編集部イチオシ

ゾウの密猟は止まっていない。陸と空からアフリカゾウの今を報告する(写真はツァボ・トラスト提供)

なぜゾウを殺すのか。それは生きるために肉を得るためではない。一部の愚かな人間がゾウの命の一部である象牙を奪い、印鑑や彫り物に加工して所有することで「自己満足」を得るためだ。そのためにゾウは生きたまま顔面を削り取られる
37
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

①ケニアのサバンナでまた1頭、大きな牙を持つゾウが密猟者に殺された。象牙の密輸大国・中国は昨年末、2017年中に国内の象牙取引を全面禁止すると宣言したが、ゾウの密猟は止まっていない。陸と空からアフリカゾウの今を報告する(写真はツァボ・トラスト提供) pic.twitter.com/K6Ucw5qioO

2017-07-08 22:27:19
拡大
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

②午前8時。密猟の多発地帯として知られるケニア南東部のツァボ東国立公園。自動小銃で武装したレンジャー7人とサバンナに踏み込んだ。仲間のレンジャーが密猟者と銃撃戦になった際、真っ先に現場に駆け付ける即応部隊の隊員たちだ pic.twitter.com/hWJOEV9ACj

2017-07-08 22:29:43
拡大
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

③「危険なので我々より前には出ないで」と隊員が言った。横一列になり、低い姿勢で進む。「足跡がある。東に向かっている」。隊員たちは土の上に残された足跡やたばこの吸い殻などを目印に密猟者が公園内に潜んでいないか調べた。茂みがある場所には銃を向け、安全を確認してから前へと進んだ pic.twitter.com/m9Aq0HiCwp

2017-07-08 22:32:47
拡大
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

④「ここでは数週間に1度、ゾウの遺体が見つかり、数カ月に1度、密猟者と銃撃戦になる」と隊員は言った。このチームでも3月、2人の死傷者が出た。パトロール中に密猟者と銃撃戦になり、隊長が左肩に被弾。直後に応援に駆け付けた部隊の隊長が心臓を撃ち抜かれて即死した pic.twitter.com/YDus8pejB1

2017-07-08 22:34:57
拡大
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑤「今年に入って同僚がすでに3人も殺されている」と別の隊員は言った。「もちろん怖い。でも密猟が続く限り、パトロールをやめるわけにはいかない。これ以上密猟が続けば、本当にゾウが絶滅してしまう」。象牙をめぐる戦争でアフリカでは今も人間が殺されている pic.twitter.com/QNhMXv9cKi

2017-07-08 22:38:08
拡大
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑥ツァボで暮らしていた大きな牙を持つ巨ゾウ「サタオ2」が密猟者によって殺されたのは今年1月だった。両牙を合わせて計約100キロを超える立派なゾウで研究者や観光客らのシンボル的な存在だった(写真はツァボ・トラスト提供) pic.twitter.com/w2bbIUsmKn

2017-07-08 22:40:14
拡大
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑦同公園では2014年、やはり巨大な牙を持つ人気ゾウ「サタオ」が密猟者によって殺された。顔面をえぐられ、牙を奪われた。サタオ2はサタオにちなんで命名された。世界にはもう巨大な牙を持つゾウは30頭以下しか残っていない(写真はツァボ・トラスト提供) pic.twitter.com/DTve0UAXgl

2017-07-08 22:42:34
拡大
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑧なぜゾウを殺すのか。それは生きるために肉を得るためではない。一部の愚かな人間がゾウの命の一部である象牙を奪い、印鑑や彫り物に加工して所有することで「自己満足」を得るためだ。そのためにゾウは生きたまま顔面を削り取られる pic.twitter.com/8vSpDBXOdu

2017-07-08 22:45:41
拡大
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑨ゾウの激減を受けて国際社会はすべての象牙市場を全面閉鎖する方向へと向かっている。顕著なのは中国だ。昨年12月に「国内の象牙の加工と販売を2017年末までに全面的に禁止する」と発表した。国内の加工業者34社と取引市場143カ所が間もなく閉鎖される方向だ pic.twitter.com/4ZF1FfzDbR

2017-07-08 22:48:43
拡大
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑩一方、日本は未だに象牙に固執している。象牙が判子や三味線のばちの材料として使われており、政府は今後も国内取引を継続する方針だ。恐るべき時代錯誤と国際感覚の欠如。私の愛する祖国はいつから冷笑を受ける国になったのか pic.twitter.com/VSlyBpPVUh

2017-07-08 22:52:44
拡大
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑪最終日、「スーパーカブ」と呼ばれるバイクに翼を付けたような超小型飛行機に乗って空からゾウの群れを追った。大地を蹴って軽やかに離陸すると、眼下には朝日を浴びて金色に輝く広大な草原と、一列になって水辺の方向へと歩いていく十数頭のゾウの群れが見えた pic.twitter.com/UPs4z0FvUs

2017-07-08 22:56:18
拡大
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑫世界はこんなにも美しい。全身でそうつぶやくと操縦席に座ったパイロットが言った。「こんな美しいゾウたちを象牙目的で殺すなんて信じられないよ。象牙をほしがる人間はさ、ゾウが象牙よりも何十倍も美しいことをきっと知らないんだ」 pic.twitter.com/DGMDpQtu99

2017-07-08 23:00:31
拡大
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑬ゾウは人間に似ている。怒りや悲しみを感じ、人間には聞こえない低周波で仲間と会話をしながら社会的な生活を営む。妊娠期間は22カ月。繁殖能力が極めて乏しく、だから子どもを大切にする。子ゾウが産まれるとみんなで鼻を寄せ合って匂いをかぎ、群れ全体で子育てをする pic.twitter.com/br92dlhOAF

2017-07-08 23:02:50
拡大
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑭群れを率いるのは最長老の雌ゾウ。長年の経験から水やえさの場所を熟知している。寿命は約60年。繁殖適齢期が過ぎても生存し続ける動物は人間以外には希だ。それは多分、生殖を終えた後でもその「智恵」を種の存続に求められているから。私は時々こう想う。人間もゾウのように生きられたらと pic.twitter.com/41O4ZCrzGk

2017-07-08 23:05:01
拡大
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑮その日は2時間半、空からゾウの群れを追った。上空からゾウの群れを見つけると、低空に降下して状態を確認する。軽飛行機に窓はなく、冷え切った風が体を冷やした。「一つ、聞いていいか」とパイロットが言った。「日本はいつまで象牙の取引を続けるつもりなんだ?」 pic.twitter.com/g3k68zcJ61

2017-07-08 23:06:40
拡大
三浦英之 新刊「白い土地」発売 @miura_hideyuki

⑯アフリカに赴任して成し遂げたいと願ったテーマが二つあった。一つがこのゾウだった。私の小さな情熱はあと少しで途切れてしまうけど、アフリカゾウを救いたい。この雄大な風景を子どもたちに残したい。子ゾウが顔面をえぐり取られて殺されている、それが私たちが暮らしている小さな星の現実だ(終) pic.twitter.com/75ff2FBsOc

2017-07-08 23:10:42
拡大

コメント

naoko oya @nayasyaomame 2017年7月9日
まとめを更新しました。
0
@funft 2017年7月9日
密漁を日本のせいにされてもな。自分の国の問題だろう
18
ももさん @momo33san 2017年7月9日
象牙を取引する国があるから殺される。象牙に価値が無ければ殺されなくなる。そんなこともわからんのか。
41
nekotama @nukotama001 2017年7月9日
市場が有る限りこうなるわけだ。さらに水産庁の御用ライターが捕鯨を守るために、わざわざ象は増えていてとらないとあかんとか、象牙の彫刻の文化が滅びるとか、ぶっちゃけ環境保護は悪の印象操作に荷担してるからな。
13
ういる・おう・ざ・ういすぷ @WIl_wisp 2017年7月9日
正直、情緒に訴える方法にちょっと偏りすぎていないだろうか? とは少し思う。「自己満足」のために動物の皮革を用いた手帳やら鞄やらを使っている身としては、食肉以外の目的での生物の利用そのものを否定する気にはなれない
30
ういる・おう・ざ・ういすぷ @WIl_wisp 2017年7月9日
世間一般に問題意識を持ってもらうには有効なんだけど、情緒のレベルでは「長年育んできた文化がー」とか、「誰某の生活がー」とかやるのと結局は変わらなくなってしまう。価値観がちょっとズレた相手には通じなくなる(自分による1個前のコメントとか)
14
ういる・おう・ざ・ういすぷ @WIl_wisp 2017年7月9日
もちろん「密猟はしてる国の問題」とか、それこそ児ポ関係だの、スーパーの「中国産」鰻だの、東南アジアの海老養殖だの紙だの、反例は挙げればきりが無くて論外なんですけど
0
LCO @f_lco 2017年7月9日
「違法化前にしこたま溜め込んだ分」に関して文句言われるのは分からんでも無いが 今密漁してるのは全部中国市場だろ、日本叩いてる連中は「市場があるから」「怪しいはずなんだ」って外から喚いてるだけで何十年一向に物証の1つも上がってこねぇ訳で 朝日新聞の日本人に対する、いい加減で無根拠な誹謗中傷に対しては毅然とした対応すべき時期に来てるわ
27
ういる・おう・ざ・ういすぷ @WIl_wisp 2017年7月9日
昔、ナショナルジオグラフィックの記事か何かで、シベリアの永久凍土で保存されたマンモスの牙を代替品として利用する話が載っていた覚えがあるんだけれど、あれはどうなってるんだろう?
0
LCO @f_lco 2017年7月9日
コレがさ、麻薬とかになると毎年毎月密輸が摘発されて、国内で違法流通がバンバン見つかって、閑静な住宅街でまっ昼間から取引されてる話が内部暴露されて、挙句に有名人も乱用で捕まってと「確かに、そこに違法市場がある」のは誰にも明白なのよ で、象牙の違法取引市場?フィクションの外でそれは見つかりましたか?中国では毎年摘発されているようですが、お国をお間違えではないですか?
25
統一教会の星 @cpw73XfxIvDa3X 2017年7月9日
自然死した象から取った「合法象牙」を装って、密猟、密輸入が繰り返されてるんだな。日本。 「押収された象牙は2.8トン。アフリカゾウ130頭分」 http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3502/1.html 密輸品が国内流通する時、「過去の国内在庫」を装うので摘発が難しい。 ウナギと同じだだな。元は密漁なのに合法品のように流通してる。
21
いかおとこ @mororeve 2017年7月9日
なんで日本は取引禁止にしないのかな。国内の印鑑業者のため?
14
nekotama @nukotama001 2017年7月9日
WIl_wisp その方が大衆の訴求力があるので、どうしてもそっちの方向へいく。実際、日本が噛んだペンギンの保護でも、そういう種がいる事をまず周知させる為に子供対象に可愛そうだという方向でアピールしていたし。
1
nekotama @nukotama001 2017年7月9日
実際、鯨が頭がいいというアピールの大本は「鯨は哺乳類だから繁殖力が低い」というのをキャッチーに伝える為に「鯨は哺乳類だから賢くて繁殖力が低い」になって、賢いだけ残ったらしい。
3
ほいみん@謹賀新年mode @akatamanegi_583 2017年7月9日
象牙もクジラもそうだけど代用品は何が有りますか?って聞いてもまともに答えが帰ってこないこと多いよね。って思いました。 象牙の代用品がマンモスって言う人も居るけどそもそもマンモスの化石自体どんだけ出土してるの?って話だし
2
匿名希・望 @Ntokunaki 2017年7月9日
そもそもプラスチック印鑑しかつかってない身としては「代用?知らんがな」である
15
ありよし/コアロン @TnrSoft 2017年7月9日
印鑑だったら水牛が主流じゃね?
6
× (゚∀゚ ))))∈ @cv45ValleyForge 2017年7月9日
農場で繁殖させれば済む話だと思うのだが壁は法?技術?感情?
1
統一教会の星 @cpw73XfxIvDa3X 2017年7月9日
印鑑材なら、水牛、ツゲ(その他木製)、チタンと、何でも揃っている。ツゲは乾燥すると象牙並みに固くなるって書いてるサイトもある。 迷信的なものとハンコ屋さんの金儲けで象牙、カバなどがありがたがられてるだけ。 プラスチックの認印をそのまま実印、銀行印として使っても、法律的には何の問題もない。
19
Raku @enraku_E 2017年7月9日
中国では毎年摘発って、中国は摘発活動が日本より活発なんだねえって印象を受ける…
4
nekotama @nukotama001 2017年7月9日
akatamanegi_583 普通に象牙の代用品を20年ぐらい前に作ってるのを見たが。そもそも歴史的には象牙自体はプラスチックにとって変わられた素材でして。
3
nekosencho @Neko_Sencho 2017年7月9日
利用ってのが継続的にやっていけるレベルならともかく、絶滅が危惧されてる状況で密漁ってのはねえ。 だからといって大っぴらにやればいいという話でもないんだが
1
統一教会の星 @cpw73XfxIvDa3X 2017年7月9日
nukotama001 紫檀、黒檀などの唐木は象牙と同じく、昔、熱帯雨林の乱伐が問題になってな。詳しくは知らないが、日本人が仏壇化してしまったのかもしれない。
2
ういる・おう・ざ・ういすぷ @WIl_wisp 2017年7月9日
nukotama001 その辺の意図・理屈は分かってるんだけど、相手によっては逆効果になりかねないし、問題の正しい理解や解決を阻害しかねないので、一言いいたくなってしまうのよ。
1
ういる・おう・ざ・ういすぷ @WIl_wisp 2017年7月9日
akatamanegi_583 ナショナルジオグラフィック2013年4月号の記事によれば、シベリアのマンモスの牙は年間60トン以上(推定)が中国に輸出されるそうで。そもそも「化石」としてかなり新しい(と、言うか、化石というべきかちょっと微妙な)分、稀少度はかなり低い部類なんだよね
0
nekotama @nukotama001 2017年7月9日
WIl_wisp 実際、そこでのボタンの掛け違いが捕鯨問題を深刻化してるから、その見方自体は正しい
0
ランランルー大柴@第三者の目で厳しく調査 @ranranruooshiba 2017年7月9日
まだ日本人のせいで象が殺されてると主張するボケがいるのか クジラも日本人のせいで絶滅すんだろうな もともとはてめあらが遊びのためと油のために絶滅寸前にしたんだろうが なにが我が愛する日本がだカス 愛してるなら寄付集めのステマしねえで調べてミロやボケ
10
ランランルー大柴@第三者の目で厳しく調査 @ranranruooshiba 2017年7月9日
象牙に価値がなくなる!? なわけあるかーい 地球があるかぎりむりだわw ただかざるだけでもかっこいいものなのに価値がなくなるわけねー  タヒネ
2
nekotama @nukotama001 2017年7月9日
結局、過去の状況を見ると批判する側とされる側が相手の文化的背景を見ることを怠った、特に批判する側、環境保護団体側の有り体に言えば作戦ミスってのはあるよね。逆に権益を護る方は相手の文化的には差ほどおかしくないことや、意図を持った行為を意図的におかしいとミスリードしたりするんだけどな。
1
catspeeder @catspeeder 2017年7月9日
関係ないけど日本の印鑑至上主義みたいなのも改正してくれんやろか。
5
nekotama @nukotama001 2017年7月9日
30年以上前にグローバル化の弊害がすでに出ていたのが捕鯨問題。でも他の世界を受け入れない生活を今の世界が出来るわけもないなら、過去から過ちのもとを探るべきなのだが
0
ランランルー大柴@第三者の目で厳しく調査 @ranranruooshiba 2017年7月9日
そのためにゾウは生きたまま顔を削りとられる??? スーパーマンかな あの巨体の怪力を生きたまま???
2
nekotama @nukotama001 2017年7月9日
ranranruooshiba 自分も調べるまで知らなかったことだが、欧米が油だけ取って捨てていたと言われるのは、白鯨で知られるマッコウクジラだが、あの種はワックス質の脂肪分を含むから機械油としては優秀だが、人間が食うと下痢するから、日本でも肥料にしてたんだ。船の速度が上がってシロナガスとか捕れるようになった頃には日本も捕鯨に参加してたし、外貨獲得と冷蔵庫もない時代だから、南極海では戦前は日本も油だけ捕ってた事実を添えておく。
10
ランランルー大柴@第三者の目で厳しく調査 @ranranruooshiba 2017年7月9日
1934年政府・海軍の協力により、日本ははじめて南極海に乗り出すようになります。~ただし37年頃になるとやはり肉を捨てるのはもったいないと徐々に持ち帰るようになり、39年には冷凍船も導入され始めますが、大東亜戦争のため1940年を最後に戦後まで一旦南氷洋捕鯨は中止されます。  日本が捕鯨で肉を捨てたのはこの数年の南氷洋捕鯨のみで、「これが初めてあり、また最後であった」 グリーンピースが日本人も脂だけをとっていたとよく主張する理由がこれらしい
3
sat @satontwitt 2017年7月9日
印鑑の風習に意味があるとは思えない。廃止すべき。
7
nekotama @nukotama001 2017年7月10日
ranranruooshiba当時の捕鯨の 目的が油であった事実が変わった訳じゃないんですよあーゆー?。塩漬けである程度持ち帰ったとか聞いてはいるけど、沿岸捕鯨の保護の目的もあったから積極的に肉を持ち帰らなかったという理由もあった。というより、マッコウクジラが食えないから捨ててた事実には触れないね。油ばかりで云々なんて戯言はもうこちとら聞きあきてるんで。
8
Raku @enraku_E 2017年7月10日
申し訳ないけどオッサン世代の民度は想像以上に低いと思ってるので象牙や捕鯨のいざこざもああいう世代ならやりかねないなって印象が強い
2
ma10ma19(今日もほえほえ) 六四天安門 @ma10ma19 2017年7月10日
密猟者を殲滅できる装備を軍事援助してやればよい・・・といっても現地の人々にとってはタチの悪い害獣という面もあるからなあ。
0
nekotama @nukotama001 2017年7月10日
ranranruooshiba 大体、鯨油満載の捕鯨船がどれだけ塩漬けの肉を持ち帰れたというのか。鮎川ではマッコウ肉を捨てて海が汚染されて他の漁師の反対で鯨肥にしたとか(マッコウについては干物、脂肪の一部のコロのように極端に加工したものが外国船でも脳や睾丸といった肉以外の部位を食べた記録があある)。日本船が油だけ捕ってた時代ガーという以前に乱獲に明治時代から参加した以上、ナガス、シロナガス以降は目糞鼻糞という話でな。
8
nekotama @nukotama001 2017年7月10日
ranranruooshiba うん、生きたままのわけないだろ、子供でも解るわ。
3
こずみっくのいず @cosmicnoise 2017年7月10日
象牙なんて化学の力で模造品が簡単に出来てるのに不思議でならんわ。チタンのほうが格好いいし。
1
atlan @atlan1701 2017年7月10日
こういうのを時系列逆順にされるとなぁ・・・・
0
ランランルー大柴@第三者の目で厳しく調査 @ranranruooshiba 2017年7月10日
下痢をするってことにふれてほしいのかよくわからんけど 下痢すっから白人は食わんかったみたいね 日本では油ぬきして食ってたって書いてある これで満足かなw
1
fopton @fopton 2017年7月10日
momo33san その通り。だが、表向き取引をしている日本を叩いて、水面下で違法市場として莫大な利益をあげる収入源として売買がなされている国をとりしまらなければ、なんの意味もない。 水面の上に蓋をして、「売買をしている国はありません」などと言っても、象牙の売買はなくならない。文字通り臭いものに蓋をしているだけだ。
0
kawonasi @kawonasi4989 2017年7月10日
cv45ValleyForge 象牙の場合はコスト。象は物凄く食べるので養殖するとなると大変なのです。あとアフリカで農業をやってる人からすると象は途轍もない害獣でしょうね。
6
Live long & prosper @titan3xFnfxte 2017年7月10日
「繁殖能力が極めて乏しく、だから子どもを大切にする。」んーっと、子供を大切にはするだろうけど、そういう種だからこそ子供の数が少ないんだろう。別に妊娠期間が短くても、成長するのに時間がかかれば子供を庇護しない種は滅ぶでしょ。(子供の頃から不死身や無敵の場合は除く。)繁殖能力に「乏しい」の定義も曖昧と思う。卵が多くても稚魚のうちにあっさり食われるのは、繁殖力が高いのか。
1
Nicholai MARO @MAROCKs 2017年7月10日
時系列とは逆順にまとめられた、何か理由があるんですかね?  https://twitter.com/MAROCKs/status/884280988800434176
0
しもべ @14Silicon 2017年7月10日
それはそれとしてゾウいいよね……
1
浜津 @hamatu48 2017年7月10日
まるで日本では象牙が合法で適正な取引をできているようにコメントしてる人がいますが環境調査エージェンシー(EIA)の報告書において「日本の制度は抜け穴だらけであり、法規制が弱いために効力が乏しく、最も基本的なレベルにおいてさえ有効な歯止めが存在しない」とまで書かれておりこれはあの産経新聞ですら認めている
15
亜麻にゆ @ama_niyu 2017年7月10日
要するに象牙に価値が無くなり獲ることで国際的信頼の損失が大きくなればいいんだけど、「高級の人間は象牙くらい持っている」って先入観と「貿易制裁なんてされないだろう」って考えが密猟を止めないんかな。日本に限らず、何かしらに象牙を使う国なら。
0
いかおとこ @mororeve 2017年7月10日
cv45ValleyForge 繁殖出来るアフリカ象のオスは超狂暴で飼育が難しいのよ。象使いは最も愛した象に殺されるって言葉もあるくらい。スペースと食費の問題もあるだろうし。
3
全自動式メタルクソコテロボ @SU858 2017年7月11日
ほらまた日本ガーと海外ガーの紛争になってる
0
nekosencho @Neko_Sencho 2017年7月11日
日本だけのせいってことはないだろうが、日本も十分にかかわってる件だよなあ。
3
守谷知 @chmoriya 2017年7月23日
公権力に基づく国内市場の象牙取引の禁止は、財産権の侵害であり憲法違反です。国際社会の非難があるからと言って、日本市民の人権を侵害して良い理由にはなりません。
0
nekotama @nukotama001 2017年7月28日
titan3xFnfxte それは詭弁だ。自然界での再生産率とかあるんだぞ。
0
nekotama @nukotama001 2017年7月28日
ranranruooshiba ちなみに12メートルのザトウクジラだと鯨油主体で油5.6トンに対して肉が0.6トン、肉主体の加工、これは戦後に相当するのか、油0.4トンに対して肉は12.2トンも生産できます。一番効率的な生産の数値ですが、大まかに戦前持ち帰り得たお肉は戦後の12分の1程度ならば後は油の原料にするか捨てるかですな。
0
nekotama @nukotama001 2017年7月28日
ちなみに象の飼育下の繁殖ですが、これはなかなかうまくいきません。日本の動物園にあれだけ象がいてほとんど繁殖できていない事実からもうかがえます。インドにおいてすら野生個体を使役してるのは、飼育下での繁殖に至らないからです、基本群れで飼育しないと繁殖自体が難しいのが象で、逆に乱獲で個体数が減るほど増えにくくなります。リョコウバトも集団で増える生き物だから、捕獲された飼育下での回復はできなかったのです。
1