2017年3月4日

國分功一郎氏:改めて「主権」と向き合う

政治へのコミットメントのようなもの、自己決定のようなもの、への改な受け皿の思考
2
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

俺は90年代後半に最初のフランス留学をしたけれども、国民戦線の候補がこれだけの支持を集めるというのは本当に隔世の感がある。今でも信じられない。 フランス大統領選、ルペンがリード拡大 第1回投票世論調査|ニューズウィーク日本版 newsweekjapan.jp/stories/world/…

2017-03-03 23:40:25
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

マリー・ルペンが親父のハード極右路線から距離を取るようにしたという事実をやたらに強調して国民戦線はもはや極右ではないということを言う日本の記事もあるようだが、あの政党とその支持者にどういう欲望が備給されているのかが問題であって、掲げる政策をチラ見した感想など当てにならない。

2017-03-03 23:42:43
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

人種差別的欲望がそこにあることは明白であるとしても、しかし国民戦線の率いているような運動が実はそういう否定的な力だけでは動かないことに注目しなければならない。ここで補助線としてブルーノ・メグレという政治家の名前を挙げよう。

2017-03-03 23:45:06
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

メグレはルペンの父の側近で一時期は国民戦線のナンバー2だった。だが結局路線対立があって、国民戦線を抜けた。メグレの主張は基本的に反移民だが、ルペン父と違ったのは反EUではなかったこと。メグレは国民戦線を抜けたあと政党を作ったが、その政党は「ヨーロッパにはウィ」と言っていた。

2017-03-03 23:47:52
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

しかしメグレの路線は全然拡大しなかった。俺はちょっと意外だった。ソフトなこの路線の方が受け入れられ易いのではと思ったから。だが段々その理由が分かってきた。

2017-03-03 23:48:59
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

人間は意外に否定的なものだけでは動かない。積極的なものがなければ動かない。そういうことではないか。人種差別的欲望から反移民の感情を抱いている人はたくさんいるだろうが、それだけを肯定されてもあまり力にはならないのであって、積極的なものが打ち出されていなければいけない。

2017-03-03 23:51:17
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

では反EUにおける積極的なものとは何かというと、「主権を我が手に取り戻す」ということであろう。「フランスのことはフランス人が決める」。これは実に積極的な主張なのであって、これこそがメグレにはなくて、いまの国民戦線にはあるブースターではないか。

2017-03-03 23:53:01
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

国民戦線の支持拡大の背景には、その人種差別的欲望の表現をソフト化だけでなく、同党が実は積極的な主張を持っていたことがあるように思わえる。するとここからいかなる抵抗運動が必要であるのか、その方向性も見えてくる。

2017-03-03 23:54:52
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

ブレグジットもトランプの選出も、「主権」というこの古い概念がずっと問題になっていた。自分たちで自分たちのことを決められないじゃないかという気持ちがそこにはある。これ自体は真摯な訴えである。問題はこの訴えを受け止める受け皿が排外的なものになってしまうことだ。

2017-03-03 23:56:48
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

もちろん「自分(たち)のことは自分(たち)で決める」という発想は問題なしとはできない。そんなことは可能なのかと哲学的に問うことも必要である。だが、この発想と気持ちには政治がきちんと答えなければならないはずだ。そして答えられていない。だからその発想と気持ちが排外主義に利用される。

2017-03-03 23:59:42
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

反グローバリズム云々で問題になっているのは、主権の行使をどう担保するか、簡単に言えば、政治の決定プロセスへの参加および参加の感覚をどう実現するか、ということだろう。排外主義がこの問いに最も単純かつ危険な解を提示している。排外主義からこの問いを奪還しなければならない。

2017-03-04 00:02:42
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

だからブレグジットにせよトランプにせよ国民戦線にせよ、そこにある排外主義を単に非難したり危険視したりしているだけでは決定的に不十分だということだろう。主権を巡る問いをそこから奪還しなければならない。

2017-03-04 00:04:36
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

「主権」という概念が21世紀にもなってこんなに問題になるとは思ってもいなかった。しかし今はこの概念と向き合わねばならない時代だ。

2017-03-04 00:06:06
KoichiroKOKUBUN國分功一郎 @lethal_notion

俺はこの数年間「主権」を立法権で行使することを巡る近代政治哲学の諸問題をずっと論じてきたけれども、今のこの状況を考える上で、そこまで戻って考えることはとても大切だと感じる。

2017-03-04 00:10:10

コメント

Naoya Takahashi @mercymercymarcy 2017年3月4日
排外主義は悲しみの受動でしかないと思っていたので、何故にあちこちで流行るのかなと疑問だったのが、まとめると少し解けた気がする。政治へのコミットのようなもの、自己決定のようなものが、喜びの受動(國分さんのいう、積極的なもの)として働いているのじゃなかろうかと。 積極的なものに結びつきやすい排外主義ではない、何かを提示しなければこの現象は終わらないのではと思う。
0
Naoya Takahashi @mercymercymarcy 2017年3月4日
しかし、排外主義者に対して寛容・多様性を説くというのは効果がないようにも思えるので頭が痛い。排外主義はそれ事態が(過剰な)防衛反応である以上に、自己決定のようなものだから、活動力能をより小さくするものではないように思われる。
0
Naoya Takahashi @mercymercymarcy 2017年3月4日
トランプの姿勢に対し、寛容や多様性を説く人々は「アメリカは移民の国であり、芸術もITも移民なしには成立し得ない。移民はアメリカの力の源泉だ」と説くわけだ。けれども、トランプの同調者にとっては、仮にそうして国は栄えたとしても、政治にコミットしているような感覚が低下するわけで、彼らにこの種の説得は適合・一致しそうにない。
0
Naoya Takahashi @mercymercymarcy 2017年3月4日
寧ろ多様性を説く人々の「移民の国云々」の方が、個人として政治にコミットしているのかと? 国の繁栄を盾に、自己決定のようなものから逃げていないか、という疑念も浮かんでくる。 だからこそ、政治に参加している感覚を奪い返す必要があるのだろうが、それが何なのか今のところわからないので暗澹とする。
0
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2017年3月4日
そりゃまあ、移民を受け入れれば受け入れるほど、一票の価値は薄まっていくわけだしな
0
Naoya Takahashi @mercymercymarcy 2017年3月14日
これは一票の価値の問題ではないのだな。政治にコミットメントしている感覚の問題だ。仮にブレグジット派やトランプ支持派が負けていても移民排斥の気運は変わらないんだ。一票がもつ「重さ」の問題ではなく、自己決定のようなものについての問題だからだ。まとめにも述べられているように、自己決定のようなものと移民排斥は親和性が高いんだ。
0
Naoya Takahashi @mercymercymarcy 2017年3月14日
一票の価値の問題と捉えるならコーンベルトのような白人の割合が多く選挙人の数が少ない州と、独立十三州やフロリダ、カリフォルニアといった州の選挙人が多いことへの是正運動に展開していくのが、一般的な解決方法のはずだ。 そうではなく、選挙人制度の是正にコストを費やすのではなく(つまりここでは「積極性」は働いていない訳だ)、投票に積極性が働くのはよりダイレクトに自己決定のようなものをなした感覚が得られるからだろう。
0