10周年のSPコンテンツ!

西村幸祐&ケント・ギルバート著『トランプ革命で甦る日本』全ページ感想ツイート【完走】

西村幸祐&ケント・ギルバート著『トランプ革命で甦る日本』の全ページ感想ツイートです。 【過去の全ページ感想ツイート】 ・西村幸祐、ケント・ギルバート共著 『日本の自立』全ページ感想ツイートまとめ(完走)  https://togetter.com/li/858990 続きを読む
政治 トランプ大統領 憲法9条 ドナルド・トランプ 西村幸祐 ケント・ギルバート
9
西村幸祐 @kohyu1952
本日発売! 激動する世界に日本はどう向かうのか。世界秩序の変化と日本の真の独立は?グローバリズムの終焉と国家復権の行方は?西村幸祐とケント・ギルバート@KentGilbert01が日米それぞれの立場で語り合う、日本人に今問われるもの amazon.co.jp/dp/4781615082/
リンク www.amazon.co.jp トランプ革命で甦る日本 | 西村幸祐, ケント・ギルバート |本 | 通販 | Amazon Amazonで西村幸祐, ケント・ギルバートのトランプ革命で甦る日本。アマゾンならポイント還元本が多数。西村幸祐, ケント・ギルバート作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またトランプ革命で甦る日本もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
西村幸祐 @kohyu1952
死後46年、やっと多くの日本人も解ってきた。9条2項を「前項の目的を果たすため国防軍を保持する」に代えるだけでいい。 「9条は理想だが、2項がいけない。ごまかしは嫌い」「平和憲法は偽善、日本人に死ねと言っている」TBS未公開テープ honmotakeshi.com/archives/50427…
リンク 正義の見方 1319 【憲法】三島由紀夫「9条は理想だが、2項がいけない。ごまかしは嫌い」「平和憲法は偽善、日本人に死ねと言っている」TBS未公開テープ : 正義の見方 1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 18:54:08.19 ID:CAP_USER9 産経新聞 1/12(木) 18:44配信 作家、三島由紀夫(1925~70年)が自決する9カ月前の昭和45年2月に死生観や憲法観などを語った未発表の録音テープの一部内容が12日夕、TBS系報道番
西村幸祐 @kohyu1952
トランプ支持派でなく、間違いなく、これが現代アメリカの反知性主義を象徴している。 Not pro-Trump, but this symbolizes undoubtedly the Anti-Intellectualism of present America twitter.com/CNN/status/822…
Z旗新聞社 @zshinbun
NHKの未翻訳については、三橋貴明さんのブログで知った。「保護主義が繁栄と強さに結びつく」の解説も。 ameblo.jp/takaakimitsuha…
リンク 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 2 users 389 三橋貴明『ドナルド・トランプ その2「保護主義は繁栄と強さに結びつく」』 株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 三橋貴明のツイッター はこちら人気ブログランキング に参加しています。 ◆◆◆◆◆…
Z旗新聞社 @zshinbun
トランプ大統領の誕生に併せて、西村幸祐、ケント・ギルバート両氏の対談本が緊急出版されました。これから全ページ感想ツイートを始めたいと思います。『トランプ革命で甦る日本』 イースト・プレス amazon.co.jp/dp/4781615082/… @amazonJPさんから
Z旗新聞社 @zshinbun
帯には「悲観的報道の「ウソ」を、二つの視点から再検証!」とある。アメリカも日本も報道の大半は悲観的なものばかりだったから、ほとんどの報道がウソだったということだ。
Z旗新聞社 @zshinbun
感想というポジショントークになるので、拙の立ち位置を記しておきます。私はトランプが大統領になることを願っていました。それは、藤井厳喜、宮崎正弘、西村幸祐、渡邉哲也、江崎道朗、中村逸郎氏ら、私が読んできた信頼する評論家・研究者たちがトランプ当選をずっと前から主張していたからです。
Z旗新聞社 @zshinbun
私はトランプ大統領が、日本が自立をするための横車を入れない大統領になってくれればと考えています。確かに「独立しろ」と言ってくるのは横車ではありますが、トランプ大統領の誕生は、轍の逸れた戦後日本を正しい道に戻す助太刀と捉えています。
Z旗新聞社 @zshinbun
P1 『トランプ革命で甦る日本 「日米新時代」が見えてきた!』の全ページ感想ツイートをはじめます。
Z旗新聞社 @zshinbun
P2 西村先生のまえがき。ジョー・バイデン前副大統領が8月15日のヒラリー応援演説で「われわれは日本が独自の核保有ができなくするように日本の憲法を書いたのを、彼は認識していないのか」と発言。youtube.com/watch?v=7T_zMz…
拡大
リンク YouTube 11 ジョー・バイデン米国副大統領「我々が日本の憲法を書いた」 【ワシントン時事】バイデン米副大統領は15日、ペンシルベニア州スクラントンで米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官(68)の応援演説を行い、「私たちが(日本が)核保有国になり得ないとうたった日本の憲法を書いた」と発言した。
Z旗新聞社 @zshinbun
P3 舌禍の絶えないバイデン副大統領だが、この2カ月前には習近平に対北朝鮮政策の甘さに触れ「日本はその気になれば一晩で核武装できる」と釘を刺している。sankei.com/world/news/160… すばらしい副大統領である。
リンク 産経ニュース 28 users 3129 「日本は一晩で核保有可能」 米バイデン副大統領が習近平国家主席に発言 【ワシントン=加納宏幸】ジョー・バイデン米副大統領が中国の習近平国家主席に北朝鮮核・ミサイル問題での協力を求めた際、「日本が明日にでも核を保有したらどうするのか…
Z旗新聞社 @zshinbun
P4 「人間は誰でも自分たちの生きている時代が、歴史的にどういう時代であるか見きわめることは難しい。歴史とは常にそういうものだが、第二次世界大戦後の世界秩序が大きく変わろうとする中で、日本の覚醒が求められている」これが本書出版の最大の理由だろう。深く首肯。
Z旗新聞社 @zshinbun
P5 もくじ。気になる項目…「トランプの勝利は『歴史の必然』だった」「憲法改正の最大のチャンスやってくる」
Z旗新聞社 @zshinbun
P6 序章を含め、本書は9つの章立てになっている。 第1章「日米関係のメルクマール」 第2章「グローバリズムVS国家の復権」 第3章「超大国アメリカの衰退」 第4章「中ロ脅威論のウソ」 第5章「EU解体とイスラムへの対応」 第6章「海洋国家・日本の地政学」
Z旗新聞社 @zshinbun
P7  第7章「戦後体制の終焉と21世紀の脱亜論」 終章「甦る日本と2020年東京オリンピック」
Z旗新聞社 @zshinbun
P8 トランプ就任に伴う世界秩序と、これまで世界金融資本が作ろうとしてきたNEW WORLD ORDER はストーリーが違うから、大きな反発を招いているのだろう。
Z旗新聞社 @zshinbun
P9 巻末にはケント・ギルバート氏のあとがきが。タイトルは「トランプという「外圧」で日本は自立する」。外圧でもなんでもいい。日本が自立できるのならなんでもいい。トランプ就任で、中国や北朝鮮の軍事的脅威を前にしても変われなかった日本は、ようやく変わる千載一遇のチャンスを得たのだ。
Z旗新聞社 @zshinbun
P11 小見出しの「「勲章」が存在しない日本のおかしさ」に期待。
Z旗新聞社 @zshinbun
P12 ここより序章「トランプ大逆転の舞台裏」。この章ではメディアが語らなかったことがまとめられている。
Z旗新聞社 @zshinbun
P12続き かなり早くからトランプ勝利を預言していた宮崎正弘さんが2016年5月に出版した『トランプ熱狂 アメリカの「反知性主義」』amazon.co.jp/dp/4759314938/… @amazonJPさんから
残りを読む(504)

コメント

Makoto ⋈ Usui @Thin_ABARTH500 2017年1月30日
例えれば刺々の栗の中から殻を割って以下に中身を美味しく戴く事ができるか…これからのハイリスクハイリターンの世界なのは間違いないですね。 まぁハイリスクノーリターンの中国にどっぷり浸かった民主党政権の復活(共産党との連立とか悪夢でしかない)は金輪際ごめんですけど(;´Д`)
Makoto ⋈ Usui @Thin_ABARTH500 2017年1月30日
Thin_ABARTH500 以下に→如何に アップしてから気づくとはorz
Z旗新聞社 @zshinbun 2017年1月30日
最後のほうに書きましたが、トランプは大統領令を連発するハードベットを続けています。目論みもあるかと思いますが、運否天賦のところもあるでしょう。でもそれは顔には出さない。『賭博黙示録カイジ』を見ているようです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする