2

ドキュメンタリー映画「サファリ」について

tknoq @tknoq
映画『サファリ』予告編 - YouTube youtube.com/watch?v=Lf-PLW…
拡大
フラミンゴブルー @FlamingoBlue8
映画「サファリ」を見てきた。娯楽のために動物を撃ち殺す人たちの話。仕留めたことに喜び、動物の死骸を前に笑顔で写真撮影をする姿には嫌悪を覚えるけど、これを見ると思い出すのが鯨漁。容認してる殺害と、嫌悪感を覚える殺害の境界ってなんなんだろう?食べるかどうか、なんだろうか。 pic.twitter.com/bmpGSrDHWJ
拡大
lp @lp_eiga
『サファリ』 恐ろしい映画が登場だ!「殺す」ためだけに狩猟を行うハンター達に、非難の言葉を浴びせるのは簡単なのだけど、安易に非難できない自分がいる。それは映画を観て安全圏から非難することが、遠くの動物を安全な距離から狙い撃つハンター達と同じだと感じてしまうからに他ならない。
lp @lp_eiga
『サファリ』 言葉を用いずに映像の力で雄弁に語るところや、観たことのない世界を見せてくれるところなど、ドキュメンタリー映画としては普通に傑作の域に達してます。
不死原未知子 @Michi_Fujiwara
映画 サファリ 現地人のトロフィーハンティングへの従事は、昔行っていた生きる為の狩りと変わらない(殺す人が自分からハンター、得る物が肉からお金になっただけ)ものであり、あの無言はハンターや観客より狩猟の歴史が長く身近で倫理観が完成されているが故の悟りの姿なのではないかと思った。
4_すの @5To_li6rary
「生き物は大切に」が浸透している昨今にあってもハンティングはある。と、ドキュメンタリー映画『サファリ』は再認識させてくれた。 冷静にハンター達の行為・言葉を映すことで観客に「この事実をまず観ろ」と突きつける。 もし本作を観て嫌悪感を持つ人がいても、それは正しい。 それも正しい。
あの日の金木犀 @wakoycu
ドキュメンタリーの「サファリ」を観て感じたこと。画のインパクトか凄い。ハンティングを楽しむ白人とそれをさばく、食べる側の黒人との圧倒的な立場の違い。生と死の淵に立つのは黒人であり、死について我が物顔で語る白人がとても滑稽に見えた。
News Socra (ニュースソクラ) @newssocra
《ソクラ独自記事》狂気か本性か 合法的に、野生動物殺しを楽しむ人々 【文化発進(23)・映画】「サファリ」「殺人者の記憶法」「ザ・リング/リバース」 s.socra.net/9h03c #NewsSocra
海原の小舟 @YuyaIch
今日はこちらの映画を観てきた。醒めた視点から映し出されるハンターたちの姿。彼らに一方的な嫌悪感を持つ人もいれば、我が身を省みる人もいるだろう。自分はと言えば、下掲の評に観た印象がほぼ集約されているかな。 『サファリ』 人間という動物の不気味さ: NIKKEI STYLE style.nikkei.com/article/DGXKZO…
ヘンな金令木 @YatteruBium_
【映画の感想】渋谷イメージフォーラムで「サファリ」鑑賞。観てる間こんなに唖然とさせられるドキュメンタリーは、「大いなる沈黙へ」以来かも。日本で生活してるだけだと見えない世界を知れてよかった。 ameblo.jp/zakki-the-3rd/…
koz kata @bustinanddronin
(評・映画)「サファリ」 獲物買って狩る、卑小な現実:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1… 男らしさの象徴!とかアメリカのドキュメンタリーでベガスの業者が自慢してましたが…。
透明ランナー @_k18
藤原帰一の映画愛:サファリ 説明抜きで淡々と描く、世界の残酷と不条理 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20180…
みっくる @cinema_lantern
てか、『サファリ』大阪の初日なのに10人も入っていなかった衝撃。内容は確かにハードだけど、これでいいのか日本の映画興行、、
che bunbun@ 映画の伝道師 @routemopsy
#サファリ イメージフォーラムにあった配給元サニーフィルムの文章を読むと如何に本作の配給が苦難だったかが伺える。マスコミ試写に15人程しか集まらなかったとのこと。 ただこの映画はめちゃくちゃ面白い。モンハンしてる場合ではない。 pic.twitter.com/LiojSE2bRE
拡大
che bunbun@ 映画の伝道師 @routemopsy
透明ランナーさん推薦枠『サファリ』を観に来たのだが、45分前で9人。哀しいぞ、、、 『パラダイス』三部作のザイドル映画なのになー #サファリ pic.twitter.com/AJOzPZbv0M
拡大
拡大
ShingoOta 太田信吾 @shingo_ota
映画を二本。イメージフォーラムで「サファリ」とユーロスペースで「希望のかなた」倫理が問われる、その善悪の彼岸で行われる人間の営み。最近、監督ではなく映画を配給会社で観る視座も持つようになりました。誰がどんなスタンスで配給をしているか?こういう映画が公開される土壌があることに感謝 pic.twitter.com/bWEqQxHExY
拡大
拡大
otoboke @otoboke1717
映画「サファリ」鑑賞。人間の根源的な愚かさを鬼才ウルリヒ・ザイドル監督が冷徹に暴き出す戦慄のドキュメンタリー。ハンター達の野生動物を撃ち殺した時のあの誇らしげな笑顔にゾッとする! そして、そこで働く黒人達が言葉を発せずに淡々と働いてる姿も印象的。これは観ておいた方がいい映画ですわ pic.twitter.com/p5SWu6AGrl
拡大
MadRichard @MadRichard6
『サファリ』の衝撃に帰宅して以降も現実に戻れない。と感じながら、しかしよく考えてみるとあれこそ現実世界だったわけで、その感覚は映画というよりもサルガドのアフリカを観た時に感じた非現実的現実に酷似する(写真は Sebastião Salgado-"Africa"より) pic.twitter.com/2YOBd7FJwp
拡大
拡大
拡大
拡大
五目飯 @komebish
映画サファリを観た。 自分を正当化して動物を撃ち殺して下働きに全部させて、ドヤ顔で語ってる。許せんなコイツらと思いながら見てても、きっとコイツらはニヤニヤ笑い続ける人生を送るんだろう。世界は何一つ変わらない。 #サファリ pic.twitter.com/zJXLk2UQi3
拡大
🍑 @moomoousi
サファリ、キリンの解体シーンを始め全てがものすごくて開いた口塞ぎながら観てたら、上映後隣に座ってたおじちゃんに声掛けられ二人とも興奮しながら感想語り合って、最終的になぜかライン交換しててやっぱり映画ってすごい pic.twitter.com/HhvC70k3cC
拡大
斎藤け @goma_3110
『サファリ』観てきた。娯楽や金銭の為に行われる狩猟をそれぞれの価値観で正当化するハンターも、動物を解体する黒人も、この映画を動機はどうあれ楽しんでいる観客も、皆狂っている。そんな狂気を通して生死について否応なしに考えさせられる作品。 coco.to/movie/83308
織田曜一郎/Oda Yoichiro @odayoichiro
今日は映画『サファリ』の公開日。記事では抑制したけど、私はこの映画で映されていることには腹が立ちます。でも、映画としては素晴らしい。 そしてキリンの解体シーンは興味深い。慣れない人は無理かもしれない。 映画は公開初日が肝心だそうです。気になる人はぜひ! nikkan-spa.jp/1448802
織田曜一郎/Oda Yoichiro @odayoichiro
Colonialismの問題ですよ、はっきり言って。 しかも、古い、字義どおりの。 新たな、とかグローバリズムにおける、とかの文脈じゃない。 純然たるColonialism。 しかし、合法。いつもそう。いつもその顔をする。あなたも私も。 #映画『サファリ』 #Safari
アクツイッター @pyonpikun
サファリ①「パラダイス三部作」のウルリヒ・ザイドル新作。ぶっちゃけハネケを抜き胸糞悪い映画No.1だ。娯楽で野生動物を撃ち殺し嬉々として記念写真に収まり獲物は黒人が皮を剥ぎ骨をへし折り首を切り落とす。克明に記録された全行程が淡々と映し出され全ての場面が耐え難く毛もよだつがその行為 pic.twitter.com/me5HEorWQt
拡大
拡大
残りを読む(22)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする