Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能

海上自衛隊はF-35Bの夢を見るか

雑な話をまとめたので積極的に叩いていってね!
35
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

海自、「かが」が就役したことで搭載航空機規模が20を超えるFlotillaを4個保有するという狂った海軍になったということは留意しとかないといけないし、これの機能を喪失させるには300発近い対空ミサイルの壁を破らないといけないということも留意しなければならない。

2017-03-27 21:43:54
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

もちろん、海自の護衛隊群は遼寧に対抗は困難ですが、逆にPLANがSM-2とESSMの槍衾を破って対潜行動を阻止するのもかなりの労力を必要とするという観点から見て、それはそれで脅威であるということは留意されたほうがいい。

2017-03-27 21:47:20
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

PLANはいづれ空母を核としてVLS300超のグループを複数編成するでしょうけど、ではこれを米軍だけに差し向けれるかというと懸念となっているのが本邦を中心とする周辺諸国であるという観点をしていこうな。

2017-03-27 21:54:23
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

仮にF35Bを海自が配備するなら航空機搭載数が40機レベルの船を作るだろうし、それは今のDDHの退役は意味しないって話する?

2017-03-27 22:03:52
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

1個飛行隊≒20機から発射される対艦ミサイル(1機当たり4発撃つとすると計80発)、これを2回防ぐなら最低160発必要で、これを長SAMと短SAMの2回で防ぐとしたらおおよそ320のミサイルが必要になる。

2017-03-27 22:08:12
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

320発のミサイルは長SAM160セル、短SAM40セルに収納される為、グループが保有するVLSの数が300あるということはSAM以外に使用できるVLSが100もあることを意味する。

2017-03-27 22:10:26
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

VLSが100余るという事は1個飛行隊が投射できる攻撃能力が丸々残るという事であり、グループのVLS保有数というのは300付近が目安だというのはもっと知られてもいい話かもしれない。

2017-03-27 22:16:29
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

それを踏まえて中国を見ると長SAM160発、短SAM160発をそろえようとしたら問題点として①個艦のVLS搭載数が少なめ②クアッドパックが実戦配備されていない、という点が浮かび上がり、これらを海軍全体で再整備するとなるとさすがに短期間ではいかないという問題が残ります。

2017-03-27 22:21:28
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

ただ、中国の問題は米海軍および自衛隊の対艦ミサイル攻撃を波状的に行う能力がないのがやはりプラスに働いているので、その辺の向上が必要になってきますね。

2017-03-27 22:23:14
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

PLAN、VLSを300用意しようとすると052Dを3隻、054Aを4隻必要とするのきっついなあ。しかもクアッドパックないから300でもカツカツになりかねんのか…。

2017-03-27 22:30:32
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

実際、クアッドパックなしなら400はないと艦隊としてのプレゼンスが片手落ちになる感じがあるので052Dを4隻、054Aを5隻じゃないと現状はきついのか…。055と054Bはその辺を改善してくるでしょうね。

2017-03-27 22:32:57
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

海自の主敵を中国とする場合、護衛隊群がF-35Bを保有することはPLAの戦闘機と戦い、更には攻撃任務もこなす可能性が見えてくる。

2017-03-27 22:34:40
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

その場合、1個飛行隊を制空/攻撃任務にと利用すると予備に1個飛行隊を用意する都合上24機以上のF-35Bを搭載する必要が出てくる。さらには掃海警戒機、輸送機、救難機を各最低4機程度は必要としてくる。合計36機だ。

2017-03-27 22:37:34
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

しかし、これでは対潜任務が出来なくなる。対潜任務を十分に行いつつ対空や対地任務をこなすにはどうしても後10から15の空きを必要としてくる。これは航空機が投入される任務が過酷であるが故に損失を覚悟して余裕を見ないといけないからだ。

2017-03-27 22:39:52
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

しかし仮に60機程度載せられる空母を用意できたとして、果たして我が国はそれを喪失しても許容できるほどの戦力を持った護衛隊を用意できるだろうか。戦隊とはその旗艦が喪失しても戦える必要がある。浮いている限り戦えねばならないのだ。

2017-03-27 22:41:36
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

そこで提案するのが、40機規模の空母を建造し、残りの20機を既存のDDHを核とした各戦隊で予備として保有することだ。これによりたとえ空母が喪失されても、まだ20機残っている。そして既存の戦隊には300を超すVLSが存在するのだ。

2017-03-27 22:43:27
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

もちろん、空母を保有するとなったらイージス艦を各隊群3隻にして攻撃能力の底上げを図る必要があるし、トマホークなりVLS式のSSMなりを保有する必要が出てくるでしょうけど、さすがに空母を保有する段でそこをためらっていることはあまりない気もします。

2017-03-27 22:45:57
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

空母を持ったからといってグループのVLSは容易には減らせない。空母が仮に喪失したらそのグループは攻撃能力を失ってしまうことに直結してしまうからだ。むしろ空母により増強された攻撃能力を多重化する必要から護衛隊はより攻撃的な能力を保有する必要がある。

2017-03-27 22:51:12
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

この話、制海艦とか護衛空母の話は抜きにしているから注意ね。

2017-03-27 22:51:43
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

韓国海軍、仮に戦隊を組むならイージス艦1隻とDD2隻になるけど、SM-2しかないから1個飛行隊による対艦ミサイル攻撃でVLS空っぽになるじゃん…。

2017-03-27 23:02:51
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

@Tetsu__tw 対空用途では300発程度のSAMが必要でしょうけど、そこに従来の対潜用途のSUMを温存し、さらにはSHの同時展開を4~8増やし、対地なり対艦用のミサイルをF-35B1個飛行隊が投射できるレベルまでとなると400セルは必要になってきます。

2017-03-27 23:09:00
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

400セルをなるべくミニマムな戦力で補うとなるとイージス艦3隻、拡大型汎用護衛艦3~4隻が必要になってくる。

2017-03-27 23:10:48
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys

対空用途で見るとですね、F-35B1個飛行隊≒12機の投射できるミサイルの数は1回の迎撃でイージス艦1隻分でしかないっていうですね。ならF-35Bは多用途に使用されないといけないんですよ。

2017-03-27 23:21:39

コメント

緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年3月28日
よしアーセナルシップを建造しよう。一隻でVLS500発ぐらい積んでるやつ
1
飛鷹隼 @junhiyoh 2017年3月28日
そして結局辿り着くのは予算と人員のやりくりも圧迫するのにその程度の打撃力しか持てないSTOVER空母そこまでして建造するくらいなら攻撃ミッションはASM-3×2抱いたF-2で防空艦狩りやった後にASM-2×8抱いたP-1を2個飛行隊ほどぶつける形の方が費用対効果も高くて結果対潜特化のDDHグループ以上のものはいらんよな、と言うオチに
7
春巻れいじ@月曜日 西さ-20b @KazunePP 2017年3月28日
junhiyoh 今のご時世だとDDHのキャパシティ増やす理由はどちらかと言えば災害派遣ですしね。勿論DDHグループ全体のヘリ可動率の向上も意味はありますが。
1
Simon_Sin @Simon_Sin 2017年3月28日
つか、狭くて高価ですぐ沈む「空母」の上から数機の飛行機飛ばすカネあったら広くて安くて沈まない陸上の滑走路から何十機もの飛行機飛ばした方が効果的じゃん?カネの無駄遣いがしたいの?
1
おーとま @Automatic_T 2017年3月28日
現状、日本列島から遠く離れた場所にぶっこみに行くという情勢にでもならない限り、といういつものオチががが
6
四式戦闘機 @ki84type4 2017年3月28日
やっぱり艦載F35&空母なんぞいらんという話にしかならんよな…
2
遮光昏人 @KREHITO 2017年3月28日
空母ってようは外国に航空戦力ぶっ込む代物だから、専守防衛とは恐ろしく食合せ悪いわな。あと原潜も
1
霧島 貴昭 @StBbb33 2017年3月28日
よほど金があるかもしくはどうしても国防に関して米から独立したいのでなければ、反撃のための攻撃役は日米安保で賄って防衛に特化し、エアカバーは基地航空隊で充分だよな
1
野良猫さん @as681700 2017年3月28日
空母つくって何処までいくきなんだ
1
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2017年3月28日
おおすみ就役した時の騒ぎをまた繰り返してるのか、ほんと旧海軍信者は飽きねえな。
2
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2017年3月28日
ちなみに当局、中国が大型空母を建造するのは大賛成だったり。機動部隊は基本金食い虫なので、そっちに予算を投じれば投じるほど他が疎かになるし、対艦ミサイルの飽和攻撃で空母を潰すというソ連のドクトリンをそのまま中国の空母に対してぶつけられるので、虎の子の空母を守るために中国はますますリソースを割かねばならなくなるという悪循環に。
4
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys 2017年3月28日
空母を作らなくても結局空母を作る並の予算は投資した方がいいって話してます?
4
春巻れいじ@月曜日 西さ-20b @KazunePP 2017年3月28日
考えてみたら最大の空母機動部隊抱えてる米軍自体がある程度の後方にある基地と空中給油で良くない? って状態になってるという話をどこかで聞いた覚えがあり、そうなると先制攻撃で沖縄の基地が破壊され中長期に渡り使用不可能な状態になったとしても影響はあっても致命的ではない…という話も想像はできます。
0
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2017年3月28日
Military_Hobbys というより、空母に金掛けるくらいならその分本土の防空能力を揃えた方がよほど効率的という話かと。
1
Σ=(「・ω・)「<大火力太郎@岩本三太郎 @Military_Hobbys 2017年3月28日
fool_0 効率と裕度は相反するって話をしてたつもりなのに…。
0
飛鷹隼 @junhiyoh 2017年3月28日
KazunePP 戦闘運用でもDDHにヘリを集約する事でDDがキラー役に専念出来るのが最大の強みだしな 無論、遠隔地の災害派遣その他諸々でカメラポッド抱いた海兵隊のF-35Bを一時的に載せて撮影拠点として運用するとかいうのは有だろうけれども
0
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2017年3月28日
Military_Hobbys ただまあ、空母と艦載機があれば機動部隊ができるなどという単純な話でも無いですからね。どんなにハードが優れていても、ソフト面が劣っていれば文字通り画餅に終わるかと。 ちなみに米軍は今日のように機動部隊を運用できるようになるまで、事故だけで1万機以上の航空機と5千人以上のパイロットを失っています。
0
春巻れいじ@月曜日 西さ-20b @KazunePP 2017年3月28日
junhiyoh そうなりますよね…ただマリーンのF-35運用するにしても非被災地から飛ばして画像はデータリンクでぶん投げた方が早いのではという可能性が。今のカメラポッドってフィルムなんですかね。
0
春巻れいじ@月曜日 西さ-20b @KazunePP 2017年3月28日
そしてこのまとめで潜水艦って要素が含まれてない点が気にはなった。日本側にせよ中国側にせよ。
1
飛鷹隼 @junhiyoh 2017年3月28日
KazunePP TARPSは現像の必要なアナログだったけど現用のSHARPはフルデジタルになってるので撮影データそのままデータリンクで母艦に送って母艦側でハザードマップと重ねて即応待機のヘリに持たせるって形で運用できるけど東日本の時の運用はどっちだったのかね……
1
飛鷹隼 @junhiyoh 2017年3月28日
海自の固定翼飛行隊って定数何機だったっけ?まぁP-1なら8機でも64発、12機なら96発なので仮に24機動かしたら一撃で192発とかいう今度は持たせるミサイルが足るかどうかを心配する必要有るくらいの釣瓶撃ちが可能なのだけども
4
春巻れいじ@月曜日 西さ-20b @KazunePP 2017年3月28日
あとは日中どっちにしても同時迎撃可能数がどこまであるかって話が…捕捉追尾出来なきゃ意味ないですし
0
飛鷹隼 @junhiyoh 2017年3月28日
fool_0 なるほど。じゃあやはり一個飛は8~12機ってとこか
0
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月28日
単純に予算が出ないし、専守防衛の建前から空母あるいはそれに類する艦の運用そのものが無理でしょ
0
飛鷹隼 @junhiyoh 2017年3月28日
KazunePP まぁ、事この部分に関してはイージスシステムに加えてP-1となんとなれば空のAWACSとE-2Dもアテにできる分日本側に相当のアドバンテージなのは間違いないけど……とはいえやはりあさひ級のVLS増備とあさぎり級の早期リプレース(出来ればあきづき級で)がないと不安だな
0
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2017年3月28日
junhiyoh ただあきづき型、コストが高過ぎて結局4隻で打ち切りになった経緯があるから、あさぎり型がダウンしたところでその代替であきづき型を建造するとは絶対思えんのですよね……ちなみにその反省からコストダウンを図ったのがあさひ型です。
0
飛鷹隼 @junhiyoh 2017年3月28日
fool_0 ま、そこなんですよねぇ……あさひもVLS載せ足しは出来るしESSM搭載艦なのであさぎりよりは防空艦としてもアテにはなるんですがDDH直衛、ていうところを考えるとやっぱり最低あきづきと同等の防空力備えたフネは欲しくなる、と(あさひの後期艦で防空力強化、は妥協点として有)
0
horizon @over_thehorizon 2017年3月28日
上でちょっと出てるけど、海自の固定翼哨戒機部隊は、対水上艦火力として無視できない。むしろ護衛艦群より対艦攻撃では主力を張るのではないだろうか。
0
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2017年3月28日
junhiyoh 補足するとあさひ型は2隻で打ち切りが決まっており、実験艦の意味合いが強いです。むしろ次々期汎用型護衛艦建造のデータを取る為にあさひ型を建造すると見た方が自然でしょう。ただあさひ型もただの実験艦という訳では無く、現在試験艦あすかで試験中の新型レーダー(P-1が装備しているHPS-106レーダーが原型)を搭載予定です。
0
m.t @Ellfas3 2017年3月30日
「基地航空から大型機で対艦攻撃」とか、そもそも「空母か基地航空か」という議論自体に85年ぐらい前の既視感が
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2017年4月27日
オレ等素人たる軍ヲタが想定するより早く、「いずも」型DDHで空自方面施設隊を海上輸送して下地島を空自基地化する未来が見える希ガス
0