2018年3月31日

新潟水俣病訴訟、原告の方について。高島章(弁護士)のつぶやき。

水俣病訴訟、原告の方について。高島章(弁護士)のつぶやき。
1
高島章 @BarlKarth

水俣病の原告のご自宅にお邪魔したら、お土産に清酒越乃寒梅をいただいた。お客様はありがたい。長生きして頑張ってほしい。

2018-03-30 16:11:50
高島章 @BarlKarth

当該原告の自宅にお邪魔するのは3回目。阿賀野川(水俣病の魚が泳いでいるところ)まで歩いて1-2分のところ。改めて当時の生活ぶりや病状を聞いたりした。昭和40年ころ、テレビはあったが冷蔵庫はまだなかった、行商の魚売りのおばさんが魚を売りに来たが、海魚は高いので阿賀野川で釣った魚を

2018-03-30 16:24:02
高島章 @BarlKarth

朝晩食べ、お弁当も阿賀野川でとれた魚が多かった。フナ・ニゴイなど。ナマズも食べた(ナマズはおいしい)。昭和38年くらいから体の不調を感じた。

2018-03-30 16:26:09
高島章 @BarlKarth

新潟水俣病が公表されたので「自分の身体不調も水俣病なのかな」と思った。

2018-03-30 16:27:12
高島章 @BarlKarth

【マスメディア各位】新潟水俣病第三次訴訟、上告するかどうかは、弁護団会議棟を経たうえで近日中に決定します、

2018-03-30 16:28:35
高島章 @BarlKarth

昭和30年後半から身体の不調がずーっと続いた。しかし何の病気変わらなかった。昭和40年に水俣病が公表され「もしかしたら自分も?」と思った。しかし、病院で水俣病と診断されたのは、平成20年ころだった。そういう経過の原告や患者さんがたくさんいる。

2018-03-30 16:33:21
高島章 @BarlKarth

なぜ水俣病が公表されたのちも阿賀野川の魚を食べ続けたのか? そういう問いが良くある。結論を言えば、それ以外の食べ物がなかったから。冷蔵庫もなく貧しい家が多い。コンビニはもちろん近所にスーパーもない。肉など入手困難。

2018-03-30 16:36:40
高島章 @BarlKarth

「なぜ病気になるのが分かっているのに?」という問いだが、ある意味喫煙者の心理に似ているのではないかと思う。 「病気になるといっても大したことはない、一本位吸ってもすぐに病気が悪くなることはない。タバコはおいしい」そういうような気持でタバコを吸い続けいつの間にか病気になってしまう。

2018-03-30 16:39:18
高島章 @BarlKarth

保釈中の被告人、旅行許可申請書提出→許可決定。書記官が「出張に関する資料がないのか?」というので「公務員と違って復命書とかのそういうたぐいの資料などないよ」と言ってやった。申請から許可まで15分くらい(書記官経由の口頭による決定申し渡し)。

2018-03-30 16:43:17
高島章 @BarlKarth

「川魚=不味い、骨が多い、女子供(おんな こども)は川魚を食べない」ということを国・昭和電工代理人は、しきりに主張した。しかし、川魚でもヤツメウナギ・イトヨ・アユ・コイなどはとても美味しい(最近は料亭でしか食べられない)

2018-03-30 16:47:31
高島章 @BarlKarth

そういうお話を本で書いて出版したいのだが、守秘義務や患者さんのプライバシー問題もあるし、なかなか難儀している。

2018-03-30 16:51:26
高島章 @BarlKarth

新潟水俣病第一次訴訟における被告昭和電工の主張は奇想天外なものであった。曰く「新潟地震が昭和39年6月に発生し、新潟西港の倉庫から農薬が大量流出した。当該農薬が日本海経由で阿賀野川に流れ込み川魚が汚染された。」これを裏付けるかのような御用学者の意見もあった。

2018-03-30 16:55:26
高島章 @BarlKarth

ナマズってば本当に食べられるのか?

2018-03-30 16:56:26
高島章 @BarlKarth

新潟水俣病の正式公表は昭和40年5月。水俣病と思しき症状の人が発生し始めたのは、昭和30年ころから。時系列的に明らかに矛盾する。

2018-03-30 16:59:06
高島章 @BarlKarth

@hatokill キャビアもんじゃ焼きが食べたい。

2018-03-30 16:59:58
高島章 @BarlKarth

@tucan 鯰越逸溢という刑訴法学者(新潟大学→創価大学)と顔を合わせるたびにケンカをして言い負かされるのでナマズは嫌いです。

2018-03-30 17:06:42
高島章 @BarlKarth

福島における甲状腺がん多発もおそらく御用学者が分けの分からない論文を書いたり意見書を出したりするのだろうなぁ。熊本水俣病→新潟水俣病→福一→→→???????

2018-03-30 17:10:09
高島章 @BarlKarth

最高新潟水俣病訴訟、上告するかどうかは、近日中に公表するが、勝訴判決が出たとしても破棄自判はなく高裁差戻だろう。弁護団長が生きているうちに救済を!!!

2018-03-30 17:13:10
高島章 @BarlKarth

@tucan 私は論理的な口喧嘩に弱いのです。論争すると大抵負けますね。ナマズ先生はエンタープライズ闘争の闘志で、その華麗な業績は判例六法に載っている(弁護人ではなく被告人として)。

2018-03-30 17:16:06
高島章 @BarlKarth

@tucan 電気ウナギを食べたいのだが、食べると感電死するのだろうか?

2018-03-30 17:31:10
高島章 @BarlKarth

@tucan ケンカをしてもたいてい「完全論破!!」されてしまいます。ロンパールーム きれいなキンタマ

2018-03-30 17:33:39
高島章 @BarlKarth

東京高裁 水俣病第三次訴訟に関し、岡山大学津田教授(疫学)から意見書が届いた。因果関係論に関してはやはり「ヒュームの問題」から再度学びなおさないといけないと思った。行政訴訟判決における「50パーセント」なのだが、私は、この確率は、寄与危険度割合を意味すると思っている。

2018-03-30 17:39:24
高島章 @BarlKarth

ところが、環境省の特殊疾病対策室長(厚生省から出向した医師資格を持つ人 津田先生のお弟子さん)は「判決理由の50パーセント云々は寄与危険度割合を意味するものではない」と反論した。。

2018-03-30 17:41:31
高島章 @BarlKarth

疫学を判決における事実認定に際し個別の原告に適用できるか? という問題なのだが、明治大学の新美 育文教授が「疫学は集団的観察に基づくものなので原告に個別的適用はできない」という論文や意見書を書いている。

2018-03-30 17:44:58
高島章 @BarlKarth

ちなみに新見教授は明治大学4年生を大量落第させたことでも有名な教授。

2018-03-30 17:45:42
残りを読む(11)

コメント

高島章 @BarlKarth 2018年4月1日
つ これを見ると私が何を言いたいのか良く分かります。 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node%2F2237
0