220
ログインして広告を非表示にする
  • ultraviolet @raurublock 2017-09-21 16:27:04
    これ面白いな。イギリス教育省が411の学校の建て直しに新校長を送り込んでそれぞれのやり方で改革させたんだが、ほとんどは成果が無く、しかし僅かに成功したところもあった。リーダーを5種類に分類し、どれが成功したのかを分析した話 dukece.com/insights/4668/
  • リンク Duke Corporate Education 39 6 users Save our schools - Duke Corporate Education Only one type of teacher has the qualities to turn around English education, write Alex Hill and Liz[...] Read More
  • ultraviolet @raurublock 2017-09-21 16:27:16
    タイプ1: 外科医 リソースを移植して短期的な課題に集中しようとする。体育や宗教学の教師であることが多く、勤勉さに価値を置く適者生存主義者。高収入でナイト爵も多い。就任から1~2年で試験の成績を急上昇させるが、彼らが去ると元の木阿弥
  • ultraviolet @raurublock 2017-09-21 16:27:37
    タイプ2: 兵士 学校は無駄の多い官僚組織だと認識していて、コスト削減に走る。化学と情報系の教師出身であることが多い。彼らが去った後の学校はかなり悲惨なことになりがち
  • ultraviolet @raurublock 2017-09-21 16:27:50
    タイプ3: 会計士 学校に必要なのはカネだと認識しており、予算獲得と投資(多角経営)に走る。数学教師出身が多い。小学校を買収して収益拡大を狙ったり、学校施設をジムや会議場に転用したりなど。しかし教育の質を高めることにはあまり努力しない
  • ultraviolet @raurublock 2017-09-21 16:28:05
    タイプ4: 哲学者 教育に情熱を持っており、議論を好む。学校の抱える問題を「教え方が間違っている」ことだと認識している。元語学教師が多い。雄弁で、現場の教師からも歓迎される。他校の教師とも積極的に交流する。しかし現実を変えることは得意でない。イギリスの校長にもっとも多い(81%)
  • ultraviolet @raurublock 2017-09-21 16:29:27
    タイプ5: 建築家 唯一成功したタイプだが、成果が出るまで時間がかかるので世間/教育省からあまり評価されない。学校をより上手く動くようデザインしなおすこと、そして地域コミュニティとの協力を課題と考える。歴史学か経済学出身で、企業でしばらく働いたのちに教育界に移ってきた人が多い
  • ultraviolet @raurublock 2017-09-21 16:30:05
    分析: 多くの人は「教育が失敗するのは教え方のせいで、教え方を改善すればいい」と考えるが、これは間違った神話である。必要なのは学校のカルチャーと環境、そして生徒の態度を変えること。クラスの人数は少ない方がよく、理想は1クラス15人。ゼロトレランスは逆効果。地域コミュニティが重要
  • みんなの反応
  • 夫tanak @metanaca 2017-09-22 13:29:25
    ゼロトレランス方式って刑務所みたいな方式やんね。んで過剰反応で問題になったりするやつだ。
  • ゆき(みっと) @yuk0117 2017-09-22 13:39:43
    ゼロ・トレランス方式 ゼロ・トレランス方式 -略- 不寛容を是とし細部まで罰則を定めそれに違反した場合は厳密に処分を行う方式。日本語では「不寛容」「無寛容」「非寛容」等と表現され、転じて「毅然たる対応方式」などと意訳される。 ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC…
  • リンク Wikipedia 20 ゼロ・トレランス方式 ゼロ・トレランス方式(ゼロ・トレランスほうしき、英語: zero-tolerance policing)とは、割れ窓理論に依拠して1990年代にアメリカで始まった教育方針の一つ。「zero」「tolerance(寛容)」の文字通り、不寛容を是とし細部まで罰則を定めそれに違反した場合は厳密に処分を行う方式。日本語では「不寛容」「無寛容」「非寛容」等と表現され、転じて「毅然たる対応方式」などと意訳され..
  • thalion @tsgross1111 2017-09-21 17:15:27
    @raurublock これは面白いな。改善には正しい順序で、正しい改革をしなければならない。さもなくば効果が無いか、あっても持続しない。 ところで、全部読んでしまってから、君が要約を書いてくれてる事に気付いた。
  • お粥 @okayu82845500 2017-09-21 18:14:49
    @raurublock @koumori_2011 仏教の悟りを開くための条件に類似していますね。正師(まともな師匠)がおり、正道(理にかなった教え)を道級(同じ志をもっている人たち)らと、真剣に行う。どれかが欠けても正しいゴールには行けない。
  • 薄茶猫 @usutyaneko 2017-09-22 13:34:34
    どんな優れた革新的なリーダーを置くよりも社会のしくみや意識を変えていく事が一番効果的っていうこと…かな?建築家って概念としてなのかガチのひとの事なのか…にしても街作りがイコール知的レベルを上げる取り組みになるのだとしたらとても興味深い(RT
  • MITA Tomohiro @MitAtoM 2017-09-22 13:28:59
    3匹の子豚のような分かりやすいストーリー。

コメント

  • 小川靖浩 @olfey0506 26日前
    学校改革、というかこの手の「体質改善」に関しては本来は長期的にやるようだから即効的な結果とは相反する形になりやすいからなぁ。個別の「制度調整」の類であればまだ狂いが少なくていいんだろうけど、全体的バランスに関してはトータルデザインの再構築からやらんといびつになりやすくなるのもやむを得ないからな
  • アカさん @aka_san0 26日前
    単純に言うと「親が変われば子供も変わる、地域が変われば学校も変わる」ってことなんだろうね。以前ここのまとめで「生徒各自に目標を立てさせ家で実行させ親に監督させる」って方針の先生が親からも生徒からも評判悪かったのに進学するにつれてその成果が現れた、って話があったけど、あれなんかは最たる好例かもしれない
  • 4G@きずふぃろ @4G_bms 26日前
    とても良い分析。私の考えていた理想の教育は完膚なきまでに否定されたので考えを改めないといけないと分かってよかった。イギリス教育省は本当にお疲れさまでした。
  • 幻導機 @gendohki 26日前
    上手く行くと思われるやり方、数年単位で少し改善みたいな時間のかかる改革なので、途中で効果がないって批判されてひっくり返ったりしてしまうんだよねぇ…。
  • A- @eimainasu 26日前
    人が集まる場所には経済学が必ず必要になる。
  • ハドロン @hadoron1203 26日前
    企業における管理職や中隊長クラスの部隊指揮官にも当てはまると思う。ただ、経営者や軍上層部の戦略思想が根本的に間違っていたら、戦術的には成功を収めても最終的には失敗して、より悲惨な結果となる。文部科学省や防衛省の政策を誰が戦略的に評価分析してくれるんだろうか?
  • _ @readonly6582 26日前
    こういうのを実際に人ぶち込んで実証実験しちまうの、良くも悪くも凄いな
  • もこ @mocomb 26日前
    こういうことを実行できて、その後ちゃんと分析もできるってのはすごい。あとは成果を活かせてるかどうかだろうけど。
  • 夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 26日前
    《タイプ5: 建築家》《歴史学か経済学出身で、企業でしばらく働いたのちに教育界に移ってきた人が多い》*読書メモ:校長は興銀マン 4年間の出向で学校が変わったhttp://tsuzukiyuu.blogspot.jp/2013/03/4.html  どこかで読んだなと思ったらここだった。法学部だけど……。
  • Fox(E) @foxe2205 26日前
    組織を構成する「個々人の努力」より、構成員が的確に動けるための「システム再構築」、他の組織との「円滑なコミュニケーション」が重要と理解した。この分析は学校に限らず、問題がある大抵の組織に適用できそうだ。
  • Gorilla0024 @afbaRAVQ34oI2nR 26日前
    結局、改革を阻まれることのほうが問題。
  • ねねっとTD デジゲー博 X-07ab @nenet_techdiner 26日前
    会社立て直しも効果を財務諸表に出そうとリストラに走る場合があるけど、有益なリソースが社外に流出し(以下略。
  • 九銀@半bot @kuginnya 26日前
    個人の頑張りなんて環境を前にしては誤差みたいなもんだしな
  • monolith @se_monolith 26日前
    原文の最初のパラグラフしか読んでないが、学校立て直しの目標はテストの点をあげること?でいいのかな。地域とのつながりを大切にするとテストの点が上がるというのは面白いね
  • Mill=O=Wisp @millowisp 26日前
    学校に限らず「上手くいってない組織」が上手くいってない理由は組織の「仕組み」にある可能性が一番高いとは思っていた。とはいえ、さらに元をたどると「仕組みを変えられる権限のある人」に問題がある場合が多いわけで
  • 16tons @16tons_ 26日前
    成果を待てない拙速な改革運動は市民の支持を得やすいが、学校のみならず政治や自治体を混乱させただけで何の成果も上がりませんでした。主に大阪、東京方面で(´・ω・)
  • @izanamu 26日前
    「雄弁な哲学者タイプが最も現場での受けが良い」てのが何とも…
  • 成瀬京太郎 @yuugekisen 26日前
    「幸せとたどり着く近道は知らない」松山千春 燃える涙より
  • moxid @moxidoxide 26日前
    やっぱ革命とか革新とかはクソだな!(政治的な発言ではありません)
  • すなのうつわ @host_st 26日前
    教育ってすぐに成果が出るものではないけどどうしても進学実績や部活動の成績を追い求めたくなるんだろう。今回のとは直接関係ないが、終戦時の首相だった鈴木貫太郎が海軍兵学校の校長だった井上成美を訪ねて、教育の成果が出るのは長い時間が経った後、の旨を伝えて井上もそれにしっかり頷いた所を見ても、教育の真の効果を得るのならば短期的視点ではダメなのだろう
  • ネット・アイドル界の重鎮だんごむしさん @sengodebu 26日前
    要するにゼロ・トレランス方式って人権無視の大日本帝国陸軍教育方針じゃないですか!許せませんね!
  • gx9900 @GX9900GUMDAMX 26日前
    評価もされないし、人材も少ないから結局行き渡らないんだろうな。
  • gx9900 @GX9900GUMDAMX 26日前
    組織運営のスキルの欠如が原因なんじゃね。
  • しぇりりん(冬コミも欠席予定) @m_sheririn 26日前
    すぐに役に立つ事はすぐに役に立たなくなる、って言葉が出てきた。改革は時間がかかるもんなんだなぁ
  • 両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 26日前
    sengodebu なお現在でもゼロ・トレランス方式を徹底してるのが、江田島にある海上自衛隊幹部候補生学校である
  • 節穴 @fsansn 26日前
    「教育とは、貧しい民に魚を与える事では無く魚の釣り方を教える事である」とはよく言われ、しかしなかなか実行は難しい。「腹が減ったさっさと魚を寄こせ」と言う人間が評価する側に立っているからな
  • 職員室のヤッコさん@アズールレーン開始 @mistake0318 26日前
    社会実験で数年後の効果を待てる現状かどうか疑問。 保護者、選挙権を持った人達からの批判が目に浮かぶね。 さらに上からのウケが悪いなんて最悪、頓挫感あるわー。
  • フローライト㌠ @FluoRiteTW 26日前
    「公共」は経済学の一分野だからね
  • フローライト㌠ @FluoRiteTW 26日前
    d2N5Q4GciZtsa2e 船乗りは一人のミスで全員死んだりするからね・・・
  • barubaru @barubaru14 26日前
    タイプ5は具体的に何やったのかいまいち見えないなあ。成功したのをタイプ5、失敗したのをタイプ2に分類してるんじゃないか?
  • nekosencho @Neko_Sencho 26日前
    大阪で部外者入れたら失敗ばかりって例を見てきてるので、成功例に「企業でしばらく働いたのちに教育界に移ってきた人が多い」ってのは信じがたい。「歴史学か経済学出身で」はなかったということか?
  • 齊藤明紀 @a_saitoh 25日前
    部活で上級生が下級生をこきつかうカルチャーをなくそうと思ったらどうするか?と同じかな。年次進行未満でしか改善は進まない
  • 八重代かりす@「姉倉物語」発売中。 @yaesiro 24日前
    経済学って、胡散臭いと言われつつも、こういうところでは成果を出すんだな…。あと歴史学と経済学はやはり親和的か…。
  • えすぴー@フレンズ @espilab 24日前
    タイプ5だけ、企業で働いた経験者なんだな。
  • 小川靖浩 @olfey0506 23日前
    barubaru14 「リストラ」の意味をどうとらえているか、じゃないかと。2は現行の日本で使われている「人員カット」のほうを指し、5は本来の意味の「人員の再配置」であり、前者が「リターンが上がらないコストのカット」を図るのに対して後者は「コストに見合ったリターンを出すように変更する」形で、「いうは簡単だがやるのが大変」であるため後者は短期的にはあまり評価されずに長期的になって初めて価値が見いだされることになると。
  • 小川靖浩 @olfey0506 23日前
    Neko_Sencho んー、ただ大阪の場合って件の分類でいえば2と3の傾向が強くてしかも「社会経験」それ自体が迷走した社会情勢の経験を参考にしているから「建築家」の類ではない印象が強いですけどね。
  • azerty @azertybiz 22日前
    外科医タイプは教育になってないね
  • ぽんぽこたぬき @pompocotanuky 21日前
    歴史、経済、建築、企業での経験…ちょっと人間嫌いで熱心というよりは醒めていて、問題を~すべき(価値や道徳)ではなく~である(システムや構造)として把握するリアリスト、要するに「教育者」的じゃないタイプか。

カテゴリーからまとめを探す

「料理」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする