編集部イチオシ

『シン・ゴジラ』製作費について錯綜する情報

まとめました。
26

15億円説が最も広く流通しているようだが…

証言①:竹野内豊「ハリウッド版の十数分の一以下」

リンク 映画.com シン・ゴジラ インタビュー: 長谷川博己&竹野内豊が目撃した庵野秀明の“覚悟” - 映画.com シン・ゴジラの必見、インタビュー。今注目の俳優・監督とのインタビューを通じて映画「シン・ゴジラ」の注目ポイントを紹介

>「ハリウッド版の総製作費の十数分の一以下で仕上げているんですが、製作費をいくらかけたとか、そういう話じゃないと感じたんです」

 ハリウッド版ゴジラは1998年版(製作費1.3億ドル)と2014年版(製作費1.6億ドル)がある。「世の中にゴジラという巨大不明生物が知られていない設定」があるというので、強いて言えば後者の事か(前者ではゴジラは伝説上の存在として知られている)。当時のレートから換算して14年版ハリウッドゴジラは160億円ちょっと。とすれば今回は10~14億円くらい?大雑把すぎて何とも言えない。

証言②:樋口真嗣「東宝始まって以来の予算」

ウナム日月 @unamuhiduki

シン・ゴジラ 「東宝始まって以来の予算をかけてしまった」 とあるので製作費15億円じゃないね。過去の東宝作品の最高額っていくらだ? ゴジラファイナルウォーズの製作費20億円は「盛ってる」そうなので、今回は20億円を本当にかけたかな? pic.twitter.com/CZHsQ19w8f

2016-08-03 17:22:08
拡大
モリキともりまさ @moriki03

シンゴジラは東宝最大の制作費と言われてるから、少なくとも20億円以上あると思いますよ。樋口真嗣監督の日本沈没が制作費20億円なので。

2016-08-11 15:36:06

↓しかしこんな可能性も。

ウナム日月 @unamuhiduki

シン・ゴジラは 「製作委員会方式じゃなく、全部東宝からの持ち出しで製作費15億円」という話が出てきました。 それなら「東宝始まって以来の予算」とも矛盾しないか。 (スポンサー増えると口出しも増えるからね) twitter.com/unamuhiduki/st…

2016-08-04 02:29:16

証言③:岡田斗司夫「13億円」

リンク 岡田斗司夫の毎日ブロマガ :ブロマガ - ニコニコチャンネル 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「ネタバレなし!『シン・ゴジラ』を必ず見なければいけない五つの理由・五つ目」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━岡田斗司夫のニコ生では言えない話 岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2016/08/08───────────────────────────────────おはよう! 岡田斗司夫です。今回もネタバレなしで、『シン・ゴジラ』を必ず見なければいけない理由を説明します。7月31日のニコ生ではネタバレなしで、『シン・ゴジラ』を必ず見なければいけない理由を、説明しました。動画はこちら→http://goo.gl/XoUuXQ会員限定では、ネタバレありで

>「今回の庵野くんのシン・ゴジラは、予算が13億円ですから、かなりお金をかけています。」

どこから得た情報か不明だが、「ソースは岡田斗司夫」というだけで十分無視できないから困る。

証言④:早瀬マサト「15億もかけてない」

早瀬マサト @hayasemasato

「シン・ゴジラ」制作費15億ってのはデマで、そんなにかけてないって。あと、御用学者が某監督たちに似ているのはたまたまなので、そこには何の意図もないと…!

2016-08-18 12:13:13

発声可能上映に招待された後のツイートなので、関係者からの話か。

公式には非公開なので真相は不明

「東宝全額持ち出しで13億」なら全ての証言と矛盾が無いかな?

▽追記▽

札幌発声上映会で予算についての話があったようです。

R・大石 @r_ohishi

そうだ、島本先生に、これは是非書いといてと言われてたから。 シン・ゴジラの制作費、報道では15億となってますが、実際は10~15億(か12億)の間だそうです。 繰り返します、10~15億だそうです。食事会で庵野総監督が怒ってたと言ってましたw #札幌発声上映

2016-09-16 10:32:19
🅾🅺🅰🆉 @okaz6809

シンゴジの予算が15億行ってない(10〜15億の間)って話、それより庵野カントクが「その値段を流布したのが岡田斗司夫で迷惑してるから島本くんネットであの人に言って!」って言われて、島本センセも「なんでオレが!」って話になってることの方が面白いよなー #札幌発声上映

2016-09-16 14:38:12
るる家千晶 @chiakikor

上映前、S先生経由でネットとかで拡散して欲しいと言われていたとの話ですが、シンゴジラの制作費は某フォーマーズの制作費15億円と何かで書かれていたことに某監督が憤慨しており、実際は10~15億円だと言う事。(伏せるところは伏せてみました) #発声可能上映 #札幌発声上映

2016-09-16 01:50:49

コメント

旧屋草一 @togetter_yo_aco 2016年8月18日
無粋だが我々外野が気にする問題ではない。少なければ「やるやん!」と喜び、多ければ「流石やん!」と喜ぶだけだと思う
6
アライグマせんせーさん@一日1フリート @hoozuki_44 2016年8月19日
少なければ「次はもっともっと盛れ」というくらいはしたいものだが
3
たぬさく@自重の珍獣 @tanust 2016年8月19日
「企画」とは、常に「試行錯誤」が付きまとう物ばう。「いくらかかったか」は「結果」にしか過ぎないばう。
0
Kawano Yuichiro @Y_Michiari 2016年8月20日
確かに、作品としてシンゴジラは素晴らしかったですが、音響とか3Dが無いとか、ギャレス版に比べると、やはり削っている所は削っているなと…。
0
89siki @89sikin 2016年8月20日
金額なんぞより、金を出させて要らない口出しを退けたプロデュースの話の方が公開されないだろか
0
nekosencho @Neko_Sencho 2016年8月20日
ま、「次は何割か予算減らして」なんてことにならないことを祈っておくよ
2
叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 2016年8月20日
ある意味非公開にさせることで、叩かれる要素を減らしたのかな?
0
荒馬大介⋈怪獣中年 @aramadaisuke 2016年8月20日
逆に「ああいう映画はいくらあれば撮れるか」てな話になってもいいが、セットとロケ、実写とCG&特撮の区別が付かない限り推測するのも難しいか。あと気になるのは一般的に言われる「製作費」にギャラは入ってるのか否か。「映画そのものの製作費=東宝が負担」「出演者のギャラ=共同制作のシネバザール負担」てことはないのかな。うーん、分からん。
0
にんにん@人生再設計 @janedoesanin 2016年8月20日
岡田は例の件以降まったく信用できないなぁ・・・
6
ぉざせぃ @hijirhy 2016年8月20日
ちょっと前のハリウッド映画では製作費何億ドルという謳い文句をよく目にしたものだが、最近めっきり聞かなくなったのはやっぱりCG全盛になったからか?
0
三務(これは巻き込みリプではない。マルチリプだ。) @natuyoroi 2016年8月20日
13億以上20億円以下ってところか。大雑把だけど10億割こむってのは考え難いし、こんなもんか。
1
ツタカズラ @zassyu2_ero 2016年8月20日
「大規模予算を持ってくる技術、交渉術」「大規模予算を運用する運用システム」「予算を回収する興行システム」が重要なので がんばって100億ぐらいの予算が普通になる日本映画界になってほしい
3
nekotama @nukotama001 2016年8月21日
15億って一番説得力があるんだよな、vsが広告費込みで10億だったはず。ファイナルウォーズの20億も多分広告費込みだろ。ただファイナルウォーズから十数年経過してるからな。ちなみに黄金期の作品はvs時期の田中会長の発言で感覚的に倍ぐらい相当する予算がかかってたらしいよ。
0
亜山 雪 @ayamasets 2016年8月21日
え?あの世界最強爆撃機だけで2000億円以上じゃないの?
1
うさ学 @ottwo 2016年9月17日
札幌発声上映でのトークを追記しました。
0
177 @actor177 2016年9月17日
新たな情報によると制作費は、『10~15億』ってこと? じゃあ、証言③(岡田斗司夫)と証言④(早瀬マサト)で本当に大体合ってたんだ…。 『東宝始まって以来の予算』なんて言うから、その倍位かかってんのかと思ってた。 すばらしい…。
0
うさ学 @ottwo 2016年9月18日
「岡田斗司夫が15億説を流した」というのは③と矛盾してるので新証言も結局どういう意味なのか謎は残る…。
0
うさ学 @ottwo 2016年9月18日
ちなみに「4億」という説を主張してる人もいるようですがあまりにも眉唾なのでまとめからは省きます https://twitter.com/arburtla/status/720620290678501376
1
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2016年9月18日
ottwo その人のツイート混ぜると荒れるから止めた方がいいですね。
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年9月19日
ウディ・アレンはずっと150万~200万ドルぐらいの予算で映画作ってて、倍の興行収入あればいいかな、みたいだったんですが、「マッチポイント」がうっかりヒットしちゃってすっかり巨匠扱いになりました。
0