私が慰安婦問題で覚えた違和感~「強制連行は論点ではない」「他国の例を批判しても日本の罪は消えない」の一点突破で、直接の加害者でもない一般日本人は、70年以上前の戦時性暴力と素直に向き合えるのだろうか?

良識派は「国際社会で強制連行の有無は論点になっていない」といいます。 返す刀で「そんなことに拘る人間は人権意識の低い馬鹿なネトウヨだ」と罵ります。 しかし、慰安婦問題は、最早お利口な「国際社会」だけで語られる話ではなくなってしまいました。 偏狭なナショナリズムを煽り、慰安婦問題の解決を阻害するような動きや団体に対しても、 「韓国の問題だから日本人が知る必要はない」となぜだか寛容です。 続きを読む良識派は「国際社会で強制連行の有無は論点になっていない」といいます。 返す刀で「そんなことに拘る人間は人権意識の低い馬鹿なネトウヨだ」と罵ります。 しかし、慰安婦問題は、最早お利口な「国際社会」だけで語られる話ではなくなってしまいました。 偏狭なナショナリズムを煽り、慰安婦問題の解決を阻害するような動きや団体に対しても、 「韓国の問題だから日本人が知る必要はない」となぜだか寛容です。 「先にナショナリズムを煽ったのは日本だ」と反発して有耶無耶にする人もいるでしょう。 また、「日本は反省すべきだけど、なんで他の国の戦時性暴力は国際的に追求されないのだろう?」という疑問に、 良識派からは「他国の例を挙げても、自国の犯罪行為が正当化されるわけではない。」と正論が返ってきます。 しかし、これは疑問に対する答えではなく、正当化を試みる人にだけ有効な、道徳的マウンティングに過ぎません。 こういった態度や正論には、「日本の責任は否定できない」という立場の私ですら違和感を覚えます。 ましてや、色々なものへの反発から頑なになってしまった人々にとって、到底納得のできるものではないでしょう。 すべてが悪い方向に向かっている慰安婦問題で、 被害者の味方たる良識派が、信頼を取り戻すためにどうすればいいのか? そんな自問自答です。 追記1 本来このまとめのタイトルは『私が慰安婦問題で転向した理由』というものでした。 私は「柔軟になった」程度の軽い気持ちで「転向」という言葉を使用したのですが、 一部の方にしてみれば、右堕ち、または似非・偽装リベラルからの宣戦布告と取られてしまったらしく >むしろ「反人権派」の方が「強制連行はなかった」「他所でも同じことやってる」ばかりを拠り所にしてるんじゃない? >「強制連行」「他国の例」の一点突破なのは自称普通の日本人の皆さんの方じゃない? という感じの、対立軸で反論を試みるようなコメントが、はてなブックマークで支持を集める状況になってしまいました。 >あらゆる従軍慰安婦問題を批判するべきであって、転向する必要はないだろうに。 >ドイツの慰安婦問題の追及はすればいいし、他国の人権侵害問題を矮小化する人の批判はすればいいと思うが、 >なんで日本軍の慰安婦問題で「転向」する必要があるのか分からん。 中身を見れば別に転向などしてはいないのですが、そのように誤解をされるのも当然です。 この度は「転向」という大変な意味をもつ言葉を、軽々しく使用してしまい申し訳ございませんでした。 >確かに長いが、よく読んでコメントなりスターを付けようよ。 >「転向」ってあるけど、タイトル詐欺だな。このまとめに「でも右翼は……」みたいなコメントをつけるのは違うよね ほんと、ありがとうございます。 はてなからの人が多かっただけに、罵詈雑言の嵐になるかと思われましたが、好意的な意見も心象では6割位ある感じです。 2割は「転向」絡みの誤解。1割は「元々正義を実現する気が欠片もない屑」云々の人格攻撃。 これはまぁ橋下さんが同じような主張をしていたときも、有効な「反論」として幅を利かせていたやつなので想定内。 ただ、ショックだったのが「正当化するな!」「罪は罪!」という残り1割でしょうか。 正当化する人と「正当化するな!」と見て見ぬふりする人を批判したつもりだったのですが・・・ それと、「こんなことを世界に向けて発信しても、責任逃れと思われるだけだ」という意見も頂きました。 もちろん完全に同意なんですけど、本まとめは「直接の加害者でもないのに道徳的にお説教され続ける平均的日本人を、 冷静な気持ちで戦時性暴力問題と向き合わせるためにどうアプローチするべきか?」という問題提起です。 「国際社会でこう抗弁しろ」と主張しているわけでは決してありません。 >なんでこう「悪いのはボクだけじゃないもん」が幼児の屁理屈だって事が理解できない子が絶えないのかね? それは、罪を認識しながら謝らない子供が悪いですね。 残念ながらそういう子は多いです。私もそれは批判します。 ただ、その場合でも、何で他の子が怒られないのか説明して、納得させてあげる必要はあると思います。 もっとも、渋々ながらも謝罪した我が子を、完全に納得させるだけの材料が私にはまだありません。 不条理な世の中に絶望し、もっと不良になってしまわないかと心配です。 07年くらいに比べれば大分良い子になってきたんですけどね・・・ 「なんであの子は怒られないの?」という疑問に答えられない場合は、 「よその子は関係ない」ではなく、せめて「あの子も悪い」と言ってあげるべきだと思います。 そして、世界に先駆けて70年以上前の戦時性暴力と向き合ったことは、大きな一歩として正当に評価してあげたいです。 追記2 ドイツに学ぶ戦時性暴力問題をまとめました。 「なんであの子は怒られないの?」に対する回答編です。 https://togetter.com/li/1076313 追記3 和田春樹氏の著作を元に、慰安婦問題初期の出来事について追記しました。 朝日が騒動になった頃、(私を含む)皆が口を揃えて「吉田清治なんて今更誰も信じてねーよ」と反応した背景には何があったのか? 吉田証言の影響を過大評価・過小評価してしまう病とは? あの和田春樹が、「ネトウヨの味方」「和解という名の暴力」などと罵倒される、慰安婦問題の奥深さをご堪能ください。
ベトナム 少女像 韓国 ドイツ 慰安婦 慰安婦像 ナチス 従軍慰安婦 時事
Avengers_tokyo 25148view 49コメント
38
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする