22
ログアウトしました @kamiokander1541
体の使い方は真似ても、フォームは真似するな。 人のフォームから自分にない体の使い方を学べ。 その体の使い方を引き出しに、あとは反復練習。 自然と自分だけのフォームに近づくはず。

長くて分かりにくいので順序を変えて一番最初にまとめ的なの載せてます↑

ログアウトしました @kamiokander1541
体の使い方、重視の話をしてきたわけですが、ここで陥り易い罠が…。体の使い方を考え出すとフォームにこだわりが出てきます。この二つ、ほぼイコールですが、少し違うニュアンスを持つものとして今回は取り上げます。
ログアウトしました @kamiokander1541
体の使い方:ある演奏動作をする時に最低限間違えてはいけないところ。大きな方向性。 フォーム:正しい体の使い方をした上で、ある人個人に合った弾き方。細部まで規定されてる。 という違いで話します。
ログアウトしました @kamiokander1541
体の使い方を探求するのはよいのですが、その先にあるフォームの探求をしだすと沼にはまることがあります。フォームはその人の骨格や各筋肉の強さのバランスによって最適なものが違います。
ログアウトしました @kamiokander1541
大きな方向性である"体の使い方"さえ間違っていなければ、あとは練習すればその分うまくなるし、自分に合ったフォームへと弾き方は収束していきます。 それに対し、誰かと比べて、誰かのフォームをそっくりそのまま真似ようとすると、無理が出てきます。
ログアウトしました @kamiokander1541
誰かのフォームは、その人が練習を重ねた上で行き着いた、いわばその人専用の弾き方です。それをいきなり真似ようとすると、まず再現できません。その理由を説明します。
ログアウトしました @kamiokander1541
人のフォームを真似できない理由。 ①そもそも骨格、筋肉が違うから。こちらは当たり前。 ②弾き方が収束してくると基本的に動きが小さくなる。が、それは小さい関節や筋肉しか動かしていないからではなく、色々な関節や筋肉を少しずつだけ動かすことができるようになるから。これが真似できない。
ログアウトしました @kamiokander1541
②の例 指板の上を半音ずつ4本の指で順に押さえるトレーニングを、ギタリストなら一度はしたことがあると思う。プロにやらせるとめちゃくちゃ小さい動きで弾く。指が指板に吸い付いているようだ。この動作は様々な筋肉、関節をうまく使った結果である。(つづく)
ログアウトしました @kamiokander1541
②の例(つづき) 大きい筋肉(関節?)は基本的に動きが速い。小さい筋肉は動きが遅い。指を曲げる動きを第一関節から順にやると、第三関節を使うと指が速く動くことがわかる。が、しかし、第三関節は動きが大きく制御しづらい。(つづく)
ログアウトしました @kamiokander1541
②の例(続き2) プロの指の動きは速く動く第三関節の動きをメインにしている(と思っている) 初心者がいきなり小さな動きで指を動かそうと練習をすると、第三関節の動きを抑制してしまう。第三関節は制御が難しく動きが大きくなってしまうためだ。
ログアウトしました @kamiokander1541
では第三関節を使って小さく弾くにはどうすればいいの?となります。それはもう反復練習しかないわけです。第三関節をメインで使うんだという体の使い方が分かったら、あとは練習をした方がいいです。そのうち自分に合ったフォームに収束します。
ログアウトしました @kamiokander1541
別の人のフォームに似せるようにこだわると今のような罠にはまります
ログアウトしました @kamiokander1541
上手い人のフォームは大体、無駄がなく動きが小さい。それは見た目を研究してもたどり着けるものではなく、反復練習を重ねることでしかたどり着けない境地なのです。
ログアウトしました @kamiokander1541
重要なのは、ある人のフォームから、重要な"体の使い方"のエッセンスを取り出して、自分の引き出しにすること。あとはその引き出しを使いつつ反復練習すれば自分のフォームができてくる。 安易にフォームを真似ようとすると、小さい動きを再現するために、小さい筋肉しか使えなくなってしまう。
ログアウトしました @kamiokander1541
僕はようやく、フォームのコピーという沼を抜け出して、反復練習の花園に駆け出しました。2年くらいは無駄にフォームを真似ようとしてたな…。色々と人の弾き方を観察した日々は無駄ではなかったけど、もう少し早く猿真似ごっこから抜け出していれば…という思いはある。

コメント

謡遥 @singsonghalca 2016年11月8日
ギターに限らず、人の最適化された動きが自分にぴったりなわけではないから自分の最適は自分で探すべきなのね。
PS5OZ NT-D @PSGOZMIKU 2016年11月8日
何故「骨格や筋肉が違う」というところに気付きながら、「人間は疲労する」という事に気づいていないのかが謎。
ふかりん(もちころ)@香港加油!!! @GF64MB 2016年11月8日
PSGOZMIKU 「フォームと身体の使い方を混在して考えるな」って話に「疲労する」ことは関係ないから書いてないのは当たり前じゃ?
PS5OZ NT-D @PSGOZMIKU 2016年11月8日
GF64MB まず正解の動きはひとつじゃないって事に気付こう。
easyiizi1111 @easyiizi1111 2016年11月8日
プロ野球でも、奇想天外な変則フォームで打ったり投げたりして、しっかり結果出してる人たくさんいるからね。形に囚われるのはイクナイ。
nekosencho @Neko_Sencho 2016年11月8日
スポーツの場合はへんなフォームだと故障するから、専門家と相談でな。 ギター演奏のほうはよくわからんが
大蔵春 @ookuranoharu 2016年11月9日
PSGOZMIKU つまり、「試行錯誤は大切だけど、正解の数というのは結局の所無限大だから、無限の中から自分だけの正解を探し出すよりも、既存の正解となっているフォームの反復も有効である。」といいたいのかな?人は同じ前提を共有していないから、言葉に出して貰えないと書かれてない部分を補えないタイプの人間もいるので、直截に表現してくれる方が嬉しい。
大蔵春 @ookuranoharu 2016年11月9日
easyiizi1111 実際、その「奇想天外な変則フォーム」って奴でも体幹の部分の使い方とかが基本から離れたフォームってほとんど見たことないね。テニスやってる側からしたらおかわり君の後ろ足が浮くフォームなんかもむしろ分かりやすく合理的で基本的に見えたし。ただ長嶋茂雄と柳田悠岐のホームランのバットの軌道だけはたまに意味不明なのが何個かあるけど。バットが高めに急にぶれて動いているのにレベルスイングしたような軌道で飛んでいくアレ。
PS5OZ NT-D @PSGOZMIKU 2016年11月9日
ookuranoharu 既存の正解となってるフォームの反復?ソレワナイワ(ヾノ╹∀╹`) 前提「同じ動きを反復すると身体の何処かが疲労・消耗する」 つまり、どこかが疲労・消耗している状態は「...筋肉が違う」状態なわけ。動きを変えないとうまくいかなくなったり、故障したりする。また楽器演奏にはその前後の流れがあって、どんな姿勢からその個所に移ってくるのか色々違う。
PS5OZ NT-D @PSGOZMIKU 2016年11月9日
目的は音を出す事であって、そのためには何が出来るか、どこの身体の動きが使えるか、そのバリエーションをいくつか持ってたほうがいいよってこと。
大蔵春 @ookuranoharu 2016年11月9日
PSGOZMIKU すみません。それならつまり本まとめの方と切り取っている部分が違うだけで言っていることがほぼ同じではありませんかね。とスポーツをやっている側からは思います。ややマウンティング的なニュアンスではなく「そうだね、それに加えて自分のフォームを探すためには、間違っているフォームを削り取って最適化していくために、「疲労・消耗」という基準を持ち込むといいと思うよ」みたいに言い方を選べば良かったのでは?と老婆心ながら思う限りです。
大蔵春 @ookuranoharu 2016年11月9日
※なお、私もあまり他人の事を言えた立場ではないのですが。
大蔵春 @ookuranoharu 2016年11月9日
[c3214176] 同じだと思いますよ。どうやら運動部に拭い去れぬ偏見をお持ちのようですが、そもそも貴方はまさに私が数十年も前に運動部で言われた事と全く同じ事を言っています。無理なフォームには疲労がある、フォームの連携には個性があるというところまで含めて、全く同じです。けれどもこれはコーチやインストラクターによってアプローチが異なるのです。同じ指導をしようとしてもね。言わば「向かい合う二人の人と見えるか、白い壺と見えるか」の心理テストのようなものです。
PS5OZ NT-D @PSGOZMIKU 2016年11月9日
ookuranoharu 言っていることが「ほぼ同じ」に見えるほど前提に開きがあることがわかりました。ありがとうございます。あと言い方ですが、どの道このギタリストを救おうなんてこれっぽっちも考えていないのです。腱鞘炎にでもなって楽器が引けなくなっても知ったコッチャありません。ただ、未だに反復練習しか脳のない"スポーツやっている側"の人と同じ様な事を、さも凄い発見をしたかのように撒き散らすのはよくないなと思っているだけです。
大蔵春 @ookuranoharu 2016年11月9日
PSGOZMIKU もう一つ、いつでも、誰にでも、初めて正しい方法と出会うということはあるのです。それはコーチや指導の先生から教えて頂くことかも知れないし、得意げに語るTwitterやトゥゲッターの誰かの発言から出会うということかも知れません。それこそ貴方から教えて頂くことかも知れません。けれど、もっと正しい事を言うなら、もっと相手が受け入れやすい言い方を使った方が、誰のためにもなります。マキャベリや韓非が言うように「如何に正しかろうと相手に伝わる方法を使わなければ単なる自己顕示」なのです。
大蔵春 @ookuranoharu 2016年11月9日
もっとも、つい最近「処理流暢性」の問題が話題となったのに、延々長文を使う事を辞めない私が指摘出来ることようなではないかも知れませんが。
PS5OZ NT-D @PSGOZMIKU 2016年11月9日
ookuranoharu いやいや、この文字でのコミュニケーションで自己顕示以外の何かが出来ると思ってる時点でどうかと思いますよ。
大蔵春 @ookuranoharu 2016年11月9日
PSGOZMIKU そりゃ最終的には全ての行動には自己顕示の要素が含まれますが、コミュニケーションは自己顕示を包括しつつもそれで済んでいない所まで行って初めてコミュニケーションなんですよ。無意味極まる冷笑主義に逃避するのは感心しませんね。どうやら平行線のようですが。まぁ、Twitterやトゥゲッターなど所詮そういうものかも知れませんが。
ログアウトしました @kamiokander1541 2016年11月9日
PSGOZMIKU反復練習が肝なのではなく、壁を感じたら体の使い方を見直してもらいたいというのが、言いたかったことなのでコメントしておきます。腱鞘炎になるような場合、基本的に体がうまく使えていないことがほとんどなので、どこが使えていないかは他人の弾き方を観察してほしいと思います。 このまとめは、私の別のまとめ「上手い人は難しいことを…」の補足的なものです。弾き方のことを考え出すと、他人のフォームをそのまま真似ようとする間違い(だと私は思っています)に陥り易いので、それに対する警鐘のまとめです。
PS5OZ NT-D @PSGOZMIKU 2016年11月9日
kamiokander1541 「ボディ・マッピング」を勉強しろとは言わないけれど、警鐘というのならもう少しわかってきてからのほうが...
ログアウトしました @kamiokander1541 2016年11月9日
PSGOZMIKUボディマッピングのことは知りませんでしたが、少し調べました。他の人の弾き方と自分の弾き方を比べることで、自分の体の使い方の間違い、使えていない箇所に気づこうというのが、私の立場です。ボディマッピングの方はそれを熟知した先生がうまく体系化しているようですね。アレクサンダーテクニークと近いもののように感じました。私自信はそういった理論や体の作りの勉強も少ししていますが、体の使い方を見直すという観点はあまり皆さん気にしていないようなので、その入り口になればと思います。
Chariot @BLACK_RX_24 2016年11月9日
スポーツでも「基本の動き」はあっても個人の体に合ったフォームというのは本当に人それぞれだからなあ。コメントでも出ている野球、特に投手ではオーバースローよりもサイドやアンダーの方がいい球が投げられる人がいるってのはその典型だよね。
PS5OZ NT-D @PSGOZMIKU 2016年11月9日
若い人はキーワードをきっかけに世界をどんどん広げていける。そうやって僕らをスッと追い越して行ってくれればいいかなって思います。あと、迷信とかに惑わされて怪我などせず、末長く音楽を続けてくれたらと切に願います。
PS5OZ NT-D @PSGOZMIKU 2016年11月9日
kamiokander1541 ボディ・マッピングという言葉自体はアレクサンダー・テクニークの派生と言うか要素というか、ともかくそっち方面の人達が使う言葉、という捉え方を私はしています。まあそれは置いておいて、結局出したい音を出すことが最終的な目的なわけです。そしてその音を出す運動に得意なやり方を見つけたとします。これをAパターンとしましょう。ただし、それをずっと繰り返す事は身体に負担を掛けるので、それとは違うBパターンCパターンのやり方もあることを念頭に、練習をしようよと言いたい。
ログアウトしました @kamiokander1541 2016年11月9日
PSGOZMIKUAパターンを繰り返すと疲労するというのには疑問があります。疲労するのは特定の筋肉や関節に負担をかけすぎているからで、おそらくそれは他の部位を使うことで改善されます。もちろん求める音色は保ったままに、です。ただしAの弾き方しかできない人というのは、筋肉や関節の使い方に制限がかかっているということなので、大体、Aの弾き方も不完全です。BやCの弾き方ができる人は、色々な筋肉や関節を使いこなせているので、Aの弾き方も上手です。そういう意味でBやCの弾き方を練習してほしいと私も思います
小書会 1/26砲雷L-31 @kosyokai 2016年11月10日
自分の体にギターが馴染むまで…
PS5OZ NT-D @PSGOZMIKU 2016年11月10日
kamiokander1541 "Aパターンを繰り返すと疲労するというのには疑問があります。疲労するのは特定の筋肉や関節に負担をかけすぎているからで、おそらく..."←まあ貴方がそう思うならそうなんじゃないんですかね。貴方の中では。文字のやり取りはここらへんが限界でしょう。まあ、あとは頑張って。
PS5OZ NT-D @PSGOZMIKU 2016年11月25日
"もうかなり前からの話ですが、FacebookのようなSNS,個人のHP等で奏法、音楽理論などの音楽に関係した内容のアドバイスが野放し状態で氾濫しているのがとても危機感として感じています" https://m.facebook.com/eric.miyashiro.5/posts/10208211939592628
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする