アレフガルダーズ ver10.28 歴戦の指揮官!ペルポイ独立戦争帰りのグリューン将軍の登場。

本文に書いてないだけで、300年後の世界にもたくさん設定があるようです。たぶんドラクエ2時点で過疎ってたアレフガルドなぜ人が戻ったのかとか、そういう説明もあるんでしょう。 こちらはアレフガルダーズのチュートリアル的なまとめです。 https://togetter.com/li/1157738
アレフガルド・タクティクス・オンライン
sawafrontier 150view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • A.T.O運営 @scribblingtails 2017-12-06 23:23:31
    アレフガルダーズ ver10.28 用語説明 NPC:ノンプレイヤーキャラクター PC:プレイヤーキャラクター PT:パーティー グリューン将軍:新しく南方軍に来た将軍。無産階級出身なので、派遣議員の心証はよいらしい。腕前のほどはいかに?
  • A.T.O運営 @scribblingtails 2017-12-06 23:25:13
    これまでのお話 東方軍では新任のケルマン将軍がうまくやって主導権を握り、合理的な作戦を実行できるようになった。派遣議員の権限発動よりもマスケットの初速の方が速いということだ。
  • A.T.O運営 @scribblingtails 2017-12-06 23:27:42
    南方軍。新しい将軍の到着「どんな人?」「見た目普通のおじさんだったわよ。本陣のテントに入っていったけど」「行こうぜ」こちらも見学タイム。テントの中ではやっぱり中央にテーブル置いて周りを将校たちが囲んでいる。もう自己紹介などは終わり、本題へ。将軍「これは、結構やっかいだな」
  • A.T.O運営 @scribblingtails 2017-12-06 23:29:22
    地図(再掲)を眺める。イックス「あの人誰?名前は?」リンドラッヘを捕まえて聞いてみると「グリューン将軍だ。経歴的に良い人が来てくれた」「経歴?」「実戦経験が豊富だ」「良さそうじゃん!今まで見たこと無かったけど、どこで戦ってたの?」「ペルポイ及びロンダルキア連邦共和国の独立戦争」 pic.twitter.com/lWtzzr0CO4
     拡大
  • A.T.O運営 @scribblingtails 2017-12-06 23:31:09
    「何それ。そんなイベントあったの?」「イベント?何のことだ?」A.T.Oペディアを読むとわかるんだけど、300年後の世界にもいろんな歴史的設定があり、第二次ハーゴン戦争やテパ戦争(ベラヌールと復興ムーンブルク王国の植民地争奪戦)、ザハン紛争といった項目が並んでおり、細かい記事を読める。
  • A.T.O運営 @scribblingtails 2017-12-06 23:33:13
    その中に 【ペルポイ及びロンダルキア連邦共和国の、ベラヌール王国に対する独立戦争】 の項目がある。物凄く力の入った記事で、全体で90ページくらいあるのだが、かいつまんで説明すると、ベラヌールの植民地だったペルポイとその周辺都市が、税制の不満とかいろいろあって独立宣言し、戦争に突入。
  • A.T.O運営 @scribblingtails 2017-12-06 23:35:47
    最初はベラヌールの国内問題みたいな感じで各国は静観してい。しかし、首都ペルポイを占領されながらもロンダルキア高地に後退し徹底抗戦する連邦軍の粘り腰に、ムーンブルク王国が内緒で支援を開始。それがバレて国際問題となり、ベラヌール・ラダトーム王国VSムーンブルク・連邦の構図となった。
  • A.T.O運営 @scribblingtails 2017-12-06 23:38:14
    そこへアレフガルド革命が起こってラダトーム王国が脱落。ベラヌールとしては同盟国が滅んで変な共和国ができちゃったことで、内閣総辞職などの大騒ぎとなり、仕方なく連邦の独立を承認。今度はラダトーム王国復興の名目でアレフガルドに出兵という流れなんだって「将軍は義勇兵として連邦側に参戦」
  • A.T.O運営 @scribblingtails 2017-12-06 23:40:30
    「ラダトームはベラヌールの味方じゃないの?」「そう単純な話じゃないんだ」リンドラッヘが言うには「ラダトーム王国にも、連邦に同情的な貴族がいて、勝手に兵を募って戦わせたりしていた。将軍はそういう軍に参加して実戦経験を積んだ」「世界史みたいね」でも今回は独立戦争はプレイできないぞ。
  • A.T.O運営 @scribblingtails 2017-12-06 23:42:28
    ver10開始時点でもうペルポイ独立戦争は終わってるから「残念だぜ」話を戻そう。将軍「メルキド市が要塞化しているのは知っているつもりだったが、街道沿いの砦に艦隊......」新たな情報を確認し、状況把握につとめてる模様「やはり、一番のポイントは艦隊だな」将軍、的確にキーポイントを見抜く。
  • A.T.O運営 @scribblingtails 2017-12-06 23:44:27
    「そこでだ」将軍、顔を上げ「帰国直後の私よりも地理に詳しい諸君に、意見を求めたい。メルキド攻略の作戦を持っている者はいるかな?」すると即座に「あります。将軍のおっしゃるとおり、問題は艦隊です」「君は」「リンドラッヘ大尉です。作戦があります」「気合い入ってるぜ」今度こそ採用なるか?
  • A.T.O運営 @scribblingtails 2017-12-06 23:46:16
    「アレフガルダーズ」つづく
  • A.T.O運営 @scribblingtails 2017-12-06 23:50:28
    タグ #dqxtails ペルポイ及びロンダルキア連邦共和国は明らかにアメリカ合衆国なんですが、たぶん戦争直前に、ペルポイ港で首狩り族の格好した過激派がベラヌール船を襲撃。薬草とか毒消し草とかを投げ捨てる事件が発生したんだと思います。ペルポイドラッグパーティー事件の記事があるんでしょう。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「Twitter小説」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする