10周年のSPコンテンツ!
4
こなみひでお @konamih
2004-5年の麻疹の流行を経験して学生が流行のシミュレーションを行った結果,ワクチン接種率90%で流行が制圧。ワクチンは自分を守るだけではなく社会的な流行を阻止するためにも最も強力な手段。やりたい人がやればいいというのは無知。事情で受けられない人を守るためにも多くの人が接種すべき。 pic.twitter.com/3Z8yINuSs5
拡大
拡大
アブラハムの妻は怠惰 @isaqu0709
@konamih なぜ義務化されないのでしょうか。確か自治体の費用で接種費用は賄えるはず。
こなみひでお @konamih
@isaqu0709 強制はむつかしいですが,無料化して推奨すべきなんです。患者が減ることで節減される国の医療費の額は接種の費用を上回るでしょうし,それ以上に社会的な利益も個人的な利益も大きいのですが。 pic.twitter.com/430i6nlYwx
拡大
アブラハムの妻は怠惰 @isaqu0709
@konamih 今の介護予防のように将来感染し医療費がかかることを考えれば、やはり予防は必要ですね。しんどい思いをするのは子どもたち。国は本腰をあげてほしいです。麻疹だけじゃなく他のワクチンについても。

コメント

小野阿久斗 @504timeout 2018年1月9日
1994年まではワクチン接種は義務接種の制度がありました。しかし、予防接種後に死亡・後遺症が残った患者の家族が国を相手に訴訟を起こし、裁判所は「接種を回避すべき者に実施させない仕組みがない」と行政責任を認めました。国民の世論と判決を受けて国は義務から努力義務(定期接種)と変更し、集団接種から個別摂取になりました。 そして定期接種は決められた年齢のうちに接種すれば大抵の地方自治体では無料です
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする