新連載が始まりそれを読んだ編集長や局長『面白い!』→だいたいコケる、『よくわかんないんだけど…』→ヒットする「オッさんが喜んでるようではダメ」

作家さんは色々とさじ加減が難しそうだ
52
おじさんが『面白い』と言ったものが必ずしも読者にウケるとは限らない?
外薗昌也@鬼畜島 パンプキンナイト 闇異本 連載中 @hokazonomasaya

新連載が始まって、それを読んだ編集長や局長や社長が『面白い!』と興奮してましたよ、と担当さんから聞いた時は浮かれてはいけない。このパターンはだいたいコケる。 『新しい連載作品よくわからないんだけど…』と困惑してる時はヒットする。 オッさんが喜んでるようではダメなんだ。

2018-03-02 04:12:14
Mポチ(頑張り中) @Mpochicrown

@hokazonomasaya 過去の体験からヒットの確信を得てるなら、それはすでに過去に存在した作品に類似してるわけで、困惑するのは未体験な物に対しての恐れと興味ですからねー。

2018-03-02 11:15:44
外薗昌也@鬼畜島 パンプキンナイト 闇異本 連載中 @hokazonomasaya

@Mpochicrown そうなんです 慣れ親しんだものである可能性が高いんです

2018-03-02 11:58:06
佐藤 正 @manngakaki

これはつまり、新連載に仕込まれてる『フック』が読者層に届いてない可能性があるって事なんだろう。編集長以上の人はみんないいオッサンだから、そう言う年齢層の人の感性にフックしても仕方ない、と。 若い読者層に届く『新しいフック』はオッサンには見えない。 twitter.com/hokazonomasaya…

2018-03-02 05:02:13
外薗昌也@鬼畜島 パンプキンナイト 闇異本 連載中 @hokazonomasaya

@manngakaki その通りです 権威や実績に目が眩んで肝心な若者スイッチを見逃してます

2018-03-02 05:05:49
編集者と読者の嗜好にギャップが生じているから?
一二三 @giko_t

これは編集者と読者層の嗜好に剥離が産まれているということでは...? twitter.com/hokazonomasaya…

2018-03-02 13:48:02
STORYBOX Comics @storybox_kr

@hokazonomasaya 漫画家や編集者など同業者のウケ度は、読者の反響度と反比例する、と何となく感じてます…

2018-03-02 14:31:59
来夏 @likewind2978

高所得の壮年男性なんて大概の漫画雑誌のターゲットから程遠い層だもんねえ…。 twitter.com/hokazonomasaya…

2018-03-02 13:42:01
団哲夫 @DanTethuo

出版社の幹部、高学歴&キャリアで世間と感覚がズレてくるとか? twitter.com/hokazonomasaya…

2018-03-02 10:14:40
悪堕ちした土竜 @mog_FD

@HibikiRX 何の解決にもなりませんが、下にもあるように基本的に「センスがない」っていう主張は「俺の感覚に合わせなさい」以上の何物でもないのがですね……いえ、それを作るのも必要なスキルと言えるのですが、伝えるのが顧客でないのなら文面だけでもいいじゃんと思いますね。 twitter.com/hokazonomasaya…

2018-03-02 13:30:19
これまでも様々なヒット作がこれに当てはまっていたらしい
河原塚 徹@本とボードゲームが好きなマーケター @passionhack

テルマエ・ロマエもそうだった。当初、面白いよと紹介したとき、古代ローマ人が現代のお風呂に入るってなんなの?と反応は鈍かった。その後、映画化されるほど、大ヒットした。 twitter.com/hokazonomasaya…

2018-03-02 13:13:42
中島 @NAKAZIMA666

出版前の「ハリー・ポッターと賢者の石」も各出版社から拒否されてばかりいたが、ある編集者の子供は「他のどんなものよりもずっと素敵よ」と言った twitter.com/hokazonomasaya…

2018-03-02 11:18:40
しかしこれは加減が難しいところかもしれません。
佐々原🍜🦀 @mgiko78

ただそのオッサンに受けなくては連載させてもらえないのでは

2018-03-02 14:24:18
⋈綺堂無一🔞C96(日)西1へ-14a @kidoumuichi

でもその反応で企画通してもらえるかどうかはまた難しそう。

2018-03-02 13:47:46
中村俊介 @g_o_finch

@hokazonomasaya でも、オジサンがよく分かんないものを書けば必ずヒットするわけでないのが難しいところ。

2018-03-02 14:13:11

関連まとめです。

コメント

永遠の初見=サン @Eternal_NewMan 2018年3月2日
2通りの枠を設定したらええやん。 編集長にバカウケ枠。よくわからん枠
6
Destroyer Rock @hondapoint 2018年3月2日
せめて雑誌ごとでで語ってくれないかな。男性向け、女性向け、少年向け、少女向け、男児向け、女児向けとか多数あるのを無視しての議論は雑すぎませんかね。
24
わくわく @waku2009 2018年3月2日
受けるのは選択できても わからん枠は取捨選択出来なくない
1
nekosencho @Neko_Sencho 2018年3月2日
普通に、いろんなマンガが掲載されたり連載になったりしてるんだから、見る目のあるおっさんおばさんもいるってことだろ。大人に見る目がないんじゃなくて、よくできた面白い作品でもあたるとは限らないってこと
7
kusano @t_kusano 2018年3月2日
「マカロニほうれん荘」の作者鴨川つばめは、秋田書店の名物編集長の壁村耐三に「おまえのマンガは俺にはわからん」と言われた、という話を思い出しました。
4
ろんどん @lawtomol 2018年3月2日
本田宗一郎が、若手技術者の開発した部品を見て「さっぱりわからん」と言って「オレみたいなジジイにわかるようなモノを作ってたんじゃダメだ」と笑ったとかいう話を読んだことがある(うろ覚え)
2
Daregada @daichi14657 2018年3月2日
編集長と(出版?)局長が「わからん」と言ってるだけで、当然ながら担当編集とか副編、次長あたりには魅力が伝わってないとそもそも掲載に至らない
9
さとうあきひろ @akihirosato1975 2018年3月2日
「キャプ翼」の最初のアニメ化のときは、テレ東の金子明雄編成部長(当時)が「甥っ子が『キャプ翼』が面白いと言ってる」というだけの理由で、既に制作進行中だった「らんぽう」のアニメ化を中止させてまで制作を押し切ってたりするし(結果は皆さん御存知の通り)。特に子供向け作品の場合、大人には見えないものが子供に見えたりしていて、それを信じたほうがいい場合があるのかも。もちろん子供の意見を盲目的に信じるのも危険ではあるけど。
10
ヘルヴォルト @hervort 2018年3月2日
おっさん向け漫画の場合は大正解の可能性
9
Husetsu @husetsu126 2018年3月2日
つまり少年誌には子供店長ならぬ子供編集長を配置すれば...?
0
かすが◎11/22 4号館 か40a @miposuga 2018年3月2日
ジャンプがアンケート至上主義な理由がこれ(編集とリアルな読者の反応ズレ)だというのを何かで見た覚えがある。
19
鳥公 @crow_tori 2018年3月2日
子供向けの感性を失わずにいるコロコロ編集部は、おとなになるとその凄さが分かる。うんこで大爆笑してた感性はもう戻れない……
24
おいちゃん @semispatha 2018年3月2日
連載用のネームの本命じゃない方だった筈なのに社長たちに取り上げられて連載10年続いてる上に劇場公開まできてしまった作品がありまして。「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」っていうんですけどね。
0
名無しのえまのん @477_emanon 2018年3月2日
若いデザイナーが今風のデザインをして上司のおっさんが気にいるようにデザイン修正させられて、世に出て客にダサいと言われるのと似たような流れ
18
jpnemp @jpnemp 2018年3月2日
semispatha 本命だったのはどんなのだったんだろう。「プリズマ☆アイリ」とかか
0
Amts @amts1 2018年3月2日
jpnemp たしか後書きによるとUBWのロンドン編を描いた同人ハッピーガンドの連載版
0
北邑直希 @naoki_ng08 2018年3月2日
たまに「なんでコレ連載しようと思ったんだ……?」と言いたくなるような打ち切り作品とかあるけれど、編集者視点でも「わからない」からこそなのだろうか。
2
わんゼット @keremycuvymu 2018年3月2日
その「よくわかんない」のを連載決定するってことは、ある程度そういう法則は漫画雑誌界でも定番なのかな
1
endersgame @endersgame3 2018年3月2日
だから10週でポンポン打ち切って本当に数打って当たるの探すんだよ
5
ふよふよ @BdB3dNfaDYeNC3k 2018年3月2日
銀魂も大西さん以外は打ち切りだと思っていたみたいだしね。
4
トリニガス @torini311 2018年3月2日
むしろ「一般大衆のオッサンにウケる(オッサンから火がつく)もの」は売れてることままある気が。「学歴&出版業界人様というクソ高プライドの一方で、出世の手段は強引さと厚かましさと政治力...を濃縮したような世界の一国一城の主様」と「一般世間(普通のオッサン)」の感覚の違いというか、むしろ前者がイカレてるだけ説。
0
トゲナシ @scalyfoot3816 2018年3月3日
認知バイアスな気がするんだけど。
2
LiliumCasaBlanca @CasaLilium 2018年3月3日
編集部を笑わせて連載を捥ぎ取ったボボボーボ・ボーボボという例もあるが特殊な例かあれは
0
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018年3月3日
もしこれが原則だとすると、「粗製乱造、片端から掲載して人気なかったならやめる…を繰り返してるだけ」と昔気質の編集者からDiSられつつも、雑誌のページ数にあたる物理的制約がないWEB漫画が、原理的にすぐれた作品を今後生み出す率が高くなるだろうね
0
08_Reader @08_Reader 2018年3月3日
semispatha 主要なファン層がその社長達と同じ分類の人々っていうパターンだからね!
0
佐藤裕也 @satoyuyapyaa 2018年3月3日
今はweb投稿から連載ってパターンも多いだろ マンガも小説も
0
クロモリフレーム @crmoframe 2018年3月3日
ああアレか、「“選択と集中“ってのは“当たる馬券を買え!“ってのと同義」に近い話。予めヒット作が分かるなら苦労しないで済む。
2
しぇりりん(万年欠食) @m_sheririn 2018年3月4日
子供の視点から見てもらって作り直したらクソゲーの烙印押されてしまったゲームありましてな…Ζガンダムホットスクランブルって言うんですけど
1
しぇりりん(万年欠食) @m_sheririn 2018年3月4日
とはいえアンケート(低年齢読者層)だけで判断するのも。ライジングインパクトとか打ち切り>抗議>連載再開とかあったし銀魂も打ち切り間際から今の状態だし
0
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2018年3月4日
「社長たちに取り上げられて連載10年続いてる上に劇場公開」それは社長も読者もオッサンなので。
0
ぉざせぃ @hijirhy 2018年3月4日
たまたまそういう人がその立場にいるだけってことかと思ったけど、1人2人じゃなく割と一般的なのだとするとそういうことでもないのか。過去に実績を築いてその立場に今あるのだとしたら、年齢とともに感性が乖離するのは避けられないってことなのかな?
0
ぉざせぃ @hijirhy 2018年3月4日
テレビが出てきたとき、映画関係者たちはあんな画質の悪いもの誰も見ないと断じたって話を憶いだした。
0
ぉざせぃ @hijirhy 2018年3月4日
テレビと映画の話、専門性が邪魔して分析を誤る例としてよく出されるんだけど、ひょっとすると今の若い子は日本の映画界が瀕死の状態だったこととかもはや知らないのでは?と、書いてから思った。それどころか今やそのテレビ業界すらヤバい状況だし。
0
アルパカおじさん @oldmanpom 2018年3月4日
この理屈が正しいならおっさんが編集長や局長にいる編集部では漫画が一本も雑誌に掲載されないし、もし掲載されたらその雑誌は売れずにすぐに編集部の人間が責任を負わされて首になると思うのだが。
0
マスクを付ける達見ゆう@カクヨム @tattsumireds 2018年3月4日
つい、昨日、会議でボツにされ続けて心が折れそうになってた漫画家さんが、Twitterにあげたところバズって救われたというツイート見たばかりだから、きっとたくさんあることなんだな。
0
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2018年3月4日
逆に言えば、目の肥えた読者やお偉いさんを捕まえる、王道・定番・鉄板な看板作品と、前衛的、実験的な次世代の「攻めた」作品を網羅して、上手い具合に新陳代謝を繰り返していくのが「雑誌(紙媒体)」の強みだったと思うんだけどなぁ。全盛期のジャンプ('80~90年代前半)は、正にそんな感じだった。
1
ユーコン @yukon_px200 2018年3月4日
t_kusano マカロニはリアルタイムで糞ガキだった俺にもワカランかったでw
1