映画『この世界の片隅に』感想・反響、関連記事リンクなど(その1)

自分はまだ原作だけで、映画は未見のですが、既にTLで作品への賞賛がやたら多いので「ええい、煩いからまとめておけ!」みたいな感じで(笑)。 だがまとめ作成者としてはつまらんかった。タイトル検索しただけで、力の入り過ぎたツイートが見つかり過ぎて、収録しきれんよ(笑)。 そんな感じで、ごく簡単に感想集まってしまいました。
アニメ のん この世界の片隅に 能年玲奈 太平洋戦争 広島 第二次世界大戦 こうの史代 片渕須直
62075view 27コメント
63
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
こちらで作成するtogetterのリンク用に .@kmttr さんの「いよいよ公開!映画『この世界の片隅に』が観たくなる片渕監督や漫画家さんらのツイート集 #この世界の片隅に」をお気に入りにしました。 togetter.com/li/1047355
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
togetterのリンク用に .@RascalTaku さんの「#この世界の片隅に 初日に観た人の感想がほぼ「本当にいい映画だから観て」しかものんさんにはあの人からお花が……!」をお気に入りにしました。 togetter.com/li/1047727
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
togetter用資料 11月12日公開『 #この世界の片隅に 』の感想が絶賛ばかり!戦時のほのぼのとした日常と恐怖を描いた戦争アニメ作品 - Togetterまとめ togetter.com/li/1047891 @togetter_jpさんから
ツイートまとめ いよいよ公開!映画『この世界の片隅に』が観たくなる片渕監督や漫画家さんらのツイート集 #この世界の片隅に 11月12日全国公開 劇場用長編アニメ「この世界の片隅に」公式サイト http://konosekai.jp/ 10597 pv 79 1 user 40
監督の方のツイート

(過去のまとめに収録されているものも多いので、できるかぎり11/12以降のものを収録しました。以下のツイートも同じ)

片渕須直 映画「この世界の片隅に」公開中 @katabuchi_sunao
僕の仕事は、こうのさんの『この世界の片隅に』には、一読では読み取りきれないないかもしれないけれど、こんなにすごい世界が詰まってるんだよ、と世の中に紹介する係、と思ってました。もし今日公開の映画が気に入っていただけたのでしたら、お願いですから必ず原作を手にとってみてください。
片渕須直 映画「この世界の片隅に」公開中 @katabuchi_sunao
『ローマの休日』がワイラーの映画だと思う人は世の中にどれくらいいるだろうか。でも、『ローマの休日』はオードリー・ヘプバーンの映画だ、みんな知っている。映画ってそういうものなんだ。 『この世界の片隅に』は のん の映画であってよい。そうあるときこの映画は幸せを手に入れたことになる。
片渕須直 映画「この世界の片隅に」公開中 @katabuchi_sunao
だからのんちゃん、私のような小娘が、ってもういいっこなしだよ。 みんなはあなたの声ですずさんを記憶するんだ。 今日はいつもよりもっと胸を張ろう。 一番かわいい姿でみんなの前に立ってやれ。
片渕須直 映画「この世界の片隅に」公開中 @katabuchi_sunao
そして、たくさんの皆さん。永久に出来上がらなかったかもしれない映画が公開日を迎えることが出来ました。クラウドファンディングに参加して下さった方々も、それよりあとにこの映画の存在に気づいてくださった方々も。みなさんと共にいられる自分を誇らしいく思います。この映画は皆さんの映画です。
ゆうき まさみ @masyuuki
@katabuchi_sunao TVシリーズに出来るといいですね。
片渕須直 映画「この世界の片隅に」公開中 @katabuchi_sunao
@masyuuki 最初は映画120分作ってからテレビ12本、とか考えてたんですが、甘かったです。120分で体力空っぽになりました。
片渕須直 映画「この世界の片隅に」公開中 @katabuchi_sunao
僕は今日はこうの史代さんと広島一円です。福山にまでは回れないけど、来週には来るからね。
片渕須直 映画「この世界の片隅に」公開中 @katabuchi_sunao
母親のおばの夫にあたる人なのかな、海軍士官で呉にもいたと昨夜始めて聞いた。
小原篤/アニマゲ丼 @botacou
先週金曜の夕刊に書いた片渕監督のインタビュー記事です。いよいよ12日公開。前売りは「この公開規模からしたら驚異的枚数」と某筋から聞いております。/戦時中も今も、いとおしい営み 「この世界の片隅に」片渕須直監督:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1…
リンク 朝日新聞デジタル 7 users 52 戦時中も今も、いとおしい営み 「この世界の片隅に」片渕須直監督:朝日新聞デジタル 戦時中の広島をつつましく生きる女性を描いたアニメ映画「この世界の片隅に」が、12日から公開される。こうの史代(ふみよ)の原作マンガにほれ込み、6年かけ完成にこぎ着けた片渕須直監督は「大切な日常と、そ…
とり・みき/TORI MIKI @videobird
TL上で著名人が寄ってたかって推す一種の運動性に辟易して「観ねえ」と思うへそ曲がりもいることだろう。僕もへそ曲がりなので気持ちはわかる。未知の人が圧倒的多数のSNSでは観る観ないは各自が決めればいいと思う。けど知り合いに直接会えば僕は伝えますよ『この世界の片隅に』は絶対観とけと。
とり・みき/TORI MIKI @videobird
@katabuchi_sunao ここまで超人的なスケジュールだったと思いますが(この先も)どうぞお体を壊されませんように
水道橋博士(小野正芳) @s_hakase
本日公開『この世界の片隅に』朝日新聞の一面広告。三枝成彰さんの言い切りも凄いが、ちなみに僕も同じく生涯でベストのアニメーションです。 pic.twitter.com/lZTFwXOt9S
 拡大
 拡大
残りを読む(291)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年11月13日
多すぎてリプライは略しますが各氏に多謝「誰でも編集可能」です /前書きにも書いたけど、タイトル検索一発だけで気合の入った感想ツイート(字数で分かる)が多々見つかり収録しきれないぐらいなので、作成自体はあまり面白くはなかった(笑)
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年11月13日
「作品名の検索だけで収録しきれない」と書いたけどさらに「こうの史代」で検索して追加ました。/著名人のプロフィルを追加してみたけど、実にプロの創作者の賞賛が多い!(やってみて驚いた)
エリア83@ゆゆゆ&謎肉県民 @area83ontweet 2016年11月13日
gryphonjapan 絵描きさんや写真家(いわゆるカメラマン)さんには、あるあると共にとても感慨があるみたいです。普段みていた、当たり前にある風景が変わっていってしまうこと。 …前後しちゃったけどまとめ感謝
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年11月13日
【注意】たとえばとり・みき氏やゆうきまさみ氏など、過去の別のまとめに収録されている同作品関連のツイートがありますので、興味のある人はそちらのまとめに飛んだり、個々のアカウントを遡ることを推奨します。
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2016年11月13日
良い映画だったけど、生涯のベストからは程遠いかな。ウチのTLでも指摘してた人が複数いたけど、やっぱり白木リンとのエピソードごっそり削ってるのがね。主人公の生き様や旦那との関わりに大きく影響してるのにさ。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年11月13日
一度読んでもらった人には恐縮なんですが…収録した人で気になった人をチェックして、連続ツイートはまとめて収録しました。そしたら分量が4倍ほどになったわけだが(笑)、そういうわけで別物になったので再読を。
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2016年11月13日
白木リンのエピソードもしっかり入ってたじゃないですかぁー、○○○のところで。
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2016年11月13日
原作の第16回〜が省略されたままラストに台詞を出すとか、裏表紙が切れてるノートを描くとか、大問題だと思わないならいいです。
螺時@アルテマ鯖Gaia @nezimeizi 2016年11月13日
この映画気になってんだけど地元では上映されないんだよなぁ
まるちゃん@大湊警備府 @malchan1224 2016年11月13日
原作未読(大まかなあらすじは見ちゃった)で映画観たけど、やっぱり駆け足感が大きくて良作だが傑作とまでは言いがたい。 1クールのTVシリーズならもっと良くなったんじゃ無いかと思いましたまる
アル @htGOIW 2016年11月13日
北條家の中でのすずの居場所探しというテーマに関しての白木リンのパートは、そこが無くともすずの葛藤について(家事、晴美のことなど)説得力はあるという意味では、あの尺に収めるカットとしては(あれでも2時間の映画なので)納得の行く部分だったし、白木リン個人のエピソードとしてはエンドロールでちゃんと回収されてるので問題ないと思うけど
押井徳馬@3/21テキレボ8 A-35「はなごよみ」 @osito_kuma 2016年11月13日
同じ片渕監督作品の「マイマイ新子と千年の魔法」でも、最後に台詞だけで出て来る「金山食堂の宏子」の事件に関するストーリーがまるまるカットされてたので「原作本を読んでください」って事なのかと思って結局読んだけど、「この世界の片隅に」のリンさんも同じく「詳しくは原作本を読んでください」なのかも
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2016年11月13日
そもそも片淵監督は、ともすると1カット1カットを丁寧に描きすぎて、中だるみすることもよくある人なので(アリーテ姫が特に顕著)今回は詰めるだけ詰めて、切る所をすっぱり切って、駆け足のようにテンポよく進んでいったのでこれでよかったんだと思われ。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年11月13日
原作未読だけど、『君の名は。』からハシゴして観た。戦時中の広島という笑いどころのない舞台設定のはずなのに、登場人物も観客もよく笑う不思議な映画だった。本来人間が持っているしぶとさ、したたかさ、しなやかさみたいなものに救いを求めたい人にお勧めしたい。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年11月13日
この映画をたとえるならば、『映画館でボロ泣き』するような映画ではなくて、『映画館を出てから普段見ているものが少し違って見えたことを自覚したときに初めてうるっとくる映画』なのかもしれない。
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2016年11月14日
nezimeizi なお監督の出身地でもシネコン2つもあるのに上映されないですね(棒読)(なお遊園地とコラボした映画は2つとも上映されるようですが)。地元のコミュニティFMは取材に行ったようですが。ところで「全然マスコミに取り上げられない」というまとめがあったけど普通に朝日新聞やらガンガン特集してましたが……。
やし○ @kkr8612 2016年11月14日
今住んでるところの近くにいい映画館ができて自分が映画に触れる回数が増えたのもあるけど、それにしたって去年の後半から今年にかけて邦画も洋画もいいのが多くてたいへん幸せです。
yoshino @yoshino3333 2016年11月14日
上映館少なすぎなんだよ…… 奈良……
Hira2 @hirashine025 2016年11月16日
今回の大絶賛の嵐は、普段アニメを見ない人がしているという印象を受けました。
Hira2 @hirashine025 2016年11月16日
個人的にはこの時代をリアルに描く話は苦手なので、出来るだけ時代は意識しないよう、のんが演じるすずの話として割り切って見ていました。面白かったのですが単純にこの時代を描く話として比べるなら風立ちぬの方が好みですね。
@0\/9i;.lukymjnhrbe @09ilukymjnh 2016年11月17日
@C_Kozakura 今日見てきたけど、めっちゃ同意。映画館の中ではボロ泣きはしませんが、楽しかったのか悲しかったのかよくわからない感情を持ったまま映画館の外に放り出されて、人々の往来を見てなぜなのかよくわからない涙が出てくるといった感じでした。蛍の墓ほど辛くないのですが、確実に後を引く映画だった。
ボトルネック @BNMetro 2016年11月18日
そういやこの作品、「挺身隊」を正しい意味で使ってたんだけど、サヨクの人はどう整合性を付けるんだろうねとちょっと思った。
PMFむつらぼしΣ @MiyaPPOTEZ540 2016年11月18日
_Nekojarashi_ ご参考までに>ユリイカ「この世界の片隅に」 感想 【片渕監督の込めた「すず」という少女への愛】http://www.club-typhoon.com/archives/8332896.html
PMFむつらぼしΣ @MiyaPPOTEZ540 2016年11月18日
個人的にも尺の都合でリンさん出さないのかあ、と深く考えずに思ってはいたのですが、ユリイカ読んでああ、BDでエピソード追加にならないかなあなどと実に安易な考えで申しわけないなあと
ボトルネック @BNMetro 2016年11月18日
原作読まずに観たら、リンさんがらみの部分で違和感を覚えそうだけどなあ。「すずさんは再度遊郭を訪れてリンさんに会いに行ってる」「周作さんがリンさんを知ってることをすずさんが知ってる」ことを初見だとわかんないわけだし。作中に登場しなかったけど名前だけ出たテルちゃんとかも。自分は既読だったのであれはあれで…と思ったけど、そういう意味では瑕疵ではあると思う。
つう(ダベるブログ) @daberublog 2016年11月18日
自分は映画→原作コミック→映画という順番で鑑賞したんですが。尺の都合ではあるんですがリンさんの部分のカットは英断だったと思います(エンドロールのフォローもあったので)この映画は説明しすぎずに観た後に考えたりする部分で補填できました(原作を読んで)それを踏まえて2度目の鑑賞も再発見できたりして良かったので。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年11月23日
(その2)http://togetter.com/li/1051689 を作成したので改題し、(その1)と付け加えました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする