2016年8月27日

CGをフィルムに撮影するフィルムプリンターがかつて存在した話

映画上映がアナログフィルムメインだった時代、CGを映画にするためのフィルムプリンターが発達していたという話。
5
後藤寿庵 @juangotoh

ふと思い出したんだが、コンピューターが生成したデジタル画像をフィルムに転写するフィルムプリンターって今でも使われてるのかな?

2016-08-27 19:11:56
後藤寿庵 @juangotoh

その昔、雑誌や書籍の編集がデジタル化されてなくて、印刷原盤がポジフィルムだったりした時代、普通にモニター画面を一眼レフで撮影したりしてたりってのがあって、編集部でモニターに黒布かぶせてカメラで撮影とかしてたわけだけど、

2016-08-27 19:14:02
後藤寿庵 @juangotoh

筐体の中に小型のモニターとそれに向かい合うフィルムカメラを入れたようなフィルムプリンターが開発されて、より精密に撮影できるようになったり。

2016-08-27 19:14:55
後藤寿庵 @juangotoh

あと映画にCG使う際にも、一コマ一コマフィルムに転写したりする必要があったわけで。映画が撮影から上映までデジタル化されたの案外最近だし。

2016-08-27 19:16:05
後藤寿庵 @juangotoh

映画に使うような高精度なCGってレイトレーシングだったりして、時代によっては一コマ作成するのに数時間とかざらにかかってたりして、リアルタイムに撮影なんてできなかった。

2016-08-27 19:17:39
後藤寿庵 @juangotoh

FF7とかの頃のプリレンダムービーとか、多分SGIあたりのグラフィックコンピューター使って一コマ何十分とかかけて、それをモーションJPEGに変換してたんだと思うけど。まあ、あれは出力までデジタルだからフィルムプリンターとは関係ない

2016-08-27 19:19:58
後藤寿庵 @juangotoh

今当たり前のようにデジタル撮影、デジタル編集、デジタル上映がなされてるけど、本気で大画面上映に耐える高解像度上映設備が普及したのって案外最近でさ。それ以前、CGってがめきめき発達したけど最終出力は70mmとか35mmの映画フィルムって時代fが長かったんだよね。

2016-08-27 19:22:28
後藤寿庵 @juangotoh

だからCGを極力劣化なしにフィルムに写せる機械が一時期かなり発達したのよ。

2016-08-27 19:23:42
後藤寿庵 @juangotoh

CRTに向かい合ったカメラを箱で囲ったものってのが普通ではあったけど、もっと精度を高めたものに、レーザーフィルムプリンタってのがあった。CGの1ピクセル単位でレーザー光線を制御してフィルムを露光するの。

2016-08-27 19:25:54
後藤寿庵 @juangotoh

レーザーは単色光なので、カラーフィルムに普通に焼き付けることはできなかったから、これカラーの場合はRGBに分解して三回露光する仕組みだったみたい。

2016-08-27 19:27:00
後藤寿庵 @juangotoh

youtube.com/watch?v=A3o0eM… Mandara 1983 これさ、1980年代前半の大学研究室レベルのすげえCGだったの。多分一コマ一コマ作成して、コマ撮りできるビデオカメラ使って、最終的にはアナログビデオ編集でやったと思う。

2016-08-27 19:37:36
拡大
後藤寿庵 @juangotoh

Mandara 1983はあきらかに当時のNTSCビデオ画面。とても映画館での上映に耐える解像度を持ってない。この作品当時雑誌なんかにも取り上げられてたけど、上映はブラウン管モニターのビデオ上映だったろうね。

2016-08-27 19:39:29
後藤寿庵 @juangotoh

メジャー映画ではじめてフルデジタル撮影したのがスター・ウォーズ・クローンの攻撃。それ以前は一部VFXがCGで、最終的にはアナログフィルムに焼き付けるものだった。CGの多用で有名になったターミネーター2も、ジュラシックパークも大部分はフィルム撮影で、最終的にフィルム上映

2016-08-27 19:46:35
後藤寿庵 @juangotoh

だからCGを高クオリティでフィルムに焼き付けるフィルムプリンターが活躍したわけ。

2016-08-27 19:47:37
後藤寿庵 @juangotoh

初期の頃は、合成素材の一部をCGで作成し、それをフィルムプリンターで焼いたものを使ってただろう。後期になると撮影合成編集までコンピューターで行い、最終的に上映フィルムをフィルプリンターで作成したろう。そして今は上映まですべてデジタルになってる。

2016-08-27 19:49:55
後藤寿庵 @juangotoh

おそらく今ではほとんど用無しになったであろうデジタル→フィルムプリンターが、一時期ピクセル単位でレーザー光線で焼き付けるという非常にマニアックな進化をしていたという事実は、記憶に残るべきだと思うのだ。

2016-08-27 19:53:38

コメント

セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2016年8月28日
コマ間どうしてたんだろ?CGをそのまんま24fpsで焼くとカクカクになるよね?昔だとレンダリングでブラーなんてかけられないだろうし。
0
むっしゅ @k1nech1n 2016年8月28日
そういやむか~しファンロードのイベント(Gebocon)用オープニングアニメの冒頭に(劇中にも少し)CGが使われてて、当時のパソコンの性能じゃ、絵を一枚表示するにも結構な時間がかかったんで、撮影が大変だったってレポートに書かれてた。あんまり大変だったから、インターバルタイマーとか使って自動で撮影できるようにしたとか書いてたような記憶がある。
0
いくた♥️なお featuring Tricity155 @ikutana 2016年9月3日
1980年代に、高校の先輩がPC-8801で一枚出力しては一枚撮影してという感じでCG動画作ってたけど、当時なので35mmとか使えるはずもなく、8mmだったなぁ
0
いくた♥️なお featuring Tricity155 @ikutana 2016年9月3日
フルHDのデジタルプロジェクタが出たのはたぶん21 世紀入るかどうかだし、当時のエンコーダーやCPU能力でフルHD動画を扱うのは厳しかったはず。
0