したいと思ってないからだろう。観光客を呼び込みたい(金儲けしたい)の気持ちがついつい先走ってしまっている。

2016-07-26 13:23:59
早川由紀夫 @HayakawaYukio

箱根 大涌谷周辺の避難指示を解除 警戒区域は継続 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2016… なにゆってるのか、残念ながら私には理解できない。みんなはわかるの?

2016-07-26 15:04:55
早川由紀夫 @HayakawaYukio

スクリーンショットしておく。後日、授業で使うかもしれない。 pic.twitter.com/q2Rk9KixU0

2016-07-26 15:06:18
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

だれも住んでないところに避難指示だすのって、去年の蔵王から始まった奇習。

2016-07-26 15:07:25
早川由紀夫 @HayakawaYukio

災害対策基本法によらない火山防災をしている。まあ、それもひとつの考え方ではあろう。観光客そして国民の支持が得られればそれでよいのだろう。

2016-07-26 15:11:00
早川由紀夫 @HayakawaYukio

気象庁の噴火警戒レベルでは、レベル4から避難の文字が出てくる。レベル3までは立入規制と表現する。箱根町の大涌谷防災は、災害対策基本法だけでなく噴火警戒レベルとも矛盾してる。 data.jma.go.jp/svd/vois/data/…

2016-07-26 15:16:12
早川由紀夫 @HayakawaYukio

ところで、いま大涌谷駐車場の片隅からドローンあげたら、阿蘇のときみたいに係員が警察官を伴ってやってきてやめさせられるのだろうか?

2016-07-26 15:29:32
さかい まさひろ @sassyos2

@HayakawaYukio 箱根ジオミュージアムで聞きました。ヘルメットは観光客全員分はないが、噴石が出た際は最寄りの施設に収容すれば対応可能とのこと。 pic.twitter.com/9W2lnTNcN0

2016-07-26 15:57:40
拡大
残りを読む(19)

コメント

さかい まさひろ @sassyos2 2016年7月27日
昨年の噴火で大涌谷園地の建物に被害はありませんでしたから、ヘルメットの着用を義務付けていないのはうなずけます。大涌谷園地の二酸化硫黄の濃度は通常 0.0ppm ですから、下流の大涌谷橋よりは安心です。健康な人は今のうちに大涌谷の迫力ある火山の伊吹を堪能してはいかがでしょう。勢いのある火口にこれほど迫れる山は他にありませんから。
0
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2016年7月27日
sassyos2 では、噴石に注意と書いたのはなぜでしょう?観光客はどうやって注意すればよいのですか?
0
さかい まさひろ @sassyos2 2016年7月27日
HayakawaYukio 「動物注意」の交通標識と同じ意味ではないでしょうか。注意するのは「噴石等」ですから、昨年7月半ばに起きた噴出のような事態も起こり得ると。
0