重要なお知らせ

現在、TogetterのTwitterログインがTwitterにより凍結されており、ログアウトするとログインができない状態です。作成済みのまとめには影響ありませんので、復旧をお待ち下さい。Twitterに解除を申請中です。

『うみまち鉄道運行記 サンミア市のやさしい鉄道員たち』の感想まとめ

「あれこそがロケット・マンなのだ」助役はサードレールから火花を立てて走り去る列車を見やり言った。 驚いたような表情で彼に視線を向けた若い信号手に、信号所の助役は再び言った。「いいか悪いかは知らない。だけど良く覚えておけ。あれこそがこの街の鉄道のシンボルなのだ。絶対に忘れるな」/サンミア交通史 外伝第一巻「ぼくらのまちの鉄道うらばなし」
架空鉄道 鉄道
Kojimamo 1771view 1コメント
8
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ライトノベル」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする