発表者が望む望まないにかかわらず、画期的なアイデアは誰が最初に出したか記録しておく必要がある。

そして検証される。
2

有病期間200年仮説 2013年11月6日

力工デ@中の人(色々と環境問題勉強中 @55_kaede_55

ちなみに、さっき山本太郎の質疑を聞いていたうちの息子小5が鋭いところをついてきた。 1/10万が毎年で20年間だと20/10万で全部で1/5千で見つかったのが1/4千ゴニョゴニョって変わらないよね。そんなのでとばっちりで注射されたりしたくない。 うむ、お前頭いいな(^^;;

2013-11-05 22:51:35
早川由紀夫 @HayakawaYukio

「1/100万が毎年で200年間だと200/100万」と計算するのがよいと思います。RT @55_kaede_55: 1/10万が毎年で20年間だと20/10万で全部で1/5千で見つかったのが1/4千ゴニョゴニョって変わらないよね。そんなのでとばっちりで注射されたりしたくない。

2013-11-06 07:48:55
早川由紀夫 @HayakawaYukio

この200年を、津田さんは2年とか4年とかで計算して多発だと主張しているようです。100分の1の時間を用いれば、発生率が100倍になるのはあたりまえです。200年が適当か、2年あるいは4年が適当か、根拠を突き比べて評価する必要があります。

2013-11-06 07:52:00
二十人のろの夢 @drsteppenwolf

平均有病期間を200年で計算すると、多発ではなくなる。このあたりから、一生無害に経過する「放っておいてもよい」がどれくらいあるのかを計算できるかもしれない。

2013-11-07 06:44:29

発生と消滅繰り返し仮説 2015年6月7日

東京GIGO @ekb90377

これでも『過剰診断/過剰治療』論を主張し続けるには、子供の甲状腺で、手術が必要と見えて実は手術の必要のないガンが、短いサイクル(2年以内)で、発生と自然消滅を繰り返しているという、無理な仮説が必要となる。これは最早、仮説というより妄想の類であり、主張する物好きもいないであろう。

2015-06-07 17:03:08

超音波検査ががんをつくった説 2016年3月12日

二十人のろの夢 @drsteppenwolf

(ここで一発かましておこう→超音波が甲状腺癌を誘発する可能性は、ゼロではない…w)

2016-03-12 17:42:41
早川由紀夫 @HayakawaYukio

ああ、なるほど。だから、2巡目でがんがあれほどみつかるのか。 twitter.com/drsteppenwolf/…

2016-03-12 17:47:23
にゃつこ先生 @nya2co_

わだすの持ってる超音波美顔器にゃプローブは甲状腺に当ててくれるなって注意書きあるで。

2016-03-12 17:48:28

コメント

早川由紀夫 @HayakawaYukio 2016年10月4日
科学において、提出された仮説はすべて検証してその正否を判定する必要がある。しかしそれには時間がかかるから、現在進行中の問題はその判定が出るのを待ってはいられない。リスク管理の政治は、ときに科学を超えてなされる必要がある。
0