編集部イチオシ

誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくい東宝怪獣映画の対怪獣作戦&機材について振り返りましょう

東宝怪獣映画というと、人類の超兵器が怪獣相手に奮闘して…というイメージがある。がしかし、実は昭和期の作品群に限ればそのイメージは虚構でしかない。 ちなみにまとめタイトルはウッディ・アレンのパロディ(だからどうした?)。
102
総統 @soutou_d

ゴジラでも魔王でもいいが、天災にも匹敵する武力攻撃に対し、現代日本でその対応を行うのは、何か凄い発明を隠し持っている博士でも、伝説の勇者でもなく、政府である。日本において政府とは、時の総理以下内閣を構成する大臣たちと、各省庁の実務を取り仕切る官僚という事になる。

2016-08-05 08:10:25
総統 @soutou_d

これまでのゴジラシリーズでは、故意にそこのところを無視している。正確に言えば、子ども向けである事を意識してか、政府は、いわゆるウルトラマンの対怪獣組織に毛が生えた程度のものとしてしか描かれない。結果として、ゴジラを倒すのに秘密兵器頼りで、まともな作戦もない。

2016-08-05 08:10:35

こうした勘違いは、TLに流れてきたこのツイの主だけの話ではない。ゴジラシリーズに限っても29作あると、どうしても勘違いが生じてしまうのだろう。そこで<昭和の東宝怪獣映画(新ゴジ除く)>に限って、超兵器なるものがどれだけ登場したのか、ざっと振り返ってみたのが以下のツイ。

ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

『シン・ゴジラ』は未見だがこの意見には異論がある。『逆襲』『キンゴジ』『モスゴジ』では非現実的兵器の類はほぼ登場しない。しかも作品を経る毎に自衛隊の対ゴジラ作戦は巧妙且つ効果的になっており、『モスゴジ』では退治の一歩手前までいった。 twitter.com/soutou_d/statu…

2016-08-05 09:17:42
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

勘違いしている人が多そうな気がするンだけど、昭和の東宝怪獣映画では対怪獣作戦で非実在超兵器の類による退治というシチュエーションは、意外と多くない。『ゴジラの逆襲』における非実在兵器はせいぜいがポンポン砲で、ゴジラの封じ込めはF86戦闘機で行われた。『ラドン』も同様。この作品に

2016-08-05 09:22:03
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

登場する超兵器はクライマックスで阿蘇山の噴火を誘発したオネストジョンだけ。しかもこれは非実在兵器ではなく「政治的理由から自衛隊には配備され得ない、当時話題になっていたであろう実在兵器」だったりする。そして次は『バラン』。東宝怪獣映画第四作にして『ゴジラ』に登場した

2016-08-05 09:26:36
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

水中酸素破壊剤以来の非実在兵器が用いられる。TNT火薬に比して20倍の威力を持つ、岩盤掘削用に開発中の特殊火薬がそれ。非実在ではあるものの、極めて地味な兵器(実際は兵器ですらない)である。作戦も照明弾に括り付けて落下させ、バランに呑み込ませて体内から破壊せしめるという、これまた

2016-08-05 09:30:20
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

地味というか、現実感漂う内容だ。次は『モスラ』で、ここでやっと多くの人がイメージする非実在超兵器が登場する。モスラを繭ごと焼き尽くすそうと、ロリシカ国から貸与された原子熱線砲がそれだ(画像)。しかしご存じの通りトドメをさすどころか、 pic.twitter.com/4fEn1akzKw

2016-08-05 09:35:33
拡大
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

成虫への羽化を促進させただけであった。そして翌年に公開された『キングコング対ゴジラ』だが、ここには非実在兵器は一切登場しない。ゴジラの東京侵入を阻んだ10万ボルトは単なる高圧線だし、コングを空輸した東京製綱製の「鋼よりも強く、絹糸よりもしなやか」なニューポリプロピレンは

2016-08-05 09:42:03
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

メーカーと製品ともども実在するものだ。おそらくあれは初代ゴジラの尾形が乗っていたキャブトン製のバイクと同様のタイアップだったのだろう。翌38年を挟んで39年には怪獣映画が三本も製作、公開されているが、非実在兵器が登場するのは『ドゴラ』のみである。『モスラ対ゴジラ』に

2016-08-05 09:45:31
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

登場したのは非実在兵器ではなく、実在はするのだが劇中で見せた改造と運用は極めて(ほとんど)不可能な点が辛うじて非実在的だといえる程度の物だ。それが第一次攻撃でゴジラを爆撃したカーチスC46である。「C」とあるようにそもそも本機は輸送機なので、劇中で見せた機能――機体底部に

2016-08-05 09:53:28
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

ウエポンベイは存在しないし(当然内部には爆弾架もない)、爆撃に必要な照準器も備えていなけりゃ、そもそも爆撃訓練を受けた要員がいるわけがない。しかもこの機体は台湾などからかき集めたオンボロばかりだったので、改造に耐え得るとも思えないのだ。あとはゴジラを抹殺する寸前まで追い込んだ、

2016-08-05 09:57:24
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

3000万ボルトの威力を誇る放電タワーくらい。海外版では国連艦隊が運用する新型ミサイルが登場するが、パラレルな物としてこれはカウントしない。で、次の『ドゴラ』でやっと明白な非実在兵器が登場する。それはドゴラを殺し石化せしむる蜂毒を噴霧するために開発・建造された

2016-08-05 10:08:09
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

噴霧器である(画像)。特に名称はない。これまた地味な機材だが、だってそうなんだもん!としか言い様がないのである。そして続くのが39年の年末、40年の正月を飾った『三大獣地球最大の決戦』なんだが……本作にはまったく非実在兵器といえる pic.twitter.com/uyD3QRt9pE

2016-08-05 10:13:30
拡大
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

機材が一切登場しない。まあ、本作の見所はゴジラ、ラドン、モスラの三大怪獣が宇宙大怪獣キングギドラに挑む点に尽きるので、非実在兵器どころか自衛隊そのものが碌に出てこないという、それまでの怪獣映画と比べると非常に特異なカラーの作品だったりする。

2016-08-05 10:16:50
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

さすがに面倒になってきたので、以降はざっと並べていく方法とする。 昭和40年公開 『フランケンシュタイン対地底怪獣』 非実在兵器なし 『怪獣大戦争』 Aサイクル光線車(画像)※P1号は非武装の探検用宇宙船のため兵器にカウントせず。 pic.twitter.com/Tv4WmpoZIf

2016-08-05 10:26:26
拡大
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

昭和41年公開 『サンダ対ガイラ』 メーサー殺獣光線車、L作戦用固定式レーザー砲台 ※画像 『南海の大決闘』 非実在兵器なし ※そも赤い竹なる武装組織自体が架空なので論ずる意味がない pic.twitter.com/Cj4Y4fPXYh

2016-08-05 10:37:59
拡大
拡大
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

昭和42年公開 『キングコングの逆襲』 メカニコング(画像) ※ヘリやホバークラフトはカウントせず 『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』 非実在兵器なし ※そも軍隊が登場しない作品である pic.twitter.com/cY5FnzZyUU

2016-08-05 10:43:54
拡大
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

昭和43年公開 『怪獣総進撃』 ムーンライトSY3号 ミサイル戦車 ※共に画像 昭和44年公開 『オール怪獣大進撃』 非実在兵器なし 昭和45年公開 『決戦! 南海の大怪獣』 非実在兵器なし pic.twitter.com/9Xip8aBRDa

2016-08-05 10:55:24
拡大
拡大
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

昭和46年公開 『ゴジラ対ヘドラ』 巨大電極板(画像) 酸素爆弾 昭和47年公開 『ゴジラ対ガイガン』 メーサー殺獣光線車改(画像) ミサイル戦車(怪獣総進撃の流用) pic.twitter.com/Favd159TZb

2016-08-05 11:04:55
拡大
拡大
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

昭和48年公開 『ゴジラ対メガロ』 非実在兵器なし ※ジェットジャガーは兵器ではないのでカウントせず 昭和49年公開 『ゴジラ対メカゴジラ』 敵役のメカゴジラが唯一の“兵器”と思われる(画像) pic.twitter.com/DVQYND9uhU

2016-08-05 11:13:02
拡大
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

昭和50年公開 『メカゴジラの逆襲』 制御波攪乱超音波照射装置 以上である。こうして列挙すると、自衛隊のスーパー化は昭和40年代の一時期だけであることが良く分かるだろう。ちなみに言うまでもないことだが、宇宙戦争物やスーパーメカニクス物は「怪獣映画」ではないので取り上げなかった。

2016-08-05 11:22:41

以下はフォロワーさんたちとのやりとり。

課金は罪 ねこかん @Nekokann

@F4EJ2Phantom モスゴジとキンゴジは本当に自衛隊頑張ってましたよね

2016-08-05 09:26:36
ヤバい囚人番号6 @F4EJ2Phantom

@Nekokann 『モスゴジ』でゴジラとモスラ、続く『三大怪獣』でラドンの世界観が連結されたことで、あの世界の自衛隊(防衛隊)は初代ゴジラの襲来以来、幾度も怪獣の襲撃を経験し、その都度対応策を向上させていき、ついにはゴジラを感電死させる寸前まで追い込むノウハウを手にしましたね。

2016-08-05 09:49:21
残りを読む(28)

コメント

ゴーシュ @NMaksed 2016年8月10日
非実在兵器の有無はゴジラ映画でも描いた時代によるなと思いますね ムーンライトsy3だってあの時代における近未来ですし 平成vsシリーズもスーパーxと呼ばれる兵器が生まれてその後メカキングギドラが現れた世界が普通であるはずがないという考えでつくられたでしょうし
3
まるちゃん@大湊警備府 @malchan1224 2016年8月10日
もう言われてたけどもう一度。皆さんご唱和下さい、はい!「だいたいスーパーXのせい」
13
Randolph Carter @RandolphCarter 2016年8月10日
ゴラス、いいよね。「太陽系放送」とか「宇宙省」とか男の子ドキドキもんの言葉がガンガン出てくる。挿入歌も素晴らしい。
4
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2016年8月10日
といっても、VSシリーズでも自衛隊およびGフォースの超兵器度が格段にアップするのはvsメカゴジラからだからなぁ。それも前作で未来人が使ったメカキングギドラの廃パーツを解析して得られたもので、vsビオランテまでの自衛隊兵器は架空の超兵器といえどもゴジラには手も足も出なかったほどにボロ負けしてるし
4
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2016年8月10日
スーパーXシリーズでの最大の戦果は、初代がゴジラを一時的に気絶させた事くらいだったかな。
3
ut_ken @ut_ken 2016年8月10日
というか、言い出しっぺの人にも直接指摘しましたけど、超兵器だより等に該当するのは84以降でも、VSメカゴジラ、スペースゴジラ、デストロイア、メガラス、Xメカゴジラ、東京SOS、ファイナルウォーズぐらい。なおファイナルウォーズの超兵器はゴジラ自身とドン・フライ
7
ut_ken @ut_ken 2016年8月10日
だいたい2000年頃以降のでも、2000や大怪獣総攻撃が明らかに違うわけでして。なお大怪獣総攻撃はハム太郎と同時上映の一応「子供向け」
3
天野譲二@『幻の未発売ゲームを追え!』発売中 @TOKYOMEGAFORCE 2016年8月10日
伏線張りまくりとはいえ、初代のオキシジェン・デストロイヤーは凄まじい超兵器だったな。
5
とり @tori_555 2016年8月10日
JORA_JORAEMON 一番戦果を挙げたのはスーパーX3でしょう。バーニングゴジラを活動停止にしてメルトダウンを阻止、デストロイアにとどめを刺した。人類側の兵器としてはシリーズ中で最も活躍した部類でしょう
7
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2016年8月10日
tori_555 指摘ありがとうございます、vsデストロイアはバニゴジがあまりにも強力になりすぎていてX3の活躍がどうにも霞んでしまって…デストロイアを仕留めれたのも先のバニゴジ戦でボロボロになった所を倒せてたわけですしX3の劇中での活躍は条件がうまく重なっていた結果だとも言えます(そのチャンスを逃さなかった事がX3の一番褒めれる部分ですね)
1
ut_ken @ut_ken 2016年8月10日
tori_555 作中のスーパーX3を見返すと体内原子力暴走状態でパワーアップしたゴジラの熱線二発に問題なく耐え、冷凍弾、カドミウム弾、冷凍レーザーの連続攻撃でほぼ一方的にゴジラを6時間だけとはいえ凍結させて止めた上に核爆発直前状態も解消した(その後はメルトダウンの方が問題になる)。シリーズでもまれにみるゴジラに対する完勝。
3
とり @tori_555 2016年8月10日
JORA_JORAEMON ut_ken 暴走する原子炉状態で核爆発の危険性があるゴジラ止める為に1984年の東京襲撃時に初代スーパーXが使用したカドミウム弾が重要な場面で使われる展開も熱いですね。VSデストロイアの際は国連主導のGフォースはバーニングゴジラに何の対処もできず手をこまねいて見ているしかなく、最後に活躍するのが陸自のスーパーXの最新機というのも泣かせます。確かにバーニングゴジラの陰に隠れて目立たない存在ですがVSシリーズに引導を渡す役割を担った重要なメカですね。
3
HANATARAY@天雷无妄 @hanataray 2016年8月10日
怪獣ってより宇宙人退治に活躍してますな、超兵器。
2
やし○ @kkr8612 2016年8月10日
初代と機龍に挟まれてイマイチ陰の薄いVSメカゴジラ好き。微妙な不遇さと支援戦闘機と合体してスーパー化って完全にガンダムMk-Ⅱだけど。
7
あきらめた @6123Gomibako 2016年8月10日
ミレゴジの装甲貫通弾好き
0
亜山 雪 @ayamasets 2016年8月10日
シン・ゴジラのキリンさんと国電パンチが俺の今最大のヒーロー。
3
クリスマス・ピポ @christmaspipoSG 2016年8月10日
ゴジラ84でソ連が誤射した衛星軌道爆弾(FOBS)は宇宙条約で『配備していない事になっている』し、それを迎撃したABM(対弾道弾迎撃ミサイル)も制限条約で米本土にしか配備できない。そもそも当時のABMは核弾頭装備だから沖縄配備って・・・そもそもあの発射シーンはどう見てもミニットマン・ICBM(大陸間弾道弾)ABMが地下サイロに収納されている訳が無い。
1
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2016年8月11日
おいら的には、『モスラ』の原子熱線砲は、非実在でありながらも、軍用っぽいオリーブドラブの塗装や、タイヤ周りのウェザリング(はねた泥)などの、「実在感」を滲ませる細かい演出が大好きなのですな。 要は「見せ方」次第で、リアルだ被リアルだなんてこまけぇ話は吹っ飛ぶんですよ。画に「納得力」さえあれば。
9
西野 司@お仕事受付中 @tsukasanishino 2016年8月11日
でもSF怪獣映画でよかったと思う、現実の戦争でこんなポンポン開発しても「戦争の早期終結させたいから」が詭弁であることの裏付けにしかならないから。
5
nekosencho @Neko_Sencho 2016年8月11日
ま、「怪獣が見たい」ってところで自衛隊や超兵器を活躍させてもあんまり受けないだろうし、作戦がないその他というよりも当時の需要がそうだったのだろうってことじゃないの。ゴジラがシェーとかもさ
1
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2016年8月11日
昭和ゴジラは人間の味方だから別段超兵器に頼る必要がなかっただけな気がするw84〜平成はゴジラを悪役に限定してしまったからそれに対するヒーローが必要になってそれがメカムーミン群であるわけでこちらは必然ではあるよなww
4
ええな@手を洗うネコ🐽 @WATERMAN1996 2016年8月11日
スーパーXシリーズの印象が強すぎるような気がする。もしこれが「ガンシップAC-130 核戦争対応仕様」だったら、ゴジラシリーズ=超兵器という印象はなくなったかも知れない。
1
キカイザー @kikaiser 2016年8月11日
現実にあるものを活用してゴジラに上手く対処したヤシオリ作戦はもっと評価されるべき
5
ええな@手を洗うネコ🐽 @WATERMAN1996 2016年8月11日
旧シリーズだと、やはりメーサー殺獣光線の印象が強いのかもしれない。
3
× (゚∀゚ ))))∈ @cv45ValleyForge 2016年8月11日
左巻きが煩いから軍事色の強い「兵器」でなくヒーロー色の強い「スーパーメカ」が望まれた気がする。
2
花おみそ @hanaomiso 2016年8月11日
「ゴジラ対キングギドラ」のポスターどセンターに描かれてる沈黙の艦隊を意識したであろう日本製原子力潜水艦(民間企業所有)。劇中では船体模型すら登場せず、漫喫の個室みたいなソナー室でソナー員一人の雑な小芝居で即撃沈という衝撃。
2
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2016年8月12日
そもそも、"メーサー殺獣光線車"に用いられる"MASER"はLASERと略同原理(又同様のアクロニム)で、増幅対象が電磁波なら何でも良い訳で、X線だろうとγ線だろうと構わないんですよね。車輌自体は非実在ですけどその原理と技術は実在してました。
3
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2016年8月12日
Microwave Amplification by Stimulated Emission of Radiation(誘導放射極超短波増幅)がメーサーの正式名称。MicrowaveをLightにすればほら、LASERになる。これを教えてくれたのが実は『パタリロ!』だったりする。
5
アオイ模型店 @aoi_mokei 2016年8月13日
誤解するほど魅力的かつ印象的な兵器たち
1
ut_ken @ut_ken 2016年8月13日
hanaomiso 船体の模型登場してますが。こちらの動画の9分40秒目 http://www.nicovideo.jp/watch/sm28920526 元々はポスターでも描かれてたように、ゴジラザウルスに核ミサイルを発射してゴジラにするという話が想定されてて絵コンテも書かれたのが、田中プロデューサーから止められて完成版のような形に
0
Tetsuya@Voiture électrique @thor_tetsuya 2016年8月14日
別映画の轟天やマーカライトファープのインパクトがありすぎて、やっぱ超兵器のイメージが強いのかも。
3
フローライト @FluoRiteTW 2016年8月14日
まあ轟天とゴードン大佐がいれば3形態までのゴジラなら確殺できるでしょうからね・・・
3