10周年のSPコンテンツ!

LGBTQとかダイバーシティーとかに違和感を覚える理由が見えてくるかもしれない千葉雅也氏のつぶやきをまとめてみた。

LGBTQ、多様性、ダイバーシティ、と盛んに言われることに対して、少し違和感を覚えている人は、もしかしたらその理由の一端が見えてくるかもしれない千葉雅也氏のクリスマス直前の一連のつぶやきを時系列でまとめてみました。 難解な部分も少なくないですが、納得できる部分を見つける人も少なくないのでは? と思います。
ジェンダー
61
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
話が変わりますが、今日考えていたもう一つのこと。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
マイノリティでもマジョリティでも、互いの性的欲望に共感をもつのは難しい。それは、性的欲望の形式はしばしば、他の形式に対して否定的な関係にあるから。「他の形式」をいちおう理論的に理解し、そういうものなのかあ、と思うことは可能。が、「共感ができなければ共存できない」となったら大変だ。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
たとえば、女性の一部は、自分の身体が初期設定として「挿入される側」であることに不満をもつが、まさにそのようになりたいMTFや、被挿入を楽しむゲイのネコからすれば、そうした女性の不満に心底は共感できないだろう。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
また、性的アイデンティティを固定したくないXジェンダーと、何らかの「女性らしさ」「男性らしさ」に(遊戯的に/真剣に)こだわる他のマイノリティの立場は相容れない。(とはいえ、Xジェンダーのなかでも、ジェンダーの紋切り型に関心をもつ立場もあると思うので、ケースバイケースだろう。)
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
性の議論において、男性のマッチョさは最も批判対象になるものだが、ゲイはそれを否定せず、男性の「いかにも」な特徴と戯れようとする。そもそも男こそを欲望するのだから、それはそうだ。FTMも、男性性を得たいからこそFTMなのだろう。ゲイやFTMには「マチズモ批判に抵触する欲望の現実」がある。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
性的欲望の対立はなぜ起こるのか。それは、一定の「カテゴリー」(あるいはジェンダー)を欲望するからだ。ゲイには「男であること」が大事で、レズビアンには「女であること」が大事。あるいは「〜系」とか。もちろん一人一人の特異性が大事だが、それと合算的にカテゴリーが大事だということ。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
あらゆるセクシュアリティは揺らいでいるので、極論すれば、欲望の対立関係は霧散する。もし「欲望の対立は必然だ」という命題がイヤで、対立はなくなるべき、というのなら、規範化によって「あらゆるセクシュアリティは揺らいでいる べ き」という向きへ行く手がある。(続
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
それはつまり、そもそもカテゴリーによって性愛の相手を選ぶべきではない、「特異的な出会い」で の み 選ぶべき、性欲はそのつど再発明すべき、ということになろう。これを「ノンカテゴリー性愛」と呼んでみる。これは、性愛における人の集合化をやめる、ということだ。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
反応すべきは特異性。集合ではない。これは、詳細は略するが、ラカン的に言えば「女性の享楽」の側である。少なくともラカンはそう言った。仮に「女性文化」という言い方に意味があるとするなら、「女性文化はノンカテゴリー性愛に向かう傾向がそもそもある」ということなのかもしれない。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
ラカンによれば、「男性の享楽」は、「集合とその例外」によって作動する。あるカテゴリー(たとえば「男」)があって、そのメンバー全員を「超える」ような例外者(「男のなかの男」)を発見したい、というのが「男性的」欲望だ、ということになる。これは「カテゴリー性愛」と呼べるだろう。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
カテゴリー性愛(男性の享楽)と、ノンカテゴリー性愛(女性の享楽)がぶつかる。ネット上ではさまざまな性の価値観の対立が見られるが、それらは、この大きな対立に関係していると思われる。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
ラカンによれば、女性の側は二重になっていて、女性は「女性の享楽」と、女性側での「男性の享楽」に関わっている。しかし男性は単純で、「男性の享楽」だけ。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
リベラルなヘテロ男性がノンカテゴリー性愛的な主張をするのを見るのだが、その場合は通常、自分のカテゴリー性愛(女性が好きだということ)を掘り崩そうとはしていない。まあ、リベラルを自認するなら全員実際にノンカテゴリー性愛になるべき、という「性の革命論」みたいなのもおかしいとは思う。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
おそらくそういう場合では、カテゴリー性愛を無化したいのではなく、ただそれに「開き直る」のをやめて「ノンカテゴリカル方向に柔軟化する」ことが必要なのだ、といった主張をしているのだろう。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
ヘテロ男性のカテゴリー性愛はデフォルトとしてあまりに強固なので、「たんに積極的に」そのノンカテゴリカル化を言えば、政治的に正しいことになるのだろう。が、ゲイなどのカテゴリカルなマイノリティの場合は、自分自身のカテゴリー性愛がそもそも不安定なので、マジョリティとは異なる問題をもつ。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
ゲイなどの場合は、カテゴリー性愛がそもそも不安定だという意味で、最初からノンカテゴリー性を生きている。だから、「たんに積極的に」ノンカテゴリカル化を言うわけにはいかない。むしろ、ノンカテゴリー性がすでにある上で、それと拮抗する(パロディ化された)カテゴリー性を保護する必要がある。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
それがゲイやFTMによる男性性肯定でありフェム・レズビアンによる女性性肯定である。カテゴリカルなマイノリティがカテゴリー性に対して持つ切実な思いがマジョリティにはわかりづらい。そこから、「マイノリティなのにアンチポリコレ的に保守的な性幻想を支持している」といった結論に至りかねない。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
男性の享楽というのは、もっと精神分析的な言い方をすれば、「ファルス享楽」です。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
結局、リベラルなヘテロ男性も自分のカテゴリー性愛を捨てないように、ファルス享楽は脱構築されるべきだとしてもやはり維持されるし、もっと言えばそれは「存在すべき」ものなのである。脱構築されつつもそれでも「残る」ファルス享楽という論点が、たいていのヘテロ男性の論客からは抜け落ちている。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
リベラルなヘテロ男性が、男らしさなど批判し切ってしまえばいいとでもいうような「殊勝な」態度をときに見せるのは、自分の男らしさが盤石で揺るぎないからにほかならない。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
ファルス享楽を脱構築し、女性の享楽の方へ行く、つまり、特異性をそのつど愛するという方へ行きながらも、それでも残るカテゴリー性愛というのは、以上の構図においては、「女性の側のファルス享楽」に当たる。たとえばゲイが「もっと男になりたい」と思うのは、「女性の側のファルス享楽」だろう。
千葉雅也「デッドライン」『新潮』9月号 @masayachiba
こういう話が伝わるかどうかわからないけど、
残りを読む(8)

コメント

yuki🌾4さい⚔ @yuki_obana 2017年12月24日
性的志向性は実際のところさほどない。重視してるのは関係性の顕在化(秘匿性、要はその後の社会的袋叩きのハザード評価)、疾患の罹患率(キャリア)やそのハザード。大半の人はこの辺で無駄に変な評価するからリスクオフが発生する。これをコントロールした上で評価しなければ適切な評価は出来ない。絶対にお互いの素性がばれず且つ2人の関係性が社会的にばれないことと疾患罹患してないことが保証されるとき、細かいことは大した問題にならない。日本だとせいぜい誤差数千円で済んでる。
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2017年12月24日
というか、必要なのは「共感」などではなく他者への「理解」だけでよいのではないか。性の多様性への「違和感」もまた自身の性自認や性的指向の産物でしかないと思うよ。
出無精マスク @annoupoteto 2017年12月24日
ジェンダー系の話は用語多いせいで、一番伝わって欲しいはずの「ジェンダーに無知な人達」には早口で熱弁するオタクと似た、よく分からないから触れちゃいけないアレと認識されがちな問題があると思う
Futon-Matsuri @Futon_Matsuri 2017年12月24日
ほんと三行でまとめてどうぞ テクニカルターム乱用して厨ニに浸りたいならとも角、他人に読んで欲しいならそれなりの配慮は必要
白蓮 @Wh1te_L0tu5 2017年12月24日
共感も理解も必要ない、というか不可能ですよ。「そういうものなのか」が相手にとってもそうであるという確証なんてないんですから。ヘテロ同士ですら確実な理解は保障されないのにどうして異なる性的指向で理解や共感が得られると思うのかコレガワカラナイ
白蓮 @Wh1te_L0tu5 2017年12月24日
「知るか知らないかでいったら知っておいて欲しいとは思うが、そこから先に何かしてほしいというわけではない。知らなくても・分からなくてもいい、ただ危害を加えず不干渉でいてほしい」これくらいが落としどころだと思います
kadochika @kadochika 2017年12月24日
kamiomutsu 「我々とは異なる性質のそういった人たちがいてその性質を変えることはできないが、自分たちに危害などが及ばない限りは無理のない範囲でできるだけ尊重しよう」くらいでいいんですよね、『理解』っていうのは。『理解』という言葉が往々にして「心の底から寄り添って最大限の便宜を図るべきである」みたいな意味で使われることがある[要出典]のが問題ですが。
kadochika @kadochika 2017年12月24日
(それはそれとして、まとめ本文がファルスとか脱構築とか小難しすぎてちょっと…)
kartis56 @kartis56 2017年12月24日
カタカナ語だから >違和感を覚える理由
おきぐすり @1985oronine666 2017年12月24日
annoupoteto ほんとそれ。何言ってるかわからん。日本語でおk
のび @Novifam 2017年12月24日
ヘテロのファルスがコミューンでナード
хидэ @fuayue 2017年12月24日
なんで思索の為の個人の呟きが無関係な他人の教養レベルに合わせた読み物になってなくちゃいかんのよ。理解できんなら黙っとけば良いだけの話。
Хит@трудящиеся @heat_exchange 2017年12月24日
適当にまとめると ・「ダイバーシティ(=多様性)な共生社会!」といったときに、共生の対象にはゲイやレズビアンだけでなく、「男らしさ」「女らしさ」を嫌がる人も含まれてる ・しかし、ゲイ・レズビアンが性愛の対象とするのは、古典的な「男らしさ」「女らしさ」であると言える ・とすると、「ダイバーシティ」は自己矛盾してるのではないか といった感じですかね
ととっと @xyrLuoihI9vhuex 2017年12月24日
annoupoteto あと政治に絡んでる部分もあって、興味が無いと答えると非難されるケースもあるのがいただけない。他人の恋愛事情に興味が全くないって人は普通にいると思うんだよね。
CAW=ZOO @CAWZOO 2017年12月24日
相変わらず考え過ぎる人がいるなあ。まあ、こうやって明文化することで脳内の情報整理してんだろう。
智花 @tomoka__y 2017年12月24日
annoupoteto こういうのが日本でなかなか定着しない大きな理由の一つとして「界隈の人がやたら英単語を使いたがる」というのがあると思う
指揮棒 @shiki_boh 2017年12月24日
「ヘテロ」と呼ばれると正直逆差別を感じる
ねーぴあ@クソリプ用 @kusoripusan 2017年12月24日
[c4459693] というよりは、「多様性を肯定する社会と、構成員の嗜好に多様性があることは別だ」ということですかね。社会が多様性を認めるように変わっても「分類することで理解する」という人間の思考様式が変わってるわけではないので、全体として「お前の趣味は理解できないけどまぁいいんじゃね」位が落としどころになるわけです。しかし、この思想は連帯が不可能で民主主義では勝てない。結果的に多様性を認める社会に適応した人間が増えてるのに社会全体としては多様性を認めない、という現象が発生するわけです。
平家八草@C96ありがとうございました 冥王参上! @kawaikunai_mono 2017年12月24日
具体的な事例を持ってこれないと「お前がそう思うならそうなんだろう、お前の中ではな」と言われた時に何も言い返せないのがこの手の話の辛い所だな
久米留宇 @RueKume 2017年12月24日
ノムリッシュ翻訳通したんかとオモタ
ねーぴあ@クソリプ用 @kusoripusan 2017年12月24日
個人の為に社会があるのだ、という前提に立つ多様性に満ちた共生社会は一見気楽なのですが、どこかで妥協しないと個人間の利害調整と意見交換が不可能なので、人との繋がりが教義に変質しやすく、同じ教義を信じる者たちでしか連帯できない。共生社会には、新興宗教が乱立した挙句、最終的に一番次世代生産力の高い宗教団体が社会を乗っ取ってしまい、最後には元々維持するはずの多様性がなくなってしまうという大きな欠陥がある訳ですね。ロンドンでムスリムが市長になった大きな理由です。
愚者@ C97申込済 @fool_0 2017年12月24日
意識高い系の会話についていくのはほんとしんどい。
ougontokei @ougontokei8 2017年12月25日
非性愛者など存在しない必ず凹と凸ががっぷり4つ組み合っている平和な世界こそ尻穴に自己投影している腐った方々の理想の世界であってあいつら女体は嫌いだけど被挿入が嫌いにまでは見えないというか見えにくいだけかな、受けちゃんとやらのメス化著しくて百合だのおねショタだの用語を借り受けたりかわいい服を着せたりまるっきりふたなりの様相を呈しているけど。
Asuna @AsunaRight 2017年12月25日
哲学者のつぶやきをまとめたんだから小難しい言葉で意識高く見えるのは当然。キャッチーなタイトルが悪い
Tの人@アホの子 @Aho_The_T 2017年12月25日
自分に理解できないからって否定するのはやめようなボーイズアンドガールズで終わりやんけ。なんか新しい視点があるのかと思ったのに
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2017年12月25日
十分な共感や理解など放り出して、ただ「無害であること」だけを認め、許容だけ出来ればいいんだよ。
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2017年12月25日
まぁ言うほど簡単でもないけどな
🈂トリ @satori_Lv35 2017年12月25日
アタリマエのことなんだけど、当のLGBTがわかってねえんだよなぁ。
冶金 @yakeen4510 2017年12月25日
カタカナほんと好きだよね。「インフォームドコンセント」と「なっとく治療」と、どっちが多くの日本人に理解されるかということすらわからない学者がいる。ゲイフォビアも「同性愛嫌悪」じゃまずいらしい。アホくさ。
ろくまる @maze99 2017年12月25日
まあ独り言つぶやきながら思索にふけるのはあってもいいでしょ。
Katabiragawa Atsushi @katabiragawaC 2017年12月25日
多様性の尊重に違和感を覚えるとか言っちゃう時点で知能を疑うわけだが(´・ω・`) お前が寝言言えるのは多様性のおかげじゃねーのかよw
Katabiragawa Atsushi @katabiragawaC 2017年12月25日
それからさあ、バブル期じゃねーんだからやっすい俺が考えた共役不可能性を振り回すのもやめていただきたい。パラダイムが違うから俺とお前は共感なんてできないですか、そーですかw バカジャネーノ?
節穴 @fsansn 2017年12月25日
一切の同調や共感を捨て、相手が納得できるかを無視して正か不正のみを考えるんだよ
碧 ~雨夜の月~ @Turkis_Mond 2017年12月25日
「ダイバーシティ」というと未だに移動体通信用アンテナを想起してしまうが、原語の発音はディバーシティに近いダイバーって酷いw
節穴 @fsansn 2017年12月25日
お前は俺が不快に思うことをしてもいいし俺はお前が不快に思うことをしてもいい。難しいことは何も無いな?
ねーぴあ@クソリプ用 @kusoripusan 2017年12月25日
LGBTとか関係なく、人間同士が一つの集団を作る以上、意見や利害に調整代を設けるための属性を組み合わせた単純化と、調整代では意見や利害を吸収できない人間を集団から排除することからは逃れられない訳です。「理解できない相手を認める」という集団は一見調整代を広く持っているように見えますが、実のところ「理解できる相手同士で固まる」ことを許すとそこで小集団が生まれて瓦解する集団なので、実は恐ろしく調整代が狭い。多様性のジレンマですね。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年12月25日
LGBTに対する違和感の元はキリスト教由来の概念のせい。日本人にはキリスト教の素養がないから頓珍漢な理解しかできない。
ねーぴあ@クソリプ用 @kusoripusan 2017年12月25日
してみると、多様性を認めさせる社会運動や団体が最終的に教義を確立して宗教に変質していく、というのは規模の拡大につれて内部に小集団が発生しだすからなのかな。瓦解を防ぐためには自身に分かりやすい属性を付与して纏めるしかない。
nekosencho @Neko_Sencho 2017年12月25日
「違和感」までなら、標準的じゃない人に対して違和感をおぼえるのは、性的なことでなくても、例えば身長体重、服装などでも標準的でなければ違和感はあるわけで、そこはしょうがない。 ただ、違和感があるからと言って差別などをしてはいけない。 単純な話だな。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2017年12月25日
LGBTQに限らず、差別全般に関する事は単純な話で「皆それぞれ違って当たり前なのだから、お互いの趣味・嗜好・指向・その他価値観を悪し様に否定・批判するのは止めましょう」ってそれだけの事なんだけど、そう主張する自称少数派が彼らの主義主張に反する対象に差別主義者のレッテルを貼って否定・批判する事に明け暮れるので、そこに違和感を覚える人はやっぱり少なくないんだと思う。(出来るだけカタカナ言葉使わずに書いてみた)
ねーぴあ@クソリプ用 @kusoripusan 2017年12月25日
「私は君の趣味に口を出さない。だが私と君の趣味は合わないので他所に行ってくれ。気が合うところだけ協力しよう」を許す社会においては「気が合うところだけ協力した」結果生まれた幾つかの集団と、全ての集団から弾き出された落伍者集団ができる。しかし落伍者集団には性格上利益調整機能がないので、必然的に誰からも必要とされずに死んで行く。個人レベルで差別がなくとも、全体としては差別的な社会は斯様に容易く作り出せる。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2017年12月25日
理解でも共感でもなく、許容があればいいんだけどねぇ...
ねーぴあ@クソリプ用 @kusoripusan 2017年12月25日
tsuyoshi_cho というより、許容されてるからダメなのですよ。「誰からも積極的に選ばれない属性の所持者」が不可視化され、消極的に差別を受ける形で集団を瓦解させる。 彼らが自らを救うためには「他人を攻撃する」ことでわざと叩き出され、自ら差別「される」集団を作って纏まるしかない。彼ら自身も自分と同じ属性を持つものを仲間にしたくないから、否定される形でしか集団を作れないのです。 これをどうにかするためには、マザーテレサ並の博愛精神か、「国民」のような集団全員に付与される属性が必要になる。
kartis56 @kartis56 2017年12月25日
で、Qって何? エヴァの最後ら辺の話?
kartis56 @kartis56 2017年12月25日
以前何かでまとめられてたけど、この人の話は読むだけ無駄だからブロックしてる
ねーぴあ@クソリプ用 @kusoripusan 2017年12月25日
kartis56 自身の性自認が男か女か分からない、あるいは状況に応じて切り替わる人をクエスチョニング或いはクィアと言ってqで表すそうです。
冨田格(いたる) @itaru1964 2017年12月25日
kusoripusan この場合は、LGBTでは表しきれない様々なセクシュアル・マイノリティの総称としてのQueer(クィア)として使っています。
ねーぴあ@クソリプ用 @kusoripusan 2017年12月25日
itaru1964 成る程。反差別界隈から離れて久しいので、勉強になりました。ありがとうございます。
冨田格(いたる) @itaru1964 2017年12月25日
このテーマに関して3つのツイートを追加して、まとめを更新しました。
マク(*´﹃`*)゙ヌス @oa26dl1NAcptdAF 2017年12月25日
この人前に何かやらかしちゃってなかった?