「創作平安王朝料理」をいただきました♪(2016年9月下旬)

京都市左京区にある京料理 六盛さんにて「創作平安王朝料理」をいただくオフ会を行いました。 どのお料理も美味しくいただきました。(*^-^*)
京料理 平安時代 京都 食文化史
kakitutei 4123view 2コメント
11
ログインして広告を非表示にする
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 16:34:29
    ■創作平安王朝料理とは? いただいた資料より。 ”創作平安王朝料理は、今日まで受け継がれてきた平安時代の料理資料に、京料理の源を探りながら、現代の味覚にかなうように創意工夫を加え、創作再現したものです。” 完全な平安時代の料理の「再現」ではありません。お含みおきくださいね。
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 16:39:05
    一進から十進までのお料理が登場します。(*^ー^)ノ 今回ご一緒にいただいた12名分の台盤(たいばん)が並んだ様子は壮観でした。✨ 茵(しとね)に座って銀の箸と銀の匙を使っていただきます。 pic.twitter.com/fsp9g8faYY
     拡大
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 16:41:38
    お部屋からは庭を見ることができて、室内には几帳(きちょう)檜扇(ひおうぎ)も飾られていたのでした。 pic.twitter.com/KttSsp0hSD
     拡大
     拡大
     拡大
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 16:50:10
    一進 「祝菜(ほがいな)」 いわゆる前菜です。”お客様の健康と長寿を願い祝菜と呼ばせていただきます”とのこと。 中央に円筒状に高く盛り付けられているご飯は御物(おもの)と呼ばれており、食べ残してもよいしきたりになっています。(完食してもOK!) pic.twitter.com/uUwi37R9Bo
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 16:52:58
    御物の周囲に並べられているのが「おまわり」で御物に合わせていただきます。 それぞれ、蘇(そ)・蒸鮑(むしあわび)・焼蛸(やきたこ)・脯鳥(ほしどり)・醢(ししびしお)・脯宍(ほじし)・楚割(すわやり)・脯魚(ほしいお)です。
  • <誤字訂正>
    ×脯魚(ほしいお)
    ○[月昔]魚(ほしいお)・・・月+昔

  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 16:55:41
    右側には、四種種(よぐさもの)と呼ばれる、酢・酒・塩・醤(ひしお)の四種の調味料が並んでいます。 これらの調味料を銀の匙ですくってかけて、各自のお好みでいただくのでありました。 では、蘇(そ)から順に見ていきましょう♪ pic.twitter.com/ogFs7IBQSR
     拡大
     拡大
  • <誤字訂正>
    ×四種種
    ○四種器(よぐさもの)

  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 16:59:11
    一進 「祝菜」のひとつ 蘇(そ):乳を煮つめた物 風味が変わりやすいので最初に召しあがってくださいとのことでした。 あっさりしていてチーズのような感覚です。 pic.twitter.com/8PUVRPti6M
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 17:02:12
    一進 「祝菜」のひとつ 醢(ししびしお):このわた 海鼠腸(このわた)のしたには長芋が♪ 醢(ししびしお)は魚介鳥類の肉を和した醤(ひしお)。後世の塩辛にあたるそうです。 pic.twitter.com/ocxfuELCOy
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 17:03:57
    一進 「祝菜」のひとつ 焼蛸(やきたこ):たこ 蛸は弥生時代から蛸壺によってとられていたのだとか。 平安時代の頃は、まだ焼いて食するのみだったもよう。 pic.twitter.com/0P5uYnLpZi
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 17:05:50
    一進 「祝菜」のひとつ 脯宍(ほじし):いのしし pic.twitter.com/6kCVtM8cnb
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 17:08:48
    一進 「祝菜」のひとつ [月昔]魚(ほしいお):きす 鱚(きす)の切り身です。下にある大根おろしと合いました。 [月昔]魚(ほしいお)は鰹節のように魚の肉を切って干したもの。 pic.twitter.com/ozZGpd5eBY
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 17:12:05
    一進 「祝菜」のひとつ 脯鳥(ほしどり):きじ 奈良時代から中世にかけては野鳥がよく食べられていたのだとか。 鶴が食べられていたともお聞きしました。 こちらは雉(きじ)です。 pic.twitter.com/uI49TmByzp
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 17:13:40
    一進 「祝菜」のひとつ 蒸鮑(むしあわび):あわび 貝類で特に貴重視されたのが鮑。薄く切って盛り付けられています。 pic.twitter.com/NjT5SoDCdY
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 17:15:20
    一進 「祝菜」のひとつ 楚割(すわやり):かつを 割り干し。鮭、鯛、鮫が用いられていたのだとか。 こちらは鰹です。 pic.twitter.com/FsTaHZfD01
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 17:16:23
    お酒がすすみます~。(*´Д`) (写真には天井の格子柄がうつっています) pic.twitter.com/cIsma8VmSf
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 22:59:55
    二進 「羹(あつもの)」 饗宴の膳であっても料理は冷めたものでしたが唯一熱いものが汁物だったのだとか。 こちらは鱧と松茸の羹(あつもの)。平安時代にはまだ鱧は切って食べられていなかったはず!? ※いただける羹は季節によって内容が変わると思います。 pic.twitter.com/PuQAUQJ2N7
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 23:02:36
    三進 「割鮮(かっせん)」 刺身のこと。平安時代の都では生の魚の身を食するのが最上のご馳走だったのだとか。刺身も高く盛り付けられています。 私は四種物の醤(ひしお)をかけたり塩をかけたりしていただきました。 pic.twitter.com/DhOCxHb6zc
     拡大
     拡大
  • <誤字訂正>
    ×四種物
    ○四種器(よぐさもの)

  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 23:09:04
    四進 「炙(あぶりもの)」 平安時代は素焼きにするのが大半だったのだとか。 こちらは鯛です。焼いた石の上に朴葉をのせて鯛の切り身が並べられていました。 pic.twitter.com/DD9qbwqnFO
     拡大
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 23:20:59
    五進 「調菜(ちょうさい)」 魚介に野菜、乾物の煮物や和え物が加えられるのは室町時代以降のことだとか。 pic.twitter.com/qZba2ovszP
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 23:22:56
    六進 「挙物(あげもの)」 平安時代に油で揚げたのは唐菓子と呼ばれる揚げ菓子だけでした。(唐菓子は十進で登場します) 揚げものが登場するのは室町時代からだそうです。 pic.twitter.com/KjZ5iCBWP7
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 23:25:40
    七進 「窪坏物(くぼつきもの)」 生ものは細かく切って酢で洗う程度で調理されることもあったのだとか。 私は四種器(よぐさもの)の酢をかけていただきました。 pic.twitter.com/ppvlPc7Mxo
     拡大
  • なぎ @kakitutei 2016-10-03 23:28:18
    八進 「姫飯(ひめいい)」 湯漬けです。赤米は品種改良されていないので当時の味わいのままいただけます。 こちらは、わさびが添えられていてとても美味しかったです。何杯でも食べられそうw pic.twitter.com/7PV3J1NzSc
     拡大

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ネタ」に関連するカテゴリー