編集部イチオシ

アニメとお菓子 日本のTVアニメを支えたスポンサーのお話

御雷亭さん(@mikazuchitei)の一連のツイートをまとめました。
スポンサー 製菓会社 コラム アニメ 食品会社 明治製菓 鉄腕アトム フルタマン 食玩
29
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
何か、フルタマンがTwitterのトレンドに入ってると思ったら、最近毎週この時間にフルタマンがトレンドに入ってたらしい。 という訳で、このツイートを是非ご覧下さい。 日本のテレビアニメに於けるフルタマンの重要性 twitter.com/mikazuchitei/s…
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
【アニメとお菓子-1】 最近、プリキュアを観てると毎回と言っていいレベルでFurutaのフルタマンというCMを目にする事になるんだけど…、このフルタマンのCMを観る度に思う事が有るので、それについてちょっとツイートしていみようかと。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
【アニメとお菓子-2】 前提として、「この話は、私もそこまで詳しい話じゃないので間違った箇所有ったりするかもなんですが」聞いて「なるほど」と思ったので、それを自分なりに整理した話です。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
【アニメとお菓子-3】 題して『日本のアニメは、「お菓子会社」が無ければここまで当たり前な物にはならなかった』と言う話。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
【アニメとお菓子-4】 日本で、テレビで一番最初に放送されたアニメと言えば、手塚治虫の『鉄腕アトム』な訳ですが…、実は、『鉄腕アトム』のスポンサーは"一社だけだった"という事は(詳しい人は知ってるけど)余り知られて無いんですよね。 その一社が何処の会社かというと…、"明治製菓"。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
【アニメとお菓子-5】 明治製菓が『鉄腕アトム』のスポンサーになるに至ったのには虫プロの経営状況がどうこうでアニメの製作資金が云々とか…そういう事情が有るそうなのですが(この辺り、余り詳しく無いので歯に物の挟まった言い方)。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
【アニメとお菓子-6】 まあ、手塚治虫は作り手(漫画家)としては凄いんだけど経営者としては…割と…なので虫プロは倒産危機に陥った事が…って話らしいのですが。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
【アニメとお菓子-7】 そういう状況の中で『鉄腕アトム』のアニメの制作費を出すのも割と経営上大変な所が有り、『鉄腕アトム』のアニメの製作費を得るために手塚治虫が採った方法が、スポンサーについた会社の商品にキャラクターを使って良いとする仕組み。 それに乗ったのが明治製菓で。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
【アニメとお菓子-8】 結果、『鉄腕アトム』のアニメは明治製菓一社だけがスポンサーにつく一社提供で放送され、明治製菓側は、お菓子のおまけに『鉄腕アトム』のキャラクターシール等を付ける権利を得て…、当時、マーブルチョコレートのおまけに、アトムのシールが付いていたそうです。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
【アニメとお菓子-9】 …で、アトムのシールをおまけに付けた結果、マーブルチョコレートの売れ行きは(マーブルチョコレートの生産効率拡大のために明治製菓の大阪工場が出来たという説が生じるぐらいに)伸びたそうで。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
【アニメとお菓子-10】 この、「スポンサーについた企業がその作品のキャラクターグッズを商品のおまけに付けられる」、「アニメを製作する製作会社側はキャラクター使用料で制作費を賄える」という方法で明治製菓が成功した例が製菓・食品系の企業に伝わり、結果として…。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
【アニメとお菓子-11】 アニメ製作のスポンサーにつけば、売り上げを伸ばせるという認識を製菓・食品系の企業に植え付けた結果、製菓・食品系の企業が率先してアニメ製作のスポンサーにつくという流れが、日本のテレビアニメの初期には有ったそうです。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
【アニメとお菓子-12】 その結果が、『鉄人28号』のアニメのスポンサーについたグリコや、『エイトマン』のスポンサーになった丸美屋、『狼少年ケン』のスポンサーになった森永製菓等な訳で。日本のテレビアニメの初期(黎明期?)を支えたのは、製菓会社や食品会社だったという話。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
【アニメとお菓子-13(終)】 そこから先の話は割愛しますが、その時の流れが今に至るまで残っていて、なので、子供が観る時間帯のアニメ(例としてニチアサ等)のスポンサーには製菓会社や食品会社は根強く入っているという話。 その歴史の結果が生み出したのが、フルタマンなんだよなぁ…と。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
【アニメとお菓子-おまけ】 そういう訳なので、「どのアニメに何処の製菓会社・食品会社がスポンサーについているかは」をCMからチェックすると面白いかも知れないですよ。 そういうのを気にしながらスーパーのお菓子コーナーを見ると、意外と新しい発見が有るのを体感中な今日この頃。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei
【アニメとお菓子-おまけの続】 テレビアニメ初期のスポンサーが何処の企業だったかをまとめたりとかしてる人は探してみると意外と居るんだけど…。 白黒テレビ時代のテレビアニメは製菓・食品から始まって、薬品、電気(家電製品)辺りがスポンサーになっていく流れが有ったっぽい。

コメント

上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2017年11月8日
最初に誰が金を出したかという話ですね。
ham_o @ham_o 2017年11月8日
逆に言えば、なぜ今サザエさんなどのごく一部を除いてゴールデンタイムにTVアニメをやっていないかという話にもなる。子供が減ったことで、広告料金に見合うだけの売上増を期待できなくなったからということ。
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2017年11月8日
虫プロとスポンサーの話で外せないのが、ドン・ドラキュラの悲劇。これは、広告代理店が途中で倒産しちゃってアニメが打ち切りになっちゃったという史上例のない不運。しかも、打ち切り速度は日本最速で、これによって手塚治虫の鬱病が悪化したとも。
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2017年11月8日
いまでは財団Bがオモチャを売るために以下略
さどはらめぐる @M__Sadohara 2017年11月9日
昔はゴールデン帯でもプロセスチーズや魚肉ソーセージを売る食品会社による一社提供が可能でしたが、少子化の影響でそれが出来なくなりましたからねえ。ニチアサなんかは「はじめに商品ありき、ついでに新商品ありき」で脚本の変更が際限なくあって、ベテラン脚本家も「正直しんどい」とぼやくレベルになってます
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年11月9日
あー、またこざくらちひろさん改めさどはらめぐるさんだ。どうしてハンドル変えたの?
真砂 @okayasumasa 2017年11月9日
鉄人28号のアニメでも、主題歌中の「グリコ、グリコ、グーリーコ」というフレーズでグリコの売上が爆発的に上がったって話がありましたな(そのお礼というわけではないだろうが、グリコは今川鉄人(平成鉄人)のスポンサーに名を連ねている)
KAIJIN28GOO @babel3sei 2017年11月9日
アニメじゃないが、ハリマオだったか、オロナミンⅭの卵割りがでたような_ なんの、ハウス名作劇場じゃあ、キャラが提供スポンサーをナレーションしたぞ。一休さんもたしか…。
赤風船@スマブラ参戦 @redballon0324 2017年11月9日
ham_o 少子化だけじゃなくゴールデンタイム? 塾とか習い事で見てる暇ねーよって言う時代の流れも作用されてそう バラエティーも昔と比べて子供でも楽しめるクイズ番組系よりせめて義務教育は終えとけレベルの知識使ってなクイズ番組のほうが多いし
やし○ @kkr8612 2017年11月9日
タツノコ黎明期の宇宙エースもエースは設定上スペースフーズ(ガムみたいなもん)しか食べられなくてお菓子会社がスポンサーなんじゃなかったっけ
いぶし @robodama 2017年11月9日
どうせふつうのまとめ・・・ジューシー!!
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei 2017年11月9日
ham_o テレビの普及し始めの頃 スポンサー「テレビでCM打って効果有るの?」→ 普及が安定してきて スポンサー「おっ、意外と効果ある」 この、「意外と効果有る」にスポンサーが気付くまでは一社提供の番組が多かったみたいです。一社だけがスポンサーになるので、番組中で流れるCMは全部その会社の商品のCM。この流れを最後まで貫いたのが『サザエさん』の東芝だったんですが、ついに東芝が撤退するみたいですね。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei 2017年11月9日
babel3sei 一社提供だから、その番組が放送される枠の事を企業名を付けて呼ぶ流れが浸透した時期が有るんですよね。『ウルトラマン』等の放送枠(武田薬品)がタケダアワーと呼ばれたり。『エースをねらえ』では作品中で登場人物がボンカレーを食べるシーンが有ったとか。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei 2017年11月9日
kkr8612 そうです『宇宙エース』のスポンサーはカネボウハリス(現:クラシエフーズ)という、ガムとか飴とかを主に取り扱っていたお菓子メーカーで、だからパワーアップアイテムがガムなんですよね。カネボウハリスは80年代に「ねるねるねるね」等のお菓子を出していたメーカーです。
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei 2017年11月9日
robodama フゥゥゥゥルスロットォォォォル!!!
御雷亭の触手な般若 @mikazuchitei 2017年11月9日
『鉄腕アトム』に限らず、当時は一社提供(スポンサーが一社)の番組が少なく無く、白黒時代に放送された『おばけのQ太郎』は不二家一社提供だったり、白黒とカラーが移り変わる時代に放送された『マグマ大使』はロッテ一社提供ですね。有名なのだと『仮面の忍者 赤影』が三洋電機の一社提供で、「カラーテレビだと色が解るというのを売りにしてた」とか。一社提供の流れが90年代まで残ったのが、ロート製薬一社提供の『クイズダービー』とか。
言葉使い @tennteke 2017年11月9日
日本テレビ「おしゃれ関係」は資生堂が一社提供していたけど、「エンタの神様」で波田陽区が資生堂をネタにして激怒し、「波田陽区はいいよ、ああいう芸風なんだから。けど収録なのにそのまま放送した日本テレビは何を考えているんだ!」と降りたと聞いている。
op chin @opopchin 2017年11月9日
mikazuchitei 一社広告番組の頭に掛かる、各社のテーマ曲が名曲揃いでしたよね。ロートのスマスマも終わったから、今はふしぎ発見くらいですかね?残ってるの。
揚五目 @nekofurio 2017年11月9日
シティーハンターの再放送してると必ず若い人から「毎回登場する“パッション”という謎のピンクの箱は何?」て質問が出るんだよねw(スポンサーの浅田飴が出してた「浅田飴パッション」っていうヤング層ターゲットの商品なのです 笑)
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2017年11月9日
アニメ・特撮ヒーローもの番組のメインスポンサーが食品・製菓メーカーから玩具メーカーに移り変わったのは、マジンガーZをきっかけに巨大ロボットものが本格的に流行した頃だったかな。勇者ライディーンで変形が取り入れられ、コンバトラーVの合体ギミックの頃になると、完全に玩具メーカーの都合に合わせたメカデザインでアニメが作られるようになり…という流れでしたね
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2017年11月9日
tennteke スポンサー激怒で降りたって話だと、どうしても報ステにキレて降りた高須クリニックの話が思い出される。当時キャスターだった古館さんに対する友情スポンサーだったので、最後通告してからきっちり降りた辺りが高須先生だなと。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2017年11月9日
ポパイのほうれん草の缶詰の話が有名だと思ったんだがw
スゥ。ニャオロン(似鳥龍オルニトミムス) @_2weet_sue 2017年11月9日
mikazuchitei カネボウハリス(現・クラシエフーズ)提供ちばてつや御大のハリスの旋風はタイトルから主題歌から主人公の通う学園の名前までハリスでしたもンねェ。 カラーで再アニメ化した国松さまのお通りだいでは国松くん何て名前の学園に通ってたのかしらw
スゥ。ニャオロン(似鳥龍オルニトミムス) @_2weet_sue 2017年11月9日
今でも一社提供の番組だとミュージックフェアがあったなとwikiみたら「日本でレギュラー放送されている全ての週間番組の中で最長寿番組」「1964年(昭和39年)8月31日の放送開始当初から塩野義製薬による一社提供番組であり冠スポンサー番組でもある」とあり吃驚!
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする