「35歳限界説」の定説希薄に 転職成功者の年齢、10年前より3歳上昇記事に、「もう崩壊してるよ」「DODA案件」など意見さまざま

「35歳限界説」の定説希薄に 転職成功者の年齢、10年前より3歳上昇 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000015-fsi-bus_all  その理由の一つについて、DODAの大浦征也編集長は「10年前には存在しなかった技術や企業構造の急速な変化により、経験に基づいた実績重視の即戦力採用や、管理職経験の有無にとらわれないミドル層の採用など、従来の採用案件とは異なるケースが増えているため」と指摘している。
35歳限界説 転職
v2hlnk 3906view 4コメント
5
ログインして広告を非表示にする
残りを読む(37)

コメント

  • Hussam Kahn @bbyfut 10日前
    回遊魚のように限られた人材がぐるぐる回ってる業界にいると35歳限界とか都市伝説にしか思えない。40過ぎのマネージャーが札束積まれてバンバン入れ替わっていく。みんなどこかで誰かの元同僚。
  • (あ) @MutsuniNaruBeam 9日前
    それで、就職氷河期真っ只中だった38歳くらいの正社員がどれだけいるのだろうか
  • 飛鷹隼 @junhiyoh 9日前
    ぶっちゃけな話、成功した千万単位のプロジェクトの主導実績と課長級以上の管理職経験があれば30代後半~40代前半は買い手市場だよ どちらかを満たせてなくても片方+その会社の弱点となってる部分で発揮可能な突出した実力があればやっぱりいくらでも転職出来る(ていうか実際自分も今の会社に移ったの39の時)
  • 飛鷹隼 @junhiyoh 9日前
    junhiyoh しまったまちごーた ~があれば、は~がなければ…買い手市場はだけどあれば逆に売り手市場だよ だ

カテゴリーからまとめを探す

「働き方」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする