176
緒方てい コミトレ ウ01b @ogatatei
本日の落書き はじめてのマンガ原稿持ち込みで緊張しちゃっている子ちゃん pic.twitter.com/fFN5kw5W9K
拡大
緒方てい コミトレ ウ01b @ogatatei
この絵描いて思い出したけど、よくいるのが持ち込みに行って酷評されて凹んで帰ってくる人。 編集者は絶対神ではない。ダメだと言った新人が大成したりその逆もある。私も某社で酷評された原稿をダメ元で当時のスーパージャンプに持ち込んだらその原稿が受賞&デビューを果たした。そんなもんすよ。 twitter.com/ogatatei/statu…
緒方てい 次はコミ1 @ogatatei

漫画家です。サークル名は「緒方亭」直近ではジャンプ+で「ラフダイヤモンド」を連載。新作鋭意準備中。キメラ 人造人間カティサークなど。お仕事のご依頼はogatateitei@gmail.comまで。 イラストの転載や転用は禁止です。ファンティア始めました https://t.co/8Js9KSJm66

水無月彩🍃🌲🍠💥🐟🥕🍸😹 @ripple6366
作品を作ってるからその分思い入れがあったり、世間を知らなかったりとかもあるだろうけど、就活と基本的には変わらないと思うのところ 圧迫面接されてるだけなこともあるわけで 3桁社受けたりするんだからそのくらいやるつもりであたっていくしかー twitter.com/ogatatei/statu…
skn_tanichan(社労士受験生) @skn_tanichan
@ogatatei @kakitama やっぱり何社も持ち込んでカラーに合うところに使ってもらえるのがいいですね。
るいそら @rui_sora
同じ原稿でも「○ページいいですね!こういうの欲しいです!」「○ページダメですね。これに1ページ使うなんて」と両極端なこと言われたことあるので気持ちがわかりますRT
水田ケンジ@『デスボール』1巻発売中! @suidengetsu
編集者の立場でみると、分かりやすく即戦力なら他誌になんてやらないけど持ち込み原稿の殆どは画力が即戦力レベルに遠くネームも荒だらけでガバガバという中から宝探しをする感じだろうから、難しさあるだろうなと(^_^;
編集者さんからも
荻野謙太郎(フリーランス漫画編集者) @gouranga_
私が担当作家や持ち込みの人に最初に言う事 「今から話す事は一編集者の主観であって絶対ではありません。多少は役立つ事も教えられますが、編集者は所詮は凡人です。凡人に言われるがままに描いた物が大ヒットすることはありえません。言われた事を取捨選択し、疑い、自分の頭で考えて描いて下さい」
荻野謙太郎(フリーランス漫画編集者) @gouranga_
編集者の言いなりに描いたものがヒットするなら出版不況になんてなってないし。もしそんな才能がある編集者がいたら早々に退職して作家か脚本家になってるはずです。編集者は自身に創作の才能が無いから編集者をやっているのです。
荻野謙太郎(フリーランス漫画編集者) @gouranga_
一人の編集者に酷評されたからといって凹む必要はありません。その編集者の目は節穴かもしれませんし、たまたま相性が悪いタイプだったのかもしれないし、プライベートで機嫌が悪かった可能性すらあります。3人の編集者と話して、3人とも同じことを注意してきたら、そこは反省するくらいでいいのでは
荻野謙太郎(フリーランス漫画編集者) @gouranga_
まじめなことを書いてしまった。おっぱい!
荻野謙太郎(フリーランス漫画編集者) @gouranga_

担当作:姉なるもの(飯田ぽち。/魔法使いの印刷所(もちんち×深山靖宙/戦争は女の顔をしていない(小梅けいと/とある科学の超電磁砲(冬川基/アストラル・バディ(乃木康仁/ソードアート・オンライン プログレッシブ(比村奇石→三吉汐美/俺を好きなのはお前だけかよ(伊島ユウ/ホーキーベカコン(笹倉綾人)

https://t.co/PecovMv7aq
かわみなみ @kawami_nami
>RT セカンドオピニオンを求めるような意識かな。
シュウ @syu_go_nino
出版社では蹴落とされたのに、別の出版社の目について、発売まで行った作品なんてたくさんあるしなぁ。
ふくだもとこ@オフィシャル @motoofficial
RT 営業用の企画も持って行く先で全然反応違うので「欲しい人」が誰かなんですよね。なのでやりたい企画が実現するのに数社を経てから…とかもある。
ろ紙 @Ro_si3
近いようで違う部分も多いけど、自分が高校生のとき受験を考えていた美大ふたつ(うちひとつが今の大学)にデッサンを持ち込みしたときに似たようなことを思ったな
国広 仙戯@書籍化&コミカライズ! @sengisengi
自分の担当さんは本当にいい人なので、自分はとても運が良いなとずっと思ってます
Ryo @ryosight
丁寧な方だ!芽を潰さないようにしている。 twitter.com/gouranga_/stat…
さだこーじ ツイッターデトックス中 @SadaKoji
こういう人にはなかなか出会えないよなあ>RT
米屋 瓦斯 @komeyan1
編集者がどんな仕事かはハッキリ知らないけど、謙虚で立派な人だなあ。最近、意外と客観性皆無の人に多く出会ったから余計に思う。
なまくら @namakura_
むしろ酷評してくる態度の編集者の頭の中身を疑う。指摘と提案レベルならまだわかる。
漫画業界の行方を見守る者。 @tuushinmanga
その雑誌で連載したい!というのが最終目的だと当たった担当編集が節穴だったら詰む可能性が高いですね。〉RT
CHOCO@8/25コミティア129 れ30b @choco_mugi
初めてお仕事する編集担当さんには 「編集のお仕事って何をすることですか?」って聞いたりしてます。 本当にそれぞれ主張が全然違うし、スタンスが判りやすいので若い作家さんは聞いてみるのどうでしょ。
羽根 🇫🇷 @hane_yuuka
そ、そんなおそろしい質問する勇気でない…すごい!!!
残りを読む(4)

コメント

三角頭 @JHBrennan 2016年11月5日
プロからのためになるご指摘ですね。 編集という仕事の中に推敲、レイアウト等といった多くの方向性の異なる分野が混じっているので、各編集部ごとに色というようなものもあるのでしょうか。
たくさん @RascalTaku 2016年11月5日
ある程度は鵜呑みにしても、ある程度は鵜呑みにしない。そのバランス感覚は必要。
g_cap @ulFCCF6BlZOASth 2016年11月5日
モンゴメリなんて「赤毛のアン」書いた時全部の出版社に断られてる。その後数年放置して、しばらくして読み返したらやっぱり面白いんでもう一回持ってったら普通に出版までこぎつけた。そんなもん。
m.i. @L_z_m_i 2016年11月5日
編集者さんが持ち込み投稿を酷評して追い返すにしても、少なくともその理由が「プライベートで機嫌が悪かったから」とかならそれこそ「編集のお仕事って何をすることですか?」って話になりそうですね
ちょっとずつ生きている人 @pokemonGOblue40 2016年11月5日
日曜日にアニメやってる某漫画の作者さんは持ち込みではなく投稿だったけど、実はなかなか認められなかったけどその投稿コーナー?担当している編集さんが変わったら一気にデビュー→スターダムにのし上がったのは有名な話だよね
文里 @wenly_m 2016年11月5日
進撃の巨人だってジャンプに持ち込んで駄目だったのに、今のようになったしな
陸鷹 @Rikutaka_ 2016年11月5日
L_z_m_i それこそ、その編集が「プライベートのトラブルが仕事に影響が出てしまう程度の凡人」ってだけでは?
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 2016年11月5日
スカウトという点で見ると?あのイチローだってドラゴンズのスカウトは見逃して、オリックスで大成し、そのドラゴンズのスカウターは、相当ドラゴンズの首脳陣に怒られ、肩身の狭い思いをした。たという裏話がある。(イチロー 世話人 から聞いた実話)
武三 @LIV4Cm6CozkiDR6 2016年11月5日
糞な編集がかなりの数いることなんてサンデーで分かりきってるんだし色んなとこに投稿するのがいいよ
葵真碧(mao aoi) @maochin39blue 2016年11月5日
まあ、一期一会というからね。
九銀@半bot @kuginnya 2016年11月5日
「酷評されてやめるようじゃ向いてない」とかいう根性論滅びろ
明(あける) @AKL_BKA_NS 2016年11月5日
酷評されても気にすること無いよ!って経験者が言ってくれてるのに、酷評されてへこたれてるようじゃ漫画家に向いてないとか言ってる人はなんなんですかね。
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2016年11月5日
酷評されてもそこがいいならその意見を汲み取って合わせていけばいいし、どうしてもその作品で出たいなら馬が合うところ探せばいい。最悪同人やネット投稿という手もあるわけだしな。
asagi @asagi2013 2016年11月5日
その雑誌に合うか合わないかもあるしね~
テステス @NoD0GaKaWaiTa 2016年11月5日
漫画バクマン。の世界でもこんな話あった気がする。
テステス @NoD0GaKaWaiTa 2016年11月5日
「進撃の巨人だって最初はジャンプに〜」って言おうとしたら既に言われてた。
薔薇乙女(ローズ・メイデン) @rose_rose_bara 2016年11月5日
酷評も熱があるってことだから一概に悪いとは言い切れ…言い切れるか。自分に合わない編集さんが熱意を持ってると邪魔くさい。ヤル気ない方がましかも。もちろん事務的作業はちゃんとこなしてくれた上でね。
Shun Fukuzawa @yukichi 2016年11月5日
まあいずれにしても「ちゃんと描いてから」持ち込まないとね(自戒)
Shun Fukuzawa @yukichi 2016年11月5日
zairo2016 イチローの例は特殊すぎるでしょう。 当時のイチローが投手をやっていたし、甲子園は初戦敗退。 高打率とはいえあくまで地方大会、体格も良くない。これでスカウトの目に止まる方がすごいよ。
他人 @Messiah_Justo 2016年11月5日
千里の馬は常に有れども伯楽は常には有らず
凪乃司 @tukasa_n 2016年11月5日
漫画って結局面白いか面白くないかの主観的感覚に理論をこじつけて一般化しようとしてる感じだからプライベートでなにか(大きければ家族の死など、小さければ満員電車で脚を踏まれたとか)そんなことで神経がささくれてたら面白いはずのものを面白いと思えないなんて当たり前でしょ プロなんだから切り分けろってのは正論だけど人間だから限界はあるでしょ
d2b @d2breathe 2016年11月5日
みんな知っている事だと思いますが、ビートルズだってレコード会社のオーディション落ちてるしね。 それも前後の状況みたいな事に左右されたらしいし。 応募するだけの勇気と自信があれば、あとはやり方次第ですよ
有希猫tale @ayano_fox 2016年11月5日
「これは一つの主観なので、参考にされてもいいですが鵜呑みにせず自分で判断してください」は聞きようによっては無責任だけど、そもそも責任を持ってなかったり、自分で判断出来ることがクリエイターの適性的な面はあるな。
ウェポン @weapon2011 2016年11月5日
AKL_BKA_NS 「酷評されても気にしなくていい」と言われてもなお「酷評されて止める」ようなのは、やっぱり向いてない気がする。
T @FUNDOSHIMASK 2016年11月5日
かのマシリトですら高橋留美子の持ち込みをスルーしたなんて話を聞いたことあるけど本当なのかしら。コナンの青山剛昌はマガジンで描きたかったらしいが当時の編集長との相性が悪かったとこないだ言ってたな。まあそんなもんよね。
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2016年11月5日
yukichi ちなみにあの年(1991年)のドラフト4位は他にBu中村紀(渋谷高)C金本(東北福祉大)T桧山(東洋大)H三井(足寄高。なお入団拒否で00年L2位指名)だな。なおW6位がばんてふ(三浦)。なおD4位の若林弘泰(日立製作所)は1軍で1年しか活躍できず引退という……。
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年11月5日
裏を返せば「ある程度図太くないと作家なんてやっていけないので自信なくさずに頑張ろう」ともなる訳で、まぁ真理だよな。
田町光る月夜茸そば🍄 @Saint_Kiramichi 2016年11月5日
若くて才能溢れるフォロワさんに読んで貰いたい。
田町光る月夜茸そば🍄 @Saint_Kiramichi 2016年11月5日
つか四半世紀くらい前の自分に教えてやりたい。そしたらもしかしたらこんな諦め切った鳥寄りにならずにすんだかもしれないのに
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年11月5日
「酷評されてやめる様な人間」、作家どころか生きる事自体に向いていないので、それを「作家に関する特記項目」の様に言っても意味がないだろうと思う。
マク(*´﹃`*)゙ヌス @oa26dl1NAcptdAF 2016年11月5日
この人自分の事(自分達?)を凡人とか創作の才能ないから編集やってるとかdisり過ぎじゃない? そんな凡人が持ち込みに来た人へ暴言吐いてるんだ〜
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2016年11月5日
常に編集者の判断が完璧なら売れない漫画が商業誌に載ることなんてありえないものな。
Shun Fukuzawa @yukichi 2016年11月5日
d2breathe これも出ると思ったけど、 http://gejirin.com/beatles/history/1962/19620101_audition_Decca.html http://diamond.jp/articles/-/14201?page=2 とかを見ればわかるように、デッカのオーディションを落ちたのは、ビートルズの得意なロックスタイルが時流を外れていて、バラード系で臨んだから。逆にEMIに受かったのは、ロックで臨んだから。ビートルズ側にも戦略ミスはあるんですよ。
🚮 @recyclebin5385 2016年11月5日
逆に考えるとこういう判断ミスのせいで文化を豊かにする芽が相当な割合で潰されてるんだろうな
kumonopanya @kumonopanya 2016年11月5日
キン肉マンとか初期の頃と今を見比べると別人のようだからな、話が面白くて依頼をこなしていけば、絵なんて後からうまくなる。
@Faded_Moss 2016年11月5日
ハリポタも出版前はほとんどの出版社に断られたとかそんなお話 諦めない事も肝心なのかな
uniuni @wander__wagen 2016年11月5日
「 そんな凡人が持ち込みに来た人へ暴言吐いてるんだ〜」 まさしくその通り。例外もあるだろうがね。ネット上にもたくさんいるよね、支離滅裂な作品批判を垂れ流すアホが
エロラク @eroluck 2016年11月5日
「この雑誌で描きたい」って気持ちはモチベーションいじに大切だけど足枷になることもあるよね。
言葉使い @tennteke 2016年11月5日
「進撃の巨人だって最初はジャンプに〜」は、ジャンプのカラーに合ってないんだから当たり前じゃんで終了したと思ったんだけど、違うの?ジャンプで連載していたらこんなに人気は出なかったはずだって。
uniuni @wander__wagen 2016年11月5日
まあ、根性論アンチもそれにいいね押しまくってるやつも大成できねぇってことだな
箸呂院マジチキ @kairidei 2016年11月5日
酷評より無関心で淡白なほうが厄介なイメージがあるけど、そっちはどうなんだろ。
サスガ @tigercaffe 2016年11月5日
コロコロコミックの編集部にゴルゴ13を持ち込んでも100%断られるだろうし、どんな名作でも相手のニーズに合わないものは努力以前の問題かもしれない。だから持ち込む数が必要なんだろう。就活も同じか。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2016年11月5日
昔サザンが云々wつか担当も千差マン別、投稿者も千差マン別。ソリが合わなきゃどうしようもないわなw
じーさん @GAS474 2016年11月5日
『就職活動と同じようなもの』というのは、全く当てはまる話であり、良い作品であっても相性が問題になることはあるでしょう。  同時に就職活動で採用されなくとも、凹む必要はないということですね。(反省は必要でしょうが)
じーさん @GAS474 2016年11月5日
既存の会社と会わないから起業した人もいれば、雑誌や童話といった分野では既存の出版社が合わないので出版社を設立した人もいます。  漫画家の中から、出版社を設立する動きが広まっても良いのではないかと思います。
小書会 9/22砲雷へ-15 @kosyokai 2016年11月6日
落ち込む落ち込まないよりコンスタントに持ち込みできる体力だよ
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2016年11月6日
漫画じゃないけどさっきチラ見したテレビで、宮沢賢治の作品も生前は全然売れなかったっていってたくらいだから、創作物はどれほど受け入れられるための運やら発表するタイミングに影響を受けるものかと。一編集のいうことがすべてじゃないどころか、客だってなにが良いものなのか本当にわかってるなんていえないところがある。
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2016年11月6日
編集の仕事の中でも作品の評価や作家への助言なんてあまり方法論は確立されていないだろうしそのための訓練があるとも思えなくて、先輩のやり方見ながら自己流を積み上げていくような感じになってそりゃあ主観に左右されやすいだろう。かといって理論や訓練法が確立すればそこから生まれる作品は画一的になる恐れがある。なので編集者の質のばらつきは生態系の多様性を維持するためにある程度はどうしても必要だろうなぁ
万打無 @mandam111 2016年11月6日
優秀な編集者は「自分の雑誌に載せて成功するかどうかを見極められる」と考えるなら、持ち込まれた作品自体はそれなりに価値があっても自分の雑誌では成功しないのなら当然低評価になるだろうな。自分の所で使わない作家のためにわざわざ手間暇かけて他所の編集部を紹介する意味は無いし。自分の作品がどういう所で価値を持つかを判断するのも作家の能力のうち。それが出来ないならへこたれずにいろんな所に持ち込むこと。
yamamoto kouhei(偽名) @toujinbou 2016年11月6日
表現の場を求めるってだけなら、今や即売会はごまんとあるし、SNSで延々と作品を発表し続ける事も出来る。そこで顧客開拓し続ければ出版社から声が掛かったりもするから、まあ、道は沢山ある、と。
たくろうゲートウェイ @takurou7 2016年11月6日
持ち込み前にツイッターに上げていいねが沢山ついたら、良いね数と共に編集に見せればいいじゃん!いいね付かなかったら実力もないんだし。
くえりぃ @5W1H1R 2016年11月6日
出版社応募の方が多数の編集者に見てもらえるし一人くらいは褒めてくれる編集がいるかもしれないって励みになると思う 持ち込みはもっと慣れてきてからの方がいいのではと常々思ってるけどそのへんどうなんだろう
ブリバリゲリピービチグソハッピー @poolhool 2016年11月6日
wander__wagen そういうこと言う奴も必ずいるんだけど、もちろんアンタは大成してんだよな?聞かせてよアンタのサクセスストーリー。是非聞きたい。どうやって根性でもって大成したのかを。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年11月6日
プロになるってことは「『頑張った』が無価値になること」。商業的価値で自分のもの、他人のものを見る習慣がない人にはつらいことかもしれないが。
Wasabi @Wasabi0307 2016年11月6日
持つべきものは不屈の精神と疑う心だな。
たか橋 @taka_hashy 2016年11月6日
「マンガ家がガキだとしたら、編集はガキの宿題を代わってやるのが任務」で、逆に考えたら「宿題できる程度の頭がありゃ誰でもなれるのが編集」という説 まあその宿題するヒマも理由もぶん投げるのがマンガ家ではあるが
たまに喋る @tuka_wa_nai 2016年11月6日
この荻野とかいう編集者って、元は多摩坂という名前で10万部売れない漫画家は漫画描くなとかいう問題発言しまくってた編集者じゃなかったっけ?
成瀬京太郎 @yuugekisen 2016年11月8日
ハリウッドザコシショウが4コママンガを16本描き、持ち込んだ講談社では「半分はいい」、小学館では「6本はいい」と言われ、もっとマイナーな出版社に持ち込めばいいんじゃないかと考えて漫画雑誌『コミックバンチ』の編集部に持ち込むも「これ全部つまらないねぇ」と言われた
× ((( ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ あちぃ @cv45ValleyForge 2016年11月8日
mandam111 優秀な編集者なら「自分の雑誌には合わないけど有能な作家なので他誌へ紹介して恩を売る」程度の人脈なり才覚なり有りそうな気がしますがね。
muramasa @muramasa931 2016年11月10日
押切蓮介『狭い世界のアイデンティティー』 http://www.moae.jp/comic/semaisekainoidentity/1  でも読んで餅衝け。 ヒット作家を見逃した編集者は地下の拷問部屋で死ぬまで漫☆画太郎のコピー原稿の修正をさせられるから。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする