まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!
69
むすびめくんネジネジ @musubimekun
僕 英語の勉強することにしたの。まず、大事なのは、発声なんだって。発声をしっかりやらないと、発音もよくならないんだ。 #英語 #発音 pic.twitter.com/gL70gLsKWu
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
口の形や舌の位置より、声の出し方が大切。だって、発音は声に乗って来るんだもの。#英語 #発音 pic.twitter.com/nc5fevwtBu
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
だから英語が話せる声をまず出せるようにしなくてはいけない。英語を母国語にしている人はみんな背筋が伸びて姿勢が良いでしょう? 何故でしょう。 それは、英語を楽に喋るには腹式呼吸が必要だからだよ。 #英語 #発音 pic.twitter.com/o9TY3QTWI9
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
みんな、腹式呼吸が大事だってことまでは分かっているかもしれないけど。では、腹式呼吸で膨らませるお腹はどこかを知っているかな?次の1、2、3のどれでしょう?#英語 #発音 pic.twitter.com/XkgjApPLxn
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
正解は2番、みぞおちからおへその上までを上腹部と言うんだけど、そこを膨らませるんだ。詳しくは「発声のメカニズム 音楽之友社」という本を見てね。英語発音の先生の紹介だよ。とっても良い本だと思う。 #英語 #発音 pic.twitter.com/i8RuTd2S5Z
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ5】 何故、英語の発音なのに腹式呼吸など声楽の話になるかというと英語は歌と同じ、肺からの気流の流れを制御して音にしているからなんだ。一番はっきりそのことを言っているのはこの本だよ。 207ページを見てね。 「英語とは音楽なんだよ」 #英語 #発音 pic.twitter.com/ONDbTvbaUY
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ6】 英語は音楽、だから肺からの気流が安定して供給されないとうまく喋れないんだ。英語の音が聴けるようになると、気付くことなんだけど、やたらシュウシュウ、シーシーという摩擦音がきこえて来る。これを出せるようにするためだと思っても良いと思うよ。 #英語 #発音 pic.twitter.com/68Uky7JXhl
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ7】 #英語 #発音 人間、自分が言葉として発音しない音は言葉の要素とは思わないので聞こえないんだ。だからまず意味がわからなくても、発音できるようにする必要がある。でもこの重要性にみんななかなか気づかない。なので僕、むすびめくんが力説中って訳なんだ pic.twitter.com/ruJ3QEQ1Mu
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ8】 #英語 #発音 腹式呼吸は、安定した長い息を口に送り込むことが目的です。 それができていることを確認する方法としてリップロールがあります。やり方はネットにたくさん出ています。やり方を覚えたら、是非できるようにしましょう。 pic.twitter.com/lbYAgVvQSi
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ9】 #英語 #発音 腹式呼吸の練習をしながら、英語をそれに乗せるのにふさわしい声を出す練習もしましょう。言葉で言うと、喉を開くのと軟口蓋を上げるの2つなのですが、分かりにくいので、まずはいつもは見ない口の中を覗いてみましょう。 pic.twitter.com/aBDQ6JmmwM
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ10】 #英語 #発音 外から見ててもわからないと思うから、僕の口の中に招待するよ。「まずは、唇を作ってと、じゃ〜、ベロちゃん出て来て」 pic.twitter.com/5tUVCAFyTj
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ11】 #英語 #発音 口の奥へ案内するよ。英語の発声には口の奥の空間を肺と一緒に共鳴させる必要があるからね。まずは構造を頭に入れてね。見ればすぐわかるよ。さあ、おねーさん僕の背中に乗って。行くよ❗️ pic.twitter.com/N3i7nkRiNf
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ12】 #英語 #発音 「ウワー、口の中に入っちゃった。またなんかがぼんやり見えて来た。あなた誰?」 「僕はのどちん。みんなはノドチンコって呼ぶんだけどそれはやめてね。僕はベロちゃんと協力して息を鼻か口に通す交通整理をしてるんだ。食べた物も鼻に行かせないよ」 pic.twitter.com/Kgh43XtO7x
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ13】 #英語 #発音 おねーさん。僕の奥には食道と気道に付いてる声帯があるんだ。そしてベロちゃんの根元にも気道に食べ物がいかないようにする僕と同じ役目の蓋つまりベロチンがあるんだ。口の中はちんちんだらけだね。それはそうと声帯の間を抜けて息が出て来るんだよ。 pic.twitter.com/Blida7exbU
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ14】 #英語 #発音 おねーさん。よく見て。息が出て来ると声帯が開いて中が見えるよ。見えているのは肺だよ。つまり息が出ているときは、肺とおねーさんと僕がいるこの場所つまり喉の奥が一続きになるんだ。と言うことは。つまり、あっ声帯が締まって来たぞ。 pic.twitter.com/SdYCgfya7O
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ15】 #英語 #発音 声が出て来るよ。英語だったらおねーさん落ちちゃうかもしれないから気をつけてね。来たぞー 「こんにちは」 よかった日本語で。日本語の発音はほとんど喉の奥を使わない響かない声なんだ。 pic.twitter.com/NsGVp3LXHc
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ16】 #英語 #発音 「また声帯が締まって来た」 「今度は英語かな?ベロちゃんの両端が上がって来たよー。ベロちんはっ真っ直ぐ立っちゃった。これってボッ◯?なんてね。あっノドチンなんで上がってっちゃうの?ベロちゃんの付け根が急に落ち込んで来た。私落ちちゃうよー」 pic.twitter.com/s02gvoqLYH
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ17】 #英語 #発音 おねーさんは大変な状況ですが、解説しておきます。ベロちゃんが下あごについて、両サイドが持ち上がるのは、英語の母音を出す時の基本形です。日本語では口の中間の位置でブラブラしてます。この差をしっかり意識して下さい。 「のどちんだずけて〜」 pic.twitter.com/HpRcTsstb2
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ18】 #英語 #発音 おねーさんもうちょっと我慢しててね。 舌の奥を下げると、口の奥の空間が広がり、且つベロチンも立つので、気道を通じて肺とまっすぐ繋がります。よって、共鳴箱が大きくなれば音も大きくなる理屈で英語の声は大きくなります。 「ノドチンもうだめー」 pic.twitter.com/4rFL64xwnD
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ19】 #英語 #発音 おねーさんもうちょっとだよ。 そして軟口蓋にぶら下がっている僕が上がると、さらに口の奥にできた共鳴箱が大きく成るので、声がさらに大きくなり、鼻に抜ける空気も少なくなるので声が明瞭になるんだ。さあ、おねーさん僕に捕まって❗️ 「ううー」 pic.twitter.com/RVVb0bhGj8
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ20】 #英語 #発音 「助かったー」 「おねーさん よく頑張ったね」 「もうダメだと思った…」 「こんな時にこそなんだけど、この喉の奥の形を覚えておくことが英語発声には大切なんだよ。よく見といてね」 「こんな思いしてるんだから忘れないわよ。バカ」 pic.twitter.com/U96ZN6BPeq
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ21】 #英語 #発音 何故この発声が必要なのか?というと、この発声法でないと出ない音があるのです。 それがSの音です。 日本ではSの音はベロちゃんを下の前歯のすぐ後ろに置くと説明してますが、これは日本独特で米国では、上の前歯か歯茎ののすぐ後ろです。何故でしょう? pic.twitter.com/WwY2E5m6cM
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ22】 #英語 #発音 これは、日本人が作る弱い息(気流)では米国式だとshの音に近くなってしまうので、弱い息でもsの音になる日本式を発明したのだと思われます。しかも「ス」と発音するというおまけも付けました。米国式では息の強さで自然に「ス」に聞こえるようです。 pic.twitter.com/bSISTk9Zmy
 拡大
むすびめくんネジネジ @musubimekun
【英語発音キャラ23】 #英語 #発音 腹式呼吸によって英語らしい発音の効果が出るのは母音です。基本形は舌が下あごについている事と舌の奥の両端が持ち上がり、真ん中が凹んでいる事です。rが絡んでない母音は全てこのポジションです。おねーさん、ベロちゃんの上にいた時の事を思い出してね pic.twitter.com/PS7rYIu1g4
 拡大

続きは以下のまとめへ

●No2 喉を開く方法、米国式Sの発音方法
https://togetter.com/li/1162561 
●No3 軟口蓋を上げた英語らしい発音、アゴは前後にも動く
https://togetter.com/li/1163773 
●No4 英語発音の特徴を日本語との比較から論理的に説明した
https://togetter.com/li/1165014 
●No5 「あ」に聞こえる発音記号のイメージ
https://togetter.com/li/1168616 
●No6 英語母音イメージのキャラクター化
https://togetter.com/li/1170976  
●No7 RとLの聞き分けも気流で解決
https://togetter.com/li/1174422 
●No8 WとYの音の成り立ちを知るとネイティブに近づく
https://togetter.com/li/1180425 

コメント

佐野まさみ @gameperson_sano 2017年10月17日
英語の発音のために、口の筋肉をトレーニングするという話は聞いたことあるが……
むすびめくんネジネジ @musubimekun 2017年10月18日
gameperson_sano そうですね。私も、息の流れを調節するためには必要な口の形を作るのに必要な筋肉、例えばアヒル口を作る筋肉の訓練などは聞いたことがあります。同じように腹式呼吸をするために腹筋を鍛えようというのも聞いたことがあります。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする