【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!
16
ログインして広告を非表示にする
  • まとめた経緯

     2016年12月13日,オバマ大統領の任期終了まで1か月というところで遂に起きてしまった日本国内での在沖海兵隊所属MV-22オスプレイ輸送機の「墜落」事故。幸い,乗組員は少なく5名のみで,全員生還したという。また地元にも人的・物理的被害はまったく生じていない。当初『個人声明』を出した段階で想定していたように,やはりパイロットは住宅地を避けて懸命な,人道に配慮した操作を行っていた。が,賢明な努力にもかかわらず,最終的には機体は「墜落」「大破」していた。
     バザップによると,国内の報道では「着水」「不時着」「不時着水」等(読売・産経・日経・朝日・毎日・時事・NHK系)表現が乱立したが,国外ではGo Down(墜落・落ちる),Crash(墜落),Mishap(不慮な事故),Ditch(不時着)という表現が同じく乱立した。とくに注目されたのが,軍関係の『海兵隊タイムズ』や『星条旗新聞』(但し正規の機関紙ではない)が「Crash」を使用したことだった。
     では肝心の在沖海兵隊の当初(12/13)の公式発表はというと,"landing in shallow water"(浅瀬への着水)だった。後日(12/14)の記者会見でもこの表現は大筋では変わらなく,唯一"hard-landing"(強硬着陸)であることを認めるに留まった。一方,日本語版在日海兵隊公式サイトは同日(12/14)「浅瀬に不時着」という表現を使用した。最終的に,在沖海兵隊第三海兵遠征軍司令官で在日米軍沖縄地域四軍調整官 (OAC) であるローレンス・D・ニコルソン中将は,「制御された着陸」("controlled landing")だったとの見解を述べた。
     以下は,その発言を行った記者会見を英語で書き起こして全訳したものである。通訳は完全に無視してあくまで独自に書き起こした原文を翻訳している。
     今回はその『会見本編』。動画では冒頭から会見が始まる。

  • 目次

    冒頭挨拶
    Ⅰ.沖縄県政府との会談内容
    Ⅱ.負傷兵士らの容態
    ①状況説明
    ②空中給油訓練の必要性
    ③空中給油の有用性
    ④事故当時の状況説明
     Ⅰ.給油事故の発生経緯
     Ⅱ.パイロットのとった行動
    ⑤事故の調査と調査協力への謝意
    ⑥オスプレイ国内(沖縄)運用停止の表明
    ⑦環境への影響に対する取組み
    ⑧沖縄の市民・人々へのメッセージ
    ⑨登壇者の紹介
    ⑩おわりに

  • 在日米軍側登場人物

    Lieutenant General Lawrence D. Nicholson
    ローレンス・D・ニコルソン中将
    第三海兵遠征軍司令官及び在日米軍沖縄地域調整官

    Joel Ehrendreich, United States Consul General, Naha
    ジョエル・エレンライク氏
    在沖縄米国総領事

    Major General Russell A. Sanborn
    ラッセル・サンボーン少将
    第1海兵航空団司令官

    Brigadier General John M. Jansen
    ジョン・M・ジャンセン准将
    第三海兵遠征軍副司令官

    Major General Joaquin F. Malavet
    ホアキン・F・マラヴェット少将
    海兵隊太平洋基地(MCIPAC)司令官

    Colonel David E. Jones
    デビッド・E・ジョーンズ大佐
    MCIPAC副司令官

  • 『会見本編』
  • T.Katsumi💫 @tkatsumi06j 2016-12-17 12:53:54
    【動画】2016.12.14名護市キャンプシュワブ沖でのMV-22オスプレイ墜落事故に関する在日海兵隊司令官・四軍調整官ローレンス・D・ニコルソン中将による記者会見 (※字幕なし youtu.be/l7bnl5MhyCk 以下,『会見本編』の書き起こし翻訳です。
     拡大
  • リンク YouTube 125 2 users 20161214 オスプレイ名護沖不時着事故原因説明会見 2016/12/13夜10時頃に名護市の海上に不時着した米軍普天間基地所属の垂直離着陸輸送機MV22・オスプレイの事故原因を説明する記者会見がキャンプ瑞慶覧で行われた。第3海兵遠征軍(だい3かいへいえんせいぐん, 3rd Marine Expeditionary Force: 3MEF)司令官ローレン・ニコルソン...
  • 冒頭Ⅰ:沖縄県政府との会談内容
  • Lt. Gen. Nicholson: Thank you for coming to see us on such short notice today. I've just concluded a meeting with the Okinawan Provincial Government. Vice Governor AGETA was here.

  • T.Katsumi💫 @tkatsumi06j 2016-12-17 12:55:32
    ニコルソン中将: 本日はとても急な告知にもかかわらず起こしいただきありがとうございます。つい先ほど,沖縄県政府との会談を終えました。安慶田副知事がここにおられました。
  • We had a very useful discussion, and surely appreciate he and Governor Onaga's great concern to the welfare of our five Marines that were the crewmen onboard the aircraft.

  • T.Katsumi💫 @tkatsumi06j 2016-12-17 12:57:25
    ニコルソン中将: とても有意義な会談になったと思います。また副知事並びに翁長知事が,機体に搭乗していた搭乗員ら,5人の海兵隊員たちの安否をひじょうに気遣ってくださったことについて感謝したいと思います。
  • Vice Governor also expressed, in stories terms, his concern about the safe operation of Osprey aircraft here in Okinawa. And we certainly understand and appreciate his concerns as well as the concerns of the people of Okinawa.

  • T.Katsumi💫 @tkatsumi06j 2016-12-17 13:29:53
    ニコルソン中将: 副知事は、談話の形で(?)、沖縄におけるオスプレイ輸送機の安全性について懸念を表明されました。われわれは、副知事の懸念とともに、沖縄の人びとの懸念も理解しており、また真摯に受け止めております。
  • 冒頭Ⅱ:負傷兵士らの容態
  • My Sergeant Major and Command Master Chief and I just returned from the hospital, where we had a chance to visit our wounded Marines. And we wish them, obviously, a speedy recovery and we will track them very closely as they progress through the medical cycle. And out of... of course... (?) out of five, three were treated and released last night, two are still in the hospital for further observation.

  • T.Katsumi💫 @tkatsumi06j 2016-12-17 14:16:30
    ニコルソン中将: 先ほど病院から戻ったところで、最先任上級曹長と先任伍長と私とで負傷した海兵隊員たちを見舞って参りました。 五名のうち三名は治療を受け、昨夜退院。二名は更なる診察のため引き続き入院しております。彼らの早期回復を願うとともに治療の経過をしっかりと見守って参ります。
  • I have stood at this podium before and told the members of the media, and members of... especially the Okinawa press, that we're gonna be open; we gonna talk about what happened. And today, I would do exactly that.

  • T.Katsumi💫 @tkatsumi06j 2016-12-17 14:23:27
    ニコルソン中将: 以前からも、この壇上に立ち、報道関係者の皆様方、とくに沖縄の報道関係者の皆様方に対して、われわれはオープンであり続けますと、何が起きたかをつまみびらかに話しますと、申し上げました。本日、私はその通りのことをいたします。
  • ①状況説明
  • At approximately 21:30 last night, we had aircraft -- multiple aircraft -- refueling from a U.S. Air Force tanker about 30 kilometers off the coast of Okinawa.

  • T.Katsumi💫 @tkatsumi06j 2016-12-17 14:46:40
    ニコルソン中将: 昨晩午後9時半頃,沖縄沖30キロの地点では航空機が…複数の航空機が,米空軍の空中給油機から給油を受けていました
  • There were multiple Ospreys and even some CH-53 (helicopters). And what I want you to understand is 'routine.'

  • T.Katsumi💫 @tkatsumi06j 2016-12-17 15:14:00
    ニコルソン中将: そこには,複数のオスプレイ機,そしてCH-53機〔ヘリ〕もいました。ここで皆さんにご理解いただきたいのは,これがすべてルーティン〔定期的な活動〕であるということです。
  • All over the world, and certainly all over our Area of Operations (AOO), tanking aircraft; whether they are Harrier's,

  • T.Katsumi💫 @tkatsumi06j 2016-12-17 15:19:28
    ニコルソン中将: 全世界のどこにおいても,そして勿論われわれの作戦行動範囲〔AOO:活動範囲ともいう〕においても,給油活動は死活的に重要であり,わがパイロットたちはこれについて精通し卓越した技術を身に付けなければなりません。続く
残りを読む(103)

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「国際」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする