7
k3_neoprotesters @k3_neoprotester
さて。先日、所謂《非対称性》について、明戸氏ともちょっと議論したんだけれど、資料など追加しつつ、あらためて。外山さん(@MichiToyama)にも、この関連でスライドまた作りますー、って言っていたので。 togetter.com/li/1200259
k3_neoprotesters @k3_neoprotester
まぁ、あえて書くと、このテーマってのは結局《日本人差別はあり得ないのか?》というテーマになる。これについては、ちょっと前にも一回書いてるし、基本的にこれとあまり変わらないんだけど、改めて書いておく必要があるな、とも思っている。 togetter.com/li/977918
k3_neoprotesters @k3_neoprotester
先日の明戸さんとの議論で使った事例は2つ。  1)イギリスにおける人種的憎悪に関する事例(ミザヌール・ラーマンの事例)  2)アメリカにおけるヘイトクライムの事例(トッド・ミッチェルの事例) の2つなんだけど、見てる人はなんのこっちゃ解らないと思うので、スライド作ってみた。
k3_neoprotesters @k3_neoprotester
1つ目。イギリスにおいてはマイノリティであるイスラムのミザヌール・ラーマンの言動が人種的憎悪を扇動するものだとして有罪にされた事例。 最終的には禁固4年が言い渡されて、執行されたそうです。 pic.twitter.com/LVegm9PMJc
拡大
k3_neoprotesters @k3_neoprotester
念のためちょっと掘ってみたら、この事例に出てくるミザヌール・ラーマン氏、まぁなかなかガチの活動家さんだったようで、2015年にはISISからの支援を受けたりしていて、その流れで2016年にはまた禁固5年半の判決を受けてしまっているそうなんですけどね...。 pic.twitter.com/SFwOASZqpL
拡大
k3_neoprotesters @k3_neoprotester
とはいえ、マイノリティであるイスラムの活動家に対して、人種的憎悪を扇動することを理由として有罪判決が出されている事例ではある。 さて《日本人差別はあり得ない》なんてロジックは、本当に正しいのだろうか?
k3_neoprotesters @k3_neoprotester
もう一つの事例。 これは米国でのヘイトクライムの事例なんだけれど、映画「ミシシッピー・バーニング」を見て盛り上がっちゃった黒人の青年達が、白人の少年を意識不明になるまでボコボコにしてしまったという事例。これについてもヘイトクライム法は適用されている。 pic.twitter.com/DhuOUJj8Yc
拡大
k3_neoprotesters @k3_neoprotester
ここでは、Speech/Conductの区分論についても書かれていて、これはこれで一大論点なんだけれど、ちょっと置いといて。米国社会ではマイノリティである黒人の青年達による白人の少年への暴行事件について、ヘイトクライム法は実際に適用されている。 さて、《日本人差別はありえない》は本当か?
k3_neoprotesters @k3_neoprotester
《非対称性》というモノを振り回して《日本人差別はありえない》と主張することは、果たして正当なのか? これらの事例を見ていると、やっぱり私にはそうは思えない。むしろ、それを《あり得ない》と主張することこそが《不当である》とさえ思える。こんなの、嘘っぱちだろう。
k3_neoprotesters @k3_neoprotester
勿論、ヘイトスピーチを問題視する目的は、それが暴力(殺害/虐殺)に繋がってしまいかねない危険性があるからだし、その意味でマイノリティが頑張って喚いてもマジョリティへの具体的暴力には《なりにくい》とは言えるだろう。でも、世の中色んな部分社会の在り方がある。《あり得ない》ではない。
k3_neoprotesters @k3_neoprotester
ここを《あり得ない》と言ってしまう事のほうが《不当》だし、これを言ってても社会の理解なんて得られる訳がない。そりゃそうだよ、《あり得ない》なんてのは嘘なんだもの。嘘を孕む不誠実な話法でいくら話してもても、社会的理解なんて得られる訳がない。
k3_neoprotesters @k3_neoprotester
未だに《日本人差別なんてあり得ない》論は吹聴されているし、それがドコから来てるのか特定しずらいけれど(たぶん「男性差別はあり得ない」論に執着してるイカれフェミだろうとは思うが)、とりあえず、これに対しては胸をはって《それは嘘だ》と言えばいいと思う。

コメント

ろんどん @lawtomol 2018年3月12日
多数派だろうが少数派だろうが、不当な発言は批判されるべき。「ボクは少数派なんだから、ボクの発言を叩くのはおかしい!」みたいな言動はご勘弁願いたいところです
Andrs @Andrs50686175 2018年3月12日
少数派のヘイトクライムを義挙とみなしてる本邦の自称リベラルにとっては存在しない事なんだろうけど
殻付牡蠣 @rareboiled 2018年3月12日
こんなところでまとめ作ってないで、ほかのまとめでの日本人に対するヘイトやヘイトクライムに付いて意見してくれよ。
腐った死体 @STGTORI 2018年3月12日
南アフリカ⋯⋯アパルトヘイト⋯⋯ウッ頭が⋯⋯
tako @tako6502 2018年3月15日
「俺は在日外国人だから日本人を殺傷しても罪に問われない」は「馬鹿か貴様は」で終わるやろ。それぐらいナンセンスな話しさね
喋ロース @talking_loin_29 2019年12月13日
「ヘイトスピーチ解消法はあくまで本邦外をルーツとする少数派に対する多数派からの数の暴力による不当な差別や排除行動を禁止したもの」≠「だから多数派である日本人への差別はない」日本人への差別はあるが、ヘイトスピーチとして規定したものが少数派に対するものだっただけ。たとえば在日外国人が日本人のことを「ファストフードは女子高生たちを性的狂乱状態におとしいれる」みたいなことを書いたら明確な差別でしょうに
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする