月の友ツイノベ【十三夜】2016

古くから9月の十五夜と10月の十三夜の月を同じメンバー(月の友)でお月見できると縁起が良いそうです。 それにちなんでツイノベ企画。期間は10月13日(十三夜)の日没から明方。 お題は「月影」「祈り」(月影だけでもOK)。 タグは #tw月の友13 です。 ※十五夜との連続企画。
十三夜 ついのべ ツイノベ twnovel tw月の友13
0
綺想編纂館(朧) @Fictionarys
月が人を癒すから、月夜に出歩く人が随分と増えた。今宵はその昔、十三夜と呼ばれた月の夜。月光を求める人波を避けるように家に入れば、淡い月影が室内にまで忍び込む。どこかにこの月から逃げたい友はいないのだろうか。静かな祈りを込めて月を見上げる。 #tw月の友13 #twnovel
陽野あたる@BOOTH Festival 参加 @hinoataru07
あれは誰かが齧ったのと空の月を見上げて問う君に美味しそうだものねと返しておく。きっと覚えていないだろう、君の母親はあそこにいるよ。きっと今日もこの世界が闇に堕ちてしまわぬようにと祈りを捧げているだろう。その影に見えぬ姿を探すのは僕の未練だ。願わくばどうか君も、 #tw月の友13
いぐあな・移民船SF @sou_igu
台風が過ぎ、冷え込むようになった。こんな月見もありかね。栗を乗せた三宝を縁側に置いて、お婆は月影に光る障子を眺めながら、お茶を啜る #tw月の友13 かこんころん。縁側で音がする。障子に人のモノではない手が映る度にいつの間に山と積まれた栗が転がる。団子の礼かね。お婆はふふと笑った
麗慈(たぬき) @vis1213
驚く少女の前で、彼はローブの奥で低く笑った。「君の祈りは届いた。彼の元に連れて逝こう」ローブの声と共に、月影を描く白銀の鎌が少女の祈りを叶えようと振り上げられた。「もう一度彼に会いたい」その欲望を。「気を付けろ、神は手段を選ばない」死神が嗤う。 #twnovel #tw月の友13
姜間水結 @miyu_kyouma
真夜中すぎ、遠くで敵軍の弾頭が落下すると、空は真昼のように明るくなった。足元まで届いた爆風が川辺に咲いた花をかすかに揺らしている。いずれ近いうちに僕の命も、あの炎の中に消えていくのだろう。せめてひっそりと、月の影に寄り添う花のように、眠りたいとただ祈るのみ...。#tw月の友13
姜間水結 @miyu_kyouma
争いを好まなかった君が、戦火で命を落としたという噂を、僕はただ冷静に受け止めた。優しくて穏やかな君が、軍服姿で凛々しく旅立った日のことを今でも思い出すけれど...。肉塊の一片すら残さず逝ったその魂は、今も月影に紛れるようにして誰かを待っているのかも知れないと思う。#tw月の友13
リュカ @ryuka511
御簾越しに見える月影は揺らぐ事無く、貴方は今宵もいらっしゃらないのだと悟ります。きまぐれな方。貴き方。しがない私の恋慕など、貴方の心を照らしはしないのでしょう。それでも、月に祈り願うのです。一目だけでも、あの方にまみえとうございます。 #tw月の友13 #twnovel
雷華@兎屋本舗 @raikausagiya
わずかな月影、完璧でない円。完璧を愛する彼がそうでない月に興味を示すようになったのが、自分とのお月見だと思ったらこそばゆい気持ちになった。来年も再来年も、さらにその先も、こうして君と一緒に見れたらと月に祈った。 #tw月の友13 二つ見て形となる月の宴をいつまでも君と…
雷華@兎屋本舗 @raikausagiya
月が影を落とす。15の月を共に見た君はもういない。今夜は一人空を眺める。死地に近い地にいる君も同じように月を眺めているのだろうか? 眺めていて欲しいと月に祈る。 #tw月の友13 硝煙と血の香りが充満する地で空を見る。僅かに欠けた月に置いてきた者を思い出し、時の早さを思った。
綺想編纂館(朧) @Fictionarys
十三夜の名月に #tw月の友13 にご参加頂いた皆様、素敵な名月ツイノベありがとうございました!月の光に照らされた物語は後ほどまとめさせて頂きます。また、願わくばいつか同じ月を。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする