もしかして呪い!?- 教会や美術館で眩暈や頭痛、吐き気に襲われたことはありませんか?

長時間、上を向いて美術鑑賞することによって引き起こされる椎骨動脈圧迫による血栓が一因だったようです。
吐き気 目眩 医療 天井画 美術館 眩暈 美容院 頭痛 教会 健康
100
門田奈々 @nanamonda
欧州一人旅で、教会や美術館で何度か経験した眩暈や頭痛、吐き気。 一概には言えませんが、最近知ったことで気になったので長くなりますがメモ兼ねて書いておきます。
門田奈々 @nanamonda

画家・イラストレーター。 女性と猫を描いてます。愛猫の福さんの事をよく呟きます。 Instagram ➡️ https://t.co/xnoPTiFEa8

https://t.co/ZTw7NeWJqI

日本最大の無料写真素材サイト 写真AC

門田奈々 @nanamonda
スタンダール症候群(The Stendhal Syndrome)はフランスの作家スタンダールが フィレンツェ旅行中、サンタクローチェ聖堂内部で突然の眩暈・吐き気を起こし倒れた症状を イタリアの心理学者グラツィエラ・マゲリーニが命名したもの。 数多くの観光客がこの同様の症状により倒れている。
リンク Wikipedia 4 スタンダール・シンドローム スタンダール・シンドローム(英: The Stendhal Syndrome)は、フランスの作家スタンダールが、1817年に初めてイタリアへ旅行した時にフィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂の内部のジオット等のフレスコ画を見上げていた時に、突然眩暈と動揺に襲われしばらく呆然としてしまったということから、1989年、イタリアの心理学者グラツィエラ・マゲリーニが同様の症状を呈した外国人観光客の例を数多く挙げてこのように命名したもの。彼女によると、崇高な充実感と同時に強い圧迫感が見られたという。原因は解明されてい
門田奈々 @nanamonda
当初、メディチ家に関連のある施設で多くの人間が倒れたため 「メディチ家の呪い」と真しやかに噂されたが 最近では頭を後に反らして建造物等を見ることによる 椎骨動脈圧迫による血栓が一因ではと言われているらしい。
門田奈々 @nanamonda
椎骨動脈は小脳・脳幹・後頭葉などに血液を供給させており 椎骨と非常に密接に繋がっている為、頭を反らすと血管内の血小板の流れが滞り 血栓が出来やすくなる。また、反った状態のまま左右へ頭部を動かすと さらに圧迫が強まり血栓が出来やすくなる。
門田奈々 @nanamonda
短時間なら問題はないが、長時間同じ状態をしたのち 急に首を戻すと堰き止められていた血流が勢いよく流れ血栓が 脳の細い血管に入り、卒中を起こす。
門田奈々 @nanamonda
血中コレステロール値が高い人や、血管内に不純物が多い人、 脱水症状を起こしやすい夏場、首を反らしての長時間の鑑賞は特に危険が増すという。 さらに、誰かと一緒ならば会話などで首を元に戻す機会も増えるが 一人での観光だと夢中になり長時間の圧迫の可能性があり 更に危険性が増すとのこと。 pic.twitter.com/vSMhplYBOk
拡大
門田奈々 @nanamonda
以上。 毎回ほぼ一人で鑑賞で、7割上向いて動かず、某教会で動けなくなりホテルで吐き通した経験があるので、美術館や教会などではあまり集中して上を向かないように皆様どうぞお気をつけくださいー。
すばる @miract_ice
@nanamonda 美容室脳卒中症候群も同じですね。 美容室の後ろに頭を反らせるシャンプー台でも長時間だと血栓のリスクがあるそうです。
リンク 健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS 3 users 163 命の危険もある「美容室脳卒中症候群」とは? シャンプーの最中に頭痛や吐き気がしたら要注意 - 健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS この体勢が脳卒中を招く!(shutterstock.com) 美容室や理容室でのシャンプーは、実に気持がいい。うたた寝しそうになることもある。だが、気分が悪…
リンク BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) 【3分で読める】 イタリアの華麗なる一族・メディチ家の歴史まとめ イタリアの古都フィレンツェといえば、ルネサンス芸術の都として有名ですよね。憧れの旅行先として日本人の間でも非常に高い人気を誇っています。そんなフィレンツェも、最初から世界的芸術都市だったわ
リンク TravelBook 【イタリア】フィレンツェのメディチ家ゆかりのおすすめ観光スポット6選 - おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook) フィレンツェはイタリアのトスカーナ州にある人口50万人の街。トスカーナの丘に囲まれたフィレンツェは”芸術の都”と呼ばれ、街全体が”屋根のない美術館”と称されるほど貴重な美術品の数々が保管されています。フィレンツェを語る上で大きな影響を与えたのが、メディチ家。イタリアのルネサンス期に実質的に支配していた権力ある一族でした。 レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロなどの多くの芸術家をパトロンとして支援し、ルネサンス文化の開花にも大きく関わってきた一族でもあります。フィレンツェには見どころがたくさんあり、ど
リンク nikitoki.blog.so-net.ne.jp あのメディチ家の子孫は今、どうしているのか?:トクダス:So-netブログ マイル、ポイント、アフィリエイトなどなど、主にネットを利用したお得な情報を紹介、検証、実践。そして旅に出る。
リンク firenzeguide.net 明日使えるムダ知識?メディチ家の紋章と歴史秘話。 14世紀後半以降にフィレンツェに現れた「メディチ家」の紋章。300年以上にわたってフィレンツェの街の実権を握っている間に、実は色々とマイナーチェンジしています。色々な宮殿や美術作品にコッソリ現れるこの紋章、それぞれの意味と由来、街歩きのときにちょっと宝探ししたくなる、豆知識をご紹介します。

コメント

温泉家鴨 @spaduck 2018年1月30日
イブニングに連載してるドクターKの続編で最近紹介されてたな確か。天井画とか寝転がって観賞できれば良いのに…
いぶし @robodama 2018年1月30日
特命リサーチ200Xでも紹介されてた症例だ。
亜山 雪 @ayamasets 2018年1月30日
ホルマリンとかトルエンなどの溶剤の中毒かと思ったら姿勢の問題だった。おぅ、カメ、シンナーに気を付けて壁塗んな。
隕鉄 @meteor_fin 2018年1月30日
青木まりこ現象にもこういう西洋名ないのかな
田中 @suckminesuck 2018年1月30日
ほーん、なるほどな。てっきり澱んだ空気のせいかと思ってた
ぱっち @g2919119 2018年1月30日
こないだのミュシャ展の時ちょっと具合悪くなったのを思い出した。一つ一つを気合入れて細部見ていったから疲れたんだろうと思っていたが、なるほど頭を後に反らすことによる血栓ね......あれデカかったもんな......
ぱっち @g2919119 2018年1月30日
うっそだろこないだって殆ど去年じゃないですかー!(ミュシャ展
齊藤明紀 @a_saitoh 2018年1月31日
定期検診の胸部エックス線撮影で装置に顎を乗せてるとクラクラ来ることがありますが、それと同じかな?
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2018年1月31日
なるほど定食屋の上の方のテレビ見てて疲れるのと同じか。
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2018年1月31日
ちなみに、ちょっと似た病気で、振り向いたり、急に首を動かしたときに発症する「椎骨脳底動脈解離」というのもある。「次の患者さんどう『ぞ』」と、ドアに向かって振り返った途端に発症したお医者さんもいるらしい(伝聞) ちなみに40~50代の男性に多い。
駐日ベイシュノリア国大使館 @TKRB48 2018年1月31日
特命リサーチで...って、もう書かれとるやん!
はくまに・アーチボルト @haku_mania_P 2018年1月31日
相方は、この手の場所に行くと情報過多でめまいや呼吸困難(主に過呼吸)になることが多いって言ってたな…これとはちょっと違う例かも。
Mr.Boil @boil_san 2018年1月31日
普通の姿勢でも特定の場所に来ると目眩のような感覚に襲われることあるなあ。
大竹林賢一郎 @rkouskysi 2018年1月31日
俺田舎者だから東京とか都会行くと、ビルの上のほう見ちゃって気持ち悪くなるのと同じようなもんだな
ロペス課長(47) @Atsunori_Lopez 2018年1月31日
「幽霊の正体見たり枯れ尾花」 案外昔から言われてる伝説も科学的に見れば大した事無かったものもあるかもしれませんね
richi @richi_nkmm 2018年1月31日
知らなかった。 これは注意しよう・・・
black.king @northern_shower 2018年1月31日
実際この症状は経験あるな。これが原因かは分からないけど、なんとなく納得した。
Rook@手洗いごはんバーフバリ @Rook_AK 2018年2月3日
あ、これか!美術館や博物館では気をつけよう
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする