10周年のSPコンテンツ!
0
小暮 宏 @yapoono6
旅立ちの時 #1日1本オススメ映画 60年代反体制運動で爆破事件を起こした両親を持ったために各地を転々としていた子供が、音楽の才能を認められたのをきっかけに親元を離れる。かなり出自が重なるR・フェニックスが残したレガシー。 pic.twitter.com/So8ua6c3Pc
拡大
小暮 宏 @yapoono6
ウディ・ガスリー わが心のふるさと #1日1本オススメ映画 大不況時代、根無し草でありつづけたことで民衆詩人になった男。圧倒的なハスケル・ウェクスラーの撮影。自ら歌うデヴィッド・キャラディーンの好演。 pic.twitter.com/neppmHScne
拡大
小暮 宏 @yapoono6
天国の門 #1日1本オススメ映画 マイケル・チミノが死去とのこと。先発移民と後発移民の対立というのは、まさに今アメリカで起こっていること。先発側が大統領命令をとりつけて後発側を武力で排除したアメリカの恥部を描き猛反発を買った。 pic.twitter.com/VH0t1XCxKk
拡大
小暮 宏 @yapoono6
けんかえれじい #1日1本オススメ映画 鈴木清順一流のケレンがかった演出と旧制高校のバンカラぶりがマンガチックな結合を見せた快作。ケンカ三昧だが陰惨さがなくからっとした仕上がりなのが気持ちいい。 pic.twitter.com/nGlzevdp0l
拡大
小暮 宏 @yapoono6
友だちのうちはどこ? #キアロスタミ #1日1本オススメ映画 子供がジグザグ道を行ったり来たりしながら友だちのうちを探す、それだけの積み重ねがまったく飽きさせず国を超えた懐かしさと親しみを呼び起こす。 ln.is/this.kiji.is/X…
小暮 宏 @yapoono6
別離 #1日1本オススメ映画 一組の家族の話にイランならではと思えるところと世界共通の問題をないまぜにし、無技巧に見せたリアリティと、ちょっと目を離しただけと思った場面が後で重大な意味を持ってくるなど語りと構成の上手さが光る。 pic.twitter.com/c9i43ifnTT
拡大
小暮 宏 @yapoono6
緋牡丹博徒 花札勝負 #1日1本オススメ映画 ヤクザ映画の様式美の極致。加藤泰監督独特の地面にべったり這いつくばったような極端なローアングルによる完璧な構図。藤純子、高倉健らによる日本的心情の美しさ。 pic.twitter.com/vMEn6nQXk4
拡大
小暮 宏 @yapoono6
NO #選挙映画 #1日1本オススメ映画 チリのピノチェト軍事独裁政権を選挙で倒したまさかと思うような実話。広告屋が政権にNOを突きつけるのに奮闘するのだから、今の日本とは逆。 pic.twitter.com/WmiVpfBF73
拡大
小暮 宏 @yapoono6
タンゴ ガルデルの亡命 #1日1本オススメ映画 主人公の先生の写真にアストル・ピアソラの師アニバル・トロイロのを使い、かつて祖国に容れられず欧州で活動していたピアソラ自身の存在を重ねたりするラテンアメリカ文学的な複雑なイメージ造形。 pic.twitter.com/zYRH2112fh
拡大
小暮 宏 @yapoono6
スール/その先は…愛 #1日1本オススメ映画 フェルナンド・E・ソラナス×A・ピアソラのコラボ第二弾。釈放された政治犯がすぐには家に戻れず現実とも幻想ともつかない夜の街を彷徨う、苛烈な現代史を極度に美的に精錬されたスタイルで描く。 pic.twitter.com/SXQ4z3d9xz
拡大
小暮 宏 @yapoono6
ラテンアメリカ 光と影の詩 #1日1本オススメ映画 ソラナス×ピアソラのコラボ最終作。青年が南米五千キロをゲバラよりショボく自転車他で縦断する。都市が水没している実写!に水かきをつけた政治家と、リアリズムと奇想が地続きになっている。 pic.twitter.com/InWQ0v4e7K
拡大
小暮 宏 @yapoono6
スパルタカス #1日1本オススメ映画 キューブリックとしては製作主演のカーク・ダグラス、脚本のダルトン・トランボにイニシアチブを取られているが、殺人機械に改造されるモチーフなど懸命に自己流に引きつけ却ってシャープな切れ味を生んだ。 pic.twitter.com/37qe3VxjpT
拡大
小暮 宏 @yapoono6
ピアノ・レッスン #1日1本オススメ映画 聾唖のヒロインの心の声をピアノの音が語り、指と鍵盤の感触自体が官能を表す。マイケル・ナイマンの音楽は映画を知らなくても聞いているはず。youtube.com/watch?v=Xo9G9C… pic.twitter.com/y7k7JMbsGj
拡大
拡大
小暮 宏 @yapoono6
持参金のない娘 #1日1本オススメ映画 ニキータ・ミハルコフのキザの国からキザをひろめに来たような芝居が見もののソ連製メロドラマ。白づくめで白馬に乗ったままつながれた船に乗り込んでくる登場シーンなど笑ってしまうほど。 pic.twitter.com/2QUgCxagpQ
拡大
小暮 宏 @yapoono6
オール・アバウト・マイ・マザー #1日1本オススメ映画 実の母、女性だけが母ではない。さまざまなセクシュアリティと苦しみを抱えながら無私の愛を注げる母の仲間たちを描くペドロ・アルモドバル監督脚本の名作。 pic.twitter.com/PTgEEqm0DX
拡大
小暮 宏 @yapoono6
皆殺しの天使 #1日1本オススメ映画 ブルジョワたちが何の物理的な障害もないのに屋敷から出られなくなる、というか出ようとしなくなる不気味なリアリティ。それが寓話や風刺ではなくあっけらかんと即物的に描かれるブニュエルならではの凄み。 pic.twitter.com/Hsb6rh7NHg
拡大
小暮 宏 @yapoono6
1000日のアン #1日1本オススメ映画 ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルドが気が強く薄幸の王妃アン・ブーリンを演じた代表作。断頭台にかけられるところで「私の頸は細いので斬りやすいでしょう」と言ったのは史実らしいが実際細いのがぴったり。 pic.twitter.com/y2utuqrTbx
拡大
小暮 宏 @yapoono6
初恋 #1日1本オススメ映画 何しろ主演のドミニク・サンダとスヴェン・ニクヴィストの撮影が美しい。ツルゲーネフの名作を国籍にとらわれないキャスティングとロケとスタッフ編成で映画化し、初恋というモチーフの普遍性を端的に出した。 pic.twitter.com/OQtGb2vB82
拡大
小暮 宏 @yapoono6
ヴェラクルス #1日1本オススメ映画 製作を兼ねたバート・ランカスターが先輩スターのゲーリー・クーパーを善玉に立て自分は悪役にまわり、結果いいところをさらってしまったのだから人が悪い。清濁併せ呑むアルドリッチ演出も快調。 pic.twitter.com/Z2a8ypKuep
拡大
小暮 宏 @yapoono6
男の出発 #1日1本オススメ映画 写真家出身のディック・リチャーズがカウボーイたちをフォトジェニックに描くと共に、その裏の過酷な世界に揉まれる少年の成長を綴る。西部劇崩壊期に新しい価値観を模索した青春ものとしての西部劇。 pic.twitter.com/k9RZiAJ447
拡大
小暮 宏 @yapoono6
ONCE ダブリンの街角で #1日1本オススメ映画 音楽が人間同士をつなぐ力をシンプルに力強く描く。男女がいわゆる恋愛関係にならなくても互いに力になっているのが自然に描けているのがすごくいい。 pic.twitter.com/dCFxJwbVzm
拡大
小暮 宏 @yapoono6
決闘鍵屋の辻 #1日1本オススメ映画 黒澤明脚本、三船敏郎主演、森一生監督。宿場での待ち伏せという趣向といい、狙う者狙われる者とが互いに友情を抱いている設定といい、かなりの程度「十三人の刺客」の原型。 pic.twitter.com/ucBATikpYo
拡大
小暮 宏 @yapoono6
大地のうた #1日1本オススメ映画 貧しい生活を描いているのにも関わらず、この圧倒的な風格と詩情はどうだろう。黒澤明の「羅生門」の五年後にアジアから世界の舞台に現れたインドの巨人、サタジット・レイの監督第一作。 pic.twitter.com/loWTZOCAXa
拡大
小暮 宏 @yapoono6
大河のうた #1日1本オススメ映画 サタジット・レイのオプ三部作の二作目。都会に出てきて父と母が相次いで亡くなっていく厳しい内容だが、本場のガンジスの河辺でヒンズー・スクワットをしたりコシティを振り回している人がいるのもわくわく。 pic.twitter.com/eB3tJL96Mb
拡大
小暮 宏 @yapoono6
大樹のうた #1日1本オススメ映画 サタジット・レイのオプ三部作最終作。二作目で両親を失ったオプが新妻(この新婚生活の美しさ)を出産で失い放浪の旅に出るが、かつての自分そのままの息子と再会し肩車して歩く命の環がつながるラストが圧巻。 pic.twitter.com/G6BLlsn3he
拡大
残りを読む(2)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする