10周年のSPコンテンツ!

文庫本派の叫び ~ 同じ値段でいいから文庫版も同時に出してくれ!

2016年11月にアニメ「氷菓」も人気となった「古典部シリーズ」の最新刊が発売されました。 しかし、それはハードカバー! 文庫本ではないのです! それを知った時の叫びをまとめにしました。
文学 書籍 小説 氷菓 文庫 古典部シリーズ ハードカバー
32
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku
古典部シリーズの最新刊が出たらしいと最近知って、いそいそ買いに行ったのですが、ハードカバーしかなかった……。つかハードカバー版があるの知らなかった。そしてWikipediaでハードカバー発売から文庫化までのきなみ2~3年かかってるの見て絶望してる。
リンク www.amazon.co.jp いまさら翼といわれても【電子特典付き】<「古典部」シリーズ> (角川書店単行本) | 米澤 穂信 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon Amazonで米澤 穂信の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
既刊のハードカバー発売から文庫化までの日にち

クドリャフカの順番
2005年6月30日 ハードカバー発売
2008年5月24日 文庫 発売
(2年10か月5日)


遠まわりする雛
2007年10月3日 ハードカバー発売
2012年6月22日 文庫 発売
(2年9か月1日)


ふたりの距離の概算
2010年6月25日 ハードカバー発売
2012年6月22日 文庫 発売
(1年11か月28日)


いまさら翼といわれても
2016年11月30日 ハードカバー発売


大体2か月ずつ短くなっているので、文庫化までかかるのが1年9か月後として、文庫版発売は2018年8月あたりではないかと予想

俺は生粋の文庫本派だ!
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku
私は生粋の文庫本派です。いくら読みたくてもハードカバーしかなかったら読まない。なぜかというと、僕にとって本は持ち歩いたり、ベッドで寝そべったり、ふろに入ったりしながら読むものであって、ゆったり椅子にすわって読むものじゃないから
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku
だから『コトダマ』も文字数に制限付くだろうな、と思いつつもB6版に下げたんです。

補足:『コトダマ』とは、筆者が細々と発行している、同人文芸誌です。1~5号まではB5版でしたが、6号からはB6版にしました。

想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku
ハードカバーと同じ値段でいいから文庫版今すぐ出して! ハードカバーは重いしかさばるし、自分にとってはいいことない形式。DSのソフトと同じでいいじゃん! 2~3年したら廉価版出すんでいいんじゃん

「逆転裁判」シリーズなども、数年すればベストプライス版が出たりしています。それでもそれでも発売当初に2倍以上の値段で購入したことにまったく悔いはありません。

追記:まとめ公開後の反応をいくつか抜粋
トゥギャッターまとめ編集部 @tg_editor
@sou_sitakuさんのまとめtogetter.com/li/1094171 を本日のトゥギャトピに選ばせていただきました!文庫本になるまで2年前後もかかるとは知りませんでした…!お気持ち非常に分かります!トゥギャトピはTogetterのTOPページで紹介しています。みてね!
正気のしすこ @siscon_nyaku
昔の本欲しがると逆にハードカバー欲しいのに文庫しかねえ!ってなるときある
正気のしすこ @siscon_nyaku
オイディプス症候群とかしばらく探してるけど未だに見つからねえ
まいくろ @micro_blue
文庫買うほうがむしろ抵抗があるときがある
まいくろ @micro_blue
言われてみるとハードカバーって綺麗ってこと以外デメリットしかない気もしてきたでもハードカバーじゃないとなんかなんか違うんすよ
4LDK @4LDK
ハードカバーしかなければハードカバー買ったりするんだけど、写真集や攻略本のように画像が多いなら分かるけど、そもそも小説においてハードカバーの存在意義がよく分からない
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku
ちなみにKindle版はすでに出ています
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku
それ買えばいいじゃねえか! って思うでしょう? でも僕は文庫版でそろえているので、そこだけKindle版だと気持ち悪いのですわ。
そしてついに……
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku
.@yamagatamyclus さんのコメント「いまさら翼といわれても (角川文庫)米澤 穂信 2019-06-14 発売予定らしいですよ。」にいいね!しました。 togetter.com/li/1094171#c62…
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku
.@yamagatamyclus いやっほおおおぉぉぉぉぉーーーーー!!!(狂喜) togetter.com/li/1094171#c62… 「文庫本派の叫び ~ 同じ値段でいいから文庫版も同時に出してくれ!」togetter.com/li/1094171 にコメントしました。
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku
ついに! ついに文庫化キターーーー!!! 待った! 待ったぜ! 2年と3ヶ月!(新刊の存在に気付いてから=まとめを作ってから今までの期間) >いまさら翼といわれても 米澤 穂信:文庫 | KADOKAWA kadokawa.co.jp/product/321901… @kadokawa_prさんから
残りを読む(2)

コメント

🚮 @recyclebin5385 2017年3月26日
わかる ハードカバーは重いしかさばるし、電車で立ってる間に手に持って読むには腕力が辛い
hytm @hytm 2017年3月26日
重くてかさばるのなら電子書籍もあるし、ハードカバーと文庫と電書が同じ値段であったら電書を買うので、主旨がよくわからない。文庫ってようは廉価版だと思ってたけど今はそういう時代じゃないってことかな。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年3月27日
ハードカバーじゃないけど、「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」は文庫と新☆ハヤカワ・SF・シリーズが同時発売やね。
るいせ @ruise2 2017年3月27日
hytm ハードカバーか文庫かという話に、なぜ電子書籍の話をぶっこんでくるのか。コレガワカラナイ 腕時計のバンド何選ぶかって話に、スマホでいいじゃんみたいな……
バタ子 @Zambarabarabara 2017年3月27日
という人がたくさんいればいいけど、実際はハードカバーと文庫同時発売してもコストが余計にかかって版元は困るだけ。ハードで出て売上が芳しくなければその後文庫がでないこともある……ということを考えればあとは分かるな?
酔うかい?ウオッチ @midalixyseba 2017年3月27日
最初ハードカバーにする理由ってなんだろ。子供向けで勉強机で読むことを想定してるなら分かるけど、大人は移動時間とかカフェとか、手軽な単行本サイズが助かる状況での読書が多いのではって思うけど
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年3月27日
一方、単なる再生産なのに値上げして来るリボルテック・レガシーwith海洋堂
矢野健太郎 @yanoja 2017年3月27日
「持ち歩いたり、ベッドで寝そべったり、ふろに入ったりしながら読む」ならスマホで電子書籍読むのが一番向いてる気がするけど電子書籍もハードカバーと同時には出てくれないことあるからなあ
矢野健太郎 @yanoja 2017年3月27日
あ、なんだ『いまさら翼といわれても』ってもうKindle版出てるじゃん。つーかまとめの頭にリンクあるじゃん。なんで文庫待つの?
はいぱ@玉ねぎ畑の小作人 @haipa2000 2017年3月27日
まあ、「(´・ω・`)知らんがな」でおわりじゃないの イヤなら黙って待ってろってことで 第一、文庫が出るだけでありがたいんだぞ?
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2017年3月27日
まとめを更新しました。(追記以降。)
五月 @xf52_523 2017年3月27日
まあ、二巻が出てから三巻が文庫化されるまで五年以上待たされたしな。もう諦めた。
やし○ @kkr8612 2017年3月27日
古典部シリーズならほっといてもそのうち文庫化されるだろうけどハードカバーで出たらすぐ買わないとあっさり絶版になっちゃって勿論文庫化なんかされない作家が好きだったりするとつらい。
56号 @56gojp 2017年3月27日
ハードカバーの価格が正規の料金で文庫は廉価版だと思ってるからいつもひっそりと待ってる。
もうだめぽ @moudamepo150701 2017年3月27日
ハードカバーと文庫を同価格でってのは止めてほしいな。俺も文庫派なんで文庫化はできるだけ早くとは思うが出版社の事情を考えればしゃあないかなとも思うので2年我慢してる
矢野健太郎 @yanoja 2017年3月27日
ああ、そうか。「前巻まではすでに文庫で揃えてるから」だと辛いなあ。とりあえず電子版で読んで文庫出たら本棚に揃えるためだけに買い足す…てのもなんか残念だし…お察しします(´;ω;`)
野浦湘 @nora33371216 2017年3月27日
大人だったら単に読書のためだけに本を買うのではなく、作者への応援や出版社への貢献も考慮して本を買ったほうがいいんじゃないかな。文庫化を待ってハードカバーを買い控えていたら、売れないと判断されて文庫化そのものが消えるだろうし。ただでさえ今は本が売れないと言われている時代なんだから、本が好きなら自分でできる応援はしないと。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2017年3月27日
ハードカバー、文庫、電子書籍どれであれ、シリーズをそれで買ってたら、それで揃えたいのは分かる。かといって、揃えるためだけに持ってる本を最初から書い直すまではなかなかちょっとね。
@yoghurtholic 2017年3月27日
なかなか評価されないけど個人的に大好きな作家の本を買いたくても軒並み絶版してて、罪悪感感じながら中古本買ってる人間にはそもそも「文庫になる」ということ自体が縁のない話だな。新刊が出るだけでもありがたい……。そしてちゃんと新品で買えて作家に還元できるだけでもありがたい……。 新潮さん、「遮断」と「敵影」はいつ文庫化してくれるのかな?
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月27日
全部Kindle版で買い直せばいいじゃん。で、保存(陳列)用に文庫版も買えばいい。
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年3月27日
電書は体のいいレンタルだからな。自炊派なので元の本がボロい方がやり甲斐がある。
やし○ @kkr8612 2017年3月27日
ハードカバーのが1冊あたりの出版社の利ざやが大きいってのは分からなくもないけど単価高い分数が捌けないから最初から文庫で出してくれって思ってる作家も結構居るんじゃねぇかなあ。そして何で客の側が出版社への貢献なんか考える必要があるというのか。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月27日
kkr8612 逆じゃない? 数が見込めないから単価の高いハードカバー。
kiryu @kiryuair 2017年3月27日
角川書店が「ダ・ヴィンチ・コード」文庫版出すときに、文字でかくして上中下巻の三冊にした…。(それ以降ハードカバー上下巻なのに文庫版は三冊になった例が多い)非常に邪魔。「大聖堂」の上中下巻見習え。
akita_komachi @antiMulti 2017年3月27日
ハードカバー単行本→新書判→文庫という流れで出すなら、せめて新書判をハードカバー版と同時か、間を置かずに出して欲しい。
上須輝郎(セン) @satohowakohi 2017年3月27日
すごくわかる。同じ値段でいいから文庫版も同時に出してほしいっていつも思う。同時だとコスト的に無駄が多いと言うなら売れたものは箱付、付録つきの豪華版をあとから出せばいいじゃないか。それぐらいのことは出版社も考えた上でうまくいきそうにないからやらないんだろうけど、言うだけならタダだしみたいな。
akita_komachi @antiMulti 2017年3月27日
せめてさいしょの単行本を、ハードカバーではなくソフトカバーで出してくれると、持ち運びも読書もしやすい。
akita_komachi @antiMulti 2017年3月27日
電子書籍については、「体のいいレンタル」とお書きの方に僕も同意。電子書籍は読書権を買うものなので、配信社が潰れると読めなくなる。
飛龍瑞鶴@高野皐月 @hiryuuzuikaku 2017年3月27日
気持ちはわかる。ハードカバーで揃えて、文庫が出た時にまた買うんだが…利便性は文庫が良い
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月27日
売るがわの理屈からいけば、まず高いハードカバーでってのは当然の話なわけで、特に不思議とも思わない。 最初から文庫ってのじゃ売り上げ的につらいだろう。 ハードカバー並みの価格の文庫本ってのも、熱心なファン以外には売れる気しないしな
gesunogesuo @gesunogesuo 2017年3月27日
まず家にある文庫本を自炊して電子書籍版を購入。文庫版が出たらそれを自炊で解決。
酔宵堂 @Swishwood 2017年3月27日
最近の文庫本高過ぎる。ワンコインでちっとも買えやしない。小先生で足りないとか絶対おかしいだろ(ハ○カワとかな……
麻宮 眠夢 @m_nemu 2017年3月27日
数年後に安売りすれば良いじゃん、っていうのには 再販制度を恨め って話だよね。
nekotama @nukotama001 2017年3月27日
小説だから二年で文庫本出るけど、一般書籍はそうはいかん。十数年目に文庫化とか。
ぉざせぃ @hijirhy 2017年3月27日
2種類の想定で同時発売するのが非合理的なのはわかるけど、先にソフトカバーで発売して売れたら豪華想定の愛蔵版を出すのではなぜダメなのか?マンガなんか大抵そのパターンじゃない?それで問題があるようにも思えないけど、マンガ以外ではなぜできないのだろう?
ぉざせぃ @hijirhy 2017年3月27日
何の本か忘れたけど、文庫化のときに分冊して新書版より割高になったけど文庫の方が売れたって例もあるみたいなので、文庫版が高かったら売れないってのは些か懐疑的。
taka @Vietnum 2017年3月27日
(´-`).。oO(最近のでハードカバーを買いたくなるほど質の高い本なんて、どれくらいあるんだろう……)
taka @Vietnum 2017年3月27日
新刊ハードカバーなんて図書館で借りる人のほうが多いかも?( ̄∇ ̄)  本が売れないのは値段設定のおかしさもあると思う。 「ブンガクは文化・芸術」とでも思ってるのかデフレでも値段を下げず(でも質は下がり)、おかげで映画のチケットみたいにたかが1800円ほどが無性に高く感じるw  とりあえず小説本を作ってる人らって、旧態依然のぬるま湯に浸りきった左うちわの殿様商売が大好きなんじゃないかって思いたくなるよ。
Cook⚡ @CookDrake 2017年3月27日
旧来の話になるけど、作家さんにしてみれば、ハードカバーを出した、というのは大きな箔付けになるんですよ。ビジネスマンがでかいプロジェクトを成功させたみたいなもんで。名刺代わりになる。そしてハードカバーから文庫に落ちるときに、もう一度印税が入る。文庫化って売れた本である証みたいなもので。で、ハードカバーで終わってしまうとこの二粒目は味わえないわけだけど、文庫化がなかったとしても単価的にはハードカバーの方が高いのが旧来ですね。電子書籍化が一般的になってきた現在ではまた事情は違いそうですが。
野上はるか @harukanogami 2017年3月28日
本は基本文庫でしか買わない。 単行本は買ったとしても読まずに積んでしまうことが多い。 サイズも小さく、持ち運びが便利でいて尚且つ紙の本であるという文庫本があらゆる面で勝っている。 電子書籍はいつまで版元がサービス継続するかって問題あるしな…。
ぉざせぃ @hijirhy 2017年3月28日
電子書籍が出てるからいいじゃないかってのは例えば映画がネットで見れるから劇場公開しなくてもいいじゃないかって言うようなもののような気がする。
16TONS@最近ゲームやってねえ @moonintears16t 2017年3月28日
mtoaki そもそも読みたい文庫作品が全てKindleになってると思うなよ(血涙)
うにら @riafeed 2017年3月28日
hijirhy 待ってればテレビで見れるしブルーレイででるだろうからそれでいいじゃん
男山 @otokoyama_rx 2017年3月28日
年寄りにとか、ちょっとしたプレゼントにはハードカバーよいものなのですよ。個人的には文庫本よりページが抜けやすいのが多い気がするので、あまり好きではないですが。文庫でもラノベのカラーページどうにかして
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年3月28日
hijirhy 漫画の場合は何回も(何十回も)読む場合があるからじゃないかな。通常の本はまあ、ボロボロになるまで読むってことは、絵本と参考書以外はあまり考えられないんで…。
ぉざせぃ @hijirhy 2017年3月29日
ontheroadx 何度も読むこらマンガはペーパーバックということですか?ちょっと因果関係がよく分からないんですが。
ぉざせぃ @hijirhy 2017年3月29日
マンガは一冊読むのにかかる時間が文字ばっかりの本に比べて短いから、時間あたりで考えたらマンガは割高だってんならわかるが。あと購買層が子供や学生であることを考えてなるべく単価を下げてるとか。
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月29日
小説で、文庫版読んでよかったから豪華本買いなおす人ってどれだけいるかだよな。 たとえばこのコメント欄でも文庫本でしか買わない! って人は散見されるけど、文庫買ってハードカバーも買いました!って人はおいらは確認できてない。 おいらも漫画であとから豪華版をってのは買った経験あるけど、小説ではないんだ
今日が終わりの始まりの日 @__blind_side 2017年3月29日
そういえば、京極夏彦の『ルー=ガルー2』(講談社)は単行本、ノベルス、文庫、電子の4バージョン同時発売だったのぉ。
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月29日
漫画だと、大きく印刷され、印刷の質もいいとなったらそれは大きな売りになるけど、小説の場合活字が大きくなるくらいで、あとは装丁が豪華だったり本の雰囲気にあってたりって程度だから弱いよね、もう文庫本などで持ってる人に買わせる力みたいなのはさ
natsuume @t_01201 2017年3月29日
実家暮らしのときはハードカバーの小説たくさん持ってたけど、一人暮らし始めるとハードカバーの本はスペース取りすぎるので文庫か電子書籍でしか買ってないな……。文庫でも本棚が埋まっているので文庫で揃えてるのは文庫で、新しく買うのは電子書籍で分けるようになった。
@yoghurtholic 2017年3月30日
Neko_Sencho 一人だけですけど文庫になったら単行本持ってても文庫買うと決めてる作家がいます。原稿掲載されたら雑誌も買います。初期の頃の短編が短編集に収録されず、もうどこにもなかったり図書館でコピーしたりしたので……。ついでにいうと角川はキンドル版もだしてくれたので、キンドル版も買いました。 まあアニメ化もされた古典部シリーズだと、あんまり「見たら買わないともう会えなくなっちゃう!」みたいなのはないと思うんですが。
vw4cylinder @vw4cylinder 2017年4月4日
ハードカバーと同じ値段で良いから、文庫も同時に出して、には完全同意だな
山形ミクラス(年に30日くらい福島走ってる) @yamagatamyclus 2019年4月28日
いまさら翼といわれても (角川文庫)米澤 穂信 2019-06-14 発売予定らしいですよ。
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2019年4月28日
yamagatamyclus いやっほおおおぉぉぉぉぉーーーーー!!!(狂喜)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする