10周年のSPコンテンツ!

ルールは大人を守るため?

はるかぜちゃん@harukazechanと乙武洋匡@h_ototakeによる往復書簡。遅刻したら、学校に入れてもらえなかったことに疑問を感じたはるかぜちゃんの「なぜ?」に、昨年まで小学校教師だった乙武が返答。みなさんに考えていただくきっかけになれば!
はるかぜちゃん
265
春名風花 official @harukazechan
おはよございます(ω)ぷんすか
春名風花 official @harukazechan
ぼくはきょう学校にこなくていいとゆわれてしまったので、お休みです(ω)
春名風花 official @harukazechan
ぼくの学校は、ちょっとでもちこくしたら、おうちの人が職員室まで送っていかないといけない決まりがあります(ω)
春名風花 official @harukazechan
ままが残業で朝までにかいってこれなかったので、起こしてくれる人がいなくて、ぼくはきょう少しねぼうして、ちこくしてしまいました(ω)
春名風花 official @harukazechan
午後からは用事でまたちょっと早退するんだけど、それでも四時間目と給食まではできるから、ちょっとでも授業を受けたいんけど(ω)
春名風花 official @harukazechan
ぼくのままは夜勤の仕事で、朝ぼくたちが登校するまでにはかいってくるんけど、残業になると登校時間までにかいってこれないときがあります(ω)
春名風花 official @harukazechan
ちこくしたら、おうちの人と登校する決まりなんだけど、ぱぱもままもいま仕事でいません(ω)そいで、ちこくしたけど急いですぐ学校に行きますと電話したら、校長先生に、おうちの人と来られないんだったら、もう今日は欠席にしてくださいとゆわれたので、休みになりました(ω)
春名風花 official @harukazechan
ぼくは毎朝6時におきてまんがを読んでるんだけど、先週と今週はいろいろあってつかれてて、今日はしんどかったのでどうしても起きられませんでした(ω)そのことは反省してます(ω)
春名風花 official @harukazechan
でも15分ちこくしたけど、最近ぜんぜん学校いけてなくて、きょう友だちにあえるのちょう楽しみだったから、学校にいれてほしいです(ω)
春名風花 official @harukazechan
集団登校の時間にくるか、おうちの人とじゃないと、ぼくたちの学校は学校にいくことができません(ω)だからちこくすると休みにされます(ω)私立の子は一年生でも1人で電車をのりついで学校にいっているのに(ω)
春名風花 official @harukazechan
きょう、学校いきたかったです(ω)いつも1人で電車にのって仕事にいってるのに(ω)私立の子はちっちゃくても1人で電車で学校にいってるのに(ω)なんで公立の学校は1人で登校したらいけないんだろう(ω)
春名風花 official @harukazechan
ちなみにぼくの学校はぼくんちからまっすぐな道を5分で、ちょう近いです(ω)
乙武 洋匡@義足プロジェクト @h_ototake
@harukazechan はるかぜちゃん、おはよう。学校のきまりで学校に行けなくて、つらいね。なぜ、ひとりだと学校に行っちゃいけないのか。すごくふしぎで、すごくくやしいね。じつは、ぼくは去年の3月まで小学校で先生をしていました。はるかぜちゃんと同じ、4年生を担任していたんだよ。
春名風花 official @harukazechan
@h_ototake あっ(ω)乙武さん(ω)おはよございます(ω)ええ乙武さん四年の先生だったんですか(ω)びっくり
乙武 洋匡@義足プロジェクト @h_ototake
@harukazechan 僕も先生をやっていたとき、そういうつまらないきまりに何度も苦しめられてきました。でも、なぜそんなつまらないきまりができたのか、考えてみることにしました。すると、それはおうちの人と学校が信頼しあっていないからだとわかりました。
乙武 洋匡@義足プロジェクト @h_ototake
@harukazechan たとえば、はるかぜちゃんがひとりで学校に向かう。そのとちゅう、万が一、事故にあったとする。すると、「学校のせいだ」と責任を学校になすりつけるおうちの人が出てくるんだ。はるかぜちゃんのおうちがそうだというのではなく、これまで、そういう人がいたということ。
乙武 洋匡@義足プロジェクト @h_ototake
@harukazechan 学校も、そんなつまらないことで責任を取らされたらたまらないから、「だったら、ちこくしたときは、おうちの人と来るようにしてください。それができないなら学校に来ないでください」となる。うそみたいな話でしょ。でも、それが真実。ほんとうに悲しい事実。
春名風花 official @harukazechan
@h_ototake はい(ω)そうなんです(ω)なんかあったら学校が困るから来ないでって(ω)きょうは、ちこくしたぼくが悪いです(ω)でも、仕事でちこくのときや早退するときも、ままの仕事と重なると欠席にされてしまうから、ぼくはぜんぜん学校にいけないんです(ω)
春名風花 official @harukazechan
@h_ototake ぼくんちはぱぱもままも、ぼくも弟もはたらいてて、時間があわないし、ぱぱもままも急な残業が多いので、ぼくだけなら学校にいけるのに、おうちの人がいなくて学校にいけない日がいっぱいあります(ω)
乙武 洋匡@義足プロジェクト @h_ototake
@harukazechan おうちの人と学校が信頼し合っていないから、はるかぜちゃんのように悲しい思いをする子がでてくる。つまらないきまりが、いっぱいつくられる。ほんとうにバカみたい。だれのための学校なのか。本末転倒(ほんまつてんとう)。あ、わからない言葉だったら、調べてみて。
乙武 洋匡@義足プロジェクト @h_ototake
@harukazechan おうちの人に言いたい。「なんでもかんでも学校のせいにするなよ」。学校に言いたい。「そんなにビビってんじゃねえよ」。どちらも、自分たちのことしか考えてない。子どものことが二の次になっていることに気がついてほしい。子どものために、パートナーになってほしい。
春名風花 official @harukazechan
もともとは、ちこくしたぼくが一番悪いです(ω)反省しています(ω)二度とちこくしないようにします(ω)ぼくはきょうこの話を書いたら、20000人におこられることも分かってるから、だまっておこうかなと思いました(ω)でも
春名風花 official @harukazechan
きょうぼくも、来るなとゆわれたけど学校に入りたかったから学校に行ってみたんけど、やっぱり校門を開けてもらえなかって、きまりだから帰るようにゆわれたからまた歩いて帰ってきました(ω)
春名風花 official @harukazechan
でも、ぼくのねぼうが世界中にばれてたくさんの人におこられることと、なんで1人で学校に行けないのかを調べたい気持ちをくらべたら、あとの方が強かったから書きました(ω)
乙武 洋匡@義足プロジェクト @h_ototake
@harukazechan はるかぜちゃん、ごめんね。今回のこと、学校で先生をしていた人間として、あやまります。ほんとうにごめんなさい。そして、これから少しでもそうした状況を変えていけるようがんばるよ。はるかぜちゃんは、ちこくしないようにがんばろうね。ふたりの、やくそく。
残りを読む(22)

コメント

下山嘉彦/渋谷区 @yshimoyama 2011年3月11日
ルールとは何のため、誰のためにあるのか? 都条例問題にも関わってくる、大事な本質論だと思います。
menou @menou_ac 2011年3月11日
もとは皆子供だったのになあ、とお二人のツイートをみて感じました。どうして大人は大人になっちゃうと自分を守ろうと殻に籠っちゃうんだろう。教師の方だって最初は乙武さんみたいな熱い想いを持っていたはずなのに。先生をそんな風にしちゃう親とかルールを作っちゃう偉い人が悪いのかな?、そんな気がしてならないし切ない。
早寝らくがき(‘ω‘(◜◡◝😗 >ヮ@)'_') @_rakugaki 2011年3月11日
転載。「遅刻」から気になっちゃう人は教育と労働の違い、とか「安全」が気になる人は近所の協力、学校と家のどちらが安全か、とか「責任」が気になる人は本当は誰のせいなのか、とか色々な部分から考えて欲しいものです。
さんりようこ @sanriyoko 2011年3月11日
読んでいて、学校の対応に非常にイライラしました。自分の住む地域では学童や保育園の周囲にシルバーパトロールがいますが、そういう方に協力をお願いするなど現実的な対応を考えてほしいと思います。
みのり開発松戸店 @minori_chintai 2011年3月11日
学校役員をしています。今年娘のクラスが学級崩壊し、学校と保護者の板ばさみとなって1年間苦しみました。 学校と保護者の信頼関係がない。痛いほどよく分かります。 読んでいて涙が出てきました。
ぶんぶく @darkveil777 2011年3月11日
すべての法律、すべての規則、みな同じ。人と人との関係を円滑にするために、様々な『ルール』がある。ルールなんて不要だと言う者はその結果を引き受けなくちゃいけない。ルールが必要だと言う者もまた同じ
悪冠一色@フリスク和牛P @FRISKWAGYU_P 2011年3月11日
昔とある雑誌で読んだ『ルールなんて破るためにある』って言葉を思い出しました。 それが定められた理由だけを見れば確かにごもっともな場合が多いのですが、それによって必要以上に雁字搦めにされるのもなんだかなぁというところはありますよね。
@Rythm_Harmony 2011年3月11日
学校は単なる行政サービスで私達は税金払ってるんだから、要望も文句も言っていいんだ、という(一部の)保護者。そして、多様化しすぎた要望を受け止めるために身動きが取れなくなる学校。お互いに批判するばかりでなく、歩み寄ろうとする世論の後押しが必要なんでしょうね。でも、ほとんどの先生方は、制約の中でも子どものためをいちばんに考えているはず。こういう話題が、いい方向に向かえばいいのですが、逆にさらに学校の力を失わせることになりはしないかと心配でもあります。
@miteinablog 2011年3月11日
ルールを守れない人間に限って、権利を主張したがるんだよね。そして、ちゃんと守っている人間が不満に思うようになり秩序が乱れる。
lastline@おばけみる島 @lastline 2011年3月11日
ルールを破られると他の人に示しがつかないから、遅刻して一人で投稿しても中に入れないのだろうけども・・・。
👑ゴゴ山 @Gg_Yama_ 2011年3月11日
とある目的のために現場の人達が一生懸命議論して作り上げたルールがいつの間にかルールを守ることが目的になってしまってた。結構どこにでも転がってる問題だよね。
kumonopanya @kumonopanya 2011年3月11日
最初は互いの領分を守るための相互の確認のために用いられていたが、今では自分を守るために使っているからこのような事になっている。
kumonopanya @kumonopanya 2011年3月11日
遅刻したら帰らなきゃいけないルールよりも、学校で学んだり、学習意欲を削ぐような行動の方がずっと危ないものだとわからないのかな?
sk🗝 @01his 2011年3月11日
いいまとめ。考えさせられる物がある。
hatakesan @hatakesan 2011年3月11日
オススメ書籍。浜井浩一、芹沢一也著 犯罪不安社会 誰もが「不審者」? (光文社新書)
国木田花丸ート @takoyaki_dead 2011年3月13日
どっちが悪いって話じゃないと思うんだが
でんぱ @mekurimasutar 2011年3月13日
他人の決めたルールを守って、なんの疑いもせず、誠実で、素直な人間、なんて…社会じゃ役にたたんよ…。ルールは絶対じゃないし、これは学校と生徒の対応する問題じゃなくて先生と生徒の対応する問題だと思う。あたりまえのことだけど、人間じゃないと人間は育たないよね…。
@Rythm_Harmony 2011年3月14日
ずっと考えていました。乙武さんのおっしゃる通りだと思います。だけど、子どもの味方でありたいと思っている教師は、乙武さんだけではありません。まるで、「子どものためを思う教師を疎ましく感じる」ほど、他の教師は保身が大事なのだというような乙武さんのコメントには同意できません。
@Rythm_Harmony 2011年3月14日
教師への信頼を失わせるような過剰な表現が、さらに学校、教師、保護者、生徒の関係を、難しくしているのではないでしょうか。私も元教師です。どうか、疲れ切った教師と、悩める保護者と、その間で迷っている子どもたちに、力を下さい。
ゆま @mumyuma 2011年3月14日
「定められた登下校の時間以外の登下校には保護者が付き添う」というルールは何のためにあるのか、知り合いの小学校の管理職に聞きました。「定められた時間にはボランティアで登下校を見回る人に付いてもらったり集団での登下校をして、児童の安全の確保ができるが、それ以外の時間は安全の確保ができないため保護者の付き添いをお願いしている」とのことでした。そしてこのルールは入学の時に保護者に説明がされており、
ゆま @mumyuma 2011年3月14日
今までそのルールを破って学校に来た児童を一人で帰らせたというケースは一度も経験したことがないとのことでした。今回は「15分遅れただけなのに、学校まで行ったのに帰らされた。」という、そこだけ切りとれば学校に非があるような場面ですが、弟さんが一度「保護者と一緒でないから」と帰されていたり、今回は校長先生から「保護者と一緒でないと来てはダメ」と電話で断られているにもかかわらず押しかけたりと、学校運営に協力する
ゆま @mumyuma 2011年3月14日
姿勢の見られないはるかぜちゃんに対する学校側の自衛策だったのではないかと推測しました。ルールは社会生活を円滑にするために定められたもので、状況にそぐわないものであれば、手続きを踏んで変更されたり例外が適用される場合もあると思います。 そのためにはまず、定められたルールを守ってみて、おかしいと思ったことについて学校と話をされるのがよいと思います。 「自分はいい加減でルールが守れないけど、そのルールはおかしい」という主張こそおかしいです。
ゆま @mumyuma 2011年3月14日
子どもたちを守りたいと思って決められたルールを「大人を守るためのルールだ」と解釈して学校に代わり謝られた乙武氏の対応は、現在子どもたちのために頑張ってくださっている学校の先生方を見下されているようでがっかりしました。先生方には「日本の宝」である子どもたちの生きる力を育てることに重点を置き、力をつくしていただくことを期待しています。一生懸命頑張られている学校の先生に感謝をした上で、よりよい方向に変化していただける点について話し合いたいです。こういう、クレーマー的な叫びを、学校側の問題であるかのように受け取ら
春名風花 official @harukazechan 2011年3月14日
ksharusameさんへ たぶん書き直していただいたのは、ぼくのままをモンスターペアレントと決めつけてたり、ぼくが自分をぼくということについてや、ぼくの撮影がメイド喫茶でおこなわれたことを、学校にもいかずにチャラチャラしているといっていた部分とかをけしてくれたのかなと思うんですけど、ぼくが言いたいのはそこではないです(ω)
ゆま @mumyuma 2011年3月14日
れた乙武氏の反応をとても残念に思います。 都条例でもそうですが、何でもかんでも「それはおかしい!」と声高に叫ぶのではなく、まずどうしてそのようなルールが作られるかを理解しようとする謙虚な姿勢がはるかぜちゃんには必要なのではないでしょうか。(読み直しておかしかった部分を一部訂正して再投稿しました。)
春名風花 official @harukazechan 2011年3月14日
ここにあるついりは「それはおかしい!」と声高に叫ぶのではなく「どうしてそのようなルールが作られるかを理解しよう」として、ぼくがついったものです(ω) ksharusameさんのついったを読むと、ぼくについていろいろきめつけているような感じなので、分かっていただけるかわかんないけど(ω)そこはこんぽんてきなとこなので、よろしくお願いします(ω)
ゆま @mumyuma 2011年3月15日
ツイッターにもルールは存在し、13歳未満の児童を利用対象としていません。(http://twitter.com/privacy)もちろん、抜け道はありますが、何故そのルールが作成されたか理解しようとなさる姿勢も必要かと思われます。ルールは意味があるからそこに存在していると私は思っています。
腹下しの助 @bitiguso 2011年3月15日
harukazechan「ここにあるついりは「それはおかしい!」と声高に叫ぶのではなく「どうしてそのようなルールが作られるかを理解しよう」として、ぼくがついったものです(ω)」←最後の「ぼく」を「娘」に変えるとより文章の整合性が取れる。しかし、中の人の浸食が著しく表に出てしまったツイートですなぁ~(母親目線モロ出しじゃないですか!?)。
腹下しの助 @bitiguso 2011年3月15日
「母親が自分のエゴ(都合)をごり押しする為に子供の皮をかぶる」とこうなる。正にモンペ。こうしてharukazechanアカウントによって、偽善と建前に満ちた非常に醜悪な場面がまた一つツイッターに刻まれたのであった・・・。
腹下しの助 @bitiguso 2011年3月15日
「子供だから」を利用した、余りにも酷いツイート内容。実際の学校関係者が直に反論する機会が必要。あのアカウントがやっている事は、子供のタレント活動によって義務教育を疎かにする事を、学校の不寛容さに無理やり結びつけた『親の責任逃れ』の為『子供をダシに使った建前』でしかない。
山之上すみれ(だらだらの実の能力者) @viola_japonica 2011年3月15日
ネットで人を傷つける人のことは、みんなが馬鹿だなあと思って見ているので、相手をしなくていいと思います。子どもが育つのが大変な時代になってしまって、お父さんお母さん先生たちみんながしんどそうです。どこに突破口があるのか。みんなで探さないと。
腹下しの助 @bitiguso 2011年3月15日
@harukazechan ただ「大人びている」ではなく、このアカウントからのツイートは常に母親の利益に行き着く意図が隠れていると言っています。最低の大人の特徴「欺瞞を偽善でくるみ利己を得る事が生活の一部になり、躊躇する倫理観すら消え失せた」傾向があると言っているのです。自己申告上の「子供」という立場を建前として利用していて「おとなびている」ではなく、「人間として最低」だと言ってます。
ネリナナリネ @nerinanarineyo 2011年3月15日
はるかぜちゃんかしこ過ぎ。それとこの学校のルールて子供が教育を受ける権利を思いっきり侵害してる気が、、。後、昔に比べ子供が被害に遭う事件も圧倒的に少ないですし、子供が今ほど安全に暮らせる社会もないんですけどね。当事者同士で話し合うしかないか、、。メンドイですけど。
蒼井 亜生 @aoi_blue 2011年3月15日
@bitiguso 穿ちすぎじゃね?ふだんの@harukazechanのツイット見てれば、いつもこのテイストであることがわかるよ。
蒼井 亜生 @aoi_blue 2011年3月15日
でルールの話、きちんと責任を取れる人がしっかり考えて、判断するしかないんだよね。 下部組織にはその判断を任されていないことがあって、くやしいけど「ルールを守れ」って話ししかできないことがある。 ちゃんと現場にも責任と判断を持たせてほしい。 一言で言えば「ジャッジメントですの!」をやらせてほしいってこと(^^♪
遊藍 @ainiasobu 2011年3月15日
この一回を許したら、他の親で行かせた者勝ちと思って同伴拒否する人が出てきてしまうかもしれない、という視点も必要かと思います。責任問題ではなく、ルールと運用という意味でいい議題かと。
ゆま @mumyuma 2011年3月16日
「ネットでの年は、じっさいの年とは関係ないし、どれだけちゃんとしているかで決まると思う」という思い込みはどこから? 「どれだけちゃんとしているか」判断するのは誰? 客観的に判断できないため、誰から見てもわかるように、13歳以下を利用対象としないというルールがあるのではないでしょうか。異なる個人の判断で動いてしまうと秩序が乱れてしまうので一定のルールが存在しています。ルールは社会生活を円滑にするため、自分たちのためにあるものです。
ゆま @mumyuma 2011年3月16日
「社会や地域でお世話になる以上感謝しながらそこにある決まりを守りましょう」という道徳教育はネット上ではなく、家庭で親御さんからされることだと思います。はるかぜちゃんの親御さんは一体何を考えてルールの抜け道を通ってまでツイッターで小学生にやりたい放題させているのか。保護者責任についてどう思っているのか甚だ疑問です。仕事している子役さんを批判しているのではないです。遅刻・欠席が多いことで学級経営が大変であろう担任に感謝しないどころか、学校・担任批判を繰り返すはるかぜちゃんの姿勢に大きな疑問を持っているのです。
紅パンダ(LV.34) @Redpanda76 2011年3月16日
@harukazeちゃんみたいな目立ってる子に噛み付いて注目を浴びたがってる哀しい人が大勢いるんだなぁと思った 「ルール」は手段であって目的じゃないことに気づいてない人も大杉
紅パンダ(LV.34) @Redpanda76 2011年3月16日
大人が大変だからと言ってそれを受け入れて犠牲になれというのもおかしな話だ 子供に学習の機会を与えることこそが教育機関の最大の責務 それを投げ出してルールを守れというのは随分勝手な理屈だ
紅パンダ(LV.34) @Redpanda76 2011年3月16日
大勢の大人がたった一人の子供が1時間の授業を受けることを可能にできない もちろん遅刻はいけないがそれは当然子供がなるべく必要な授業を受けられるようにできたルールだ よって遅刻したからといって登校した子をわざわざ追い返すのは整合性がない 
紅パンダ(LV.34) @Redpanda76 2011年3月16日
@harukazeちゃん、お兄さんはあまり見本になるような大人じゃないけど応援してるぜ! 
@m_sio 2011年3月16日
「13歳未満の児童を利用対象にしないというルール」についてはこちらもどうぞ Togetter:Twitterを13歳以下の男子女子が使うことについて http://togetter.com/li/79822
kaede @enenekoneko 2011年3月16日
子供が犯罪に巻き込まれた時に、学校の責任にする保護者がいるから、集団登校を強要せざるを得ないんだと思います。昔(20年位前)は、登下校時のトラブルは自己責任で、遅刻早退は一人で来てましたし、そもそも、集団登校なんてなかった(都内・23区)。
kaede @enenekoneko 2011年3月16日
親が働いていて、遅刻早退時に同行できないけれど、授業を受けさせたい、という場合は、契約書を学校と保護者で交わして、「児童単独での登下校の際に、事故や事件に巻き込まれても学校に責任を問いません」と一筆貰った家庭の生徒は受け入れる、という形にしたらいいのに、と思いました。それとも、そうすると部外者が無責任だ、とか、ずるい、とか言い出すのでしょうか?
沙子 @sunako_2 2011年3月17日
enenekoさんの言うとおりだと思います。この子の母親ってすぐに訴訟とかちらつかせるので有名みたいじゃないですか。担当してる担任と学校に同情します。素直に私学に通えばいいのに。
ゆま @mumyuma 2011年3月17日
痛烈な学校批判を繰り返すはるかぜちゃんを直接批判して、はるかぜちゃんと同じアカウントから出てきたお母様から「名誉毀損です。後で連絡します。」と脅され、後に2chで祭りあげられて勤務先の小学校に「教師が女児を泣かせた」という苦情を言われた人がいたのを見て以来、恐ろしくなって直接彼女と話をしないように努めていたのですが、敬愛する乙武さんがtogetterにまとめられたためコメントを寄せました。コメント欄は感想を寄せる場所だと認識しております。あくまで私の感想を書いているのであって、はるかぜちゃんと議論を戦わせ
ゆま @mumyuma 2011年3月17日
たいわけではないです。「そういう風に考える人間もいるんだ」ということでいいのではないでしょうか。コメント欄にかいていない私のつぶやきを拾ってこられてここに書き込まれるなど、所属事務所と保護者の管理はどのようになされているのか甚だ疑問に思っています。 
山之上すみれ(だらだらの実の能力者) @viola_japonica 2011年3月17日
今、非常時で行政もいつものルールをいろいろと曲げてくれています。ほとんどの子どもさんが常態であるとするなら、はるかぜちゃんのように職業に就いている子、病気や障害のある子、家族に問題を抱えている子、等、非常事態におかれてしまっている子どもたちも当然存在します。そういう子どもたちにルールをどう適用するか、どこまで曲げるか、周囲の大人達の度量が試されているところです。
けふ @kef_in_kyoto 2011年3月17日
せっかくルールについて意義のある議論するチャンスがあるのに、中の人の正体追求とか家族が恐いとか、どうでもいいことにリソース消費しなくてもなあ。
春名風花 official @harukazechan 2011年3月17日
おとなを尊敬してうやまうことと、なにも考えないでただおとなに従うことは、ぜんぜんちがうと思います(ω)ぼくは、子どものぎもんに逃げずに答えてくれるおとなには、尊敬してついていこうと思います(ω)でも子どもが不思議に思うことにただなまいきだ、批判だとしかいえない人は、あまり尊敬できないです(ω)
春名風花 official @harukazechan 2011年3月17日
あと、ぼくのままは直接きちんと話し合うことはするけど、一度もうったえるとかゆったりしたことはないです(ω)ぼくのままが一番きらいなのは、うったえたり、人の手をかりて、トラブルを解決することです(ω)「れんらくします」は、その人と、個人的にれんらくを取って、とことん話し合って、わかりあえるまで話したいとゆうことです(ω)ままはだれに対しても、いつもそういってます(ω)うったえて勝ち負けをきめても、なんの意味もないって(ω)
神崎亮介 @kanzakiryousuke 2011年3月17日
だとしたら「名誉棄損」って言葉を使ったのは失敗でしたね。言葉尻を捕まえるのが好きな人がたくさんいます。でも、そう言う「尊敬できない大人」は説得することはできません。直接会って話でもしないかぎりね。
13号 @13gou 2011年3月17日
問題点は、危険だから保護者同伴で来るように言っておきながら、子ども1人で家に帰らせるというとこじゃないの。もともとは子どもを守るためのルールでなければいけないはずなのに、本末転倒になっているところ。
あるごす @argos_M1111 2011年3月17日
10年くらい前の話だけど、自分が通ってた小学校にそんなめんどくさいルールはなかったなぁ。遅刻しても一人で登校してた。こんなルールが今あるのは、それだけ皆子供の事故に過敏ってことなのかな。なんていうか、息苦しいね。
結城 @m0tregen 2011年3月17日
すっごく疑問だったのがやっと解けた。@ksharusameのはただ騒ぎに乗じてはるかぜちゃんをたたきたいだけだ。すっごくシンプルかつ正確なのは@13gouさんのコメント。「一人で来るな」っていっておいて一人で帰しちゃうその姿勢がよくない。教室が無理なら保健室でもいいじゃない。保健室って言うのは一例だけど。
しかも・かくの @sikamo 2011年3月17日
当人は「学校を批判する意図は無い」と言っていて、実際にその通りなのだろうが、だが常識的に考えてこの学校の対応は十分以上に批判に値するものだろ。
OBK48 @obakasanzAT 2011年3月17日
保護者同伴のルールを破ったのならあとで保護者を呼びつけて注意すればよい。どんなルールであっても4年生の女子を一人で帰す理由にはならないよ。帰宅途中でharukazechanに何かあればそれは学校の責任であり親の責任。なんだけどー、ここでのharukazechanは正直感じ悪い。観察対象としてはすこぶる面白いのだけど、本来のモデルとしての魅力は感じられなくなっちゃった。残念。
春名風花 official @harukazechan 2011年3月17日
はい(ω)ぼくもかんじわるいなとじぶんで思います(ω)ぼくはままのことゆわれるとすぐ、いかっちゃうので(ω)今度からこころおちついてからついるようにします(ω)ありがとうございます(ω)菩薩
腹下しの助 @bitiguso 2011年3月17日
保護者を付けずに子供を登校させた、親の「登校時の保護責任を放棄し、子供を一人で登校させた」行為と、それに対する学校の「親の無法な振る舞いを非難し、今後の無理(時間外の個人での登校)を通らなくする為の拒否の意思表示(例外の拒否)」というリアクション。自分の不手際を棚に上げてゴネ得を主張する思考回路は、近年「モンペ」と言われ、忌み嫌われているエゴイスチックな親の特徴。
眞白ゆき*砲雷撃戦F-093売り子 @amatot0 2011年3月17日
というか話逸れてんじゃん。はるかぜちゃんの親がモンペだとか、そんなのこの話ではどうでもよくない?
腹下しの助 @bitiguso 2011年3月17日
harukazechanアカウントでは、基本的に子供の自発的意思(主体性)が強調されている。そのツイート内容では保護者同伴時の行動や、一般的に親の管轄の生活行為の意思決定ですら、まるで子供が行動の主導権を握っているように表現されている。
腹下しの助 @bitiguso 2011年3月17日
ここでも、「十歳の子供が」「自発的意思で」「再三」「個人での登校に臨んでいる」状況がある。この子のオタク趣味や様々な嗜好がことごとく自発的に親の影響を無視して成立する事はあり得ない。
腹下しの助 @bitiguso 2011年3月17日
なにより、harukazechanアカウントでアップされた画像を見れば一目瞭然だ。そこには「綺麗な服を着せられ(コスプレも)」「ポーズを取らされた」子供たちが居る。「写真の構図まで凝っている」。つまり、『親の作品』がそこにある。
腹下しの助 @bitiguso 2011年3月17日
この子供は赤ちゃんの頃からタレント活動を「親の意思で行っている」。そういった背景を踏まえた上で、あのタレント活動(ツイート)を子供が「自発的意思で行っている」と考える方が、むしろ不自然である。
腹下しの助 @bitiguso 2011年3月17日
実際の子供は、従順な親の操り人形。
@ayumimelody 2011年3月18日
”子供だから”とむやみに守ろうとするのは、はるかぜちゃんにとっては嬉しくない事かもしれません。でも、私は、自分よりも幼く、小さい人間に、よって、たかって、悪意のこもった発言をぶつける人達に、激しく憤りを感じます。”感想を述べているだけ”、”疑問を感じただけ”、いくらでも言い方を変えてそうでないように見せる事はできますが、
@ayumimelody 2011年3月18日
はたから見ていてそういう人達がしている事は、”いじめ”、”いやがらせ”以外の何でもないと思います。少なくとも私にはそう見えます。あくまでも、これは私個人の感想です。はるかぜちゃんの発言がそんなに不愉快なのであれば、読まなければ良いのです。はるかぜちゃんの学校は、そんな人達に擁護される事を望んでいるでしょうか。まともな学校なら、そんなことはないのでは、と思います。
@ayumimelody 2011年3月18日
”保護者同伴のルールを破ったのならあとで保護者を呼びつけて注意すればよい。どんなルールであっても4年生の女子を一人で帰す理由にはならないよ。”←私はここが一番重要なポイントなのでは、と思います。子供を守るためのルール、のはずが、本末転倒。な状態になっていることが、問題なのでは、と思います。そういう事が起きている、と私たちの目を集めてくれたはるかぜちゃんは、えらいと 私は個人的に思います。
@ayumimelody 2011年3月18日
twitterは基本的に大人の輪です。その中で、自分の意見をはっきり述べるというのは、子供にとっては、とても勇気のいる事ではないでしょうか。大人だって間違った事をしょっちゅう言います。幼い子は幼い分だけ、もっと、わざとではなくても、うまい言い方ができない事があると思います。それでも、間違いを恐れずに発言しているはるかぜちゃんは、幼さも間違いも含めて、素晴らしいと思います。
@ayumimelody 2011年3月18日
はるかぜちゃんのお母さんも、自分の子供がたくさん、きつい言葉を浴びせられていると知って、いてもたってもいられずに色々と発言したのではないでしょうか。それは、人間として、動物として、至極自然な行動ではないでしょうか。私はじゅうぶん、理解出来ます。言葉の選び方がところどころ上手でなかったとしても、あげあしを取って、攻撃し続けるのは、どうなんだろう、と思います。
@ayumimelody 2011年3月18日
なにより、今の日本に、こんな”議論”の皮を被った”いじめ”は、必要でしょうか?今、やらなきゃいけない事は、こんな事でしょうか?はるかぜちゃんは、この非常事態に、小さいなりに、精一杯、ネットの世界で、自分のできる事をがんばっています。雑音は、彼女の邪魔になるだけです。もう、そうっとしておいてあげてほしいです。彼女を、彼女の家族を、非難する言葉を探す暇があるなら、どうしたら被災地の人達の力になれるか、とかを考えたほうがずっとずっと良いと思います。
@ayumimelody 2011年3月18日
うまくまとまったか分りませんが、これは、私の、あくまでも個人的な”感想”です。乙武さんの意見は、どれも分りやすく素晴らしいと思います。はるかぜちゃんを守ろうと発言している人も、たくさんいるようで、心暖まります。そういう人達を不快にさせたくて発言したわけではないのでご理解下さい。はるかぜちゃんも、もしかしたら私の発言でどこかあんまり嬉しくない部分があったかもしれないけれど、そしたら、ごめんね。私は、はるかぜちゃんを応援しています。はるかぜちゃんのツイートが好きです。今は色んなところが大変だけど、気をつけて、
@ayumimelody 2011年3月18日
長文、失礼いたしました。では。
ゆま @mumyuma 2011年3月18日
こちらで「学校の対応が悪い」と書いておられる方で、実際の小学校の現状をご存知の方はおられるのでしょうか?私は都内の5つの小学校で講師として働いていましたが、一度として、「入学時に説明した保護者同伴のルールを破って一人で登校してきた児童を一人で帰した」というケースを経験していません。 保護者同伴の規則を守らずに一人で登校してきた児童も、一度きりなら一人で帰すことはないでしょう。 これは、ルールの抜け道を通ってなんとか自分だけ特別扱いさせようとするはるかぜちゃん側を恐れた学校側の自衛策だったと思います。
山之上すみれ(だらだらの実の能力者) @viola_japonica 2011年3月18日
ksharusameさん、実際の小学校の現状を語るに「5校で講師経験」はサンプルとして少なすぎ。それはあなたの個人的な経験に過ぎません。一般論として語れるレベルではありません。はるかぜちゃんに腹立つだけなんでしょ。ブロックすれば良いのでは。
choma @chomast 2011年3月18日
保護者同伴なしで登校→受け入れ拒否→”子どもを守るため”というルールの目的が果たせていない / 保護者同伴なしで登校→受け入れ→「ルールでは保護者同伴必須だけど、保護者なしで行っても入れてもらえるらしいよ」という話になる→他の子も保護者同伴なしで登校するように→”子どもを守る”ことができていない
choma @chomast 2011年3月18日
こうすれば良いのでは。その校区の地域の人で「困ったときの保護者代行」グループを作っておく。遅刻した子はそのグループに連絡して、手の空いてる大人に来てもらって、学校まで送り届けてもらう。
choma @chomast 2011年3月18日
わたしが小学生だったときは、名称は忘れたけど「子どもが外で危険な目にあったら逃げ込める場所」に指定されている家や店が何軒かありました(大阪市内、5~8年前くらい)。そういう制度が全国的なのかは分かりませんが、そういった家や店の人に連絡して学校まで送り届けてもらうのが一番”子どもの安全のため”という目的にかなうのではないかと。
choma @chomast 2011年3月18日
責任問題という”大人の問題”が残りますが、これは大人同士で誓約書交わすなり何なりするしかない気がします。保護者の方々とその地域のグループ、また学校との信頼関係がきちんと築けていれば、本来は責任がどうのこうのという話にはならないはずなんですけどね。
choma @chomast 2011年3月18日
あ、まちがえた。わたし5年前は中学生でした。8~10年前に訂正。コメ連投すいません。わたしも小学生のとき大人の決めたルールに対して色々思うところがあって、でも卑屈な性格と「どうせ屁理屈だって言われるし」という理由のため、あんま人に言ってみたことがありませんでした。それで不満をぐじぐじため込んで、大人が嫌いな子どもでした。なので、思うことを発言してレスポンスを受けているはるかぜちゃんは凄い小学生だと思います。
choma @chomast 2011年3月18日
思ったことを素直に発言する人は批判されることも多いけど、その発言に筋が通っていれば賛同する人も必ずいる。「批判されることも多い」というリスクを受け止めるのか避けるのか。どっちが良い悪いという話ではないけれど、どちらかというとそのリスクを受け止めようとしている(と私には思われる)はるかぜちゃんの存在は貴重だと思います(リスク回避も大切だけれど)。なんだかこのまとめと話がずれてきた気がするので終わりますすいません。
ゆま @mumyuma 2011年3月18日
debusugeiさんが、投稿できないとのことで代理投稿の依頼をうけ投稿します。(引用はじめ)『登下校時の事故やトラブルには学校は一切責任は無い』(コインパーキングみたいだ)なのか『登下校は一切学校の管理下に置く』かの二者択一論にならざるを得ませんよこの場合は。[承前]ルール変えたり弛めるなら前者を明確に規定しましょうよん (引用終わり) ちなみに、今、登下校中の事故に関しては、学校事故ということで処理され、治療費一切を学校が支払う規定になっています。
みみりん @uta_kinoco 2011年3月18日
こうやって自分の意見をしっかり言える子がいるってだけで、すごく良い事だと思いました^^ はるかぜちゃんみてると、すごーくしっかりしてるなぁって感じます。学校に遅刻しちゃうのはよくないかもしれないけど「なんで?どうして?」って疑問を持つ事、それを発信できることってすごく大切だよね。ルールとか、型にはまらない子、わたしは大好きですが^^ そんな私も小学校も遅刻魔で、今でも寝坊助してますけどね笑
dbsg(℃゜) @debusugei 2011年3月18日
あと、特例を求める書簡を交わすのも手です。【私(甲)は、単独登下校を認めてもらうことの代わりに、学校(乙)には、登下校の際の事故やトラブルに関しては一切の責任を求めません】って文章をつくってお互い判子を押せばいいんです。担任を叩くことが、解決策にはならないと思います。はるかぜちゃんは子供だから、仕方ないとしても、周りの大人が、正しいルールの変え方を提示できないのは、すごく悲しいですね。
春名風花 official @harukazechan 2011年3月18日
たくさんのご意見をありがとうございました(ω)debusugeiさんの方法が、とてもいいと思いました(ω)登下校中の事故に関しては、治療費一切を学校が支払う規定になっている(ω)というのも知らなかったので、勉強になりました(ω)ありがとうございます(ω)
春名風花 official @harukazechan 2011年3月18日
これはぼくだけの問題じゃなく、ぱぱもままも仕事をしているおうちもみんな困っている問題で、子どもが具合が悪くなると、ぱぱかままが仕事を抜けて学校に引き取りにいかないといけなかったりして大変なので、こんど友だちにも話してみます(ω)
春名風花 official @harukazechan 2011年3月18日
enenekoさんやdebusugeiさんがていあんしてくれたような話し合いができないか、学校できいてみます(ω)なんか、少し前は、友だちのおかあさんや近所の人でもよかったんだけど、幼稚園の子が友だちのおかあさんの車で送ってもらう途中に、友だちのおかあさんに殺された事件があってから、ほんとうの親じゃないとおむかえにいけなくなってしまいました(ω)だから、はたらくおかあさんは誰にもたよれなくなってしまいました(ω)
春名風花 official @harukazechan 2011年3月18日
chomastさんがいうような感じで、ほんのちょっと前までは、おかあさんどうしたすけあって、みんなが登下校できていたのに、その殺人事件のせいでまた、ひとつルールがふえてしまいました(ω)ぼくの近所の公園も、遊具でけがをしたニュースがながれるたんびに遊具がへって、今ではなんにもなくなってしまいました(ω)
春名風花 official @harukazechan 2011年3月18日
どこかで何か事件がおこるたびに決まりがふえて、何かおこるたびに遊ぶ場所もなくなって、ぼくたちはいつもおとなの目の届くところで、危なくない遊びをして、どこにいくにも防犯ブザーをぶらさげているけど、ままが昔子どもだったときの登下校の話や、本の中の冒険を読むたんびに、すごくうらやましいなと思う(ω)
春名風花 official @harukazechan 2011年3月18日
ねぼうしたせいで、学校に行けるのにおうちの人が仕事を抜けられなくて、欠席になった日がきっかけで、公園の遊具のこととか、防犯ブザーのこととか、友だちのおかあさんに殺されるかもしれないから、友だちのおかあさんもうたがわないといけないこととか、知らない人にあいさつしちゃいけない決まりとか、ぼくはずっとぼくのまわりのルールについて考えています(ω)
春名風花 official @harukazechan 2011年3月18日
子どもを守るいろんなルール(ω)理由はぜんぶ納得できるけど、ぼくはなんだかとても、くるしい(ω)たくさんの鍵をかけられて、とじこめられていくようで、くるしい(ω)そんなことを思って投稿しました(ω)ぼくが守られた子どもの箱から出たいとおもうのはわがままでしょうか(ω)みなさんが子どものときは、どうでしたか(ω)お話きかせてもらえたら、うれしいです(ω)よろしくおねがいします(ω)
@ayumimelody 2011年3月18日
debusugeiさんの意見、確かに良いアイデアかもですね〜。親は子供が大切だし、学校もきっとそう思って色々ルールがあるんだと思うけれど、それで今の子供達がどんどん窮屈になっていってしまうのは、なんだか悲しいですよね。私は27歳ですが、私も自分が小さい頃におかあさんが小さい頃の話を聞いたりして、のびのびしてたんだなあ、いいなあって思ってました。もう20年近く前の私でもそう思っていたのが、今ではもっともっといろんなルールが増えてるんですね。どうしたら、子供が窮屈に感じないように、のびのびさせてあげられるか、
@ayumimelody 2011年3月18日
どうしたら、大人がもっと安心できるか、バランスが難しいですね。みんなたくさん考えなきゃですね。守られた箱の中から出たい、って思うのは、わがままだって言う人は言うだろうけど、子供は好奇心のかたまりなんだから、自然な事ですよ。私だって思ってた。はるかぜちゃんは、そう思いながらも、守りたいっていう大人の気持ちもわかると思うので、そこを自分の“出たい!”って意見だけをやみくもに通そうとしているわけじゃないんだから、大丈夫だと思うよん
🅰🇶🇺🅰-🅰🇷🇹(作業中) @aquaartKey 2011年3月18日
少しでも遅刻したら保護者同伴でないと学校に入れない。理由は何かあったら保護者が学校側の責任にするから。では同伴していない子が校内に入るのを拒否されて帰る道中に子供に何かあったらどちらの責任になるのか。なぜルールが"責任の所在を転嫁させるためのもの"になってるのか。いつの間にかルールを守るためのルールになって本質はどこにいったのか。規則はなんのためかを保護者も学校もよく考えてほしいね
@ayumimelody 2011年3月18日
ひゃあ、そして、少し前のながーいコメントでは、本筋からちょっとズレたところでいろいろ言ってしまってましたね、反省。失礼しました :s ここ以外でも、はるかぜちゃんにいやーな感じのついりやらこめんとやらを見かけて、なんだか黙っていられなくなっちゃったのです。年の離れた妹がいるのですが、妹がはるかぜちゃんくらいだった頃に、重なってみえて感情移入してしまったのかもしれないです。でも基本的に、場違いだったかもだけど、私の意見は上に書いてあるものと変わりません〜
しかも・かくの @sikamo 2011年3月18日
この話に限ったことではないけれど、〇〇のために××すべきだ、という命題があったとして、「〇〇のために」の正しさ(この場合は子供の安全を守ること)は、「××すべきだ」の正しさを何ら保証するものではない、ということをもっと認識すべき。「〇〇のために」の正しさに同意するなら、とりわけ「××すべきだ」という部分が本来の目的に適っているのかをきちんと問わなければいけない。
HIStory @相模原市緑区 @cry1023 2011年3月18日
俺はこれを見て、そもそも大人と子供の線引きってなに?って思った。例えば、世の中のルールを知らずに自由に生きて周りに迷惑をかける大人もいるし、早いうちから政治に興味を持って国会に疑問を抱いている子供だっている。そしてもうひとつ、Twitterを使えるようになる線引きは13歳。でも、ネットに個人情報を開示するのは危険だから、趣味はさらしてもそれ以上は言わないというルールを守れる10歳もいるし、顔写真、住所、名前までさらして犯罪に巻き込まれる18歳だっている。それぐらい大人と子供の境界線はあいまいで、一言に年齢
dbsg(℃゜) @debusugei 2011年3月18日
「クラスメートのお母さんに児童を殺害されることなんてめったにないから親以外の同伴登校もみとめよう」と言える人が居ないのでしょうね。それを、「学校が責任から逃げすぎてる」とも「親が学校を叩きすぎている」とも、どちらとも言えます。でも、それを言っても解決はしませんね。でも批判を封じ込めるのも良くない。私も誰かを叩いてしまうかたちになりますが、文部科学省から天下りした人が、PTA会議や学校職員会議の議長をやる、そして、学校と保護者を繋ぐ会議の場も、批判を基に建設的議論をできる様にがんばる、そういう風に変えられな
Ayupiano @Ayupiano 2011年3月18日
25歳女子です。とても素敵な話し合いですね。私が小学生だった頃は遅刻しても一人で登校でした。「今から歩いて行きます」とおうちから電話を入れて、学校に着くと先生が「今来ましたよー」と電話してました。100%ではないけどなにかあれば大人が気が付くはずです。帰り道は誰もいなかったけど公園に行く前に基本まず一度家に帰りました。最近は下校時間になると「みまもりおねがいします」の放送が街に流れ、見守り隊のおじちゃんたちがユニフォーム来てチャリで周回してます。
dbsg(℃゜) @debusugei 2011年3月18日
[承前]いかなと思います。親が子供のことで感情的になるのは仕方ないですからね。でも、公務員の先生がクビにならないためにルールを守るしかないのも、家族を食わさなきゃならないから仕方ない。PTAや職員会議の議長も、日々が忙しすぎて会議議題準備もたぶんままならない。広い視野で、構造を変えないといけませんね。
HIStory @相模原市緑区 @cry1023 2011年3月18日
だけでは決めつけられないと思う。ルールを作るには、ルールに影響される人が一定に大人じゃなければいけない。自分は今年から高校生だから、まだ大人に文句は言えない。だからこそ、いまできることは、いまいる変な大人、変なルールをよく観察して、自分はそうならないようにすることだと思う。変な大人やルールに負けちゃダメだ!
rain @after_plum_rain 2011年3月18日
批判を受けた際「批判された」という側面にばかり目を向けて相手を拒絶したり議論を放棄、あるいは閉口してしまう人が多い中で、harukazecanは批判の本質に目を向け、学ぶ機会に変えてしまう。批判を恐れず発言し、批判に向き合うこと。それは大人であってもできる人が少ない。ましてや年端もゆかぬ女の子がしているなんて驚愕に値する。私はそれを賞賛したい。そしてをれを挫こうとする汚い人々に対して冷ややかな目を向けたいと思う。
Ayupiano @Ayupiano 2011年3月18日
暗くなってからの下校や習い事の往復は危険ですが、高学年の子になると一人で行動するものですし、それを学校で守るのはきっと無理です。もう個々に携帯で家や出先を出るときは必ず連絡する、携帯が無くてもメモ残してなにか起こったときの空白の時間を減らすとか。犯罪に会わないようにするルールはあるのかな?疑問です。でも乙武さんのおっしゃるように先生と保護者の信頼関係ができていない、というのが一番のボディーブローだと思います。
きなさーにゃ。 @ki_na_sa 2011年3月18日
このまとめとコメントを読んで、はるかぜちゃんの学校や地域は防犯面のルールが多すぎて、子供たちが不思議に思うのも無理はないと思いました。そして、そんな不思議なルールを作らざるをえない、昨今の事件や風潮が悲しいです。最近、流れまくっているACのCMが訴えているように、心づかい、思いやりが溢れる社会になって欲しいです。ルールについて、学校側と話し合う時にも、心づかいと思いやりを持って、話し合えたら良いですね。学校と親御さん子供たちが対立するのではなく、協力し合える関係になりますように。
Ayupiano @Ayupiano 2011年3月18日
今モンペの件でかちんこちんです。いままでの挫折が少ない人、学校の先生としての立場を重んじる人は、失敗=the endと思っているのでは?で、失敗を認めないで済むようルールをつくりそれに従い武装し、そもそもの目的を見失うのかと。わたしの勝手な想像ですが。 だから、本当に必要なことは先生に言った方が良いです。そして先生が間違ってたね、ってことになったら「どんまい!じゃ、どうしましょうか、一緒に考えましょう」と、continueさせてやる。これで正常に機能できる先生は少なからずいると思います。若い先生方なら特に
dbsg(℃゜) @debusugei 2011年3月18日
どの程度の不確定なリスクは容認するか、というのはあります。「一人歩きによるリスク」は、例えば誘拐や悪戯で、可能性が低くはないのでそれは回避すべきでしょう。(→単独登下校は禁止するルールを認める) で、「付き添いする身近な大人に殺されるリスク」を回避すると、「付き添いは身内に限る」というルールになる。そのリスクをどう考えるか。じゃあ、「登下校中に“母親”に殺された児童」が出たら、「付き添いは“父親に限る”」というルールを作るのか? 難しいです、、、
dbsg(℃゜) @debusugei 2011年3月18日
話がそれまくりますが、「どこまでのリスクはないものとして考えるか」の線引きがまったく機能しなくなると、精神の病や引きこもりになってしまう。変な例えですが「宇宙人にさらわれるリスク」すら、避けようとするから、外出ができなくなるんですね。【その地域やその時代でどんな事件が起きたか】により、一見変なルールは生まれるのかも知れません。嘘か誠か、生徒が信号機を壊しちゃった学校の校則に、「信号機を壊すな」というものがあるそうです。でも、「このリスクは諦めようぜ!」って言える先生も親御さんも、居ません。私だって言えませ
Tuba56@法律の素人 @Tuba56 2011年3月18日
児童の引き取りについては、今回の地震でも問題になっていますね。http://ow.ly/4h2ea また http://ow.ly/4h2ML にありますが実際に児童を締め出す事例はあるようです。「閉門時刻を厳格に定めることは、遅刻を罰する意味でも良いことと思われるが、時刻に間に合うよう早めに登校する児童を閉め出すことは奇異に思われる」
Ayupiano @Ayupiano 2011年3月18日
モンペも単にモラルが欠けてるタイプと、心配症がいきすぎてのタイプがあると、わたしは思っています。前者最低限の良心や守るところが欠けていて、でも自分と自分の子は可愛いのであれこれ学校に要望と称して言いがかりをつけるタイプ。後者は世の中のわるいものから子どもを守らなきゃとただただ心配されてる方です。前者はかなりヘビーな話になりますが、後者については学校と保護者のコミュニケーションや地域での子どもを守る動きでとても解消されますし、安心してくれれば学校のいい協力者になると思います。 要望する親をすぐモンペっていう
Ayupiano @Ayupiano 2011年3月18日
→要望する親をすぐモンペていうひともいるけど、そんな言葉で答えを見つけたつもりになって片づけないでほしいな。話し合おうと思ったら、2,3の質問は当たり前ですし、ディスカッションだってあるでしょう。だから繋がれるんです。そしてそれは責めるじゃないのだと、思い出して。
きのこもこもこ @srafiar 2011年3月18日
そっか、都内の小学校だと、遅刻したら校門乗り越えて侵入することも許されないのか……。
めしかつ @mesikatu 2011年3月18日
今は治安が多少不安定だしそもそも遅刻するのが悪い。しかも女児だ。このルールが間違ったものとは思わない
春名風花 official @harukazechan 2011年3月18日
わあ(ω)すごいたくさんのお話ありがとうございます(ω)かきわすれたけど、ぼくの学校は、遅刻じゃなくて、早く学校にきすぎても、家にかえされます(ω)たくまという人が小学校で子どもをころした事件があって、校門が朝の20分間しかあかなくなったので、8時10分より前に学校につくと、もっかい家にかえるようにいわれます(ω)ぼくは学校の中のほうが安全な気がしてふしぎです(ω)これはなんでか、わかる方いたらおねがいします(ω)
ANTI CENSORING @ADPCM256KB 2011年3月18日
はるかぜちゃんと乙武先生のやりとりがカッコイイ!今の社会に必要なものは汚いルールよりきれいな批判であるべきだ。
:D)Jun Uehara @junuehara 2011年3月18日
私も不思議に思います。児童の安全という観点から考えると道理に適いません。現在この学校での運用状況は、懲罰的側面や責任転嫁が目的となっていように思われます。私は、児童やその両親に問題があるからと言って、その児童が危険に晒されてもよいという言説には同意しかねます。そこまでして守らねばならないモラルとは如何なるものでしょうか?私が小学生のころ、遅刻をすれば本人、つまり私に罰が下りました。宿題が増えたり、掃除が増えたりしました。そのような対応でよいのではないでしょうか?危険に晒すことが罰ということなのでしょうか?
:D)Jun Uehara @junuehara 2011年3月18日
と、読んでて思いました。長文すいません。。。
@m_________m 2011年3月18日
憲法26条に反してますよね。 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。 遅刻して来た子供を追い返す学校は少なくとも憲法26条に反しているし、憲法を順守すべき公務員にあるまじき行為だ(もし私学としても、憲法は遵守すべき) 裁判したら勝てます。
Tuba56@法律の素人 @Tuba56 2011年3月18日
でも、学校に行きさえすれば入れてくれる、ってみんなが好き勝手に学校に行くようになったら、何か事件あったときに「最初に、来たらダメって言われているのに学校に行った子」が、勝手に学校に行ったせいってなったら悲しいんじゃないかなあ?
@Rythm_Harmony 2011年3月18日
朝が早いのもダメ、って言われるのは、短い時間に集中して登校した方が、人数が多くて安全だからです。子どもを見守るボランティアの方々も、校門が開く20分間を目指して登校する子どもたちを見守るのと、特に時間が決まってなくてバラバラに登校する子どもたちを見守るのとでは、負担が違います。後者だと、そのうち見守り活動は破たんします。結果、子どもの安全を守ることができません。
@Rythm_Harmony 2011年3月18日
登校時の安全を確保するために時間を決めても、「早く来てしまったんなら、入っていいよ」にしてしまうと、早く登校する子はどんどん増えます。仕事に出る親と一緒に家を出発して、7時半には学校についてしまう、なんて子も出てきます。先生も他の子もほとんどいないから、階段から落ちて頭を打っても、気が付きません。
のう @okarina_fuiteru 2011年3月18日
安全を守るためのルール。ルールに縛られて大事な行動ができない大人が多いのが現状。だからといってそんなのばかりじゃないですよ。はるかぜちゃんは、変なルールのある学校を変だと気付けるし、その中で自分にできることを考えてて、実行しようとしていて大人だと思います。学校は安全を守りたいなら、通学路に立ってればいいのにね。私が小学生の頃、2キロ以上はなれた家から通ってる子もいたけど、朝も帰りも通学路に先生立ってたよ。毎日ではないけどね。遅刻する子がいればその子の通学時間に合わせて立ってたし。それも親によってはいやがる
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2011年3月18日
子供を単独で通学させないためにできたルールを、条文通りに守ったら単独で帰してしまった。これはルールの条文か運用に問題があるでしょう。来てしまったものは仕方がないと受け入れるか、例外は認められないからと誰かが送り届け可能ならその場で保護者と話をする。でなきゃ意味がない。欠陥ルールですね。
@kettaPJ 2011年3月18日
はるかぜちゃんの「はたらくおかあさんは誰にもたよれなくなってしまいました(ω)」という言葉にさみしさを感じました。私はまだ18ですけど、工学を専攻しているので、将来母親になってもおそらく働いていると思います。私が母親になるころにはもっと厳しくなっているのだろうか。今の時代でも、共働きでないとやっていけないご家庭も多いだろうに…と思ってしまいました。
@Rythm_Harmony 2011年3月18日
では、はるかぜちゃんが先生なら、どうしますか?決まった時間より早く来た子を入れてあげる?「あの子は入れてもらえたんだって」と真似をして早く来た子は?どんどん人数が増えたら?「あの子だけ、ずるい!!」と文句を言う子たちに、なんて説明する?その子たち、その説明で、ほんとに納得するかな、それとも、「先生って、ひいきする!信用できない!」っていう気持ちが残ってしまうかな。
@Rythm_Harmony 2011年3月18日
もちろん、各家庭それぞれに事情があるし、子どもも1人1人違うので、柔軟に対応できた方がいいし、そういう状況にみんなが納得できるのがいちばんいい。だけど、子どもたち全員を納得させるのは難しいし、「じゃ、うちの子にも配慮してよ」と言い出す親もいる。他に勉強も人間関係も、学校で教えることは山のようにあって、先生はそこまで手が回らない。先生も苦しいのです。
@Rythm_Harmony 2011年3月18日
学校なんて・・・と思う親が増えれば、先生の言うことなんて聞かなくていい、と思う子どもが増えます。先生が頑張っても、授業がスムーズに進みません。はるかぜちゃんが前に言ってたように、いろんなことが段取り悪くなります。学校が楽しいところではなくなってしまいます。心を壊してしまう先生も、今よりもっと増えます。私は、それがとっても心配です。
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2011年3月18日
「来たものは仕方がない」をやっちゃうとこのルールは瓦解する。「送り帰す」はきっと人手が足りなくて一度や二度ならともかく続きはしない。だからこれは親と子と先生と周辺住民全てを巻き込んで見直すべきルールだな。杓子定規に運用すると本来の趣旨に反するルールなのだから。
ゆま @mumyuma 2011年3月18日
はるかぜちゃんが直接話しかけてこられたことに反応してしまい、上の方に本来の趣旨からそれたコメントを残してしまったことを反省しています。Rythm_Harmonyさんの説明いただいた先生の苦しい状況を読んで胸が詰まりました。結局のところは、子供たちが笑顔で過ごせるよう、学校に協力しようとする保護者の姿勢が必要なのではと思います。あら捜しをしては批判したり自分の権利ばかり主張するような動きは子供達にそのツケが回ってくると思います。子供の幸せのために皆で協力したいです。
口Beer @Tiloqui 2011年3月19日
【引用元】http://bit.ly/hLonHpRT @h_ototake: @harukazechan おうちの人に言いたい。「なんでもかんでも学校のせいにするなよ」。学校に言いたい。「そんなにビビってんじゃねえよ」。どちらも、自分たちのことしか考えてない。子どものことが二の次になっていることに気がついてほしい。子どものために、パートナーになってほしい。
DirtyBera@古ゲーマー @dirtybear_fg 2011年3月19日
ここまでずらずら~っと読んで思った感想。①学校側と保護者側で話し合って改定することはできないのですかね?地域とかにも協力を仰ぐことはできないもんですかね?②つーか、ちょっと過保護過ぎじゃね?③コメ荒れ気味だけど、投下した乙武氏は静観してるだけなのね。④harukazechanってダレだか知らないけど、10歳の発言に見えねぇww 
ぐみ🌸こみなみさんありがとう @guile_311 2011年3月19日
対話、いいまとめだと思います。周りより少しでも口が立つ、「なぜ?」にこだわる子どもは、大人たちにはぐらかされたり面倒がられて損ばかり。はるかぜちゃんはこの後「あの頃のぼくは若すぎた」なんてことを言っていますが、この子どもらしさをちゃんと受け止めてあげられない大人だって、子どもじみてる気がします。学校という立場が、子どもの心から離れすぎている。
@ichimai_10 2011年3月20日
ネット上で、どうしてこんな規則があるのか?という似たような質問をしている中学生に、前は貧富の差を子供に感じさせない為、同じ洋品店や文具店で買った物しか使ってはいけないという決まりがあったそうです。それに変わって、今は安全面での規則が増えているそうです。今ってランドセルもいろんな色があって、文具品もかなり自由ですけど、その代わりに安全についての規則は厳しくなったと
@ichimai_10 2011年3月20日
私の田舎の成人式の話ですが、成人式に振袖やドレスなどの華やかな格好をしてはいけないという決まりがあってガッカリしたことがあります。それも貧富の差を感じさせない為・・・らしいのですが自分がハタチの頃のにはそんなに貧富の差もなかった。高校卒業と同時にみんな就職してしまうし、自分でやりくりも出来たはずだけどダメだと。決まっているんだからと。結構最近までダメだったはずです。それこそなんで?大人になった式なのに・・・ってところですね。
@ichimai_10 2011年3月20日
つまりそういう変な規則は大人にもあるのじゃないかな、と。シルバーシートだって規則にしてること自体が変じゃないでしょうか。譲ればいいだけのことだし、実際避けて座るお年よりもいるしで。大人のためというより、社会が便利になるために必要なのかもしれない・・・と言うと穿ちすぎでしょうか。
ゆま @mumyuma 2011年3月24日
「なんで親や学校に聞かないのかなあ」とネットで聞いているのか不思議だった「何故朝早く登校できないか教えて欲しい」という問いに、分かりやすく答えてくださっている方がいらっしゃるようですが、はるかぜちゃんは聞きっぱなしなのですね。 質問に答えてもらったら、お礼でも感想でも、なにか言葉があるといいと思いますよ。 はるかぜちゃんは子供だから仕方ないでしょうが、管理している親御さんや事務所の方は礼儀をはるかぜちゃんに教えてあげるといいのにと思いました。
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
コメントいただいているみなさんありがとうございます(ω) でも、ぼくが学校に聞いたときとおなしこたえしかないので まだお返事する段階ではないと思っています(ω)
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
本当に子どもは「1人入れると文句をいって、みんながルールをやぶりだす」のか(ω)ぼくたち子どもはそれぞれの事情をさっしてあげられないほど、未熟でバカだとおもわれているのか(ω)みなさんが子どものときは、もっと子どもはおとなにしんらいされていたとおもうんだけど、どうですか(ω)雨の日にぬれないように早足で歩いて、5分早くついちゃった友だちが、けっきょく5分びしょぬれになりながら門の前でまっている(ω)その子を屋根のあるところに入れてあげることは、できないのでしょうか(ω)ぼくがしりたいのは、先生たちがぼくた
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
ちを管理するためのいいわけではないです(ω)いま目の前でぬれている子と、開門時間とで、ルールをとるそのやり方で、ぼくたちはほんとうに、卒業するころにはルールの大切さを学び、先生を尊敬して、ついていこうと思うようになっているのか(ω)先生たちはほんとうにそれがいつか、ぼくたちのためになると思ってやっているのか(ω)というようなことが、知りたいです(ω)ひきつづきよろしくおねがいします(ω)
偽教授 @tantankyukyu 2011年3月24日
大人の世界は君が思っている以上にグロテスクで、君が思っている以上に支離滅裂ですよ。まあがんばれ。それが人生だ。
沙子 @sunako_2 2011年3月24日
@harukazechan ルールの存在を知っていて、学校の責任者からはっきり断られたのに、 私的な事情で故意にルールを破った子どもなら……。 未熟なのかバカなのか事情をさっしてあげられないのか、 親の都合かわかりませんが、今ここにいますね(ω)
偽教授 @tantankyukyu 2011年3月24日
意味のないルールも、馬鹿げたルールもたくさんある。でも、守らなければ排斥される。これは日本に限らず、自由の国アメリカでも同じというか、場面によってはアメリカのような国の方が厳しかったりする。同質性が低い分、法律を徹底しないと社会が維持できないのが多民族国家だからね。日本はルールの干渉という面ではむしろ緩い。
ITが分からないbeepcap@HTTPSの強制には反対 @beepcap 2011年3月24日
ここまでのはるかぜちゃんに一言だけ言っておくと、自分が期待した答えが正当だと思うのは、まだまだ未熟。もし学校の説明と、ここにいるいろんな立場やおしごとをしている人間が同じことを言っているのだとしたら、そこにははるかぜちゃん自身の間違いがあるのかもしれないよ。
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
ぼくのまわりの大人の人は、みんな、子どものときはそんなルールはなくて、学校はいつもあいていて、放課後も先生にあいに行けたり、卒業しても校庭であそんだりしたそうです(ω)
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
あるメイクさんが子どものとき、朝早く、毎日おうちの花をつんで、教室にかざっていたのをほめられて、メイクさんをめざしたとゆう話をきいて、感動したので、ぼくもおうちのあじさいをままにたくさん切ってもらって持っていったら、勉強に関係ないものはもってきちゃいけない決まりだから、もって帰るようにゆわれました(ω)
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
それで、もってかえってたら、他の先生がきて、わあきれい(ω)教室にはだめだけど、職員室の先生のつくえにかざりたいから、ちょうだい(ω)とゆってもらってくれて、すごいうれしかった(ω)
ITが分からないbeepcap@HTTPSの強制には反対 @beepcap 2011年3月24日
それは残念ながら、親の側が学校を訴えたり、通報したりする事例が増えたからです。 http://www.cap-j.net/data/saisin-2010-12.doc 2010年の統計ですが、年々増えていることがこの中でも語られています。 つまり、みんなの親がダメって言ってるから、ダメなんだよ。
Riki Araya @rikiaraya 2011年3月24日
答えってどこかにあるものではなくて探すものでもなくて自分で作り出すものなのです。理由なんていくらでも言えるのです。納得出来ないなら無理に納得しなくて良いんです。むしろ納得しようとして無理に自分を曲げないでください。これは @harukazechan をひとりの大人として言います。
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
その先生はきまりをやぶったけど、ぼくはそれで、「学校によけいなものをもってきていいんだ、やった~」とは、思わなかったし、それからは先生やクラスのみんなに聞いて、かえりの会で、花をもってきていいかきいてから持っていくようになりました(ω)
岩島匡秋 @opteron9 2011年3月24日
ここのまとめをざっと読んでみました.問題の原因を単純化すると,学校が策定したルールと上位ルールである条例が対立していたことってとこですかね.ここから,波及して見えてきた実情を見てみると,どこもかしこも「ゼロリスク症候群」に侵されているのだなぁということ.(続きます)
朱乃 @surfaceofwater 2011年3月24日
ルールっていうのは一部の極端な人にあわせると不自由さが生じるけど、最低限にすると誰かが困った行動をする。本来はルールは必要最低限にしてあとはモラルに任せるのが理想(って法学の体験授業で聞いたことがあります)なのですが、考え方がそれぞれ違う人間同士ではなかなか難しいですね・・・
nooj @at_naminore 2011年3月24日
大人は自分の負える責任をなるべく少なくしたいから責任を限定するルールで自分を武装する。責任を負う大人がいないから、ルールに勝てる強い大人もほとんどいない。 あ、ルールを破れと言っているわけではなくて、ルールには種類があるってことです。今回の場合は、大人の責任を軽くするための大人のルールだから、恣意的運用をしたら大人の武器になるわけです。使っている人↑にいっぱいいるでしょ?
みつる @michaelshanshan 2011年3月24日
こんにちは。ちょっと違うかもしれないけどいいですか?私が小学生の頃(10年くらい前)の話です。ある日、友達の女の子が髪を赤く染めてきた。その子は不良ってわけじゃないし、うちの学校は田舎だったから髪を染めてる子なんてほとんどいなかった。(下の学年にはちょっとだけいた)
みつる @michaelshanshan 2011年3月24日
友達は先生に、「私、今日変わってるとこないですか?」って聞いたの。でも先生は何も答えなかった。髪を染めちゃいけないって規則はその時なかったから。でも、私たちは「髪染めるのはダメなんじゃないかな」ってみんな思ってた。でも先生は何も言わなかった。そしてたぶん、その友達も先生から何かしら声をかけてくれることを、たとえそれが説教でも、期待してたんだと思う。
岩島匡秋 @opteron9 2011年3月24日
基本的に,全ての行動にはリスクが生じる.(このリスクはしばしばコストに置き換わるが)近年,このリスクが訴訟リスクに直結してきたことによって,このリスクを回避する事が善とされつつある.
yuzukixx @yuzukixx 2011年3月24日
「登下校中の事故に関しては、学校事故ということで処理され、治療費一切を学校が支払う規定になっています。」・・・と書かれていた方がいらっしゃいましたが、こちらでは市民交通傷害保険というものがあって、基本的に全員が加入することになっています。学校の行き帰りに事故があった時はその保険からお金が支払われます。学校が治療費を全額支払うなんてことはウチの子の小学校ではありえません。そういう公立小学校もあるということも知ってほしいです。
岩島匡秋 @opteron9 2011年3月24日
となると,ルールというのが,本来のあるべき姿から,このリスクを明示的に誰に負担させるかを決めるものになってしまった.でも,本来ならルールというのはやってはいけないことを規定し,その程度は現場運用で判断するのが望ましいはず.
yuzukixx @yuzukixx 2011年3月24日
ルールが決められるには必ず理由があるはずです。まずはそれを確認することが大切だと思います。それにはお父さんやお母さんなど保護者を通じて行うことも大事です。その上でどうしたら良いルールにしていけるかを保護者会や学校などで話し合ってもらうと良いと私は思います。
OBK48 @obakasanzAT 2011年3月24日
ままが子供のときの事やメイクさんが子供のときの話は、お話として聞くのはいいけど今harukazechanの置かれている状況と比べてはいけないと思いますよ。学校の置かれている状況も、各家庭が置かれている状況も、そして子供たちが置かれている状況もまったく違うのだから。ある意味そういった「昔は良かった」ことの弊害として今の大人たちがいるのかもしれません。
みつる @michaelshanshan 2011年3月24日
ルールとして決まってることをあまりにそのまんま守ってしまうこと、ルールじゃないからって無視しちゃうこと、それはどっちも違うと思うの。私は学校の先生の免許を持ってるから教育の勉強もしたよ。でも私は今の教育の考え方が違うと思ったから、免許はとったけど先生にはならなかった。
岩島匡秋 @opteron9 2011年3月24日
こういった,どうやって自分のリスクを最小限度にするかという発想が教育の現場にあるのが根本的な問題だと思う.子供の教育に対して誰が全面的にリスクを負うべきなのかではなく,誰もがある程度のリスクを負い,その程度の量は当事者間の話し合いで決定すべきだと思う.
みつる @michaelshanshan 2011年3月24日
今の教育界に許されてないこと、それは「教師個人の裁量」。つまり、先生が自由にできることが少ないっていうこと。それは、ルールでがんじがらめにされてる先生もかわいそうだけど、そのルールを多少破っても、自分で責任とるからこれくらい許しちゃおう!って言える先生が少なくなってしまったということ。そしてそれを許せる雰囲気に社会がなってないってこと。
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
でも1年生で、早くいって、先生の机をいっぱいにしてあげようと思ってたとき、最初の先生みたいに、よけいなものを持ってきてはいけません、それが決まりだからとゆわれただけだったら、ぼくはもう誰かに花をおくりたい気持ちをもてなかったかもしれないと思う(ω)
みつる @michaelshanshan 2011年3月24日
「今の教師は~」なんていう人多いけど、今先生になるのは大変。みんな大学で遊んでて、途中で諦める人が多い。免許を取ったってなれる人数が少なくてなかなか先生にはなれない。そしてやっぱり風当たりがとても強い。今先生になろうと目指してる人たちは、みんな意識が高い人たち。今先生をやってる人だって、みんな意識が高かったはず。だから、簡単に先生をいじめないでほしい。これは、「だれか」のせいじゃないと思う
岩島匡秋 @opteron9 2011年3月24日
昔は…,やあの地域は…という発想も結局はリスクを自身以外に押し付けている.リスクを負うことを極端にまで避けていた雰囲気から脱却すること,どの程度ならリスクを負うことができるのかを定量的に判断すること,それらを突き合わせて教育の当事者間の合意を形成すること.この3つがカギになるんじゃないかなと思う.
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
決まりは必要です(ω)でも、みんながそのきまりを、「おこられるから」「決まりできまってるから」じゃなくて、じぶんでその決まりをたいせつにおもって、ひとりひとりが守りたい気持ちになるようにおしえてくれる先生が、もっといたらうれしいです(ω)でかけるので、また夜にきます(ω)
OBK48 @obakasanzAT 2011年3月24日
>ぼくが学校に聞いたときとおなしこたえしかないので まだお返事する段階ではないと思っています(ω) harukazechanは前に「いろんなこたえをもらって考える事が出来たしルールについて理解する事が出来た」と言っていたのに、コメントに対してお礼が無いと言われたとたんこんな事を言い出すんだね。今から言い逃れがあまり上手だと、あなたの嫌いな理屈バカ大人になってしまうよ。
みつる @michaelshanshan 2011年3月24日
はるかぜちゃんがこうやって考える機会を与えてくれたんだから、見てる大人は簡単に「何が悪い」なんて言葉を使ってほしくない。はるかぜちゃんはすごいよ。とっても考えてる。でも、自分たちだって、本当に、大人のいいなりだけの素直な子どもだったのか思い出してほしい。子どもは子どもですごく考えてたはず。みんなそうだったはず。それを忘れて、「子どもはこどもらしく」なんて大人が言うなんて許せないです。
どないしょ @lfim 2011年3月24日
ルールは大事だ。でもルールに依存してはいけない。なぜならルールは数ある道具・手段・方法のうちの一つに過ぎないから。なので、方法がおかしいと思ったらそれに従う必要はない。でも、相手あってのことなのだから、思いやりや心遣いは"お互いに"忘れないようにしたい。
みつる @michaelshanshan 2011年3月24日
長文ごめんなさい。はるかぜちゃん、応援してるのでがんばってね^^
OBK48 @obakasanzAT 2011年3月24日
もうharukazechanは誰とも対話していない。ただ不満や昔話を垂れ流すだけのbotみたいになっちゃった。そしてその昔話は中年以上の人の「昔は良かったよなあオイ」的な話ばかり。観察対象としてのwkwk感は増したけどもう子供モデルとしては見られない。
どないしょ @lfim 2011年3月24日
>今から言い逃れがあまり上手だと、あなたの嫌いな理屈バカ大人になってしまうよ。 についてですが、おそらく彼女は話が一区切りついたところでお礼を言いいたいと考えていたのではないでしょうか?あまりに話が長引いたときor学校で聞いたのと違う考え方が出て疑問に一定の区切りがついたところで話の締めくくりにお礼を、と考えていたのかもしれませんよ。もうしばらく見守ってみましょうよ(^-^)
鳴浪聖瀬 @rchtcelestial 2011年3月24日
昨今のルールは多数派の安穏のためではなく、一部の構成員がもたらすリスクに対する防御として策定される場合がありますので、今回もそうした一例なのかも。学校だって教育だけで成り立ってる訳じゃないんだから、経営の面から見れば親からのクレームを事前に潰すリスクマネージメントはある程度必要だとも思う。ただ、公立小学校にしては過剰なルールの策定だとも思うし、Student Firstを掲げるべき教育現場として、子どもの行動を制限しすぎるのは問題あると思いますね
鳴浪聖瀬 @rchtcelestial 2011年3月24日
子曰、道之以政、斉之以刑、民免而無恥。 道之以徳、斉之以礼、有恥且格。SPの井上(岡田)君も言ってましたよね。子どもなんて尚更厳しくすると反発しちゃうんですよね。だから、教員が自己の責任の元、ある程度の酌量余地を残してあげないと、はるかぜちゃんみたいな不満が出てきてしまうんだと思います。
鳴浪聖瀬 @rchtcelestial 2011年3月24日
ただ、親から不満があると現場教員の首ですべて収めようとする学校側も悪い。教員をこそ学校が守らなければならないのに、親のいいなりに教員突き放してどうする。そして、自分の親がすべて正しくて、多少なりとも自分の先生も擁護しないような子どもも勿論悪い。それぞれがそれぞれを守ろうとしないから、規律を盾に保身を図るしかできなくなってるんですよね、みんな。
鳴浪聖瀬 @rchtcelestial 2011年3月24日
言いたいこと定まらないうちに書いたから支離滅裂になりましたが、連投長文駄文にて失礼いたしました。とりあえず、学校側と子どもたち自身が教員を保護者から守ってあげないと、こうしたことがずっと続くよって言いたかった。はるかぜちゃんも是非先生に配慮をお願いします。自分のお母さん怖いと思うなら尚更ねw
しばしょっぺ @sivalize 2011年3月24日
まず、数名のharukazechan叩きには辟易します。いくら大人びているとは言え10歳の少女の発言に言い勝って何が楽しいのでしょう。ルールについては同じ様に疑問を持ってた子供時代から今大人になって思うことを。ルールは出来るだけ多くの人が困らないようにできてる。ルールは時代にそぐわなくても無くすのは難しい。先生の裁量でゆるめると文句を言う人がいる。子供の為に面白くルールを守れるよう工夫したサイコロを作ってた先生がよく知りもしない親に訴えられて先生を辞めさせられたこともある。先生も子供達のこと考えてるけど、
YoshMor @yoshmoriya 2011年3月24日
この学校のルールをまとめると ① 集団登校時間外に登校する場合には、保護者の付き添いが必要 ② 付き添いなしで来た生徒の登校は認めず、すみやかに帰宅させること ①はまあ、仕方ないとは思う。時代が時代だし。気に入らないけど。 問題は②の項目。はるかぜちゃんが指摘しているとおり、(ルールを破って)一人で学校に来た生徒をそのまま一人で帰宅させるのは、全く生徒の安全のためになっていない。
しばしょっぺ @sivalize 2011年3月24日
生活かかってるから古いルールも変なルールも守らざるをえない。だからharukazechan、先生は悪くないけど、期待もしちゃいけない。だって先生だって理由知らなかったり変だと思ってたりするんだから。でもそれを口にするとクビになるリスクがある。だからルールの理由が知りたければ第三者に聞く方がいい。ルールによって困る子がいても残念ながら仕方ない。なぜならルールはマジョリティの為のルールだから。変だ変だと思うのは大切なこと。でも誰かを責めない。子供だから従え、じゃない。大人社会にも変なルールはいっぱい。その全て
しばしょっぺ @sivalize 2011年3月24日
の全ての理由を知るのは難しいし、知らないままでも守らなくちゃいけないんだなぁ。めんどくさいよね。集団って。特にマイノリティには。でも仕方ないと思う。長文ごめん。
YoshMor @yoshmoriya 2011年3月24日
いろんな人が「安全のためだから仕方ないんだよ」と大人の口調で説得してるけど、問題なのはそこじゃないでしょう。ここで問題にすべきは、「生徒の安全のための厳しいルールの是非」ではなく、「そもそもこのルールは生徒の安全のためになってないのではないか」だと思う。
tei @tei_since1974 2011年3月24日
小学校って、中高にあるような生徒会ってないんでしたっけ? 昔すぎて記憶がないのです。
山野川進@レンタルおっさん0円〜応相談 @kawa5e 2011年3月24日
学園の主役は学生です。自治を勝ち取ろう!
きなさーにゃ。 @ki_na_sa 2011年3月24日
自分がコメントした後からの、コメントとはるかぜちゃんのツイートを読みました。モデル校とのことなので、学校と親・児童の話し合いだけでは、ルールの変更は難しいのかなと思いました。はるかぜちゃんがツイートしたように、ルールの中で楽しいことを見つけていくのは、いいですね。あと、校門の開閉の様子がよく分からないのですが、校門に開閉担当の先生か事務員が一人立っていると思ってれば良いですかね?その先生が、あじさいを職員室に飾ってくれた先生のように、ほんの少し妥協するゆとりがあるといいなぁと思いました。その5分早く来てし
きなさーにゃ。 @ki_na_sa 2011年3月24日
(途中で切れちゃってすみません。続きです)その5分早く来てしまった子と相合い傘でもして、「早く来過ぎちゃったね。でも雨の中、遅刻しないよう早く来て偉かったね」とか、なにかやさしい言葉をかけてあげてたら、また違うような気がします。 私は、現在の教育事情を知らないですし、都会と田舎でも違うと思うので、ただの理想を書き込んでいます。すみません。でも、はるかぜちゃんの通う学校のルールが、日本全国の共通ルールになってしまったら、とっても嫌です。
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
いまおうちについたので、ごはんを食べてまたきます(ω)すごいいっぱいの意見ありがとうございました(ω)ぜんぶちゃんと読んでからお返事します(ω)
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
ついったの方には書いたんだけど、ぼくの学校は、指定モデル校のうちの1つなので、いちばん最新の学校だから、他の学校とはちがうかもしれません(ω)
山之上すみれ(だらだらの実の能力者) @viola_japonica 2011年3月24日
自由を愛するロンリーウルフはもう学校には行けないな。
きなさーにゃ。 @ki_na_sa 2011年3月24日
あ、「日本全国の学校の共通ルールになってしまったら」でした。あと、ツイートされていた図書室のルールは、本好きには辛いルールですね(^_^;)昼休みといえば、図書館に入り浸りで、図書委員の仕事が楽しくて仕方なかった自分には、結構辛いルールです。。。「盗まれると困るから」という理由でルールを作るより、「盗んではいけない」という絶対的なルールをしっかり教えるほうが大事だと思います。
@makinamimayu122 2011年3月24日
問題なのは「何故このルールができたか」「何故一人で来てはいけないのに一人で帰すのか」です。はるかぜちゃんが本人かどうかは問題ではない。ブロックされた人間のはらいせうざいです。私の頃は遅刻して独りで行くのは普通でしたよ。「一人で帰って事件にあったらどうするんですか?」って聞いてみたらどうなるのかな?
ゆま @mumyuma 2011年3月24日
話がループしているようなのでそろそろ乙武さんがまとめてくださるとうれしいのですが・・。 「登下校は集団でそれ以外は保護者と」という決まりは、児童の安全確保のために作られました。集団登下校の時間帯はボランティアや保護者が登下校の児童を見守っています。今回、電話で「保護者と一緒でないと来ないでください」と校長から依頼を受けたのに、「行ったもの勝ち」精神で行ってしまったはるかぜちゃんが一人で帰されてしまった。というそこだけ切り取れば学校にも非がある場面なのですが、おそらく学校側にも言い分はあると思います。 私の
ゆま @mumyuma 2011年3月24日
(続き)推測では、弟さんも一人登校をトライされたりと、ルールをちっとも守ってくれないはるかぜちゃん側を恐れての防衛策だったと思います。 学校にお世話にもなっているのであるから、権利ばかり主張しないで、義務も果たそうと、「お互い様精神」でやりたいものだなと思いました。
きなさーにゃ。 @ki_na_sa 2011年3月24日
あのksharusameさんにお尋ねしたいのですが、はるかぜちゃんが後から追記した「雨の日にぬれないように早足で歩いて、5分早くついちゃった友だち」の行動についてはどうお考えなのでしょうか?それと、何度か書かれていらっしゃる「はるかぜちゃん側を恐れての防衛策」とは、何を恐れての防衛なのでしょうか?ネット上やマスコミで騒がれたり、訴えられることからの防衛ですか?なぜ、学校ははるかぜちゃん側を恐れる必要があるのですか?
オーリー9000系 @ollie1012 2011年3月24日
大人の社会でもよくわからないルールがいっぱいある。自分の職場ではセキュリティのなにがしで規制だらけになり、結局作業効率が下がって残業が増えていく。秘密の情報が漏れてしまったときに管理人が「きちんとルールを守ってました」と言うために。 子供へのルールが大人を守る・・・大人のルールは誰を守る? 多分エライ大人を守るため。 とても考えさせられるつぶやきでした。
れん @sai_ren_to 2011年3月24日
ルールの話から少しずれてしまうのですが、書かせてください。はるかぜちゃんの昨夜の、ACのCMについてのツイートを読んでもそう感じたのですが、「自分の信念を貫くために何をすべきか考えるべき」という前提が、はるかぜちゃんにはあると感じます(違ってたらどう違うか教えてくれると嬉しいです)。私も信念はとても大事だと思っています。もしはるかぜちゃんが言いたいのが「信念を貫こう」ということだとしたら、ACにとっては、他人から見てくだらないように見えるクレームに馬鹿正直に答えることが信念を貫くことかもしれない。くだらな
れん @sai_ren_to 2011年3月24日
くだらないことだからと、ACの人の判断で聞かないのは、「思いやりの心を忘れないようにしよう」などの、ACの言いたいこと(私はACのCMはそういう気持ちで作られているんじゃないかと思います)に反してしまうのではないでしょうか。クレームに正直に応えることが、クレーマーのためになるか分かりませんが、ACにとっての一つの思いやりの形なのではないかと思います。だからACにとってはクレームに応えることが信念を貫くことかもしれません。
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
ksharusameさんその話はとっくに終わりました(ω)あとぼくはksharusameさんをブロックしています(ω)理由はじぶんの胸にきいてください(ω)すみませんがもうぼくにかかわらないでください(ω)
れん @sai_ren_to 2011年3月24日
もちろん、議論をするときに、こちらの言いたいことや問題にしたいことを聞かずに、その人が言いたいことだけ言ってくる人に、馬鹿正直に答えていても、建設的(前向き)な議論はできないでしょう。はるかぜちゃん個人が個人の判断で、批判のコメントの内容を「聞き入れるに値する、いい意見かどうか」を判断することは、とてもいいことだと思います。けれど、批判やクレームが聞くに値するかどうかの判断は、場合によってかなり違うと思います。
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
おそくなりました(ω)ぜんぶよみました(ω)とても、深く、ぼくと一緒にかんがえてもらってありがとうございます(ω)ぼくの学校の決まりは、全国の学校のほごしゃアンケートなどの意見をたくさんとりいれたものを、実験的にぼくの学校や、他なんこかのモデル校でやりはじめているものみたいです(ω)他の学校では、まだ、そんなじゃないとおもいます(ω)
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
ぼくはモデル校にいる子どもとして、ちょう責任おもいとおもっています(ω)ぼくたちのはんのうが、ほかのたくさんの学校のきまりをつくっちゃうかも知れないから(ω)
れん @sai_ren_to 2011年3月24日
信念(できるだけ学校で友達と一緒に勉強をしたい)と、一人で登校してはいけないというルールから来る一連の対応がぶつかるとき、なぜぶつかってしまうのか考えることはとても大事だと思います。考えていくことで、ルールの問題が見えてきます。本当に子どものためを考えるなら、ただルールを決めて守ればいいわけではないと思うので、難しい問題だと思います。
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
とくにぼくはもうすぐ5年生になるから、決まりを1つ1つ理解して、いいルールだと思えば他の学校にも広めたいし、おかしいなと思えば、ぼくの学校で考えなおしてみないといけないなと思います(ω)
Kyoko Sasaya @ky0v0ko 2011年3月24日
うんうん、そうだね。ルールだけを見るんじゃなくって、なぜルールができたのか。まで理解したうえでみんなが使えたらいいのかなぁ。 RT @harukazechan: 都条例のときも思ったんけど、決まりってなんだろう(ω)ルールってなんだろ(ω)ルールだけ見るとちゃんとしてるのに、守ろうとするとへんなことがおこる(ω)ぼくにはふしぎなことばかり(ω)
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
モデル校はいろんな人の理想の学校じゃないといけないので、決まりが多いし、きゅうくつだけど、「いやだから転校しよう」なんて思わないです(ω)モデル校をほんとうのモデル校にできるのは、いま通ってるぼくたちしかいないから、少しわくわくしています(ω)
れん @sai_ren_to 2011年3月24日
モデル校ということで、先生個人でできる対応も限られてしまっているみたいですね。でも、それでも、はるかぜちゃんが言うように、先生が自分の言葉でなぜこのルールがあるのかということを語ってくれるようになったらいいなと思いました。場違いなことを言ったり、読んでいるときにコメントしてタイミング悪くたりしてすみません。ここには月並みな感想しか書いていませんが、考える機会をくれてありがとうございました。
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
日本のいろんな小学校でおきる問題がおこらないようにつくられたルールだけど、そのルールはあたえられたもので、まだ、ぼくたちが決めたものじゃないです(ω)だからいわれるままにしたがうんじゃなくて、ひとつひとつたくさん考えて、いろんな人に話を聞いて、新しいルールに、ぼくたち子どもの意見もどんどんかさねていけたらいいな(ω)と思います(ω)
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
たくさんのお返事ありすぎて、ほんとうはぜんぶにお返事したいけどできなくてごめんなさい(ω)ありがとうございます(ω)ぼくの学校はいろんな学校のお手本にならなきゃいけないから、大変なのと思います(ω)しかもぼくがいちいち、なんでなんで聞くから困ってるとおもいます(ω)でも、聞けるのはいまぼくたちしかいないし、全校共通ルールや、ぜんぶの学校のじょうしきになってからじゃおそいから、少しでもぎもんがあれば、どんどん聞いていきたいです(ω)
ネリナナリネ @nerinanarineyo 2011年3月24日
最初から人生捨ててる系の無差別殺傷な通り魔事件は「このルール」では間違いなく防げない。そもそもその種の事件を完全に防ぐとか絶対無理。「ルールとは何か」みたいな考察に意味がないとは言わないが本質ではないよね。
春名風花 official @harukazechan 2011年3月24日
むかしルールなんかなくて、自由だった学校がすごくうらやましいけど、いまぼくは実験校にいるので、がんばれば新しい学校づくりにかかわれるかもしれないです(ω)必要なルールを守って、必要な自由も守る、そんな学校にしていきたいです(ω)また、たくさん悩んだら、相談にのってください(ω)ほんとうにありがとうございました(ω)これからはついったでまた、おつたえしていきますね(ω)にょほう
Miki @bubbleandslide 2011年3月24日
はるがぜちゃんがぎもんに思うのは当然だと思います。 本当に安全の為に遅刻をしたら親と一緒にと、言うのきまりだったら、学校についちゃった時は入れてくれたらいいのに、一人で帰すなんてさ。 遅刻した罰みたいなものなのかしら。。。 何でもぎもんに思った事は自分でよーく考えたり、質問するのはとても良い事だと思うよ。なっとく出来ない事はほっといたらダメよね!! 
aki_n @a_chan12 2011年3月24日
まず、今あるルールは守ることが前提。その上で替えていく。ルールを守らずに「おかしい」と言ったってダメだと思います。 毎日遅刻しても保護者と通学している子はその子の家では、保護者が通学時間に家にいることを最優先しているはず。そうではないなら、特例で単独登校を認めてもらうのでなく、有償で保護者として送迎をしてもらえる人をお願いして、保護者代理を認めてもらいましょうましょう。働くお母さんはプロに頼りましょう。 昔の学校が良かったというのはなしにしましょう。昔は携帯電話もツイッターもなかったんだし、言い出すときり
aki_n @a_chan12 2011年3月25日
(切れちゃってましたごめんなさい)言い出すときりがない。 雨の中5分校門前で待つお友達の話は事実ですか?事実ならあり得ないとしか言いようがないですね。傘を貸すなり、校門を開けてせめて屋根の下に入れるのが当たり前だと思います。それこそ、子どもでも考えたらわかる例外に相当しますよね。 その話は終わったのに今さらとも言われそうですが、長文スミマセン。
:D)Jun Uehara @junuehara 2011年3月25日
コメント全部読んでみると、すでに話は収束しているようなので、コメントを削除しました。
ゆま @mumyuma 2011年3月25日
avenue2312さんコメントを読み返してみると、私があなたの質問をスルーしているように見えるので一応ここにも書きますね(笑)5分早くついちゃった友達のケースは、全容がよくわからないのでコメントできる立場にないです。教師が時間が来るまで自分はぬれない場所で、児童を5分間、ぬれたままにしているなんてことはきっとありえない状況だと思うので。防衛はルールが破綻して子供の安全が守れなくなることに対してという意味で使いました。ルールを守ろうとする姿勢のみられないはるかぜちゃん側を恐れたように思います。
ゆま @mumyuma 2011年3月25日
話がとっくに終わったかどうかはどうやって判断するのでしょうか? そしてどのように終わったのでしょうか? 私の前に書かれていた人が、一人で帰されたことについてコメントされていたし、数人がまだその件について書かれているのに終わったこととする判断基準がわかりません。 話しがループしてるので乙武さんにまとめてもらえたら、、と思いつつ、見解を書き込みました。 コメント欄に書き込むことは個人の自由だと思いますし、貴方に構おうとしているのではなく、自分の意見を書きたくて書いています。 ブロックされているのにあなたのツイ
ゆま @mumyuma 2011年3月25日
ッターに返事を書いているわけではないです。「理由は自分の胸に聞いてください」などという、はるかぜちゃんの、上から人を見下すようなコメントは不快に感じます。
OBK48 @obakasanzAT 2011年3月25日
ルールが無かった時代なんてないですよ。昔は昔ですごく理不尽なルールもありましたし、今よりもっと先生は絶対的存在で怖かったので、おかしいなと思いながらルールに従う事も多かったです。それで学んだことも多かったですし、無駄に時間を過ごした事も多かった。どちらが良いかは今の大人を見て感じてもらうしかありませんね。それと、北野先生や金八先生のドラマを見て「昔は良かったなあ」と思うのはちょっと違います。あの時代にあんな先生がいたからドラマになったんじゃなく、いなかったからドラマになったんですよ。
OBK48 @obakasanzAT 2011年3月25日
それから、「10歳の子供に対して大人気ない」という意見は、10歳の一人の人間をナメているとしか思えないなあ。もちろん口汚い罵りや罵詈雑言などは以ての外だけど、真剣な意見はそれが批判であってもプラスになるしそうするのがリアルに周りにいる大人の役目だと思う。
Miki @bubbleandslide 2011年3月25日
こどもには自由に遊ばせてあげたいけど、最近はいろんなきまりがあってほんと大変だよね。 オーストラリアの私の子供の学校でも時間外は遊具であそんじゃダメとかさ。最近はほっといて子供が怪我をしたら学校を訴えたりする人がいるからなんだけど、私もすごくきゅうくつに感じます。これも全部おとな同士のつごうだよね。 
yuzukixx @yuzukixx 2011年3月25日
@ksharusame さんは、「5分早くついちゃった友達のケースは、全容がよくわからないのでコメントできる立場にないです。」と書いているのに、はるかぜちゃんに対しては、「私の推測では、弟さんも一人登校をトライされたりと、ルールをちっとも守ってくれないはるかぜちゃん側を恐れての防衛策だったと思います。」と言い切っている。学校に確認した訳でもないのになぜモンペやクレーマーだと断定するのか?そこが不思議。
yuzukixx @yuzukixx 2011年3月25日
この場を作った乙武さんの本意は「みなさんに考えていただくきっかけになれば!」です。個人攻撃ではなく、前向きな議論を求めているのだと思います。はるかぜちゃんの学校で、子どもや保護者、お互いが信頼し、協力し合えるような良いルールができるといいですね!
ゆま @mumyuma 2011年3月26日
@yuzukixxさん なんかいくら話しをしても平行線をたどっていますが、はるかぜちゃんの学校側の対応が今回の話のポイントであるため、そこは推測になるけど、一方的に学校が悪いわけではないのではないでしょうかという提言をしています。そこだけ切り取れば学校に非のある対応ですが、それなりの理由があるはずだと言ってます。 5分早くついちゃった友達についてはその部分だけ私に聞かれてもコメントはありませんとお答えしました。
いいみ @iimi19d 2011年3月26日
読んでいて、とても辛くなるまとめでした。それが学校のルールである以上、守らねばならないことですが、ルールには必ず例外というものがあります。学校側がその例外を一切認めない姿勢でいることは残念ですが、これははるかぜちゃんの学校に限らず、多くの学校にいえることであり、また学校という場に限らず様々な集団においていえる部分があるのではないかと思います。
いいみ @iimi19d 2011年3月26日
はるかぜちゃんが在学している間に、はるかぜちゃんの学校のルールが変わることはないかもしれない、少なくともこのルールは児童の要望だけで変えられるものではない。でも、このまとめを読んだ人がこうして声をあげること、そうではなくても今の色々なルールを「おかしい」と感じている人が発言していくことで、少しずつでも社会のおかしな部分が変わっていくかもしれません。このまとめに限らず、ルールについて、皆で一緒に考えていきましょう。そして行動していきましょう。
yuzukixx @yuzukixx 2011年3月28日
@ksharusame さん、コメントありがとうございます。こちらの学校では1人でも登校可です。その場合昇降口は施錠されていますから職員用の玄関から入ります。しかし雨の場合ははるかぜちゃんの学校と同じ対応だそうです。なので子どもたち同士で相合傘をして待つそうです。校門に立つ先生が一人の子だけに傘を貸すことも良くないからです。こういうのも自衛策なのでしょう。悲しいことです。
yuzukixx @yuzukixx 2011年3月28日
このまとめは「大人なら子どもに対してきちんと理解できるように話すべきだ」ということに気づかせてくれました。学校に行きたい!と願うはるかぜちゃんのような子どもの為に保護者も学校も理解と協力が必要ですね。そうなれるようにするためにはどうしたらいいか話し合えるといいですね。
遊藍 @ainiasobu 2011年3月30日
今週号のサンデーで連載中の漫画『最上の明医』の最後のページでこういう話題に向かっているので、来週どう展開するかが楽しみです。
遊藍 @ainiasobu 2011年3月30日
まずルールを守るべきというのは正しい。けれど、ルールを守れないのにルールに文句をつけてはいけないというのはおかしい。そこに構造的な問題点が見つけられたのならば、提言者が誰であるかにかかわらずその問題には問われるべき。問題があることがわかったなら、責任問題とは別に改善のための議論は許容されなければならない。そこに上下関係などの概念は不要。
ゆま @mumyuma 2011年4月15日
平松邦夫×内田樹「『教育はビジネス』という勘違いがクレーマー親を生む」 http://t.co/gB8PVMb 「学校を批判すればシステムがよくなる」なんてあり得ないということが書かれています。 ここをまとめられた乙武さん(@h_ototake)にも読んで頂きたいと思ってコメント残しました。
板池佑希 @itaikeyuki 2011年5月30日
ω・)/サッ「前歯なし子ちゃん @harukazechan いい話をありがとう」ω・)/サッ「大人社会がオカしくなったのはサイバンのバイショウ責任のせいだったりしマウス♪」ω-)/サッ「悪いことした責任が発生するようになって、大人は責任をとりたがらなくなったのです」ω;)/サッ「原発問題も一緒です…」
板池佑希 @itaikeyuki 2011年5月30日
ω-)/サッ「 @harukazechan へ」ω・)/サッ「続きです」ω-)/サッ「悪いことした責任が発生するようになって、大人は責任をとりたがらなくなったのです」ω;)/サッ「原発問題も一緒です…」ω;)/サッ「ソフトバンクの孫正義のように、鬼の首をとったように、政府や東電を責め立てる人もいます…」ω;)/サッ「自分は人生ミスした事すらないと思い込んでるのだと思います…
板池佑希 @itaikeyuki 2011年5月30日
はるかぜちゃん @harukazechan@h_ototake へ。私はあなたという人間をとても残念に思っています。多分、乙武のような子供を甘やかす人間が、誰も注意もしていないしルールも教えてないのでしょう。批判と中傷の区別すらつかない、自分の顔を晒してる子供の危険性をマジ考えな?目の前の通行人にも気をつけな?
秋丸(四十肩) @akimaruworks 2011年6月6日
いっつも思うんだけど、一人ひとりで登校するのは危ないからってルールを作って、子供たちが集団で登校してる列にトラックが突っ込む事故があったら、学校はそれからどう対策するんだろう。
ruby_chris @ruby_chris1 2013年4月1日
「ルールは子供を守るため」ですよ。少なくとも、小学生の娘に成りすましてツイッターにかかりっきりで、ろくに子供の面倒も見てない母親に便宜を図るためでもないし、周囲に多大な配慮を強いて入職しておきながらわずか3年で後足で砂をかけるようにして教員を辞めた人間が以前の職場を中傷するための材料ではありませんよ。
鳥頭かなで @miyabi00iris 2013年4月6日
むむむ。子供のためのルールか、大人の保身のためのルールか。 昔はこんなルールはなかったはず。モンスターペアレントなんて言葉が通じるようになったあたりから、いろいろおかしくなっちゃったんじゃないかな。学校に責任を取れと叫ぶ人がいるから、学校も責任を取らなくていいようにするしかない。責任に怯えなくてはならなくなった責任は、誰にあるのだろうか。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする