編集可能

手塚治虫「アドルフに告ぐ」と「ブッダ」、そして史実をめぐって~(「アドルフ」現在アプリで無料で読める!)

「ガンバ大阪のサポーターがナチスに似た旗で応援」 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170421/k10010956061000.html というニュースの流れから、 「中高生は手塚治虫の『アドルフに告ぐ』をお勧めします」 「いや、あの漫画は『ナチスの歴史を学ぶ』にはお勧めできない」 続きを読む
208
カイセー🐳ネ申 ゎ しヽ ゐ👼 @Ksyzr

『聖☆おにいさん』でブッダが手塚ブッダを感動して読んでるシーンがあったけど、ほんとだったら「誰だよこいつ!」ってなるべきとこだよなーあのブッダの思想は仏教でもなんでもないし…しかしあれをブッダ伝記として読んでしまう可能性はすごく高い twitter.com/kasuga391/stat…

2017-04-23 04:41:30
黄色異人/とし雪 @yellowman_a

@kasuga391 そもそもブッダ(手塚治虫著)ってとある学会系の出版社から出てますから ねえ

2017-04-23 04:44:10
七月鏡一 @JULY_MIRROR

@kasuga391 あれはむしろ「火の鳥・ブッダ篇」として読むと納得できるものです。

2017-04-23 04:44:21
カスガ @kasuga391

@gryphonjapan BSマンガ夜話の方はちょっとわからないですけど、夏目房之介氏が何かの本で似たような感想を書いていた記憶が。

2017-04-23 04:46:35
カスガ @kasuga391

@yellowman_a さすがに天下の手塚治虫が創価学会の提灯持ちをしたということはないでしょうけど、潮出版が手塚にこの企画を依頼したのは、手塚の手で「『永遠の生命』を悟るブッダ」を描いて欲しいという下心があったからかもしれませんね。

2017-04-23 04:51:29
カスガ @kasuga391

@JULY_MIRROR 実際、作中でブッダが得た悟りって、火の鳥が未来編で言ってることとほとんど同じなんですよね。

2017-04-23 04:52:25
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

@kasuga391 まあ、あの作品は潮出版社との連載前の約束でも 「創価学会の教義解釈にも、その他の仏教の教義解釈にも縛られませんよ、自由に描かせてもらいますよ」とは念押ししたうえで描いてるんですよね。 そういうのはポリコレ的にはどうなの、と言われればわからないけど、昭和の御代には許されたかな。

2017-04-23 04:52:35
黄色異人/とし雪 @yellowman_a

@kasuga391 経緯からして少なくとも潮出版側の要望(意図)がある程度混じってはいるだろうな、とは思いますね… もっともおいらブッダは読んだことないですけども…

2017-04-23 04:57:39
カスガ @kasuga391

@gryphonjapan 実はあの「永遠の生命」論って、創価学会の二代目会長戸田城聖が生前から主張してた仏法論と凄く似てるんですよ。

2017-04-23 04:59:20
カスガ @kasuga391

@gryphonjapan だけど、これは手塚治虫が創価学会の解釈に合わせたというよりも、潮出版の方で「手塚なら頼まなくても永遠の生命を悟るブッダを描いてくれそうだ」と考えて仕事を依頼したんじゃないかと。

2017-04-23 05:00:29
カスガ @kasuga391

@yellowman_a 「あの作品で描かれてるテーマは仏教の思想とは一切関係ない」と割り切った上で読むなら結構面白いですよ。あれだけ独自の設定加えてるのに、幽閉されたビンビサーラ王のために王妃が素肌の上に乳と蜜を塗って舐めさせるシーンとか、そういうフェティッシュなシーンはちゃんと採用してますもん。

2017-04-23 05:06:36
七月鏡一 @JULY_MIRROR

@kasuga391 もともと、企画段階では「火の鳥・東洋編」という予定だったようですね。

2017-04-23 05:23:54
黄色異人/とし雪 @yellowman_a

@kasuga391 そういう読み方をすべき話なのね…

2017-04-23 05:23:58
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

そもそも坂口尚氏は手塚プロのアシスタントとして大活躍した方なんだよな(ブラックジャック創作秘話にも登場) ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82… そして「アドルフに告ぐ」の対が「石の花」なら(異論もあろう)、 「ブッダ」の対として「あっかんべえ一休」と見立てたいところ。 pic.twitter.com/APTOfbxtuC

2017-04-24 02:32:49
拡大
アドルフに告ぐbot @Tezuka_adolfbot

ねえ あなた ドイツ人とか日本人とか… どうして人種なんてものがあるんでしょうね 民族や人種どうしにくみあうから戦争もおこるんだわ 親子が引き裂かれてしまうんだわ どの民族だっておんなじように家族があって家庭があるんでしょ それなのに…なぜ人間ってバラバラなのかしら(峠由季江)

2017-04-23 09:17:50
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

えええええええええええ!! びっくりだよ こりゃ知らんかった 「ブッダはもともと『火の鳥・東洋編』」とな???? twitter.com/JULY_MIRROR/st…

2017-04-23 09:32:03
「アドルフに告ぐ」台詞bot @Aufruf_an_Adolf

あたしねー父のあとをついで警察官になりたいと思うの。女が警察官になれる時代来ないかしら?(仁川三重子)

2017-04-23 09:33:06
隈部雅則@くまべっち @kumabetti

「手塚治虫」作品の中で最高傑作って何なの?????(画像あり) - 超マンガ速報 chomanga.com/archives/51048… 『アドルフに告ぐ』 『陽だまりの樹』 『ネオ・ファウスト』 どの作品も好きなんだけど、個人的な3大手塚作品。

2017-04-12 01:14:09
ぽん。 @Uma_pong

アドルフに告ぐはこんなに仲が良かった2人のアドルフが、アドルフ・ヒトラーによって起こされた惨禍に狂わされ、憎しみあい殺しあう大河ドラマ。手塚作品でも屈指の名作なので読んで見てください。手塚治虫じゃなきゃ作れないよこんなの。 pic.twitter.com/qrugOnsjAd

2017-04-20 11:18:25
拡大
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

@kasuga391 まとめ作成用に入れておくけど「ブッダ」ラストの「私の教えは忘れられてしまうのですか?」と迷って、それが悟ったブッダらしくないよね、という話はBSマンガ夜話だったかもしれないし、夏目房之介氏の「著書」だったかもしれないということで。(夏目氏は番組出演者だから持論言っても普通)

2017-04-23 09:58:38
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

あとまとめ作成追加的には アドルフに告ぐ、中高生読むのはいいと思うのだよね。 というのは初歩の初歩の話で、 「20世紀初頭、ドイツにヒトラーという人がいました」 「その人はちょびひげの、ほらこんな人で」 「戦争を起こしたんですよ、日本とかどと同盟して」 こういう話を知れると。

2017-04-23 10:00:15
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

サスケでも るろうに剣心でも 暴れん坊将軍でも 戦国無双でも、 ゴーマニズム宣言でも、 なんか固有名詞が頭に入ってるだけで違う、という意味で。 「歴史の勉強としてそのまま理解すると不適切」 「勉強するなら『石の花』や『劇画ヒットラー』のほうがいい」 は同意で。

2017-04-23 10:02:25
歓喜先生の一番弟子(期間限定アイコン) @metalcco

@gryphonjapan 『火の鳥・大地編』ってのは聞いたことあったのですが。三国志をベースとした。

2017-04-23 09:43:50
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

@metalcco あれ、大地編は昭和の満州を舞台にした構想だったと聞きますが、そのお話のベースが三国志だったのかな? これは何か準備段階に入ってたそうですね

2017-04-23 10:13:54
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

@metalcco そういえばいまアトムザビギニングやってますけど、スターシステムを悪用(笑)して、火の鳥の隻腕の仏師の子孫が御茶ノ水博士だったみたいな話にしようともしていたとか、御茶ノ水博士はロボット専攻だけど、生物学と絡ませて火の鳥の永遠の命を研究することにしたい、とかそんな話もあったとか。

2017-04-23 10:16:04
歓喜先生の一番弟子(期間限定アイコン) @metalcco

@gryphonjapan 猿田の子孫がお茶の水博士ってのはよく言われますね。ただそれだと猿田が「業」からいつ解き放たれたのか…という疑問が。 スターシステムで言えば、『ブラック・ジャック』にも火の鳥出てましたね💦

2017-04-23 10:20:32
大浦悠平@アプサイ @uhey0ra

#今でも続きが読みたい未完の漫画 迷うことなく「火の鳥」 過去と未来、それぞれの物語を交互に描いていって最後に現代の話(大地編)が来るという構成だったのに、その完結の一歩手前まで来たのに手塚先生ったら… いつまでも大好きな漫画です pic.twitter.com/wJLR2BLK0r

2017-01-19 01:37:59
拡大
サンダーラムネ @thunder_ramune

常世といえば、手塚治虫先生は火の鳥をあちらで完結されたのかな?大地編と現代編は是非読まなければ。現代編は、たった1コマでも描くと言っていたけど…できればこの世で読みたかった。

2017-04-17 22:12:11
何百ものゼン @ZEN_a2x

ロックは火の鳥と会える機会は何度もあった上に、未来編最後の生き残りの1人なのに、火の鳥に話しかけられることは決して無く、身勝手な行動を火の鳥に罰されることすらなく、大地編でようやく火の鳥と対面するはずが手塚先生が亡くなるって

2017-04-07 18:21:00
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

togetter用 「火の鳥大地編」と「火の鳥アトム編」についてまとまった資料。 / “虫ん坊 2017年02月号:手塚マンガあの日あの時 第50回:大長編『火の鳥』の誕生と幻の結末に迫る!!:…” htn.to/BRTvdN

2017-04-23 10:21:11

http://tezukaosamu.net/jp/mushi/201702/column.html

……その後、どんなエピソードが続くはずだったのか。その手がかりとなる資料や言葉がわずかながら残されている。
 そのひとつが最晩年の1988年にシノプシスとシナリオだけが書かれた『大地編』だ。これは手塚が原案・構成・総監督を務めた劇場用オリジナルアニメ『火の鳥2772 愛のコスモゾーン』をベースに手塚自身が舞台ミュージカル用として描き下ろしたものだ。
 シノプシスの方は昭和13年1月、日中戦争の勝利に沸く日本統治下の中国・上海が舞台となっている。
(略)
幻の『アトム編』構想とは!?

 そしてこの『大地編』のほかに、手塚が近しい関係者に構想を語っていたというエピソードがもうひとつあった。それが鉄腕アトムが登場する物語、『アトム編』(仮称)である。例えば手塚治虫の長男・手塚眞の著書の中にこんな一節がある。
「ある時、(手塚治虫が)編集者にそっと耳打ちした話です。『あれ(『火の鳥)』)は過去、未来と話が行ったり来たりして、最後に現代に近いところで終わるんだよ。そう、アトムが誕生するころにね』(後略)

らいーる🐰⛅ハイドライ島🍊 @Rai_ru493

もうそろそろ田中圭一先生が火の鳥~大地編~を描いてくれても良い時代になってきたのではないだろうか。

2017-01-05 20:23:41

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年4月23日
@Brazileaks @MyoyoShinnyo @kasuga391 @JULY_MIRROR さんらはじめ各氏に多謝(アカウントは前文の欄に)。「誰でも編集可能」です
0
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年4月23日
まあ、こうやってヒトラーとナチスに「負の神格化」を続けている間は、ヒトラーは死なないしヒトラーを超えられる事も無いんだろうな
55
ヒジャチョンダラ @citabow 2017年4月23日
「勉強するなら『石の花』や『劇画ヒットラー』のほうがいい」→ 『石の花』ってロシアの童話しか知らない、戦争漫画の方も読んでみようかな。
0
えきどな@大将 @senryuu2 2017年4月23日
オチで全部持っていかれた感がある。ただ、実現したら是非とも読みたいです。
27
わこ【8月6日4巻発売】 @wako3999 2017年4月23日
アドルフに告ぐは鬱エンタメです。注意。
1
Cook⚡生還しました。後遺症なし!詳細はピン留め @CookDrake 2017年4月23日
最後の方にロックと火の鳥への言及があってふおおおお!
1
穴あきカオス @Konton7 2017年4月23日
ドクター秩父山は火の鳥~現代編~だった…?
8
なすひこ @nasuhiko_ 2017年4月23日
作品を「(エンタメ作品として)おすすめ」してるツイートから「史実と違うから学習用にはならない」「水木しげるオススメ」までの流れに伝言ゲーム的なモノを感じた。
12
ことだま けむりん @kemrin2011 2017年4月23日
司馬史観とも言われるあれと同じで、手塚史観、というのがそろそろ提唱されてもいいんでないか。
48
ハチマキくろだ 12/13 九州ティア @hatimaki_kuroda 2017年4月23日
「ヤバいキャラ出したいのでヒトラーを割り振った」作品で「ヒトラーがいかにヤバいか」を説いたらダメという話。
46
オタ小児科医 @otapediatrician 2017年4月23日
hatimaki_kuroda スプリガンの聖杯編を読んで中和しようそうしよう
9
ニヤ @mikeniya 2017年4月23日
そこから当時に興味を持って自力で史実を学ぶ方向なら何を読んでもなんの問題もないんだけれども
15
agegomoku @nekofurio 2017年4月23日
『キングダム』で古代中国を勉強しよう!とか『バガボンド』で昔の日本が勉強できるよ!みたいな話には絶対ならないのに“手塚治虫”ってだけでなんで「勉強になる」ってなっちゃうのか不思議。
89
Oddball @0ddbaII 2017年4月23日
現代でいかに悪の象徴として扱われてるか知れという意味ならそう外れてもいないんじゃないかな。まとめられてる限りじゃ歴史の勉強用に勧めてたとは断定できなさそうだけど。
0
ギ=サン @doceneve 2017年4月23日
手塚治虫も司馬遼太郎も亡くなって何十年も経って、歴史観が変化してるしねえ…。今や「ブラックジャック」で学生運動ってこういうのだったんだ、と「勉強」出来る時代。
18
GEN @gent9310 2017年4月23日
Konton7 おまえは生まれ変わってケロタンになるのです
7
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月23日
まあフィクション上の人物だらけの時点で「歴史を勉強しよう」という勧め方はいかんよな。誰がそんな勧め方をしたのかは知らんが。
35
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月23日
「ねえ、ヒトラーってどんな最期だったの?」「イングロリアス・バスターズっていう映画を観るといいよ」
18
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月23日
「中国の歴史の勉強になるから『三国志』を読め」みたいなことを言う先公はいるかもしれんな。
8
Shouji Ebisawa @Ebi_floridus 2017年4月23日
語り手の主人公「峠草平」がとんでもなくくそ野郎なのは覚えてる。
12
うさ学 @ottwo 2017年4月23日
えすえすパンダさんのツイートが真面目な顔でまとめられてて文字通りシャレになってない件
0
遮光昏人 @KREHITO 2017年4月23日
アドルフに告ぐでナチス学べとかとか銀英伝で民主主義語るレベル
51
kumonopanya @kumonopanya 2017年4月23日
ナチス礼賛が嫌われているのは敗戦国が持ち上げられるのを嫌う戦勝国の押し付けだけどな イメージ戦略としてナチスは悪いやつだと批判の矛先を一手に引き受けてもらっているからだけどな
10
Thomasunculus @thomasunculus 2017年4月23日
これまとめにも出てますけど、水木しげるの『劇画ヒットラー』のほうが先進的だと思います。「周囲の流れに乗ったおっさん」という描き方なので。
12
佐倉純 @junsakura 2017年4月23日
興味の間口を広げるための資料と、正確に理解するという深掘りするための資料をごっちゃにしてる気がする。三国志でいえば演義は嘘だらけ、だけれど、演義がなければ三国志に興味が持てない人も多いわけで。
20
ましなり @tsh71 2017年4月23日
面白いけど、あくまで時代劇ですよ
11
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2017年4月23日
手塚万歳な人って批評や研究と銘打った文でも科学として作品批評できてない感がある。
2
八墓ゆう@京都 @yatsuhaka08 2017年4月23日
ブラックジャックで医学の勉強もダメ。正しいのも確かにあるけど間違ってるのもあるから。
10
創世王 @souseiou 2017年4月23日
史実はともかく、アドルフに告ぐは面白いのでNHKで日独合作の大河ドラマにして欲しい。古い時代が舞台なのはかなり飽きたのでたまには近代のを作って欲しいし、神戸市民としては舞台になるし、あのヒトラーの役者さんをNHKのドラマで見てみたい。
13
ろんどん @lawtomol 2017年4月23日
小学生の頃からの「三国志」愛読者で、高校の世界史で三国時代の授業をワクワクしながら待ってたら、一瞬で終わりました(^_^;)「後漢は黄巾の乱で衰え滅亡し、魏呉蜀の三国に分かれましたが、西晋が統一しました」程度だったかな?
8
神 長門 @kannnagato 2017年4月23日
ナチス関係でこなたま氏が専門家のように扱われる風潮もどうかと思う。
33
此花区民 @gunsosong 2017年4月23日
ブラックジャックの医学的設定について、手塚治虫自らが語る所によると、当時東大医学部の学生から「嘘を書くな」と抗議の手紙をもらったとの事である。それに対して手塚は、「東大生ともあろうものが漫画に嘘があることすら知らないのか」とコメントしている。
57
唯野 @tadano29 2017年4月23日
アドルフに告ぐは、寝取りとかレイプとか女教師拷問シーンとか過激な描写があって、何かに目覚める若人もいるから、ある程度年をとって性癖が固定されてから読もう
36
ムック船長 @captainmuck 2017年4月23日
漫画の持つフィルターとしての機能の高さよ
0
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2017年4月23日
娯楽であっても教養にはならない。その線引きとは。むむむ。
0
しかわん @shikawan 2017年4月23日
手塚先生の作品は知っていれば火の鳥とか実際の歴史から大胆な翻案を行っているのが読んでいればわかるのですが、たしかに予備知識無くすごい漫画家の神様の描いたやつだからと言われて読むと、本当の歴史と混同してしまいそうですね。
22
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月23日
「陽だまりの樹」は歴史ドラマとして面白く読めたけど、それにしたって勝海舟が福沢諭吉に「お前さんは木村摂津守様の従者だからポーハタン号へ乗る。不服か?」と言うシーンはさすがにいかがなものかと思った。
6
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月23日
junsakura その位置づけをきちんと説明した上で薦めるんなら問題無いと思います。言ってみりゃ陳寿の「正史」だって嘘だらけなわけだし。
10
メメタァ @memetaa_77 2017年4月23日
はだしのゲンで広島を語るようなもんですかね
11
黒ベエ @96beE3 2017年4月23日
とある宗教家の言葉「本当に求められているのはインテリジェンスなのに信者門徒はファンタジーに寄り添う。」なんだかそれに似たような。
5
わちゃ @watcher0816 2017年4月23日
中高生に「アドルフに告ぐ」を薦めただけで勝手に歴史学習資料として薦めたと解釈してdisるのは問題じゃないかな。 そこから歴史に興味を持つキッカケとしては悪くないと思うんだが。
31
エビフライ@どう森プレイ中の宇宙の人 @kiruria281 2017年4月23日
なんでダメなんだよって思ったら、そら『アドルフに告ぐ』で「歴史」を学ぼうとしたらそらあかんわな。興味の導入として使う事と、史実を勉強する教材にする事をごっちゃにする限りはこの議論で賛同反対の両者は食い違ったままだろう。ヒトラーが出てきたのはあくまで象徴的人物としてであり、実際にヒトラーがした事とは関係が無い。別に東条だろうがムッソリーニだろうがルーズベルトだろうがよかったのである。
10
エビフライ@どう森プレイ中の宇宙の人 @kiruria281 2017年4月23日
『アドルフに告ぐ』は名作であるし私は読むべきとは思うが、作品から受ける感想の方向性や指導の方向性を間違えたらダメ。あくまで『アドルフに告ぐ』はフィクションであり、受ける教訓は学ぶべきところはあるが学ぶものを間違えてはならない。『アドルフに告ぐ』は中高生は読むべきであるが、SSと言う文字のヤバさを『アドルフに告ぐ』で学ぶのは間違いである。
40
わちゃ @watcher0816 2017年4月23日
興味を持つキッカケとしては何処が本当で何処が嘘かが判らないと誤解されかねないが、エンターテイメントとしてはそんなことを明示されたら興醒めするっていうジレンマがあるな。
2
undo(時は来た。それだけだ) @tolucky774 2017年4月23日
アドルフに告ぐは名作だけど、歴史書ではないので歴史の勉強に使ってはいかん。ブラック・ジャックを読んで医学を勉強しようというのと同じ。ブラック・ジャックを読んで医師になりたいと思ったのとは別なんで。しかし、元のツイートの人、こなたま氏をブロックとはひどいね。聞く耳持たないんだろうなと
15
undo(時は来た。それだけだ) @tolucky774 2017年4月23日
こなたま氏をブロックした下薗氏は元朝日新聞の記者らしいけど、この人の情報リテラシーどうなってるんだ
11
豆腐豆腐豆腐 @NewName_NoIdea 2017年4月23日
watcher0816 勧めた理由が「漫画を通じてSSがヤバイか分かるから」 なので、本文中の表現だと学習としておすすめしていると受け取られても仕方ないかと
34
kartis56 @kartis56 2017年4月23日
ヒトラーってあれだよ、おっぱいぷるーんぷるーんの人(雑な説明
13
いかおとこ @mororeve 2017年4月23日
マンガワンは結構良いマンガ揃ってるからオススメだぞ!ヘルクと堕天作戦を読むんだ!
2
いかおとこ @mororeve 2017年4月23日
ヒトラーがユダヤ人だって設定よりも、初恋の人がユダヤ人って事実の方が闇を感じる。
0
kartis56 @kartis56 2017年4月23日
ebcdic_ascii 三国時代の後の五胡十六国もセットでやって絶望するといいのにって虹裏で聞いた(史実の話
4
the loyaltouch @theloyaltouch 2017年4月23日
火の鳥では騎馬民族征服王朝説を学べるぞ!
2
わちゃ @watcher0816 2017年4月23日
NewName_NoIdea こちらが解釈間違えてたかな。 脊椎反射でコメントするものではないね。
2
羽狛@差し入れ勢准将 @hane_koma 2017年4月23日
教材にはなってなかったが高校の図書室にしれっと全巻おいてあったなぁ…その隣には(タイトルが思い出せないが)同じく手塚先生が書いた「幕末が舞台で主人公と両思いの女性が外人(確か忠実にいた人)に○○されて出家する」なんて描写がある漫画が置いてたりして(こんなもん教育の場において許される漫画の神様ってすげえや…)と謎解釈をしたものだ
1
和田名久司 @sysasico1 2017年4月23日
諸星大二郎の「暗黒神話」や「稗田礼二郎シリーズ」を読んで考古学者や民俗学者になった人は結構居るはず!
4
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2017年4月23日
( ×H×)y-~~総統閣下は手塚マンガにお怒りのようです。
11
和田名久司 @sysasico1 2017年4月23日
「ブラック・ジャック」は連載中から、医学生から次々批判や訂正の手紙来ていたというなあ。「あくまでもエンターテーナメントだったんだけど、ボクが医学博士の免許持っていたのがいけなかったのかなあ(笑)」みたいな事をインタビューで言っていた。
2
ハチマキくろだ 12/13 九州ティア @hatimaki_kuroda 2017年4月23日
そもそも週刊文春掲載の漫画なので(まあ中高生が週刊文春読んじゃいけないってことはないけど)
0
tako @tako6502 2017年4月23日
手塚治虫のブッダの何があかんかというと、シッダルタの悟った内容が当時のバラモン教(というか古代インド社会)で一般的だった輪廻転生思想とたいした違いがないってところかな…?
14
神宮寺(エーテル滝川)まこと @jingu77 2017年4月23日
(=-ω-) SSがシャレになってないのはセーラームーンSSでわかった。
1
和菓子 @nkltsl2 2017年4月23日
「アドルフに告ぐ」、確か中学生の時に学級図書(クラス担当教師が推薦の本を置いて自由に読めるシステム)で全巻読んだんだけど、今考えると中学生への推薦図書としては色んな意味で過激だったな。 でも置いてくれてた先生には感謝してるくらいに出会えて良かった漫画。 難しいだろうけど実写ドラマか映画化してほしいなあ
0
和菓子 @nkltsl2 2017年4月23日
それにしても中学生に向けて「本を読んで歴史を学ぼう!」と啓蒙してる人が、自分に意見してきた者を問答無用でブロックするという、何も歴史から学んでいない事を露呈するのは興味深い
50
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2017年4月23日
とりあえず学ぶのは「ヒットラーの息子」じゃダメなのは間違いない
2
Hazama Hisatake @Hazama_Hisatake 2017年4月23日
手塚治虫は、真珠湾陰謀説を目にして面白かったから作品に取り入れた、みたいな事を言っていたと思いますが、あくまでエンターテイナメント。ブラックジャックに移植された黒人の皮膚が、いつまでも色が変わらないのと同じ。 しかし、BJを読んで医者を志す人がいるように、『アドルフに告ぐ』をキッカケにナチスを勉強しようと思う人がいるなら、それはそれでいいのでは。
12
kumonopanya @kumonopanya 2017年4月23日
漫画として勉強するのは導入に最適だから 知識ゼロの人だろうが誰だろうとすんなり始められる あとでもっと詳しく知りたいと堅い本を手にとってあの漫画はああだったと笑い話にするまでがワンセット
0
sudoufu @kappazizou 2017年4月23日
hane_koma 「陽だまりの樹」ですね。
2
聖夜 @say_ya 2017年4月23日
例えば火の鳥黎明編を読むなら先に古事記を読めとかならまだわかるのですが、別の作家の漫画お勧めしてもただの宗教戦争でしかないですね。個人的には別に火の鳥読んでから古事記でも一向にかまわないと思いますけど
0
フルグラ美味しい @frugura 2017年4月23日
手塚治虫の「ブッダ」は仏教の入門書にはならないけど、登場人物とか地名や国名を覚えるのにはスゴい便利なんよ。 ただ、主要なキャラクターの元盗賊のアナンダは、伝承ではお釈迦様の従兄弟で王子で美男子。 悪役ダイバダッタはアナンダの兄という感じに、思いっきり改変されてるけど。
5
undo(時は来た。それだけだ) @tolucky774 2017年4月23日
アドルフに告ぐを歴史漫画として薦めるなら史実と違う部分くらいは記述しないと。あのウィキペディアですら、史実との違いは記載してるのに。私の認識としては時代劇なんだけど
9
はげはげちゃびん @hagehagechabin 2017年4月23日
エンタメで歴史に興味を持つのは良いが原典や史料にあたったときに「本当はこうなのか!」と目を輝かせるか、「コレジャナイ」と意図的に無視するか。そこが問題だ。>RT
1
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2017年4月23日
エンタメ創作物を鵜呑みにして #信じていたのにウソだった知識 披露して///ってなって学びなおすのもいい経験ではあるけど、わざわざそう仕向けることもないかなーみたいな。同じネタで全然違う解釈違う面白さのエンタメ作品を複数薦めるのがベターなんかな?青画面のフィクションであり~以上の念押しをエンタメ見せるたびに大人が子供にするのもちょっと違う気が。歴史モノって読んだ直後はなんかそうだった気がする感覚も楽しみの内だし。冷や水ぶっ掛けるより別の熱湯ぶっ掛けて相対化仕向ける方が妥当かなーと。
1
kampfer @kampfer2009 2017年4月23日
アドルフに告ぐって読んでみれば明らかに架空歴史ファンタジーだとわかると思うんだけど、あれで歴史を学べって言っちゃう人いるんだなあ。作品自体はとても好きよ。
7
独り鍋 @kawanabe_1996 2017年4月23日
ブッダも火の鳥の一部だったのかよ……クソ鳥いい加減にしろよ
13
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月23日
小学生の頃に手塚版「新撰組」を読んで、なんか歴史を知った気になってたのはいい思いでです(笑)。なんせ主人公の少年隊士(架空の人物)に重要人物である○○○が刺殺されてしまうというぶっ飛び展開。それにしても今から思うと、あの漫画での沖田総司や坂本龍馬の描かれ方って結構新鮮だけど、1960年代初頭の共通認識ってそんな感じだったのかな?それともやはり手塚独特のキャラ造形ということなんだろうか。
3
ジョエーウ @joejoeu 2017年4月23日
あ、奇子史観の私を導いてください…
3
言葉使い @tennteke 2017年4月23日
「ガラスの地球を救え」でしたか、手塚治虫が「ブッダ」を嫌で嫌で、なんでこんな仕事引き受けちゃったんだろう?って書いていたような気がする。
0
言葉使い @tennteke 2017年4月23日
映画「二百三高地」も、ロシアスキーだった先生がロシア兵の目を潰したりして殺し合う殺人マシーンになっちゃった悲劇と言った人がいました >> アドルフに告ぐはこんなに仲が良かった2人のアドルフが
0
朝雑炊 @Jingisukan512 2017年4月23日
クソコテに絡まれてブロックは悪いことじゃないだろ
10
BAKASUKE @BAKASUKE6 2017年4月23日
せっかくのエンターテイメントとして面白い作品が、変な持ち上げ方をする輩のせいで的外れな批判をされるのは見ていて辛いものがある
27
清水代歩 @kaho_biz- 2017年4月23日
いやあのヒトラーについて知りたきゃ普通に活字の本を読みなさいよ。とりあえずhttps://www.amazon.co.jp/dp/406288318X/ https://www.amazon.co.jp/dp/4121023293/ 出来ればhttps://www.amazon.co.jp/dp/4560084483/ とか。こなたま氏のやる夫ヒトラーで参考文献にあげてるのはhttps://www.amazon.co.jp/dp/4087601803/ でこれはあまり評価が高くない。
6
仏塔 ぐでだま亭免堂苦斎 @wheyh 2017年4月23日
オタクの先輩が宗教史大家の恩師(おまけに実家お寺)に「火の鳥」無理矢理読ませたが「何故これを漫画にしようと思ったんでしょうね?」という端的なご感想を頂いていた(笑)
2
nekosencho @Neko_Sencho 2017年4月23日
総統閣下シリーズの元になった映画はどうなんだろう? ネタにされてる動画の範囲ではけっこう史実っぽいけど
1
A- @eimainasu 2017年4月23日
考証に基づいて書かれた伝記漫画でもないのに、そもそも検証の舞台にあげる必要あんの? 覚悟のススメの政治的な意味を議論したって意味ないでしょうに。
8
agegomoku @nekofurio 2017年4月23日
東大医学生「BJに出てくる症例は本当なんですか?」 手塚「そんなわけないでしょ」 東「ウソをかくとはけしからん!(激おこ)」 手「東大生なのに頭悪いね 笑(漫画と現実の区別もつかないの?)」 っていうやりとりがありましてね…
10
岡一輝 @okaikki 2017年4月23日
もし自分が、中高生にナチスのヤバさを知ってもらうために、何かお勧めするとしたら、映画だけど『イルザ・悪魔の生体実験』とか『ゲシュタポ女囚拷問』とか『残虐ナチス女収容所』とか、そういうのを……
3
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2017年4月23日
lawtomol むしろ邪馬台国のくだりが、学校教育では一番『三国志』が出てくる箇所ですね。「魏志倭人伝」は、『三国志』の「魏志(魏国志)」部分の「東夷伝(異民族の伝記)」の、倭人の条を指しますから。
5
岡一輝 @okaikki 2017年4月23日
まあ、チョット前には『黑太陽七三一』を歴史の真実とか言うヤツ、結構いたらしいからなあ。あれオッパイ出てこないのになあ。
3
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2017年4月23日
thomasunculus 『劇画ヒットラー』は当時のドイツ政界の事情も淡々と描いていて、たとえば議会で第1党になってもヒンデンブルク大統領が首を縦に振らなければ首相になれない、そこで行われた政争の事情も自然とわかるようになっています。
3
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2017年4月23日
Dam_midorikawa 「ヒトラーもそろそろスターリンやポル=ポトのような、他の事例と比較して語られるべきだ」「ナチス・ドイツの矮小化であり、保守政党と結びついた歴史修正主義だ!」。こんな論争がドイツで起きたのが31年前でしたが、日本にもいろいろ影響を与えました。https://togetter.com/li/1086821
2
Eけべ @i_kebe 2017年4月23日
「親衛隊のマークに似た旗を振って応援」したら「厳正に対応」されるという件でオススメすべきは ヒトラー的なものを排除したドイツで、タイムスリップして来たヒトラーが台頭していく作品「帰ってきたヒトラー」だと思うんだ。
10
Eけべ @i_kebe 2017年4月23日
i_kebe 特に映画版は「お前らちゃんとヒトラーの本質を理解しているのか?」とばかりに原作より踏み込んだ内容になっていて良いぞ。
6
jun@朝コンサータ/夜CPAP @sibeQ 2017年4月24日
手塚先生はブラック・ジャックでも医学用語の誤用をやらかしてますからね… ロボトミー絡みの奴で。
0
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年4月24日
火の鳥ヤマト編はメタなギャグテンコ盛りで、小学低学年の俺は当時大興奮したもにだが、アニメはつまらなかった。ゆうきまさみセンセイの「ヤマトタケルの冒険」もガッカリしたな。
0
マシン語P @mashingoP 2017年4月24日
紺碧の艦隊と旭日の艦隊“すら”それを読んだ妹はノンフィクションだと勘違いしたので、漫画の神様作の歴史物となったら史実を知らない人にとっては史実になりますわ…
6
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年4月24日
電波男の本田透氏は火の鳥は「未来編で火の鳥に呪われた猿田が未来永劫輪廻転生を繰り返してもモテねー」物語と喝破し、鳳凰編こそ猿田(我王=手塚の自意識)の救済である読み取った。そういう目で見ると未来編の猿田博士は涙なしで読めない…読めない…
0
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年4月24日
ブッダの面白エピソードは大体手塚センセイの創作。リアル仏教はなんて魅力的じゃないんだ!
1
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年4月24日
司馬史観でいえば「燃えよ剣」の土方歳三はエランヴィタールの実践者だと思うんだけどね。
0
子ぬこ @konukopet 2017年4月24日
例のコメントは確かにBSマンガ夜話のものですね ただしブッダは作品としては取り上げられてません 手塚作品で取り上げられてるのはメトロポリス、W3、ブラックジャックの3つ
1
ashen@一週間のご無沙汰でした。 @Dol_Paula 2017年4月24日
最初の印象刷り込みって後々まで残るから「アドルフに告ぐ」でナチスを知っちゃったら、それはそれで色々面倒な気がする。そうならないように、まずはジョジョ第2部を読んで(どげしっ
6
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年4月24日
劇画ヒットラー、面白いんだけど、顔のタッチがいつもの水木さんなので、ナチスなのか紙芝居・貸本の仲間なのかわからなくなります。
0
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年4月24日
アドルフに告ぐの嘘と言えば、ベルリンオリンピックにタイガー戦車が出てるところだよね。
3
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2017年4月24日
ontheroadx 草創期の国民社会主義ドイツ労働者党は、似たような物だったといえるのでは。といっても、作品に描かれるよりは大きな党でしたが、党員は皆本職を持って、専従職員はいなかった。それを、軍のスパイとして入党したヒトラーが政治活動に没頭した結果、自分の党にしてしまった。
0
もっこㄘん @Mokko_Chin 2017年4月24日
ドイツ(ナチス)の科学力を勉強したいならジョジョ2部が良いぞ。
0
もっこㄘん @Mokko_Chin 2017年4月24日
アドルフは知らないけど、ブッダは文庫のあとがきで手塚先生が一部キャラが基とかけ離れた事を嘆いていた旨の発言があった筈なので(うろ覚え)元から原典に忠実な歴史書のつもりでは描いていないでしょう。
0
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年4月24日
sibeQ 抗議を受けたのはロボトミーを誤用した「ある監督の記録(改題:フィルムは二つあった)」で「快楽の座」「植物人間」はトバッチリ封印ですからね。スチモシーバーは合ってた!
0
BUNTEN @bunten 2017年4月24日
漫画なら水木しげるの劇画ヒットラーに一票。
1
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年4月24日
話の途中に出てくる、水木しげる、坂口尚、ムロタニツネ象の関連漫画の画像(twitter上にあるのだよ…)を挿入しました。こりはぼくの趣味です
2
ネット・アイドル界の重鎮だんごむしさん☀ @sengodebu 2017年4月24日
ヒトラーの本を読んで勉強しよう→意見を言う→はいブロック これ本を読むよりも現実にヒトラーを学んでる気がする
20
まりも @Admiral_Marimo 2017年4月24日
「アドルフに告ぐ」、鬱いけどおもしろかった
1
ちら男 @vegykebexok 2017年4月24日
歴史をエンタメ作品で知ろうとすると、どうしても善悪が作品の都合で決められてしまうからなー。
6
清水代歩 @kaho_biz- 2017年4月24日
主なヒトラー伝は古い順に1952年刊行(日本語版58年)のブロック著『アドルフ・ヒトラー』、65年刊行(日本語版69年)のマーザー著『ヒトラー』、71年刊行(日本語版76年)の同じくマーザー著『アドルフ・ヒトラー伝』、73年刊行(日本語版75年)のフェスト著『ヒトラー』、76年刊行(日本語版90年)のトーランド著『アドルフ・ヒトラー』、98年刊行(日本語版2015年)のカーショー著『ヒトラー』があり、当たり前の話だが刊行年の新しいものほど緻密になっていて、水木しげるのは71年。
2
清水代歩 @kaho_biz- 2017年4月24日
以上各種ヒトラー伝の中でも現時点での最高峰と目されるのは何と言ってもカーショー書ですけどこれはあまりにも大著すぎ・専門的すぎなので、新書サイズのものとして2004年刊行(日本語版2015年)のベッセル著『ナチスの戦争1918-1949』か2015年刊行の石田勇治著『ヒトラーとナチ・ドイツ』がお手頃。これらと比べれば3世代ぐらい古い水木しげるのをいつまでも有り難がるのはちょーっとばかりどうかと思いますけどね。中高生ともなればもっと頑張って活字の本を読もうぜ!
2
BugbearR @BugbearR 2017年4月24日
本には巻頭か巻末にフィクションなのか史実なのかをちゃんと書いて欲しいですよね。
1
Daregada @daichi14657 2017年4月24日
「三国志演義を読めば、曹操がどんなに悪いやつか分かるぞ」みたいなアレ。ただ、日本で曹操が(中国よりも)人気があるのは、「蒼天航路の曹操カッケー」みたいなところが多分にあるので...
1
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年4月24日
daichi14657 そんなテーマでのまとめも作ってる俺SUGEEE【宣伝】 → 「三国志」日本での曹操人気、中国の人に経緯を説明するのは難しい… - Togetterまとめ https://togetter.com/li/910387  /『たった25年前、三国志の資料は「無かった」』地雷魚氏(曹操人気の火付役「LOGIN三国志コーナー」担当)の回想…吉川英治、横山光輝話も - Togetterまとめ https://togetter.com/li/910616
0
和田名久司 @sysasico1 2017年4月24日
青池保子の「イブの息子たち」のヒットラーおじさんが、ヒットラー観の初めになった私は駄目でしょうか? 次にヒットラー観の基礎に成ったのは水木さんの『劇画ヒットラー』。それらに書籍などで得た知識で修整や盛り付けをして行ってる訳ですが。
1
レポサド(TL拝見用垢) @LI_QUORS 2017年4月24日
オタはマンガとか小説にハマる→元ネタを漁る→違いを見比べて楽しむ なので問題ない。アドルフに告ぐは、火の鳥の源平編に出てきた犬と猿みたく、最初仲良かったのに憎み合うみたいな事になっていくのが面白いですよね。
0
tako @tako6502 2017年4月24日
ところで史実のお釈迦様だと火の鳥に完勝できるよね。あの鳥の能力って描写上どうも輪廻転生システムの操作っぽいんだけど、お釈迦様の説いてるのは「輪廻転生からの解脱」だから #仏教バトル部
12
BigHopeClasic @BigHopeClasic 2017年4月24日
nekofurio キングダムは年表だけはいじらないので、その限りにおいてはそこで勉強してもいいのではないかと。実際、キングダム読んでるとなにかあるたびに逐一「史記」を引きたくなるし。
3
kartis56 @kartis56 2017年4月24日
letssaga3 学校の社会科だと、こういう同時代の世界と日本の関係が分からなくて…結局自分で本読んだり、やる夫みたいなの読んだりすることになるの何とかしてほしい
0
ネコチャキュービー @NekochaQB 2017年4月24日
手塚作品はもれなく少年が開けてはいけない性癖の扉をオープンザゲート してしまう気はしますが、とりあえずお薦めは 『奇子』『プライム・ローズ』『鉄腕アトム青騎士篇』 です。
4
𠔻 @JeyaratnamW 2017年4月24日
『アドルフに告ぐ』は物語の構成が根本的におかしいんじゃないか。主人公の新聞記者は「ヒトラー=ユダヤ人説」の裏付けとなる証拠を手に入れ、それを公にしてヒトラーを失脚させようとするが「その資料をよこせ。われわれがヒトラーの出自を世界に知らしめてやる」という連合国からの申し出をなぜか蹴ってしまう。しかし、なぜ蹴るのだろう。ヒトラーを失脚させるのが目的なら、おとなしく証拠を連合国に渡せばそれでいいのに。読んでいて、そこのところがさっぱりわからない。
2
𠔻 @JeyaratnamW 2017年4月24日
さらに付け加えると、ヒトラーはユダヤ人の子孫を十把ひとからげに排除していたわけではない。したがって「ヒトラー=ユダヤ人説」の裏付けなるものが暴かれたとしてもヒトラーの失脚につながったかどうか疑わしい。ドイツ第三帝国でユダヤ人の子孫は二流市民扱いだったが、一律にガス室へ送られたわけではない。ナチズムに忠誠を誓ってナチスドイツで軍務に服していた混血ユダヤ人も存在した。詳しいことはBryan Mark Riggの"Hitler's Jewish Soldiers"に書かれている。
0
清水代歩 @kaho_biz- 2017年4月24日
失脚はしたでしょう。混血の扱いには神経を使わざるを得なかったというだけの話であって反ユダヤ主義はナチズムの根幹ですから。
2
ハチマキくろだ 12/13 九州ティア @hatimaki_kuroda 2017年4月24日
「アドルフに告ぐ」では改宗すればOK、みたいなこと言ってるけど、たぶんあれカウフマンがヒトラーの(作中での)出自知ってるからなので、やはりエンタメで判断するの危険。
0
ながぐつ @high_boots 2017年4月24日
以前、あるお坊さんが『「あなたの仏教は間違っている。根拠は手塚治虫のブッタだ」と言ってくる人がたまにいるので困る』と話していた事を思い出す。
11
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2017年4月24日
「歴史小説」の娯楽・物語としての虚構と、「歴史書」としての厳格さって、「バランス」としてどの辺りまでが許されるのかって、難しい問題だと思う。歴史にあまりに忠実・厳格にすぎると、ただの「教科書」と化すし、娯楽に走りすぎると「歴史ポルノ」になりかねないし。もちろん読み手にも、「これはフィクションなんだ」と割り切る分別も求められるとは思うけど (オチはない)
1
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年4月24日
ミクロイドSもイイカゲントラウマ漫画だったが、読み切りの「風穴」のオチが分からん。結局落ちたのは親友なのかマネキンなのか?
0
köümë™ @tknr_koume 2017年4月24日
joejoeu 圭一先生の「神罰」のカバー裏漫画を読むことをお薦めします
3
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2017年4月24日
letssaga3 ちなみに、『三国志』編者の陳寿の本文には無い記述ですが、裴松之が付けた注釈には、魚豢『魏略』からの引用で、大秦国の記述があります。大秦国はローマ帝国に比定されていて、『魏略』は中国側でローマ帝国に触れた最古の文献とされています。ロマンがあります。そしてNHKシルクロードが観たくなる。
2
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2017年4月24日
kartis56 世界史ですと、山川出版社は教科書ベースに、検定の制約を無くした一般書として『詳説世界史研究』を出しています。これはヒトラーの台頭についても戦間期ドイツの状況がある程度解説されていて、教科書より理解しやすくなっています。 https://www.yamakawa.co.jp/product/03027
2
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2017年4月24日
歴史教科書は規定の頁数に定められた内容を入れなくてはならないので、どうしても説明不足になります。なおかつ、従軍慰安婦問題に代表されるように、特に近現代史は政治的横やりが入りやすい。山川は一般書としても色々歴史の本を出しているので、ここが足がかりにお勧めです。 letssaga3
1
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2017年4月24日
https://www.amazon.co.jp/dp/475032387X ドイツのギムナジウム近現代史歴史教科書をそのまま和訳した本。これもお勧めです(ただし2006年の邦訳で、原語は当然ながらその後も改訂が行われています)。
1
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2017年4月25日
letssaga3 第二次大戦はドイツの降伏後も日本が戦い続け、原爆投下を受けてついに降伏するまで簡単に触れられていますが、日本の降伏として触れられているのは9月2日で、8月15日では無かった。実際に降伏文書に調印したのは9月2日なので、その通りなのですが。
1
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2017年4月25日
立川のパンチ「手塚治虫すげえ……」(吹き出しの外で)『でも誰だコイツ……』 だったら正解だったんだろうか
7
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2017年4月25日
まあ、司馬遼太郎で歴史を学んでも、カムイ伝で歴史を学んでも、きっかけとしてはいいんですよ。でも、ちゃんと「違う視点」もその後で学ぶ姿勢が重要なだけで。
0
ぼさん @bo__san 2017年4月25日
dragonchicken19 おまえはなにをいっているんだ
0
将棋とかやるおっさん @ronbunkakenai 2017年4月25日
『ブッダ』については手塚先生自身が「オリキャラ加えた二次創作ですよ」みたいな解説書いてた気がする。
4
謎の男 パーマン @nonenoname01 2017年4月25日
「それしか読まない」なら大問題だが、「数ある本の中の1つ」ならむしろありじゃね?と思った次第。横山光輝の三国志と蒼天航路読んで、更に三国志演義も正史も読めば組み合わさって更に楽しいからねw
3
RJTBU @RJTBU 2017年4月25日
途中で”手塚の「ブッダ」は創価の潮出だから~”という話が出て来ますが、それを言ったら、強く薦められてる坂口尚「石の花」も潮出。潮出出版のコミックトム連載の漫画に学会色というものは殆ど無いので、そういう色眼鏡は捨てた方が良いです。横山光輝「三国志」も潮出。
7
Shouji Ebisawa @Ebi_floridus 2017年4月25日
今日日、中国人はエロゲーで三国志を学ぶと聞きます(違うそうじゃない)
1
ざっぷ @zap3 2017年4月25日
ともかく田中圭一に依頼して出てくるのは大地編ではなくエッチ編だ
3
ながぐつ @high_boots 2017年4月25日
つのがい先生も書いてくれるかもしれない
0
K.M.T @kmutgj 2017年4月26日
手塚先生の「アドルフ」に関しては、その10年前に執筆された「奇子」などと同じスタイルかと。 実際に起きた事件をモチーフにした形。
1
K.M.T @kmutgj 2017年4月26日
坂口先生の「石の花」も創作だけど、主人公の行動より当時のユーゴ社会の流れを淡々と描いている感が強い。群像劇といった面も。 執筆されたのは80年代で社会主義連邦国家として成り立っており、冬季五輪を開催したほどだったけど、執筆後、しばらくして東欧革命で結束させるモノがなくなると、見事に分裂してしまい、泥沼の内戦に突入してしまった。それこそ「石の花」で描かれたような。
1
なかつ くにあき⋈🎏🐙 @nakatsukuniaki 2017年4月26日
まあその方面の歴史に関心を持つきっかけとして漫画は良いものであります
0
K.M.T @kmutgj 2017年4月26日
水木先生の「劇画ヒトラー」は、やはり実際の出来事を淡々と描いている。 特に、青年期のウイーン時代から第一次大戦の志願兵時代を経て、軍のスパイとして後のナチス党に入り、党を掌握してローマ進軍を真似たミュンヘン一揆を起こし逮捕、激しい政治運動を経て政権に就くまでの「前半」が詳しく描かれているのが特徴。
1
muramasa007 @muramasa0071 2017年4月26日
RJTBU それを言ったら、「風雲児たち」も潮出。みなもと太郎先生も創価学会のガチ信者だけれどもそれを理由に読まないのは勿体無い。「風雲児たち」自体に創価臭は無いし幕末歴史モノの金字塔だからね。松蔭や龍馬をアホキャラとして丹精こめて気合入れて描いているのも「風雲児たち」が嚆矢。
0
ハチマキくろだ 12/13 九州ティア @hatimaki_kuroda 2017年4月26日
muramasa0071 島津の虎寿丸の件(雲竜奔馬では密教に殺されたことになってたけどリイドに移った幕末編ではそういうのを迷信と一蹴)みたいな、やや法華寄りだったとこはありますけどね。気にするほどじゃないですが。
0
師走悠裡 @shiwasu_yuri 2017年4月26日
手塚漫画の厄介なところはすごくそれっぽい嘘がうまいのと、偉大なる漫画の神が史実モチーフ漫画にそんな嘘を混ぜるわけがないっていう先入観のもとで読むことになるので何の疑いもなく事実だと思ってしまう面が強い。確かに面白いんだけどね
0
師走悠裡 @shiwasu_yuri 2017年4月26日
漫画で歴史の学習するなら出ているような史実に忠実なもの、入り口にするならエンタメに振り切ってて明らかにフィクションだけど調べたくなるものだと思う。漫画じゃないけど戦国BASARAの伊達政宗見て何で英語しゃべるねんこいつ……なるほどスペインと貿易してた由来なのねみたいな。気になったことに調べグセがつくようなの
1
大海笑(鬱展開超苦手) @daikai31 2017年4月26日
『ジョジョ』第二部でナチス理解した気になる様なモンかな?興味を持つ取っ掛かりとしては良いと思うけど。
1
北邑直希 @naoki_ng08 2017年4月26日
司馬史観、手塚史観、隆慶史観を正史と勘違いしてしまうと痛い目を見るぞ。
1
mere @yoyo_mere 2017年4月26日
手塚治虫の解釈を経典とする手塚宗の設立が待たれる
0
清水代歩 @kaho_biz- 2017年4月26日
いちおう言っとくと「風雲児たち」も30年以上やってる漫画ということで特に初期のは江戸時代暗黒史観が濃厚だったりと古びてしまってるところがありますし、水木ヒットラーも例えば纏め本文に載ってるウィーン時代の描写が実際より惨めに描きすぎているとか近年の研究水準からすれば古臭いところがありますので、これらを読んで「面白かった」ならともかく「勉強になった」と思いたい人はもっと新しい活字の本をちゃんと読んだ方がいいですよやっぱ。「漫画で学ぶ」はあくまでも活字の研究書の後追いにすぎませんからね。
4
清水代歩 @kaho_biz- 2017年4月26日
あと纏め主の他のまとめの https://togetter.com/li/1103168 では小学館の『学習まんが少年少女日本の歴史』の古い版(いつの版か知りませんけど初版なら昭和57年)を挙げて「最新の研究によると実はこうではなく……」とやってますけど、それより更に10年以上も古い水木ヒットラーを無条件に推奨するのはさすがにどうかと。ヒトラー・ナチス研究ではここ数年に出た邦語で読める出版物だけでも優れたものが色々あるんですからね。
2
いちか @urube_ 2017年4月26日
「アドルフに告ぐ」をきっかけに歴史を調べるようになればいいんじゃないの。上でも言ってる人がいるけれどオタクは興味をもったもんをとことん調べる生き物なんだから。
0
ハチマキくろだ 12/13 九州ティア @hatimaki_kuroda 2017年4月26日
オタクは守備範囲があるので、サッカーオタクには「アドルフに告ぐ」より「ベルリンの奇跡」説くほうがいいんじゃないかな。 urube_
0
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2017年4月26日
主人公の名前は忘れてもフンベルバルディング先生の名前は今でも空で言えるからふしぎ!>石の花
0
三十郎 @sanjuro2 2017年4月27日
手塚史観だよなぁ。話としては凄く面白いが
0
はくまに・アーチボルト @haku_mania_P 2017年4月27日
漫画じゃなくて実写映画になっちゃうけど、「帰ってきたヒトラー」は、一見コミカルに「現代にタイムスリップしてきたヒトラー」を見せるんだけど…これも名作だった。特に「ヒトラーが悪人として書かれていない」ところが。それ故に、むしろ「正義感が強く、真面目な勉強家で、他人の意見をよく聞く、根はいい人」『だからこそ危ない』っていうのが非常に綺麗に浮き彫りになる。
2
カメラ売りつけマン @YBNable 2017年4月27日
水戸黄門で江戸時代を学ぼう!
0
い~だ @yoiida 2017年4月27日
水木しげるは好きなんだけど「劇画ヒットラー」は上で褒めてる人ほど自分は評価してない。ヒトラーの上っ面をなぞっただけ、という印象が拭えないんだよね。その点「アドルフに告ぐ」の方が自分は好き。ただしUボートが北極海を経由して日本に来るとか、ボルマンがヒトラー暗殺を指示したりとか、ありえないシーンの数々は割引いて読む必要がある。「アドルフに告ぐ」が凄いのは実は日本の戦前戦中のあたりの表現。この辺は当時を経験している人しか描けない雰囲気が出てる。
2
和田名久司 @sysasico1 2017年4月28日
基本的にコミックや小説は入り口なんですよ。頭が柔らかいうちに定説とか風説でも良いですから一通り頭の中に入れるのに、娯楽作品や学習漫画は良い素材なんです。でも、そこに書いてあるで止まっちゃ駄目で、興味をもった事柄が後々それが新しい研究等で覆されていったり、別視点で捉え直すというのは、またワクワクする楽しみがありますね。
1
青列車@leTrainBlue @EF61501 2017年4月28日
Comicだろうと小説だろうと映画だろうと、それはあくまでエンターテイメント。たとえ歴史実在の人物が登場しても史実を完全に再現している訳じゃない。ただそれをきっかけに歴史に興味をもって学ぶならそれで良いのではなかろうか?
1
青列車@leTrainBlue @EF61501 2017年4月28日
今でこそアドルフ―ヒットラーとナチスは悪の権化の様に言われている。確かにナチスがユダヤ人に対して行ったおよそ赤い血の通った人間のすることとは思えない案件はどう転んでも支持できるものではないが、では何故そんな恐ろしいことが罷り通ったのか?何故当時のドイツがナチスを受容れたのか?と研究検証してみることは無駄ではないと思う。アウトバーン・国民車・亀甲文字のアルファベット化と言った政策はナチスドイツ時代のものではなかったかな?(決してナチスを擁護する意図はない)。
0
endersgame @endersgame3 2017年4月30日
歴史そのものの作品じゃなきゃ教訓を得るには駄目ってんなら「寓話で教訓を得る」自体がNGになるが。歴史漫画風の体裁で嘘交えてるより、普通に読めばフィクションやでってあらゆる部分で読み取れるアドルフやブッダの方がまともだと思うがねえ。
0
ハチマキくろだ 12/13 九州ティア @hatimaki_kuroda 2017年5月2日
「アドルフに告ぐ」の教訓って、「SSはヤバい。その理由は...」じゃなくて、 「辺縁の人間ほど所属を絶対視する(ヒットラー、カウフマン)」と 「迫害された弱者が強者になったって、別の弱者を救済なんかしない(カミル)」 ですよね。
0
will_in_hiki @will_in_hiki 2017年5月17日
性別変更というとても分かりやすくデカいフィクションを最初にぶち込んだFateは(歴史認識に限れば)面倒臭いの沸かないで歴史に興味を持つ切っ掛けになって便利だなぁ、と思いました。
2
Schiff🦐🔨🔨🔨 @LNNNDy 2018年7月12日
だったらゲームにでてくるヒトラーでいいじゃんって話だね
0
kisara @kisara50 2020年2月22日
doceneve 昭和末期にネオファウストで学生運動ってこんなの大学で20年程前にやってたのかと学んだなぁ。
0