10
早川由紀夫 @HayakawaYukio
大津波警報が出ているなか海抜高度が1メートルしかないところから高所に避難しなかったことを、やむをえなかったとする専門家が多いことに私は驚いている。 - 2016年10月Togetter まとめ togetter.com/li/1041816
早川由紀夫 @HayakawaYukio
宮城県総務部危機対策課が製作したこの津波浸水予測図を見て、3年前のあの地震で大川小学校が津波に襲われると思わないというひとは、理科の勉強を小学校からやり直したほうがよい。twitter.com/HayakawaYukio/… pic.twitter.com/F6oGG2Q3fk
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio
ハザードマップに正しいとが誤りがないの主張は理解しがたい。とくに、浸水深で表現したあのマップをつくって実用化したことに誤りがなかったの主張はとうてい納得がいかない。 twitter.com/disaster_i/sta…
早川由紀夫 @HayakawaYukio
この浸水深マップをつくった宮城県と専門家を免責する意見に聞こえる。免責してはいけない。彼らの責任を問わなければいけない。そして、全国の浸水深マップを津波高マップですみやかに置き換えなければならない。 pic.twitter.com/9ZWrGOgSeU
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio
もし「誤ったハザードマップ」もなければ「正しいハザードマップ」もないのなら、ハザードマップは無用の長物で、むしろないほうがよいことになる。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
この津波ハザードマップは、1933年の昭和三陸津波よりちょっと大きな津波を想定してつくったものだ。7年前の地震はとてつもなく大きなものだったから、この想定よりも広い範囲が津波に襲われると心配するのが当たり前だった。しかし、このマップがあったことで根拠のない安心感が広まった。 pic.twitter.com/u6EVUUxJlf
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio
低級ハザードマップは、むしろ害毒を及ぼす。このマップはないほうがよかった。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
津波警報・大津波警報が出たときの避難を小中学校に義務づけるべきだ。 - Togetter togetter.com/li/1043810 via @togetter_jp
早川由紀夫 @HayakawaYukio
大川小学校の事例をみればわかるように、津波からの避難を市町村や都道府県に任せていると、また大勢の子供たちが死ぬ。津波警報が出たら避難する小中学校、大津波警報が出たら避難する小中学校を定めて地図で公表する必要がある。国の仕事だ。そして避難を校長に義務化させる。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
浸水深で色分けした津波ハザードマップは捨てて、津波の高さで色分けした到達図に置き換えるべきだ。 - Togetter togetter.com/li/1043812 via @togetter_jp
早川由紀夫 @HayakawaYukio
「津波1メートルでもほぼ死亡 内閣府分析」(東京新聞2012年8月30日) tokyo-np.co.jp/feature/tohoku… 1メートルで100%死亡なのに、宮城県の津波浸水深予測図は、1、2、3、4、5、10メートルに分けてるの?1メートルで死ぬんだから分ける意味ないじゃない。 pic.twitter.com/wsgLk8ZFps
拡大
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio
こういうことか。 2004年「浸水深0、1、2メートルでシミュレーションせよ 内閣府」 2012年「津波1メートルでもほぼ死亡 内閣府」 愚かだ。ほとほと愚かだ。 pic.twitter.com/pT3xHHjJxj
拡大
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio
これを放置すると、悲劇は確実に繰り返す。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
相模湾と駿河湾の津波ハザードマップの検討 - Togetter togetter.com/li/1044302 via @togetter_jp
早川由紀夫 @HayakawaYukio
鎌倉市の津波ハザードマップは良心的。明応地震を想定して津波高さ8mでシミュレーションしてる。でも浸水深で色分けだ。浸水深1mの説明が「自由が奪われ、歩く速さが遅くなります」とのんびり。内閣府によると100%死ぬんじゃなかったか?city.kamakura.kanagawa.jp/sougoubousai/2… pic.twitter.com/9dReuf9yB0
拡大
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio
鎌倉なら、こういう津波高を仮定したマップをつくる。2、4、8メートルで色分けした。10メートルを超える津波が来たらどうなるかは、マップをみれば自動的に分かるしくみだ。 pic.twitter.com/I4fu4hV9C0
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio
茅ヶ崎市の場合、中島中学校(3.0メートル)と柳島小学校(3.3メートル)が避難所に指定されている。大津波警報が出たらどうするつもりだ? pic.twitter.com/8ZjZEzuq9k
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio
内閣府は、火山でも、火砕流ハザードマップのこういう不適切な利用を広報してる。この避難先では住民が死ぬ。 twitter.com/HayakawaYukio/…
早川由紀夫 @HayakawaYukio
低級ハザードマップと、その不適切な利用は、そのとき住民を殺す。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
火山災害から命を守るために~避難計画を知る大切さ - 政府インターネットテレビ nettv.gov-online.go.jp/prg/prg7040.ht… ひさしぶりに見たらアンケートがあったので、不満と評価して、さっきのツイートを切り貼りして意見送信しました。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
いまあるハザードマップを鵜呑みにすることなく、仙台高裁がいうように批判的に検討して災害対策しないと大川小学校の悲劇がまた起こる。ハザードマップが利益相反の結果として世にでることを理解できれば、批判的検討は簡単。だれにでもできる。専門知識いらない。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする